あなたの職場や周囲に強がりな人はいますか?

おそらく周囲に10人いれば1人ぐらいは強がっている人はいるかもしれません。

またはもしかしたら、あなたが強がってしまう人間なのかもしれません。

別に強がることが必ずしも悪いこととは言いません。

しかし、見る人によっては、扱いづらい、人の話を聞かない、プライドが高いなど、このような感じにマイナスに捉えてしまう人がます。

もしくは、自信がない人なのではないかとも疑われてしまうのです。

そう聞くと、なんだか強がりたくないと思う人は多いと思います。

ここで1つお聞きしますが、なぜ人間は強がってしまうのでしょうか。

もしくは強がってしまう原因とはあるのでしょうか。

そう聞かれると、具体的に答えられる人はそんなに多くないのです。

なぜなら、ほとんどの人は無意識に強がってしまうのです。

つまり、無意識にしているから、自分でもなぜ強がっているのかわからなくなってしまうのです。

それが続くと、強がることが習慣化されてしまうこともあるのです。

そうなると厄介ですよね。

強がるのが悪いのではないのです。

毎日、強がるのが良くないのです。

そこで、今回こちらの記事では、強がりな人の特徴や心理、強がりを辞めるにはどうすればいいのかと言った感じの情報をまとめました。

ぜひ、参考にしていただきまして、強がることを辞めるようにしましょう。

強がっていても先へ進めません。

強がりはものすごいガードになってしまうのです。

そうなると、周囲ともうまくやっていくことが難しいですよね。

そうならないためにも、まずは、強がりのメカニズムのようなことから理解し、そのうえで特徴や心理などを覚えていきましょう。

ほとんどの人は、強がりとは何ぞやの部分を知らないで、強がりをどうにかしようと考えるのです。

そのために、強がりを辞めようとしても根底の部分がわかっていないので、なかなかうまく行かないのです。

うまく行かせるためにも、根底の部分をしっかり理解する必要があるのです。

そうでないと意味がありません。

いくら、強がりを辞める方法を覚えたとしても効果がないのです。

まずは、根底の部分となる強がりのメカニズムを覚えましょう。

そして、そのうえで強がりを辞める方法などを覚えて実践していきましょう。

大丈夫、どなたでも形にすることはできますよ。

できないのはあなたがそう思っているからです。

あなたができると思えばできますよ。

すべては気持ち次第です。

強がりな人は結構いる?強がるのにも理由がある!

強がっている人って実は結構多くいらっしゃると言うことに気づいていらっしゃいますでしょうか?

そう、実はこのことに気づいていない方は結構多くいらっしゃるのです。

なぜかと言いますと、強がってしまう理由をしっかり把握していない人が結構多くいらっしゃるのです。

なぜそうなのかと言いますと、強がってしまう理由には絶対的な定義がないし、それぞれで強がってしまう理由が違うのです。

つまり、あなたが思っている強がってしまう理由で相手も強がっているわけではありません。

あなたとは違う理由で強がってしまっている可能性もあるのです。

そのため、あなたが気づいていないだけで周囲では強がっている人は結構多くいらっしゃいます。

もしかしたら、普段人に強がっていると指摘している人も、実は強がっている可能性もあるのです。

つまり、強がっている人は結構多くいらっしゃるのです。

強がることは悪いことではありませんが、それを表立ってしてしまうのが良くないのです。

また、それぞれで理由が違うので、相手が強がっているかどうかはわからないのです。

そのため、あの人が強がっているかどうかはその人しかわからないのです。

そう考えると、世の中には、強がっている人が多くいらっしゃることがわかりますよね。

そう、実は世の中強がっている人だらけなのです。

普段はあの人は強がってばかりと言っている人も、実は、強がっている可能性があるのです。

何度も言いますが、強がることは悪くありません。

よくないのは、強がって、自分本位に進めてしまうことです。

強がるとほとんどの人は、自分本位に進めてしまうから強がっている人のイメージが良くないのです。

強がっている人でも自分本位で進めていない人はそれなりにいらっしゃいますよ。

つまり、あなたが持ってしまっている強がりのイメージが良くないので、強がっている人をネガティブな感じで受け止めてしまうのです。

ある意味これは仕方がありません。

ほとんどの人間はイメージで判断してしまうのです。

イメージはあくまでもイメージです。

イメージさえよくしても見透かされてしまったら終わりなのです。

仮にイメージで勝負しているのであれば、あなたの本当の姿が見透かされたら終わりですよね。

そう、つまり、イメージを良くすることはその場しのぎでしかないのです。

人間はイメージに支配されすぎです。

イメージよりもあなたがどう考えるかを優先すべきです。

強がってしまう人はネガティブなイメージばかりがある人とは限りませんよ。

強がりな人はどんな人?8個の特徴と心理!なぜ強がる?

