CoCoSiA(ココシア)

精悍な顔立ちの6個の特徴!芸能人だ...(続き5)

はっきりした目に高い鼻、あまり笑うことのなさそうな口元など、“精悍な顔立ち”と言われて、竹野内豊さんがピンときた人もいるかもしれません。

健康的な肌の色や、頼りがいのありそうな体格なども、“精悍さ”をイメージさせるのには、ぴったりなのでしょう。

ヒゲが似合うというのも、“精悍な顔立ち”に見えるポイントなんだと思います。

福士蒼汰

ここまでの人たちに比べると、“精悍さ”イメージ薄れるかもしれませんが、顔のパーツは“精悍な顔立ち”特徴が色々あるんです。

太い眉毛やくりっとした丸い目ではなく、どこか意志の強さを感じさせるような鋭めの目つきに、シュッと通った鼻すじ、大きくぶ厚めの唇に四角めの輪郭と、ほぼ全ての特徴をとらえているいえるかもしれません。

いまでこそ笑う役や、笑顔を求められることが多いですか、歳を重ねるごとに寡黙なイメージに変わっていくことも考えられると思います。

岡田准一

ジャニーズとしての枠をこえて、俳優として多くの功績残している岡田准一さんも“精悍な顔立ち”だといえます。

整った顔立ちであることはもちろんですが、意志の強そうな印象やヒゲが似合うことや、鼻すじも口元も“精悍な顔立ち”だといえるのではないでしょうか。

とくに目ヂカラはとても強く、説得力や演技も男らしい役が多いのも納得ですよね。

織田裕二

優しめの顔のイメージもある織田裕二さんですが、顔のパーツ見ていくと、“精悍な顔立ち”だと分かると思います。

太い眉毛、男らしい目元、高く通った鼻、大きな口元に四角い輪郭と、精悍な顔立ちそのものいえつかもしれません。

そして、健康的焼けた肌や頼りがいのありそうな体格など、男らしさや意志の強さなど感じられるのではないでしょうか。

斎藤工

太い眉毛や鋭い目つき、ぶ厚く大きい唇で、斎藤工さんを連想した人も大井の絵はないでしょうか。

もちろん斎藤工さんも“精悍な顔立ち”だといえます。

男らしさや色っぽさ、野生的な感じしっかりしますよね。

笑っているイメージがあっても、“精悍な顔立ち”だといわれないわけでなはないということでしょう。

精悍な顔立ちの人はかっこいい

今回は“精悍な顔立ち”の男性についてまとめてきました。

男性の顔立ちの中でも、男らしくかっこよさのつまっている顔が“精悍な顔立ち”だといえると思います。

なので、可愛らしいといわれるよりは、かっこいいと、そして近寄りがたい怖いという印象をもたれてしまうこともある顔だいえるのかもしれません。

しかし、女性からしたら、そんな男性がたまらないこともありますよね。

今回で“精悍な顔立ち”覚えたら、ぜひ使ってみましょう。

顔立ちだけでなく、気合の入った顔つきなどでも使うことができるので、使える場面はとても多いと思います。