女性にとって身だしなみの1つでもあるメイクですが、あなたはメイクにどれだけ拘っていますか?

ビジネス用メイクから、プライベート用メイクまで、メイクには種類やジャンルも様々あります。

そんな奥が深いメイクを上手に取り入れる事で、男性から愛されるモテ顔になる事も可能なのです。

この記事では、男ウケ抜群のモテメイクテクニックをご紹介していきます。

誰もが手に入れたい愛され顔はメイクで作れます!

可愛い女性や、美人な女性を見て「あんな顔に産まれたかったなぁ」と思った事はありませんか?

実は、誰もが手に入れたいと思っている愛され顔はメイクのテクニック1つで作る事ができるのです。

人は第一印象の7割が容姿であると言われています。

メイクで愛され顔を作って、素敵な出会いのきっかけをゲットしましょう。

近年の人気は石原さとみ顔

近頃の愛されメイクで一番人気なのは、女優の石原さとみさんをイメージしたメイクでしょう。

美人にも可愛くも見えるマルチな魅力は全ての女性が一度は憧れる顔であるとも言えます。

パッチリした目元と、色っぽいポッテリした唇はメイクで作る事ができるので、スッピンは石原さとみさんと全く別系統の顔立ちをしていてもモテメイクで石原さとみ風になれるというもの人気のポイントの1つです。

男ウケメイクをするのに使いたいメイク道具

メイクをするには、テクニックも勿論ですが使う道具がメイクの仕上がりを左右します。

メイクをはじめる前にこれだけは用意しておきたいメイクグッズをご紹介していきます。

メイクスポンジ

ファンデーションを肌に馴染ませる用のスポンジです。

なるべくキメが細かく弾力のあるものを使用しましょう。

ファンデーションをムラなく綺麗に肌に密着させるにはスポンジの質がポイントです。

メイクブラシ

メイクブラシは、コスメを購入した際に小さなものが付属される事もありますがしっかりとしたブラシを使用するのがおすすめです。

パウダーブラシ、チークブラシ、シェーディングブラシ、アイシャドウブラシ、アイシャドウチップ、リップブラシは最低限持っておいた方が良いでしょう。

顔が全て映る三面鏡と拡大鏡

メイクをする際、小さなコンパクトでメイクをしていませんか?

メイクとは全体のバランスを整える事で総合的な仕上がりが底上げされます。

その為、メイクをする時はしっかりと顔全てが映る鏡を使う事が大切です。

その際、三面鏡を使えば様々な角度からチェックする事ができて、拡大鏡もあれば細かなメイクもしやすくなりますよ。

男ウケ抜群のメイク法9選とは?

