コミュニケーションをとることが苦手な人が増えているといわれています。

他人と上手にコミュニケーションを取れない人のことを「コミュ症」と言います。

最近ネットやテレビなどで使われるようになった言葉で、コミュニケーション障害や病気といった意味合いではなく、『人見知り』とか『うまく人間関係が作れなかった』ときに使うような言葉です。

コミュ症とはどういう意味?

『対人恐怖症』と似ていますが、対人恐怖症は神経症といった立派な病気に一種。

心の病気ですね。

治療のために精神科や心療内科を訪れ、カウンセリングや薬による治療をするのが一般的なのだそうです。

対して『コミュ症』は、もっと軽く使う言葉です。

自分から「私、コミュ症だから」と都合のいいように使うことが多いようです。

いわばネットスラングですね。

うまく話せなかったり、人の目が気になってドギマギしてしまうときに使う、まぁ自分の逃げ道や言い訳になる言葉として利用されています。

他人との会話が苦手もしくは苦痛に感じる事


コミュ症は人と会話するのが苦手です。

相手の心を読み取ることが苦手なので、全然違う話題を話し始めることもあります。

自分自身でもそれは自覚しているのでできるだけ他人とは会話したくないと思っています。

あがり障とは違う

あがり症とコミュ症は似ているような気もしますが、違います。

あがり症とは、周囲の視線を意識すると焦りや不安を感じてしまうという、心理的な現象です。

ドキドキして話せなくなったり、手や体が震えたり、顔が真っ赤になってしまうなど、体への影響もあります。

対してコミュ症は、もっと軽い意味合いで、ちょっと無口、ちょっと会話が下手という人に、簡単に使われている言葉です。

ネットでは広い意味で使われている


あがり症や対人恐怖症のように、ドキドキして話せないとか、何をしゃべっていいのかわからなくなってしまうとった症状ではなく、ネットで使う『コミュ症』という言葉は、初めから無口な人だったり、別に緊張しているわけではないけど会話に参加しない人にも使います。

話をすることが好きではない人、会話が下手な人、そんな場合も『コミュ症』と言われてしまう場合もあるので、そもそも『コミュ症』の定義があやふやなので、「これがコミュ症の定義だ!」というのはないようです。

コミュ症の原因は様々

コミュ症って何か原因があるのでしょうか。

それとも生まれつきなのでしょうか。

どのような原因があるか考えてみましょう。

まず考えられるのは親の存在です。

幼いころの親の影響は絶大なもの。

一番身近にいて一番見守ってくれているはずの親から心無い言葉をかけ続けられたら、その後の成長に影響が出て当然です。

言いたいことも言えないし、人とコミュニケーションをとることなど怖くなってしまうでしょう。

その結果、コミュ症になってしまうのです。

また、いじめも原因になります。

味方になってくれる友達もおらず、親にも相談できない。

ましてや先生に相談したら告げ口だと言われ、もっとひどいいじめにあってしまう。

そんな絶望的な経験をしてしまうと、他人を信用できなくなりますし、独りでいることを好みます。

結果的に他人と向き合うことができない大人になってしまいます。

他にも、ひどい裏理切りをされたり、大失恋をしたりすると、コミュ症になってしまう人もいます。

一見、明るそうな人でも、自称「コミュ症」もたくさんいる

コミュニケーションが苦手だというと、一人ぼっちの暗い性格の人を思い浮かべてしまうかもしれませんが、明るい人だって「私、コミュ症なんです」って自覚している人だっているんです。

そういった人は、自分で人との距離感が分からないと思っているようです。

いじめにあった経験がある人は、自分が根暗なせいでいじめられたと思い、進学や就職などで環境が変わるのを機に、明るい自分を装うようになります。

ですので周囲から浮くこともないし、嫌われることもないんだけれど、人との距離が測れないので、心から気を許せるような親友はなかなかできません。

嫌われているのか、好かれているのか、別にどちらでもないのか、相手がどう思っているのか推し量れないのです。

コミュ症の特徴

コミュ症の人にはどのような特徴があるのでしょうか。

ひとことで『コミュ症』と言っても、人によって原因も症状も度合いもさまざまなようです。

1、友達が作れない・いない

自分の言いたいことがなかなか言えないコミュ症の人。

友達を作ることが下手な人が多いんです。

皆の輪の中にいても一言も話さないから忘れられてしまう。

だからって意見がないわけではないんだけど、「空気が読めないって言われたどうしよう」「面白くないって思われたらどうしよう」「トンチンカンな意見だって笑われたらどうしよう」と、頭の中はせわしなく考えているのに、言葉が出てこないんです。