それではここからはお待ちかねの強がる人の特徴をお教えします。

要はほとんどの人は、なぜ強がってしまうのかという部分がわかっていないからこうなってしまうのです。

強がりな人の特徴を把握することで、あなたもしっかりそのような人の対応ができますよ。

大きくピックアップして8個の特徴がありますので、しっかり把握しましょう。

いきなりすべてを覚えるのは難しいと思いますので、まずは、あなたにとって身近なことから把握しましょう。

今までは知らなかったので、強がってしまう人に対応できなかったり、知らぬ間に自分が強がってしまっていることもあるのです。

しかし、それも今日までです。

これからご説明する特徴や心理をしっかり把握することで、これまでよりかは強がることに関して、ストレスを感じなくなってしまいますよ。

ほとんど、特徴や心理を聞くと、納得するものばかりです。

しかし、この納得してしまうことだから、当然のことと言うような感じで、思っているから気づくことができないのです。

そう、つまりあなたが当然と思っていることの中にいろいろと気づかされることが隠されているのです。

なぜ、見つけることができないのかと言いますと、当然と言うフィルターだから深く探ることができないのです。

要は、もうその奥には何もないと言う感じに見ているので、そうなってしまっているのです。

強がりな人もそんな感じでなぜ強がるのかを分かっていないのと、強がる特徴がほとんどが当然のようなものだから、気づけないのです。

何度も言いますが、強がることは悪いことではありません。

ただ、それを表に出しすぎても意味がないし、周囲に迷惑をかけてしまうのです。

周囲にそのような人がいないのかチェックするためにも、また、ご自身に強がる人の特徴がないかなどをチェックするためにも、ぜひ、しっかり強がる人の特徴を覚えましょう。

覚えてしまえば、あとは簡単です。

そんなこと言っても、覚えるものは難しいのではないのかと思われる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

はっきり言えば、そんなに難しくありません。

どなたでも簡単に覚えることができますよ。

まずは、柔軟に考えて覚えていくことをおススメします。

まずは、固くならずに肩の力を抜いてお読みになっていただければと思います。

もしくは、傍観者のような感じでも構いませんよ。

気軽になってくださいね。

1.負けず嫌い


強がりな人はその言葉の通り、負けず嫌いなのです。

負けず嫌いなために、強がって相手を威嚇しているのです。

強がることでも少しでも、相手を自分より下位の立場に追い込んで勝とうとするのです。

つまり、強がるのは、とにかく負けたくないといった感じになっているのです。

そのために強がってある意味、自分を奮い立たせているような感じなのです。

特にこのタイプに多いのは、部活などでスポーツに取り組んでいた方などがこのタイプが多いのです。

なぜなら、激しい競争意識を嫌と言うほど押し付けられたからです。

競争意識が強いとそれと同じように相手に負けたくないと言う思いが強いので、そうなってしまうのです。

そう考えると日本の場合、スポーツに関わっていなくても、負けず嫌いになってしまう可能性が高いのです。

なぜなら、教育の中でも競争意識を植え付けさせられているからです。

とにかく、勉強でもなんでもトップを取ることを意識して教育を受けてきているので、無意識のうちに負けず嫌いの癖がついてしまっているのです。

なぜそうなってしまったのかと言うと、歴史から見ると、明治からこのような感じになったと言われています。

要は、富国強兵で、とにかく強くないと生きられないと言う、欧米の文化が流れてきたからです。

欧米は古くから競争社会であり、階級社会なので、そのような感じで負けず嫌いの方が日本より多いのですが、最近は、日本人の方が負けず嫌いな感じになってしまっています。

競い合うものは全て勝ちたい!