ファッションやヘアスタイル、メイクの好みというのは男性と女性で大きく変わってきます。

ここでは特に愛され顔を作る為に、男性ウケのするメイク方法をご紹介していきます。

男性ウケメイクを取り入れてモテ顔になっちゃいましょう。

艶肌を作る


男性は実は女性の肌をよく見ています。

特に、女性の鼻や頬の毛穴、目尻の皺などは女性より平均身長の高い男性から見えやすいポイントでもあるのです。

それらをしっかりとカバーしつつ艶やかな肌を作る事で女性として瑞々しい印象を作る事ができます。

女性はマット肌が好き

男性が艶肌を好むのと対照的に、女性はマットな肌質を好む人が少なくありません。

しかし、マットな質感の肌はやや厚化粧に映りやすいので男性目線から見ると不自然に映ってしまうようです。

リキッドファンデーションを使おう

艶肌を作るには、リキッドファンデーションで薄付きながら瑞々しい肌に仕上げる事が重要です。

カバーするポイントのみをコンシーラーでしっかりカバーして、全体はリキッドファンデーションで艶やかに仕上げるのがおすすめです。

フェイスパウダーで押さえる際にも、少しラメの入った物などを使う事で艶やかで明るい印象を作る事ができますよ。

涙袋をぷっくりと

近年、人気なのが目の下の涙袋をぷっくりと見せるメイクです。

涙袋をぷっくりと見せる事で目の縦幅が大きく見えて丸く可愛い印象の目元にする事ができます。

涙袋を強調させるメイクをする事で目の下のクマなども自然にカバーができるので、クマのできやすい人や色素沈着で目の周りが暗くなりやすい人にもおすすめですよ。

涙袋のメイクは思い切りが重要

涙袋が元々、ある場合は目の下にハイライトを入れてパール系のアイシャドウをのせてあげれば十分です。

しかし元からあまり涙袋が無い顔立ちの場合、それだけでは物足りない所か目の下のクマや色素沈着を目立たせる仕上がりになってしまいかねません。

そんな時におすすめなのが眉用のブラウン系ペンシルで涙袋の影を描いてしまうメイク方法です。

思い切ってしっかりと描く事で、ぷっくりとした涙袋を作る事ができますよ。

【涙袋作る方法は、こちらの記事もチェック!】

カラーコンタクトで目力さらにアップ

涙袋メイクをしても黒目が小さいと少し違和感が生まれてしまいます。

涙袋メイクをする際には、黒目を大きくみせるカラーコンタクトをする事で潤いのある愛されアイメイクに完成させる事ができますよ。

チークは丸く入れる

実は、顔の印象を大きく変えるのがチークなのです。

シャープに入れれば、クールで美人な印象になりますが男性ウケを考えるなら丸くチークを入れて可愛い印象に仕上げるのが良いでしょう。

更に、チークは入れる場所も重要です。

小鼻の位置より下に入れてしまうと、顔が少し垂れさがったような印象になってしまうので注意しましょう。

2色使いでグラデーションを付ける

チークは中心を濃く、外にいくにつれて薄くするグラデーションメイクが基本ですが素人には中々難しいものです。

そこで、チークを2色使うのがおすすめです。

まずは淡い色味のチークを入れて、その上から中心にのみ濃い色のチークを入れましょう。

2つのチークの境目を馴染ませれば簡単綺麗なグラデーションチークを入れる事ができますよ。

少し大げさに入れて火照ったような印象に

チークを入れる際には少し大げさに濃いめに入れるのがおすすめです。

そうする事でドキドキして火照ったような印象を作る事ができて、男性をドキっとさせる事ができます。

火照り感を出すには頬骨よりやや上、目元の少し下辺りを特に濃くすると色っぽい仕上がりになりますよ。

リップはツヤツヤで自然なカラー


特に色気を感じさせる唇のメイクは重要なポイントです。

男性は、唇のメイクを見た時にキスを想像する人が少なくありません。

ガサガサの唇では、色気を感じられません。

自然で健康的な発色でツヤツヤした仕上がりを意識しましょう。

グロスの塗り過ぎには注意

リップメイクをツヤツヤにする為に、たっぷりとグロスを塗る人も居ますがこれはかえって逆効果となるようです。

グロスでテカテカの唇を見ると「フライドチキンを食べた後みたい」と思う男性は少なくないようです。

唇の艶感はあくまで「カサカサしていなければOK」という認識を持つ事が大切です。

リップペンシル×グロスがおすすめ

リップメイクをする際には、コーラル系のリップペンシルを使ったナチュラルなメイクがおすすめです。

しっかりと輪郭をかたどった口紅でのメイクより、唇の色味をリップペンシルで整えて、薄付きのグロスでツヤ感を与えたナチュラルな唇の方が男性にキスを意識させる事ができますよ。

