CoCoSiA(ココシア)

精悍な顔立ちの6個の特徴!芸能人だ...(続き4)

あまり目にすることのない「精悍」ですが、小説などにはよく使われているようで、太宰治“佳日”の中にも登場する言葉なんだとか。

使うタイミングとしては、やはり顔立ちや目つきなど、容姿について表す際に使われるようです。

主に男性に対して使う

この「精悍な顔立ち」という言葉、意味だけ考えれば女性にも使えるようにも思えますが、基本的には男性に対して使う言葉なんだそうです。

たしかに可愛らしいなどと違って、女性らしさを表す言葉というよりは、男性らしく強いイメージの言葉ですよね。

なので、男性のようにきりっとしている女性であっても、基本的には女性には使わない言葉なんだそうです。

女性に使うのであれば、「精悍な顔立ち」ではなく、「凛々しい顔立ち」などが会うかもしれません。

精悍な顔立ちよりは荒々しさが抜けて、綺麗さやかっこよさが表現できると思います。

精悍の類義語

まだ「精悍」という言葉がつかめていなかったり、使うタイミングの分からない人もいると思います。

そんな人は、似たような言葉を想像していくと、よりイメージが掴めるかもしれません。

まず外見で“精悍”と似たような言葉であれば、“キリッとした”や“引き締まった”などが当てはまります。

また、“姿勢が正しい”や“気合の入った”なども似たような言葉なので、一大勝負のときにも、「精悍な顔立ち」などといった使い方もできるのではないでしょうか。

そして、精神的や内面で“精悍”を表すような言葉には、“猛々しい”や“強靭な”といった攻撃的な言葉や“たくましい”や“底力のある”といった強さなどを表す言葉が用いられます。

そして、“精悍さ”など感じで使われるときには、似たような言葉に“勇猛な”や“男らしい”などといった力強さや荒々しい言葉などがあるんだそうです。

類義語を見ると、なんとなくふわっとしたイメージから、ぐっとイメージが掴めるのではないでしょうか。

精悍の対義語は?

では、逆に“精悍”の対義語にはどんなものがあると思いますか?

類義語などからも分かると思いますが、柔らかくおとなしいイメージの言葉です。

具体的には“柔和”や“温和”、“温厚”などの柔らかかったり穏やかなまったりした様子を表す言葉が挙げられます。

また、“ひ弱”や“虚弱”などの病気がちや弱々しい様子なども対義語としていわれているんだそうです。

顔立ちなどで表すのであれば、“中性的な”など言葉が挙げられるかもしれません。

“なよなよした”や“女々しい”も対義語だといえるのではないでしょうか。

精悍な顔立ちの芸能人

ここまで“精悍な顔立ち”について説明詳しくしてきました。

だいたいイメージはついたと思います。

しかし、自分のイメージが果たして本当に合っているのか不安になってしまったり、どんな人が実際そう呼ばれているのか気になってしまったりするかもしれません。

そこで、最後に“精悍な顔立ち”芸能人をご紹介していきます。

頭でイメージしているよりも、実際に“精悍な顔立ち”と呼ばれる芸能人を目にしたほうが、分かりやすかったり納得することも多いでしょう。

これから紹介していく芸能人に似ている人が周りにいたら、その人も“精悍な顔立ち”の条件を満たしていたなんてこともあると思います。

阿部寛

“精悍な顔立ち”男性といえば、阿部寛さんかもしれません。

寡黙であまり笑わないイメージある人も多いのではないでしょうか。

輪郭こそ細めではありますが、彫りが深く鋭い目元は、迫力バツグンですよね。

また、鼻すじもシュッと通っていて高く、大きな口元など、“精悍な顔立ち”の男性の特徴ほとんどおさえています。

また、色黒であったり身長が高いなども“精悍な顔立ち”に見られやすいポイントだったりするんだとか。

原田龍二

次に俳優の原田龍二さんも“精悍な顔立ち”といわれています。

たしかに太い眉毛に鋭い目つき、鼻すじもシュッと通っていますし、口も大きく厚めの唇ですよね。

そして、ドラマや映画などの演技でも、あまり笑う役のイメージはないかもしれません。

また、男らしく頼もしい印象もあると思います。

本木雅弘

もともとジャニーズ事務所で、現在は俳優として地位を確立している本木雅弘さんも、“精悍な顔立ち”いえるでしょう。

昔こそアイドルだったので、よく笑う姿などイメージがある人も多いかもしれません。

しかし、最近あまり笑う姿を見ていないのではないでしょうか。

演技でも寡黙な役だったりすることも多いと思います。

顔立ちも、とても意志が強そうで真っ直ぐ人といった印象を持ちますよね。

四角い輪郭に意志の強そうな目つき、シュッと通った高い鼻、ぶ厚めの唇と、“精悍な顔立ち”の特徴もたくさんあるんです。

竹野内豊

男らしいというと、竹野内豊さんも“精悍な顔立ち”にぴったり当てはまります。