意思の疎通ができにくいので、なかなか友達ができません。

自分から心を開けない

コミュ症の人は自分をさらけ出すことができません。

本音で話し合うなんてこと、絶対できないと思っています。

あいさつ程度の友達ならばできるかもしれませんが、親友というと、やはり腹を割って話せる、なんでも言い合える仲です。

コミュ症の人は心を他人に開くなんてことできませんから、親友ができにくいのです。

2、相手の目を見て会話出来ない

二人きりで対面して話をしているのに、一度も相手と目が合わないのは不自然です。

よほど自信がないかやましい気持ちがあるのかと思ってしまいますよね。

でも他意はなくても、相手の目を見て会話が出ないという人はいます。

目が合いそうになっても、フイッと視線をそらされてしまう。

真剣な話であればあるほど、目って大事ですよね。

目を見れば相手の気持ちって推し量れるものです。

真剣な話であればあるほど、目を合わせてくれない人は信頼できなくなります。

常になんとなく目線が下がって、うつむき還元な人は、コミュ症の疑いがありそうです。

お店の人とも会話が出来ない

コミュ症の人は、自分の意見を相手に伝えることが下手です。

なので買い物へ行くと、困ってしまうのです。

買いたいものを手に取ってお金を払う、これだけなら何の問題もないのですが、会話をしなくてはならなくなると、さぁ大変です。

例えば洋服を買いに行き、品定めをしているとそばに寄ってくる店員。

「何かお探しですか??」
「こちらは今シーズン人気ですよ♪よかったら御試着されますか??」
「このシャツを選ばれるなら、こんなコーディネイトはいかかですか??」そんなことを話しかけられると、対応ができなくなります。

言われるがままに買ってしまうか、欲しいものをあきらめて買い物を中断するか、二つに一つです。

3、人に会うのが怖い、おっくうと感じる

『他人に会いたくない』これがコミュ症の最大の特徴かもしれません。

他人との距離のつかみかたが分からず、話すのも下手。

なので他人と自然と他人と距離を置きたくなって当然かもしれませんね。

コミュ症の人は、人一倍、自分がどう思われているのか気にしています。

周りから見ると顔色をあまり変えないので、さぞかし他人に興味がないのだろうと思ってしまいますが、そんなことはないのです。

皆の会話の中止になっている自分を夢見ているのです。

でも、なかなか思い通りにいかないのでだんだんと人に会うのが嫌になり、怖くなるのです。

誘われても外出しない

他人と会うのが嫌なので、自然と外出もしたくなくなります。

人ごみも苦手です。

話をしたくないのなら、無理に話をしなくてもいいと思いますが、人の輪の中にいる以上何か話さなくてはというような脅迫概念があるようです。

なので会話の糸口を探して参加しようと必死なのです。

時には神経を擦切らしてしまうことだってあります。

それでも思い通りに会話に加われないので、自然と人と会話することを諦めます。

話したくないので人と会わないようにもします。

結果的に、外出するのも避けるようになるのです。

外出したくないので、誘われても何かと理由をつけて断わろうとします。

4、必要以上に空気を読んでしまう

コミュ症とういと、周囲の空気が読めないんじゃないの?と思われそうですが、逆に空気が読めすぎてしまうケースもあります。

「たぶん、自分がこの会話に入らない方がいいのだと思う、どうせ面白くもないんだし」
「自分の話など誰も聞きたくないだろうな」などと思い、嫌な思いをするくらいなら話したくないという人もいます。

「嫌われるかも」と思い込んでしまう

「話したいことはあるけど・・・会話の内容とあっているのか分からない」
「誰も自分の話すことなんて、面白いって思わないだろうし」
「自分が発言したことで、場の空気が覚めてしまったらと思うと・・・怖い」
そんなことを考えてしまっているんですね。

ようするに、自分の発言が相手にどう思われるのかが異常に気になります。

もっというと、しゃべったせいで嫌われたらどうしよう・・・といった考えになってしまい、何も話せなくなってしまうのです。

本当は雑談なんて、皆がみんな、自分勝手なことを勝手にしゃべっている場合が多いのです。

いちいち全員が、すべての会話を本気で考えてることばかりじゃありませんよね。

自分が伝えたいことを話しているだけのことも、実は多いんです。

でもコミュ症の人はすごく気になってしまうんですね。

家に帰ってから、自分が話したことを思い返し、何か失礼なことを言ってしまったのではないかとひとり大反省会をしてしまうことさえあります。

5、会話の輪に入れない

会話に入るのが本当に下手なコミュ症の人。