口紅よりリップメイクが崩れにくいという点でもおすすめです。

アイメイクはピンク×ブラウン

女性は特にアイメイクに拘りを持っている人が多く、ゴールドやブラウン、ブラック系などしっかりとアイシャドウを塗って目力アップを計りたいと思う方も多いですよね。

しかし、アイシャドウを濃くするとどうしてもメイク全体が濃く見えてしまうものです。

目力はアイラインとまつ毛メイクでどうにでも調整できるので、アイシャドウはあまり主張させ過ぎない方が良いと言えるでしょう。

ピンク×ブラウンの組み合わせで、ナチュラルで薄付きなアイシャドウの方が男性からは好まれるようです。

アイライナーはインライン重視

目元の印象を大きく変えるアイラインですが、アウトラインにがっつりアイラインを引くと二重の幅が小さく見えて、メイクは濃いのに目は小さく見せてしまう事があります。

アウトラインよりもまつ毛とまつ毛の間を丁寧に埋めるようなインラインを引く事を重視するのが良いでしょう。

自分の二重の幅に合わせて、インラインをしっかり、アウトラインはナチュラルに引いてあげるのがモテメイクのポイントです。

マスカラよりもまつエクが男ウケ

マスカラでしっかりとまつ毛のボリュームを出すのも良いですが、ゴテゴテとしたまつ毛を見て「ひじきみたい」と思う男性は少なくありません。

近頃では、まつ毛エクステブームも相まって自然でナチュラルに見えるまつ毛エクステの方が男性に好まれているようです。

しかし、メンテナンスを怠ると男性目線からするとポロポロと抜け落ちて歯抜け状態になったまつ毛エクステが丸見えになってしまいますので、定期的なメンテナンスは必須となります。

アイメイクは必ずウォータープルーフを

アイメイクで絶対失敗したくないのが、メイク崩れによるパンダ目になってしまう事です。

これはお手洗いなどに行かない限り、中々気付きにくいですし正面から見ている相手は確実に気付いています。

目に見えてメイクが崩れている女性を好む男性はいません。

アイメイクはなるべく落ちにくいウォータープルーフを使用しておく方が安心ですね。

丸目を作る

アイメイクにおいては、様々なメイク方法がありますが男性ウケを考えるなら人懐っこく可愛い印象の強い丸みを帯びたメイクを意識するのが良いでしょう。

元々の目の形をしっかりと取れて、アイラインやまつ毛メイクで目の形を丸目にしていきます。

やや垂れ目がちにする事で可愛さアップ

丸目をメイクで作る際には、目尻にブラウンの影を入れてやや垂れ目がちな印象にする事でより女の子らしい男性ウケするモテメイクになります。

つけまつ毛をする場合下まつ毛の目尻部分をほんの少し長くなる様にカットした物を使用するのも効果的ですね。

アイプチやアイテープを使ってパッチリ二重に

目元の印象は一重か二重かで全く変わってきます。

一重や奥二重にはそれぞれの魅力がありますが男性ウケやモテメイクを基準として考えるとパッチリとした二重の方が、可愛い印象のメイクに仕上がりやすいと言えます。

自分の瞼との相性を考えてアイプチやアイテープでパッチリとした印象の二重を作るのは必須メイクと言えます。

カラコンはブラウン

カラーコンタクトを入れる場合には、ベースのカラーはナチュラルなブラウンを入れるのがおすすめです。

カラーコンタクトには様々な色味がありますが、結局の所日本人の顔立ちや肌色に似合う色味というのは限定されてきます。

色味の強くついているカラーコンタクトを使う場合にはナチュラル感と潤った目元を演出してくれる自然なブラウンカラーを選びましょう。

青、緑、赤などはモテない

個性的な青、緑、赤などのカラーコンタクトもありますが、これらは個性を主張し過ぎてあまり男性ウケするとは言えません。

それらのカラーコンタクトをしている事で、どれだけ似合っていたとしても「結構自己主張が強いのかな?」と捉えられてしまうので注意しましょう。

抜け感が大切

メイクとは全体の印象で決まるものです。

全てのメイクをキッチリと教科書通りに仕上げてしまうと気合の入ったしっかりメイクとなり、真面目だったり隙のないきっちりした女性の印象を作ってしまいます。

特に眉の形などは顔の印象を大きく作るポイントとなります。

しっかりとライン取りをして描くよりも、少し眉の輪郭をぼかしてメイクする事でふんわりとした抜け感のあるメイクに仕上げる事ができますよ。

ポイントは眉と唇

抜け感を上手に出すには、全体のメイクを足し算にし過ぎない事が重要です。

眉、目、頬、唇とメイクをパーツで考えた時に足し算でしっかりとメイクを仕上げた方が良いのは目と頬、引き算でぼんやりふんわりとメイクをしても良いのは眉と唇という考え方になります。

