CoCoSiA(ココシア)

腹黒女の13個の特徴となぜかモテる10個の理由


あなたの身近には、周りの評判も良くて特にこれといった意地悪をしてくる訳でもなく「良い人」だとは思うものの、何だか「怖い」と感じてしまう女性はいませんか?

それは、あなたが本能的に腹黒女の気配を感じ取っているのかもしれません。

世渡り上手で自分の都合の良いように周りを動かして得をする腹黒女の特徴と、同性には敬遠されがちな腹黒女が異性にはモテる理由をご紹介していきます。

腹黒女の実態とは?!

腹黒いというのは「心に悪だくみを持っている」という意味があります。

現代では、周りの損得を無視して自分の利益だけを求める行動をとる人に向けて使う事が多いですね。

特に自分の得だけを求める浅ましい姿をさらす事なく、印象操作を行い自分の評価を下げずに思い通りに事を運ぼうとする女性を「腹黒女」と指す事が多いでしょう。

世渡り上手でもある

腹黒女と言えば聞こえが悪いですが、要は自分の得になる立ち回りを取る事が出来る世渡り上手な人であるという見方もできるでしょう。

更に、自分の評価を下げないように印象操作を怠らない部分を見ると頭の回転が速い人とも言えますね。

利己的で嫌われやすい

腹黒女は基本的に利己的で自分が得をする為ならば他人にどんな損が降りかかっても構わないというスタンスを持っている人が少なくありません。

上手に印象操作をしていても、そういった利己的な部分に気付く人は必ず現れます。

その為「性格が悪い」「感じが悪い」と嫌われやすいネガティブな印象があります。

腹黒女の特徴13個!

腹黒女は巧妙に「良い人」に擬態しているものの、よくよく見てみると様々な特徴を持っています。

質の悪い腹黒女とお近付きになってしまわないように腹黒女の特徴をチェックして、身近な人が腹黒女かそうでないかを見極めましょう。

1、嫌いな人にも愛想がいい


腹黒女は嫌いな人に嫌いであると自己主張をする程、素直な性格ではありません。

影では悪口を言う程嫌いな人の前でもニコニコと笑顔を崩す事なく愛想良く対応する事ができるのです。

それは、嫌味な態度を取っている自分を周りの人に見られているという認識がある為です。

つまり周りに悪い印象を与えないようにする為なら、嫌いな人にも愛想良く対応する事ができるという事です。

2人きりだと態度が変わる

他の目がある場所だと、嫌いな人に対しても愛想がいい腹黒女ですが2人きりになって周りの目がなくなると豹変する事があるので注意が必要です。

2人きりになった瞬間に、表情が変わったり言葉遣いが悪くなる、態度がキツくなったりする人は腹黒女である可能性がかなり高いと言えるでしょう。

信用している人には陰口を言う事も

腹黒女と言いえど、嫌いな相手に愛想よく接するのはストレスが溜まるものです。

基本的に権力者や平等な立ち位置に居る人の前では嫌いな人にも愛想よく対応していますが、絶対に自分を裏切らないと信用した相手に対しては陰口を言ってうっ憤を晴らす事があります。

影で言っている事と、他の目がある前での態度が変わる人はかなりの高確率で腹黒女だと言えます。

2、人に共感するのが上手い

腹黒女は人の心理を操作するのがとても上手です。

共感力が強く、相手に共感する事で自分の敵となる人間を作らないようにする術を持っています。

しかし心の中から相手を信頼していたり味方だと認識している訳ではなく、あくまで「敵を作らない」という事をメインにしている為相手に共感していても上辺だけである事が殆どです。

浅く広い関係を持つのが得意

人の感情に共感して自分は敵ではないとアピールするのが得意な腹黒女は、人間関係において浅く広く関係を持つ事が多いと言えます。

その中から、自分にとって有益な人物を選び出して深く関わっていくのです。

共感で女性の仲間を作る

人の心理を読む事が得意な腹黒女は、自分が同性に嫌われやすい事も十分に理解しています。

しかし同性の中にも仲間は必要なので、仲間を作るために相手に全て共感して「あなたと私は似ている。

だから親しくなれる」と近付いてくる傾向があります。

しかし本心から仲良くなりたい訳ではなく、自分のポジションをキープするための駒と考えている事も少なくありません。

3、人の不幸が好き


基本的に性格が悪い人に分類される腹黒女は人の不幸が大好きです。

自分の利益にならない事でも他人が不幸になる事に悦を感じる性格の悪さが特徴とも言えます。

また、他人の不幸を利用して自分の評価や印象を上げようとする節もあり、身近にいる不幸な人を見つけては寄り添うフリをして周りに好印象を与えるという場合も少なくありません。

「かわいそう」という言葉をよく使う

不幸があった人や失敗してしまった人に対して「かわいそう」という言葉を多用するのも腹黒女の特徴です。

これは周りに対して「この人は不幸である」という事と「自分は不幸な人に同情してあげている」というアピールをしているのです。

本心ではあざ笑いながらも、口では同情を誘うのは腹黒女の常套手段です。