CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

遅刻癖がある人の7個の特徴!改善するために必要な3個の考え方


「予定に間に合うように行動しているつもりなのに、何故かいつも遅刻してしまう」こんな悩みを抱える人は少なくありません。

自分では急いでいるつもりなのに、結果的に遅刻なってしまうことが多い人は、周りからはいわゆる「遅刻魔」と思われてしまっています。

自分の遅刻癖を自覚している人も、していない人も、いつまでも遅刻癖が抜けなければ、仕事や人間関係に支障が出てしまうでしょう。

そこで今回は、遅刻癖がある人の特徴や、遅刻癖を改善する方法についてご紹介していきます!

遅刻癖が抜けないという人はいませんか?

毎回のように予定や約束に遅刻してしまう人は、自分の遅刻癖をきちんと自覚していることでしょう。

けれども、自覚はしてもなかなか遅刻癖を直すことができないという人は多いです。

「遅刻したらいけないから」と予定よりも早く家を出たのに、結果的には遅刻してしまうということもあるでしょう。

自分で気を付けているのに何故か遅刻してしまう人は、自分では努力しているつもりなのになかなか改善されなくて、思い悩んでいるかもしれません。

一方で、遅刻癖を自覚していても、「まあ何とかなるだろう」と楽観的に捉えている人は、自分で改善する気にならなければこの先も延々遅刻癖が抜けることはないでしょう。

なぜ遅刻をしてしまう?遅刻癖のある人の7個の特徴!

遅刻癖が抜けない人は、そもそも何故毎回のように遅刻してしまうのでしょうか?

どんなに大切な用事であっても、自分では注意しているつもりなのに遅刻をしてしまうことがありますよね。

遅刻をする人は、人から信用を得ることはできませんし、不快感を与えてしまうことが多いです。

世の中には天災や人災といった、仕方のない事情でもない限りは、他人の遅刻が絶対に許せないという人もいます。

遅刻をする人は時間にルーズだと思われていますので、もしも会社の上司が遅刻に対して厳しい人であれば、毎回遅刻をする度に上司からひどく叱責され、信用も得ることはできなくなってしまうでしょう。

そんな遅刻癖がある人の特徴を挙げていきます。

1.まだ間に合うと思うから


よく遅刻をする人は、周りの人からは「時間の管理ができていない」と思われています。

確かに時間の管理がきちんとできていれば、遅刻をすることはまずないでしょう。

遅刻癖がある人は、時間の管理こそできてはいませんが、何も考えずに行動しているかというと、そういうわけでもありません。

約束の時間が1時間後であれば、きちんと「1時間後に約束がある」ということは頭に入っています。

しかしその上で、「約束の場所まではここから車で15分程度だから、ちょうど間に合うようにいけばいいだろう。」と楽観的に考えてしまうことが多いです。

決して遅刻をすることがない人は、「もしかしたら道が混むかもしれない」「支度に手間取るかもしれない」などと予めリスクを考え、それらのリスクを含めた上で間に合うように行動していますので、万一トラブルが起きても滅多に遅刻をすることはありません。

しかし一方で遅刻癖がある人は、予定までのギリギリの時間で考えて行動しますので、トラブルがあった時には必ず遅刻をしてしまうことになるのです。

1時間後の約束であれば、ちょうど現地に到着する時間で計算しますので、「まだ間に合うだろう」とついついのんびりしてしまい、遅刻をしてしまうことが多いです。

2.遅くまで寝てしまったから

寝坊して遅刻してしまう人の場合には、ついつい遅くまで寝てしまうという悪い癖があります。

毎日決まった時間に起床していれば、休日にも同じ時間に目が覚めますので、そこで一旦起きることで寝坊を防ぐことができます。

けれども、「明日は午後からの予定だから、午前はゆっくり寝よう」と考えて眠りにつくと、いつもの時間に目覚めても、「まだ大丈夫」とダラダラと寝てしまいます。

そしていざ起きた時には予定の時間が迫っていて、慌てて準備をするも遅刻してしまうということが多いのです。

他にも、目覚ましではなかなか起きられずに寝坊してしまうという人も少なくありません。

目覚ましで起きられない人は、目覚まし時計をいくつも用意したり、ベッドから離れたところに置いたりと、自分なりに何とか寝坊しないように工夫しているでしょう。

しかし毎日3回目覚まし時計が鳴るのなら、3回止める癖がつくと結局は目覚ましを止めた後でそのまま寝てしまうことになるため、寝坊の癖を直すことができないでしょう。

3.二度寝をしたから


せっかく早起きをしても、「まだまだ時間に余裕があるから」と油断して二度寝をしてしまったら、起きた時には時間が間に合わなくなってしまったということもあるでしょう。

いつも遅刻しないようにと気を付けている人ほど、意外とこうした落とし穴にはまってしまうことがあります。

遅刻癖がある人は、自分が遅刻してしまうことをよく分かっていますので、「明日は絶対に遅刻しないようにしよう!」と前日にはかなり気合を入れることが多いです。

そして気合いを入れた結果、予定よりもかなり早くに起床してしまい、寝起きのぼんやりした頭で「まだまだ時間があるから、もう少しくらいいいかな・・」と再びふとんに入ってしまいます。

起きた頃には結局間に合わない時間になっていて、またもや遅刻をしてしまう、ということを繰り返していることが多いです。

4.前日から準備をしていないから

子どもの頃、翌日の学校の準備をせずに寝てしまい、朝になってから大慌てで準備をしていたという人もいるでしょう。

「予め準備をしなければ大変」だということを学ばずに大人になってしまった人は、社会人になってからも相変わらず翌日の準備をしないため、当日の朝にバタバタして遅刻をしてしまうことが多いです。

いざ当日の朝になったら、時間が足りずに自分が大変な目に遭うことが分かっていながらも、前日の夜には面倒臭くて準備を怠ったり、「明日早起きすればいいや」と先延ばしにしてしまったりするので、毎回遅刻する結果になってしまいます。

もし当日の朝に早起きをしたらしたで、今度は「時間があるからゆっくり準備すればいいや」とのんびりと仕度をしてしまい、気付いたらいつも通りの時間になってしまっているということも多いです。

朝のんびりと準備をする人も、バタバタと慌しく準備をする人も、自分の身支度や朝食などの時間まで含めると、それなりに時間がかかってしまいます。

そのため家を出る時にはギリギリか、すでに遅刻が確定してしまっていることも少なくはないでしょう。

5.電車やバスなどの時間を見ていないから

いつも同じ電車やバスを使っていると、いつでもまったく同じ時間で運行していると思いますよね。

ページトップ