CoCoSiA(ココシア)

愛しくてたまらない彼女になる13個...(続き4)

ちょっとだけでも涙を見せるだけでも効果的。

そんな姿を見て「この子を守りたい!」という気持ちを増進させるだけではなく、さらに好きにさせることができます。

11.素直に気持ちを伝える

男性って自分の気持ちをストレートに伝えてもらったほうが嬉しいと考えています。

それに男性同士の会話というのは、女性同士の会話とはちがってほぼほぼオブラートに包むようなことはせずに、ストレートに物事を伝えることが多いです。

特に男の中の男と思えるような男性であればあるほどに、この傾向が強いと考えてもいいでしょう。

とはいえ、女性はそのようにして何かを伝えるわけではないということは、だれしもが理解していること。

だからこそ!です。

だからこそ、あなたの気持ちを素直に伝える姿勢を持ちましょう。

あなたの感じたことをすべて素直に話せばいいということではありませんが。

あなたの気持ちを素直に伝えることによって、「こんなにも思いっきりぶつかってきてくれているんだな」と見直してくれます。

また、そのように素直に気持ちを一生懸命に伝えてくれる姿というのがかわいらしいくて、愛おしく感じてしまうのです。

小さい子供が一生懸命に何かを伝えようとする姿ってかわいいと思いませんか?まさにそのような感覚と似ているといえます。

12.スキンシップを増やす

好きな彼氏だからこそ、誰よりもそばにいたいし、いつでもできることならくっついていたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

そんな妄想とは裏腹に現実世界に目を向けると、どうしても緊張してドキドキしてしまってなかなかスキンシップをすることができない方もいるでしょう。

しかし、あなたの彼氏なのです。

ぜひとも、スキンシップを増やしてみましょう。

一緒にいるときには必ず手をつなぐようにするだけでも、かなりの効果が表れます。

また、ふいうちでスキンシップをすることによて、さらに彼氏のことをどきどきさせることができるなんていうことも。

できればハグをする…というレベルまでのスキンシップをしてほしいのですが、お付き合い仕立てだとか男性に対しての免疫が少ない方だと、どうしても難しいでしょう。

そんなときは「腕を組む」「手を自分からつなぐ」というところに着目してくださいね。

13.小さな『ありがとう』を忘れない

好きな人、それも両想いになることができたのですから、お付き合いの仕立てのころというのは、どんなに小さなことでも感謝の気持ちが表れるものです。

しかし、長年のおつきあいになればなるほどに、そのように感じたとしても相手に伝えなくても相手は分かってくれる…と思い、なかなか伝えなくなってしまうんですよね。

そんなことないんです。

伝えなければ伝わりません。

これからは、どんなに小さなことでも「ありがとう」という気持ちを忘れずに相手に伝えるようにしてください。

相手にとっては、ありがとうと言われるためにその行動を起こしたのではないかもしれません。

しかし、そんなときこそ感謝の気持ちを伝えてもらうことで、うれしく感じるだけではなく、そんなにちっぽけなことでも感謝の気持ちを持つことのできるあなたに感動するのです。

そして、そんな小さなことでも感謝することのできる美しい心の持ち主を大切にしよう、愛しいと思えるんですね。

人って美しい容姿ももちろんですが、その心の持ちようにも注目しているものですよ。

こんな彼女は嫌だ…と思われる行動10選

これまでに愛しいと思われるためにぜひともおこなってほしいことをお伝えしてきましたね!

どれもすぐにできるものが多かったので、今からでも実践することができるのではないでしょうか。

とはいえ、そのように愛しいと思ってもらえる行動があるのであれば、反対に「この子苦手だな」と思わせたり、「こんな彼女とはもう別れたい」なんて思わせてしまう人もいるのです。

そんな風には思われたくもないですよね。

ということで、ここで男性たちが「こんな彼女は嫌だ」と思っている彼女っていったいどのような人たちなのかをご紹介します。

以下のことには気を付けて、彼氏に接するようにしましょう。

もしも、自分のなかで思い当たることがあれば、すぐにでも軌道修正していってくださいね!

めんどくさい

男性って基本的にめんどくさいことが苦手です。

そりゃあ女性もそうでしょうが、だからこそお互いにめんどうくさい関係にはなりたくないですよね。

ということで、男性はめんどくさいと感じる女性が苦手です。

具体的にどのような女性かといいますと、同じことを繰り返し指摘してくる、どうでもいいことを延々と話し続ける・・などをあげることができます。

女性同士の会話では当たり前の話の流れであったり、女友達であれば楽しく話すことができた話題であっても、男性にとっては「めんどうくさい」としか思うことができないこともあるんですね。

ガサツ

男性って彼女になったからこそ、いつまでも美しくかわいくいてほしいものなんです。

しかし、大好きな人とお付き合いすることができたことで気が抜けてしまい、“女性らしさ”が欠如し、ガサツになってしまう女性も少なくありません。

そのような女性は、男性にとって“一緒に歩きたくない”女性になるんですね。