就職活動をしていると内定をもらえる人ともらえない人でなぜか差が出てくるのです。

あの人はすでに内定を3つもっているけど、あの人はいっぱい受けているのに、まったく内定をもらえていないといった感じの光景を就職活動をしているときに見た人は多いと思います。

なぜ、このようなことが起きるのかと言いますと、実は就職活動はゲームと同じようなもので、攻略方法があるのです。

しかし、その攻略方法よりも、運だと思い込んでいる人が多くいらっしゃるのです。

そのため、運で挑んでいる人は、なかなか内定をもらうことができないといった感じに陥ってしまうのです。

なぜなら、就職活動もしっかり攻略方法がわかれば内定を確保することができるのです。

では、その攻略方法とはと聞かれますと、実は結構簡単なのですが、なかなか気づいていない人が多いのです。

単純に考えて就職したい会社に対してどううまくプロポーズできるかどうかの差です。

そのため、新卒で入る学生のほとんどが自分の考えなどを抑えて、相手に合わせて面接に答えるなどして、憧れの会社に入るのです。

つまり、このような感じで就職しているので、長続きする人が少ないのです。

もしくは、理想と違ったとしても辞めることに抵抗があるためか、いやいや会社に残って仕事をしている人が多いのです。

中にはストレスがたまりすぎて自殺や過労死につながってしまうケースなどもあり、実は就職活動の方法にも問題視されている部分があるのです。

しかし、まずは内定をもらえないと、先へは進めないのです。

憧れの会社が自分に合うのかどうかは働きながら判断すればいいのです。

実は人生のやり直しに遅すぎることはないのです。

つまり、まずは否が応でも内定をもらえるように努めることが先決なのです。

そのため、今回こちらの記事では内定をもらえない人の特徴など内定に関する情報についてまとめてみましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、就職活動に活かしてくださいませ。

おそらく、就職ガイダンスなどでは、内定のもらい方については教わると思いますが、内定を頂けないことに関してのことは教わっていないと思いますので、新しい情報としてゲットしましょう。

日本人はなぜか耳の悪い情報に関してはシャットダウンしてしまう癖があるのでス。

しかし、耳の悪いと思う情報にこそ、あなたにとってのチャンスが埋まっている可能性があるのです。

ぜひ、シャットダウンせずに耳をタコにして聞きましょう。

内定が決まらない原因を追究してみよう!