モテメイクは、ビジネスメイクとは違うので抜け感を重視して隙のある可愛い女性を印象付けられる様に心がけましょう。

ダマのまつげはNG

至近距離で女性のメイクを見た時に、男性が最も気になるというのがダマになったまつ毛だそうです。

ひじきのように一本一本が太くなったまつ毛や、まつ毛にゴミが乗ったようにマスカラの繊維の固まりが乗ったまつ毛メイクは絶対にNGです。

まつ毛メイクをする際には、マスカラを塗った後しっかりとダマを取り除き自然で長いまつ毛を作れる様にメイクしましょう。

まつ毛メイクが苦手ならエクステがおすすめ

メイクには得手不得手があります。

どうしてもまつ毛がダマになってしまったり、好みやクセでひじきのような太いまつ毛になるまで何度もマスカラを塗ってしまうという人はまつ毛エクステにしてみるのもオススメです。

メイク無しでも自然でボリュームのあるまつ毛にする事ができるので男性ウケは抜群と言えます。

付けまつ毛はボリュームに注意

マスカラでのまつ毛メイクや、まつ毛エクステとは別に付けまつ毛を使う場合には、使う物のボリューム感に注意しましょう。

自分の目に対してボリュームのあり過ぎる付けまつ毛を使用すると男性目線から見た時に、目元にまつ毛の影が出来すぎてラクダのようなイメージの目元になってしまう事があります。

付けまつ毛で自然な印象に仕上げるなら、根本の幅が狭く一本一本んが細目で、クロスしたタイプがオススメです。

男性に愛されないメイクとは?

男性ウケするメイクとは、基本的に「理想の女性像」を作る所に重きを置いたメイクである事が多く「優しい」「穏やか」「可愛い」などの男性が女性に求める印象を作りあげる必要があります。