日本の場合、小さいころから競争を植え付けられてきたので、とにかく競い合うものでは、トップを取ろうと、勝利を収めようとするのです。

2.プライドが高い

強がる人は、とにかくプライドが高いです。

プライドが高いゆえに周囲より優位な位置にいたいと考えてしまうのです。

そのために強がっては自分は優位な位置にいるとご自身に認識させているのです。

そうすることで、高いプライドを維持することができるのです。

どちらかと言うと、高いプライドをキープすることに必死になっているのです。

そのために、強がっては、自分はまだまだ大丈夫という感じにとらえているのです。

プライドを高く持つことに悪意はありませんが、それが原因で周囲と摩擦が起きてしまうこともあるのです。

つまり、プライドを高く持つのにも、それなりの人格が必要になってくるのです。

最近多いのは、器が小さいのにプライドだけ高く持ってしまう人が多いから、プライドの高い方がネガティブに見られてしまっているのです。

プライドは誰でも持つことはできますが、持つにもそれなりに大きい器と人格が必要になってくるのです。

要はほとんどの人は、真のプライドの高いの人を見たことがないのです。

ほとんどは、負けず嫌いのタイプしか見たことがないので、そう思ってしまうのです。

人間は見たことでしか、物事を判断できないのでそうなってしまうのです。

本来見ないといけないのは、真にプライドの高い方です。

誰にも負けたくないという気持ち

競争社会の中で生きてきたので、誰にも負けたくないと思う気持ちを持っている人は多くいらっしゃいます。

しかし、誰にも負けないことはある意味不可能です。

例え何かの競技でオリンピックで金メダルを取ったとしても、必ず負けてしまうことがあるのです。

自分に負けはないと言っている人ほど、強がっているのです。

潔く負けを認めている人ほど、先へ進むことができるのです。

ただ、負けたくないという気持ちを持つことは悪いことではありません。

譲れないという気持ち

まあ、勝利やトップ、もしくは今地位を誰かに譲りたくないと思う方は多くいらっしゃいますが、譲りたくない気持ちはわかります。

しかし、そんなことをしていても、拉致が空きません。

譲る譲れないで争っていては、子供のケンカと同じです。

そんなんで強がっても意味はありませんよ。

3.人前では泣きたくない


強がる人は、人前で泣くことを極端に嫌います。

それは、悔しくても、感動の涙でもです。

とにかく涙を流すことは弱い人間のすることだと思っているのでそうなってしまっているのです。

数年前に男の涙が注目されましたが、それもすぐに終わりましたね。

男ほど、強がってしまうものはいないのです。

つまり、男が人前で泣くことは昔と変わらず弱い自分を見せてしまうことと認識されているみたいです。

そのため、男性はいつになっても強がってしまうのです。

いくつになっても子供とはそのようなことなのです。

また、涙を流さないまでも悔しい思いをすること自体を嫌がる人もいらっしゃるのです。

要は、悔しい思いをすること自体が誰かに負けたと言う感じにおもえてしまうので、強がるのです。

とにかく悔しくしている姿や泣いている姿を見せることを極端に嫌います。

人前では泣かないようにしているので、そのために強がって自分を抑えようとしているのです。

強がりは弱い自分を見せないための手段ではありますが、自分を抑える手段でもあるのです。

このように強がりを利用している人もいらっしゃるのです。

弱い自分を見せることが嫌なのは、ほとんどの人が同じです。

つまり、強がってしまう人は多いのです。

悔しいと思う気持ちを表したくない

悔しいと思うことも好きではないですし、悔しくしていると思われるのも嫌なのです。

それだけプライドが高いので、強がってしまうのです。

そのために強がるのではなく、悔しさをばねにしていくことが大切です。

強がっている人は、悔しさをばねにすることができないから、いつまでも強がっているのです。

4.ナルシスト

強がる人の多くは、ナルシストの人が多いのです。

つまり、自分に酔いしれているから強がってしまうのです。

ナルシストだからとにかく自分をバカにされたり、弱い人間に見られたりすることを嫌ってしまうのです。

そうされないために強がって自分をバカにしてくるような人を避けようとするのです。

ある意味、強がりをガードのような感じに使っているのです。

ナルシストは強がりな部分以外でも非常に厄介です。

まず、人の話を聞きません。

自分に酔いしれているので、自分のことしか信用していないような感じなのです。

つまり、常に相手を下に見ている節があるのでそうなってしまうのです。

ナルシストほど扱いに大変なものはありませんし、さらに成長も見込めないのです。

なぜなら、今の自分に満足しているので、それよりも先へ行こうとしないのです。

この傾向がよく表れるのが、スポーツでちょっと活躍して調子に乗ってしまった人たちです。

よく強豪スポーツ校に来る人には自信に満ちあふれた方が多いのですが、そのような人でも自分はすごいと思ってしまうとそこから伸びないらしいです。

高校で終わってしまう人やプロに言っても大成しない人などはまさにこの例なのです。

ナルシストになってもいいことはありませんよ。

ある意味、厄介さでは上位に当てはまる強がりな人の特徴です。

5.純粋

強がりな人は、実は純粋な人が多いのです。

意外かもしれませんが、実は純粋だからこそ強がってしまうのです。

何よりもほとんどの物事に関して疑ってみていないので、知らない間に競争世界の中にいると、とにかく強がってしまうのです。

誰にも負けたくないという意識は無意識に働いてしまうのです。

純粋だからこそ、真っ向から立ち向かっていくので、ある意味、厄介な強がりよりも外から見ていると気分を悪くすることはありません。

この手のタイプは少数派の人間なので、なかなか周囲から認められない可能性があるのですが、少数派だからこそ後になって爆発的に活躍してしまう可能性を大いに秘めています。