なぜ、内定が決まらないのか、自分自身を見つめなおしてみたことはございますか?おそらくほとんどの人は、自分を振り返っていないのです。

もしくは、振り返っていても先へ進んでいないといった状態になっているのかもしれません。

内定が決まらない人の特徴には、面接でいつも同じことを言っている可能性が非常に高いのです。

もしくは、面接対策などの本などを読んでそのまま答えているといった感じもあるかと思います。

よく質問を受けたらスムーズに答えないとと考えている方は多いのですが、実は、スムーズに答える人こそ、面接官は怪しがるのです。

ちゃんと考えて口にしているのか疑問なのです。

そのように面接官に違和感を与えてしまうと、内定は遠ざかってしまうのです。

面接の時には、とちっても、かんでも問題ないのです。

話し方よりも内容を聞いている可能性があります。

また、中には内容を聞いていないケースもあります。

そのような時は何で判断しているのかと言いますと、挨拶などがしっかりできているのかどうかを見ているのです。

つまり、元気が良いのか、はきはきしているのか、挨拶はしっかりできているのかなど、普段は見られていないと思う部分を見られてしまっている危険性が高いのです。

内定がもらえない人はとにかく内定をもらおうという気持ちが強すぎて、それが相手に見えてしまうのです。

つまり、自分自身をしっかりコントロールしないといけないのです。

しかし、そこができないので、相手から見透かされてしまって落とされてしまうのです。

特に、会社の面接で言うと、一次面接は現場で働いている人が行い、二次面接は人事担当などが行います。

そして、最終面接は理事や社長などが行うので、その時その時で自分の見せ方を変えないといけないのです。

それができずにいつもの自分を見せ続けるから内定が取れないのです。

自分を見せるのは、実は内定が決まって入社しているからすればいいのです。

内定が決まるまでは、相手に合わすのがもっともな方法です。

つまり、あなたが入りたいと思う会社をよく研究し、何を求めているのかなどをしっかり追及しないといけないのです。

しかし、本当にその会社がそれを求めているのかどうかはわからないのです。

答え合わせは、面接の時にわかるのです。

つまりは、自分の考えて攻めてもなかなか内定をもらうことができないのです。

まずは、あなたが入りたいと思う会社を見つけましたら、よく会社について研究しましょう。

泣かぬなら泣かせてみせようホトトギスで攻めないといけないのです。

周囲は内定しているのに何故?と思っていませんか?


周囲の人たちが内定をもらっているのに、なぜ自分だけが内定をもらえないのかと思ってしまうことがあるかもしれません。

しかし、これは実は目の錯覚です。

要はあなたが内定を意識してしまうばかりに、周囲に内定をもらっている人が目立ってしまうのです。

つまりは、なぜではないのです。

あなたが内定を欲しいと思うばかりに周囲にそのような人を引き寄せてしまっているのと、あなたがそのように見えてしまう環境に身を置いているのです。

ここで大切なのは、他人と自分を比べてしまって自分は社会から認められていないのだと思い込んでしまう人が多いのですが、これがよくありません。

社会から認められていないのではなくて、その会社から認められていないのです。

1つや2つの会社から不採用通知を受けましても、社会から認められていないわけではないのですが、ほとんどの人はここで負の連載にはまってしまうのです。

おそらくそのような気持ちになってしまうので、しばらくは就職活動がうまく行かない状況になってしまうのです。

なぜなら、気持ちがそうなってしまっているからです。

このようになるとおそらく50社ぐらい落ちないと気持ちに変化が現れないのです。

では、50社ぐらい落ちるとどうなるのかと言いますと、2通りありまして、会社と俺が合わないと思うのか、どうせ落ちると割り切って受けてしまうので、腹が割った感じで面接を受けることができます。