逆を言えば、それらの印象から外れるメイクは男性に愛されないとも言えるのです。

世間一般的に、男性ウケのよく無いと言われるメイクは以下のようなものになります。

真っ赤なリップ

自己主張の強い、しっかりと縁取られた真っ赤なリップメイクはどこか昭和感を感じさせて引いてしまう男性が少なくありません。

また、モード感が強く個性が主張されている事で「優しい」や「可愛い」の印象がなくなってしまう事も引かれる原因の1つと言えます。

ゴテゴテのつけまつげ

目元の印象を大きく変えるまつ毛ですが、これがゴテゴテしているとどこか不衛生な印象を持つ人は男女を問わず少なくありません。

特に、モテメイクとしてナチュラルさが求められる時代なので、まつ毛メイクは自然で長く見える事だけを意識するのが一番と言えるでしょう。

匂いのきつい化粧品

化粧品の中には、独特の香料が含まれているものもあります。

自分では普段から使い慣れていて気付きにくいものですが、その匂いがモテメイクの邪魔をしてしまう事があるので注意しましょう。

特にベース下地やファンデーションに含まれる香料で「おばちゃんの化粧品のような匂い」と言われるものがいくつか存在します。

化粧品を購入する際にはなるべく無香料のもの選んだ方が無難であると言えます。

奇抜な色のカラコン

奇抜な色やデザインのカラーコンタクトは個性を主張し過ぎて「何だか、この子はクセがありそうだな」と男性を警戒させるアイテムであるとも言えます。

モテメイクとは遠くなってしまうので、いくら似合っていたとしても避けた方が無難であると言えるでしょう。

きつめのアイライン

きつめに描かれたアイラインは「化粧が濃い」という印象を作りやすいものです。

男性は、女性に「スッピンの可愛さ」を求める傾向にあります。

「化粧が濃い」という印象を与えると、それだけ不利であると考えて間違いないでしょう。

それでも理想の目元を作るために、アイラインをしっかりと引く必要があるならば、ブラウンのアイライナーにするなど足し算になり過ぎない工夫が必要です。

カサカサの唇

カサカサの唇は女性としての魅力を半減させる他、身だしなみが出来ていないだらしない印象すら与えてしまいます。

リップクリーム1つで解消できる問題を、そのままにしているという所が「女子力が無い」「女性を感じない」といった印象を作ってしまうので注意が必要ですね。

おすすめメイクブランド紹介します

メイクをする上で、その仕上がりを大きく左右するのがコスメです。

様々なコスメが販売されていますが、コスパや品質を考えて自分に最も合ったものを選ぶのがメイクを上手に仕上げるポイントであると言えます。

モテメイク女子に人気なコスメブランドをご紹介していきましょう。

デパコス

デパートや百貨店などにしか店舗を構えない、高級志向のデパコスは品質の高さがウリです。

海外製品も多く、発色やカバー力などはプチプラコスメとは比べ物にならない程です。

その反面、コスメ1つ1つが高額となりますので「どこにお金をかけるか?」をしっかりと考える事で上手に取り入れるのがおすすめですよ。

また、これらのコスメブランドはショップ毎に美容部員がついており自社製品の特長やメイク方法を教えてくれる事も多いので「何を使えば良いのか分からない」といった人メイク初心者の人にも比較的おすすめです。

1.JILL STUART

商品パッケージやデザインがとても可愛らしく「女性が女性に贈るコスメ」としても選ばれるのがJILL STUART(ジルスチュアート)です。

JILL STUARTの魅力は何といっても女性らしい甘い爽やかなフレグランスを配合しているコスメであるという事です。

特に香水やっハンドクリーム等に人気が集まっているブランドとも言えます。

また、商品の見た目がとても女性らしく可愛いものが多いので人前でも気軽にメイク直しができる口紅やグロスなどをJILL STUARTの製品にする人も少なくありません。

2.エスティーローダー

スキンケア製品のイメージが強いエスティーローダーでは、主にナチュラルで薄付に見えるのにカバー力の強いベースメイクがおすすめです。

紫外線対策など、スキンケア成分がしっかりと配合されていながらカバー力も持続力も高いので「メイクはしっかりとしたいけれども、肌にダメージを与えるのが気になる」という人にとてもおすすめです。

ただし、こちらは海外製ブランドの為、肌質によっては合わない場合もあるのでまずはカウンターで試供品などを貰って試してみてから購入するのが良いでしょう。

3.イヴサンローラン

YSLでお馴染みの、イヴサンローランは特にリップメイクが人気なブランドと言えるでしょう。

発色が良く日本人の肌に馴染みやすいカラーバリエーションが多い事から、「口紅はイヴサンローランに決めている」という人も少なくありません。

その人気から、イヴサンローランでは口紅へ名入れするサービスも行っているので「プレゼントとして貰ったものを使ったらとても良かったから使い続けている」という人も多いですね。

中でも特に人気なのが「ルージュ ヴォリュブテ シャイン」という口紅です。

発色が良いだけでなく馴染ませてもぼかしても使える事から「一本あれば安心」という絶大な人気と信頼を得ている製品です。

4.PAUL&JOE

ファッションブランドとしても有名なPAUL&JOE(ポールアンドジョー)のコスメで特に人気なのが、肌質を180度変えてしまう化粧下地です。

カバー力に優れながらも厚塗りにはならず、元々の肌がとても綺麗であるかのように見せてくれる化粧下地は、肌に悩みを持つ女性の心強い味方となってくれるでしょう。

特にPAUL&JOEのメイク下地は独自にブレンドされたパールが上品で艶やかな肌質を作り上げてくれるのでモテメイクの基本である艶肌を作るにはもってこいのコスメとも言えます。

5.RMK

舞台メイクとしても使われる程、カバー力・発色が強く多くのメイクアップアーティスのお墨付きを持つ国内ブランドRMK(アールエムケー)もモテメイクにかかせないデパコスと言えます。