純粋と言いますが、なんでもかんでも素直に受け取っているから純粋と言うわけではないのです。

物事に対して偏見なく接しているからそうなっているのです。

つまりは見たものすべてを信じているので、自然と強がることもできるのです。

なぜなら、特に日本は競争社会なので、それを見て感激して自分もみんなにまけないように頑張ろうと奮起するのです。

ある意味いい感じで強がりを使いこなしている人と言えますね。

どうせ強がるのであれば、純粋な感じで強がりましょう。

そうすることで少なからず、他人に迷惑をかけるような強がりではなくなりますので!

6.素直でない

強がる人のほとんどは素直でないのです。

なぜなら、強がってしまう原因の1つに自分に自信があるからです。

そのために、他人の話などほとんど聞いていないのでそうなってしまうのです。

素直でないとこの世の中を渡り歩くのは大変ですよ。

なぜなたら、どこの会社や世界を見ても成功していると言われている人は、ほとんどが素直な人です。

つまり、そう考えると、素直な人に素直でない人が働かせられているという状況と言っても過言ではありません。

それならば、素直になった方がいいですよね。

しかし、なかなか素直になれないのです。

なぜかと言いますと、プライドが高かったり、変に自分に自信を持っていたりなど、人それぞれでいろいろとあるのです。

そのためになかなか素直になれないのです。

しかし、これに気づいて素直になった時はある意味普段から素直だった人よりも格段に上へあがる可能性が高いのです。

ぜひ、そうなれるのであれば、上へ上がりましょう。

実は素直でない人にも大きなチャンスはあるのです。

というか誰にでも大きなチャンスがあると思って過言ではありません。

ぜひ、素直になりましょう。

簡単ではないのですが、なれないことはないのです。

認めない

強がっている人はとにかく相手を認めようとしません。

なぜなら、大げさに言えば自分を神のような存在に見ているからです。

ある意味大きな勘違い野郎と言ってもいいでしょう。

この勘違いに気づくのは、おそらく誰も人がついてきていないとわかった時ですね。

振り向いたらぺんぺん草しか生えていなかったということは、強がりな人に良くある話ですので、ぜひ、相手を認めるようにしましょう。

そうすればあなたも認めて頂けますよ。

相手を認めないから、あなたも認められないのです。

そこはよく理解しましょう。

嘘を言ってしまうことも

強がるために、自分の立場を優位にするために、嘘を言ってしまうことが多いのです。

そのために相手から信用されなくなってしまう可能性が大なのです。

強がるために嘘をついても意味がありません。

それよりも嘘をつくことなく、真の自分で勝負する方がかっこいいですよ。

それでも嘘を言ってしまうと言うのであれば、今までいった嘘をまとめましょう。

そのうち口からでなくなりますよ。

嘘ばかり言っていると相手から信用されなくなってしまうだけでなく、話も聞いてくれません。

なぜなら、言っていることが嘘だと思われてしまっているので、聞く耳を持っていませんよ。

そうなってしまうと生きていて面白くないですよね。

是非、そうならないようにしましょう。

7.受け入れることができない

強がる人のほとんどが、受け入れることを拒否します。

要は変に自分に自信を持ってしまっているので、受け入れると自分が自分でなくなると思い込んでいるのです。

そのために、相手からのアドバイスなど全く聞いていません。

そうなるとこの人は何を言っても無駄だと思われてしまうので、いつの日か、蚊帳の外にいる状態になってしまっているのです。

こうなると意味がないですよね。

ある意味、相手の意見やアドバイスを受け入れてもあなたがあなたでなくなるわけではないし、あなたの自信が失われるわけでもありません。

実はそんなに心配する必要もないのです。

そう、今気づかれたと思いますが、強がる人は実は心配性な人が多くいらっしゃるのです。

心配性だから強がってバランスを取っていると言っても過言ではありませんが、あまりよろしいような強がりではありませんので、辞めましょう。

否定をすることが多い

強がっていて相手の意見やアドバイスを聞くこともないので、逆に相手のことを否定してばかりいる人が多いのです。

なぜなら、変に自分に自信を持っているからそうなってしまっているのです。

否定をしてもいいことはありません。

そのうちあなたも否定されてしまいますよ。

なぜなら、ご自身が放った言葉はご自身に返ってくるのです。

そのために、相手を否定するのは辞めましょう。

相手を否定するだけ自分を傷つけてしまっているようなものなのです。

そうなってしまっては意味がないですよね。