特に後者のパターンで面接を受けて、内定をもらえたりすると、長続きされる方が多いのです。

なぜなら、割り切って面接をしてしまうからです。

つまり、大切なのは、周囲で内定をもらっていても、焦る必要はないのです。

また、比べる必要もないのです。

内定をもらうのに早いも遅いもないのです。

そこをなぜか知人や友人と比べてしまっておかしくなってしまうのです。

ただ、おかしくなっても途中から立て直すことはできるので、心配する必要はございません。

むしろ、周囲に内定をもらっている人が増えているのであれば、あなたの内定も近い証拠です。

とにかく何でもかんでもマイナスに考えるのではなく、プラスに考えて先に進みましょう。

プラスと言っても「内定がほしい」と考えるのは、違います。

内定がほしいと考えると内定が欲しいと思う場面を引き寄せます。

つまり、わかりますよね。

内定がもらえない状況に陥ってしまうのです。

むしろ、もう内定をもらっているような感じで挑むのがベストなのです。

ぜひ、プラスな自分で行きましょう。

内定が決まらないのには理由があった


ここまでの説明で内定が決まらない人がなんとなくわかったと思いますが、内定がきまらないことには理由があるのです。

というか決まる人にも決まる理由があるのです。

運は関係ないのです。

ほとんどの場合は、内定が決まらない人のほとんどの人は、なぜ自分は内定をもらえないのかと言う部分を考えていないのです。

そのため、内定が決まらない理由もわからないのです。

理由がわからないので、具体的な対策を取ることができないのです。

自分は振り返っているし、その時にどんな風に答えたかなどをしっかり把握していると言いますが、しているだけでその先に進んでいない可能性があります。

要は、ただやるだけになってしまっているのです。

ただやるだけなら、人間でなくてもサルでもできるのです。

しっかり、自分自身を見つめなおさないといけないのです。

ただ、もしそれができないのであれば友人や知人に面接をしている風景などを見せてしまって、いろいろと指摘を受けるのが良いのかもしれません。

特に内定をもらっている人に見てもらって指摘を受けるといいかもしれません。

なぜなら、内定をもらっているのだからそれなりに内定をもらえる理由を知っているからです。

わかりやすく言いますと、将棋の勝負をするときに初心者と初段の方が勝負したら、間違いなく初段の人が勝つのですが、この初心者の人の後ろに羽生名人などがいて教えていたら、勝つことができますよね。

このように内定をもらっている人にいろいろと聞くことが大切なのです。

なにさあいつはいいカッコして内定をもらったんだからと言うように卑屈に見るのではなく、ここは恥を忍んで聞いてみるのがベストなのです。

なぜなら、あなたは内定をもらえていない。

しかし、相手は内定をもらえている。

ここで差が生まれているのです。

この差を埋めるためにも、しっかりあなたを振り返って見つめなおしましょう。

または、内定をもらっている人に見て頂いてしっかり指摘を頂き、受け止めましょう。

本人は気付いていない場合が多い

なぜ、内定をもらっている人などに見て頂き、指摘を頂いた方がいいのかと言いますと、要はあなたが気づいていない部分を見ている可能性が高く、新しいことに気づく可能性があるからです。

要は、あなたと他人は別物です。

考え方も違うので、視点も違うのです。

そのため、見えるものに違いが発生している可能性が高いのです。

おそらく、自分を見つめ直せない人は、みんながの意識が強すぎるのです。

みんながと思うから、自分はみんなと一緒と考えて会社から内定をもらえるかどうかも、運だと思い込んでしまっている可能性が非常に高いのです。

何度も言いますが、内定をもらえるかどうかは運ではないのです。

相手に好かれるように面接で答えているかどうかなのです。

自分を出しすぎてしまっている人はなかなか内定をもらえていない可能性が高いのです。

しかし、自分を出して内定をもらえた人は、長続きされる方は多くいらっしゃいます。

しかし、そこまで至るまでに腐ってしまう可能性も高いので、ここまで行ける人はほんの一握りです。

ほとんどの人は、就職してから自分を出してこの会社でどう生きていけばいいのか考えて働いていくのです。

つまりは、自分を出しすぎず、また、自分が内定をもらえない理由を発見するためにも、しっかり相手に見てもらいましょう。

客観的な視点は大切なのです。

内定が決まらない人の7個の特徴とは?

内定が決まらない人には実は特徴があります。

それに気づいていないのが内定が決まらない人なのです。

そこでここからはお待ちかねの内定が決まらない人の特徴をご紹介します。

主に大きくピックアップして7個の特徴がありますので、しっかり覚えましょう。

いきなりすべてを覚えるのは難しいの、まずはあなたにとって身近なことから覚えましょう。

もしくは読んでいてジーンときたことでも構いませんよ。

内定が決まらないことには必ず理由があるのです。

ただ単に、運の良し悪しではないのです。

よく、運の良し悪しだと言い張る人はいますが、それは努力をするのを嫌だからです。

就職活動にも努力は必要です。

つまりは、内定が決まらない人はしっかりその特徴を覚えましょう。

特徴を覚えて治していけば内定をもらえる可能性が高くなりますよ。

そのためにもしっかり覚えましょう。

ここまずは恥を忍んで、内定がもらえないことを自覚してみましょう。

そうすることで、内定が決まらない人の特徴を素直に受け入れることができますよ。

ある意味、内定が決まらないことを素直に認めてしまえば、内定が決まる確率が高くなりますよ。

素直になれずに運が悪いと思っていることがある意味大きな原因なのです。

運の良し悪しは関係ありません。