CoCoSiA(ココシア)

図太い人の7個の特徴と心理。図太い...(続き6)

周囲の人は、自分を守ることに必死になっており、自分を守るための発言をしている無責任なケースが多いといえます。

周囲の人の発言はあなたのことを思っての発言ではないということを理解し、あなたもあなた自身を守るために、周囲に流されず、自分の考えや行動を伝えるべきだといえるでしょう。

いろんなことに過敏になりすぎないように

「図太い人」について、いかがでしたか?

いろんなことに過敏になり過ぎると、気にしなくてもいいことまで気にするようになってしまい、神経が過敏になってしまいます。

周囲のことばかり気にしていると、自分を押し殺して生きてしまい、ストレスが溜まってしまうことも。

そのため、「図太い人」の精神を自分の中に取り入れて、精神的に楽に生きることはとても大切だと言えるでしょう。

万人に好かれることよりも、自分の理解者を見つけ、価値観などを共有して強い絆を作っていくことの方が、ずっと大切。

より良い人生を送るためには、自分のことを理解してくれる人を見つけること、そして一生付き合っていく人を大切にすることの方が必要。

そのためには、他人の意見に左右されたり、周囲に気を使って生きるよりも、自分に正直に生きることの方が大切なのです。

あなたのことを思っての発言なのか、それとも自分の保身のための発言なのか…そこを見極められるようになれば、周囲に気を使うことも少なくなります。

人は思ったよりずっと自分勝手な生き物。

だからこそ、他人に必要以上に気を使う必要はないのです。

そして、「図太く」生きるために必要なのは、他人は違う生き物だということを知る事。

違うものだと思えば、その人に合わせる必要も全くないと割り切れるようになっていきます。

そして、自分は自分なのだという強い気持ちが持てるようになっていくでしょう。

もちろん、他人に気を使うということはとても大切。

しかし、それによって自分自身を見失ってしまっては本末転倒です。

より良い人生を送るためには、自分勝手に生きることが大切。

1度きりの人生なのだから、あなたの考えや気持ちを一番に考えるべきなのです。

あなたがあなたらしく生きるためにもの、「図太い人」の精神を自分の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?充実した人生が送れることを応援しています!