相手があってあなたが存在するのです。

そう考えれば相手の存在はありがたいですよね。

なんで自分より下の人に感謝しないといけないのかと思われる方もいるかもしれませんが、その人がいるおかげであなたが優位に立っているのですよ。

つまり、その人がいなかったらあなたは今の立場にいられなかったかもしれないのです。

ぜひ、どんな相手に対しても否定するのではなく、感謝をするようにしましょう。

8.脆い一面がある

強がっている分言い返されると弱い部分が見えてくることもあるのです。

なぜかと言いますと、根が弱いから強がっているのです。

根の部分を責められるとやばいのです。

そう、実はものすごく脆い可能性があるのです。

そこの部分を相手に悟られないために強がっている人は結構多くいらっしゃいます。

特に最近多いのが、トップダウンの形式が色濃く残っている会社の上司です。

恐怖心で従業員をおさえてしまい反論させないようにするのです。

しかし、これはもはや普通のやり方ではないのです。

ある意味今の時代に即していないやり方と言ってもいいでしょう。

このような上司に反論するのはなかなか難しいと思いますが、実はそんなことはございません。

反論してみたら意外と弱かったと言うこともよくあります。

そう、強がって反論されないように頑張っている上司は多いのです。

ある意味、悲しい社会と言ってもいいと思います。

脆い部分を隠すよりも、脆い部分を克服する方が意外と早いかもしれませんよ。

ぜひ、脆い部分を治すようにしましょう。

一度挫折をすると引きずってしまう

強がっている人は、ねちねちしている人は多いのですが、実はねちねちしているので、一度挫折してしまうと、いつまでも引きずってしまうのです。

なかなかかすり傷が消えないで苦しむのです。

そうなってしまっては意味がありません。

過去を引きずって何になると言うのです。

過去は過去です。

未来を見て先へ進まないといけないのです。

そのためには、どうしたらいいのかと言いましたら、いつまでも引きずらないことです。

なぜ、引きずってしまうのかと言いますと、要は、成功も失敗も過去から大きく影響されてしまっているからです。

過去で飯を食えるのは、内閣総理大臣か横綱と言われています。

つまり、ほとんどの人は、過去で飯を食うことができないのです。

過去で飯を食べるよりも、未来で飯を食べることができる人間になりましょう。

過去を引きずると脆くなってしまうだけですよ。

強がりをやめるにはどうすればいい?

ここまでの説明で強がる人の特徴を理解したと思いますが、おそらくあまり強がることに関して良いイメージを持たれた方は少ないと思います。

何度も言いますが、強がることは、悪いことではありません。

いけないのは、それで他人に迷惑をかけてしまうことです。

では、そこでここからはまずは、強がりを辞めるにはどうすればいいのか、そのことからお教えします。

ぜひ、しっかりマスターしましょう。

そこで、まずは素直に受け入れることです。

受け入れることにプライドを感じてはいけません。

受け入れることであなたが変わることができるかもしれませんよ。

変化なくして前進なしと言われています。

次に、目の前のことを受け入れることが必要です。

目の前のことに目を閉じてしまうから強がってしまうのです。

目の前で起きていることは、まぎれもなく真実です。

そして、極めつけは、負けを認めることです。

これがなかなかできないからいつまでたっても超えることができない壁が多いのです。

競い合いの場合は特に認めることが大事です。

そうしないといつまでたっても勝利を収めることができませんよ。

また、認めることで自分自身を見直すこともできるのです。

アスリートの人たちがすぐに立ち治ることができるのはそのためです。

そして、強がらなくてもいいと考えることが大切です。

自分に素直になりましょう。

泣く時は泣く、喜ぶ時は喜ぶ!コレが大切です。

感情を無理に抑える必要もないのです、一番は感情をコントロールすることです。

素直な気持ちや表現が必要になってきますが、それができるようになっていると強がることもなくなりますよ。

強がりをなくしてあなたの理想の人生を歩みましょう。

また、いろいろな人と出会うので、そんな時に強がらないようにしましょう。

強がらずとも素直に生きよう!

いかがでしたでしょうか。

強がってしまっても意味がないことは分かったと思います。

しかし、強がることは悪いことではありません。

要は強がりをうまくコントロールすることが大切なのです。

うまくコントロールすることで、あなたも他人に迷惑をかけないで強がることができますよ。

ぜひ、感情だけでなく強がりもコントロールしましょう。