日本人の肌を美しく見せる事に特化しつつ、海外製品のような発色を実現している事で「海外ブランドだと、肌に合うのかが不安」という人からも絶大な支持を得ています。

特に、RMKではコンシーラーが有能過ぎるとコスメ好きの間で有名です。

気になるポイントを確実にカバーしてくれるので、一度使うともう別のコンシーラーは使えないという声もあります。

6.CHANEL

コスメやファッションに疎くとも必ず誰もが名前は知っていると言っても過言では無い、有名ブランドCHANEL(シャネル)もコスメが充実しており、人気が高いです。

ハイブランドコスメとして有名で「CHANELのコスメを使うようになると大人への第一歩」なんて声もあります。

特にCHANELからはフレグランスや口紅が人気です。

上品で大人っぽい香りやルージュを身に纏って男性ウケ抜群なモテメイクを実現しましょう。

7.Dior

ハイブランドながらも根強い人気で、新作が出る度に話題を呼ぶのがDior(ディオール)のコスメです。

特に今季大人気になっているのは、他に無い質感と効果が話題の「ディオール アディクド リップオキシマイザー」です。

一見するとただのリップグロスの様に見えますが、塗った瞬間に唇がふっくらとして乾燥も縦皺も見事に消えてしまう魔法のようなコスメなのです。

男性が思わずキスを連想してしまうようなふっくら艶やかな唇を作る事ができますよ。

プチプラ

デパコスのハイブランドコスメも勿論良いですが、リーズナブルで品質の良いプチプラコスメも魅力がたくさん詰まっています。

プチプラだからこそ、気軽に試せてカラーバリエーションを持つ事ができるのも魅力の1つですね。

モテメイクに使える、おすすめプチプラコスメブランドを紹介します。

1.CANMAKE

低価格で、カラーバリエーションの豊富なコスメブランドとして若者に人気のCANMAKE(キャンメイク)は、アイシャドウがオススメです。

ラメが豊富に使われているものが多いので、淡い色味でも光を集めて目力を強めるメイクをする事ができます。

アイシャドウパレットである「キャンメイクパーフェクトスタイリストアイズ」はなりたいイメージに合わせたカラーが5色入っているので、色味に迷う事なくイメージ通りのアイメイクをする事ができますよ。

2.セザンヌ

プチプラコスメの中でも圧倒的にリーズナブルで人気のセザンヌ。

こちらのブランドからは、アイブローパウダーが人気です。

グラデーションで用意されたパレットを使えば、アイブローメイクが苦手な人でも柔らかく優しい印象の眉を綺麗に描く事ができますよ。

「ノーズ&アイブローパウダー」を使えば、ノーズシャドウを入れる際にも使えるのでオススメです。

3.インテグレート

テレビCMでもお馴染みのプチプラコスメブランド、インテグレートは平均的にどの製品もコスパの割に品質が良く人気が高いです。

その中でも、「スムーズオンライナー」はアイラインを引くのが苦手という人にとてもおすすめです。

発色が良いのは勿論の事ながら、柔らかく折れにくい繰り出し式のアイライナーペンシルなので、モテメイクに必要な自然なアイラインを描く事ができます。

ウォータープルーフでは無いものの、滲みにくいというのこ高評価の理由の1つです。

4.メイベリン

プチプラコスメブランドの中で、圧倒的な人気を誇るのがメイベリンです。

特に、メイベリンのマスカラはまつ毛メイクに欠かせない製品であると言っても過言ではありません。

ロングタイプやボリュームタイプ、マスカラ用下地など種類も豊富なのでなりたい目元に合わせたマスカラを選ぶ事ができます。

世界発のジェルインクタイプのマスカラ「スナップスカラ」はダマにならずまつ毛一本一本の存在感を主張してくれるので、ナチュラルなまつ毛美人に見えるメイクが可能です。

5.マジョリカマジョルカ

ガーリーで可愛い女性を作るプチプラコスメブランドとして人気なのがマジョリカマジョルカです。

全体的にカジュアルでドーリーなカラーバリエーションが多く、特に人気なのが「ハニーポンプNEO」というリップグロスです、チューブタイプで使いやすく、淡いカラーが自然で魅力的なリップメイクを作ってくれますよ。

潤い成分も豊富に含まれているので、メイクしながらリップケアができるのも嬉しいポイントです。

モテメイクチャレンジしてみて♡

男性を虜にするモテ顔というのは、メイクで簡単に作る事ができます。

ぽインチをしっかりと押さえて丁寧にナチュラル感のあるメイクを取り入れていくのが大切です。

自分の顔のパーツを活かしながらモテメイクを取り入れて、男性のハートをキャッチして下さいね。