人間の心は弱く脆い部分が多いものです。

人生において破竹の勢いで突き進んでばかりの生き方をしてきた人に限って、一度でも痛恨の失敗をやってしまうと陥ってしまう可能性が高いようです。

「自暴自棄」に。

では自暴自棄なるもの、一体どういうものでどうしてそうなってしまうんでしょうか?自暴自棄な人の特徴とそれに対処する6個の方法を通して自暴自棄について見ていきたいと思います。

自暴自棄とはどういう状態のこと?

希望や、目標、夢を失い、自分などどうでもいいとなってしまう状態のことです。

その為、やけくそになって自分のことを大切にできなかったり、駄目にしてしまします。

例えば、何かの目標に向けてそれだけを達成する喜びしか知らない人が、その達成に失敗してしまって目の前が真っ暗になり生きる希望や望みを失ってしまい、酒に溺れるようになった。

という感じや、
あるいは、大好きだった恋人に別れを告げられてしまいそれがショックで生きる勇気も希望も見つけられなくなってしまい部屋にこもってしまって誰とも会わず世間から隔離してしまう。

という感じも当てはまります。

それでは自暴自棄な人の特徴をより具体的に見ていくことに致しましょう。

自暴自棄な人の特徴


自暴自棄になってしまっている人は、元々、問題児だったのでしょうか?それとも品行方正で誰からも好かれるようなタイプの人がなってしまうのでしょうか?

自暴自棄になってしまっている人の態度や特徴を挙げていきましょう。

社会への不満を持っている

自暴自棄な人の特徴の一つ目は、常に社会に対して何らかの不満を持っているという事が挙げられます。

でも、ちょっと待ってくださいよ。

常に社会に不満を持つ、ってどういう事でしょうか?何か社会全般に対して恨みや怒りがあるのでしょうか?

仮に怒りがあったとするならば、どのような怒りなのでしょうか?税金が高い?政治が悪い?犯罪が多い?公共マナーがなっていない?とにかく世の中が間違ってる?

確かに世の中の事、全般を見渡したら決して住み心地がいいかと言われたら、そうではないような気もしますね。

貧困層は増えてくるし子供の数も減っている。

教育格差も深刻だし所得格差も労働環境も決して全ての人が満足いくレベルに達しているとは言い難いでしょう。

では一体どうすれば機嫌がよくなるのでしょうか?社会が悪いからといって、即座に誰かがあなたの思い通りの社会に変更できるのでしょうか?

現在の世の中、全てが健全で誰もが不平等を味わわず快適な暮らしが出来るのならそれは素晴らしい事だと思います。

しかしながら、社会が熟成していくにつれていい面も出る代わりに良くない点も目立ってくるのはこれも一つの事実でしょう。

それを許容しながら生きていくのが社会を構成する我々の義務であり責任でもないでしょうか。

住みよい社会を作り出していくのは、誰でもない私たち一人ひとりの力であると私は信じます。

それが自分の思うようにいかないから、と影でひがんだり憤慨してみたところでどうなんでしょうか?自暴自棄になるほどの問題でもないように思えるのですが…。

今現在の社会に適応して色々ありながらも生きていく。

これの方が楽ではないでしょうかねえ。

未来に希望が見えていない


自暴自棄に陥る人の特徴として「未来に対する希望が見えてこない」という事も挙げられます。

未来に対する希望。

これって自分自身の未来に対する希望がないという事なのでしょうか?それとも世の中全般を指して未来に希望がないと思われているのでしょうか?

そもそも希望ってどこから生まれてくるものなのでしょう。

自分のエゴ?他者からの期待?いえいえ、希望というのは自らの心の中から生まれ出てくるもののはずですよね。

決して周囲の者からの押し付けではありませんし、自身が見栄を張りたいから持つ、というモノでもありません。

だから、希望が見えないから自暴自棄になるっていう心理が理解できないのですいよね。

希望を持てないのは自分自身の責任ですよね。

自分に希望を持てるような打ち込めるモノ、生き甲斐を感じられるようなコトを見つけて初めて希望というものが誕生する訳です。

希望は決して他者が勝手にあなたに与えるような代物ではないのです。

ただ、自分が信じていた希望に裏切られた時は分かりますよ。

生涯、命を懸けて取り組もうとしていたものに出会えた時の人間の喜びというのは何物にも変え難いものですからね。

それに裏切られたら、そりゃあショックです。

ショックのあまりご飯も喉を通らない、自暴自棄になるのも無理はない話しかも分かりません。

ちょっといろいろと書いてしまいましたが、正しい「希望」を持つことによって本当の自暴自棄がやってくると思います。

しかし、そうでない希望だったらば、それは自暴自棄の仲間に入らないのですよね。

そこのところを勘違いしないように考えましょうね。

自分に不満を持っている

自暴自棄な人の特徴の二つ目は「自分に対する不満」です。

自分に対する不満。

こういった問題を抱える人と言うのはやはり、若い人で、並みのレベル以上の学力を持っている人がなりやすいのでしょうか?

という事は、本人は他の人に知られたくないコンプレックスを抱えているという事にもなるでしょう。

これはつまり「負けず嫌い」の性格でもあるといえるでしょう。

負けず嫌いで人に言えないコンプレックスを抱えている。

それで特定の分野で自分が叶わないライバルが現れて、その人が周りの人や上司から覚え目出度い扱いを受けたなら、やるせない自分に対する不満を覚えることでしょう。

ですが、これって全うな理由になるのでしょうか?負けたなら負けたと、素直に認めて、また次の機会を狙って頑張ればいいだけの話しだと思うのですが。

そういう訳にはいかないのでしょうか。

何をやってもうまくいかないとネガティブになっている

結局、そういった人たちは本当の成功体験を持っていないのかも知れませんね。

本当の成功体験というのは生半可な努力では得る事が出来ないくらい大変なものなのですよ。

挫折を何度も味わい、何度も裏切られ、それでもめげずに必死になってその事を信じてやる遂げた人だけが、本当の成功体験を獲得できるのです。

ちょっと努力したぐらいで得た成功や自信とは根本的に中身の深さが違うのです。

問題は自暴自棄に陥っていく人たちの精神構造が「ネガティブ思考」になってしまっている事なのです。

その事の重さ、重要さが本人に全く認識されていないところに原因が隠されているような気がしますね。

自分に対して不満を持つということは、自己否定している事になってしまいますね。

人間の自律神経は頭で願った事、祈ったことを実行させようとする特徴を持ちます。

だからあなたが自己否定をし、自暴自棄に陥ってしまう行動はあながち偶然ではないのです。

要は自分自身によって成功しない人生を歩かせているのです。

ネガティブ発想を持ち続けていても、何もいいことはありませんよ。

早く気付くべきでしょうね。

欲求が満たされていない

自暴自棄担っている人の三つ目の特徴は「欲求が満たされていない」という事です。

さてこの場合の欲求。

自暴自棄になってしまう人の欲求とはどういうものでしょうか?果たして誰が聞いても関心するくらいのレベルの欲求なのでしょうか?もし、そのような理由の欲求であるならば、まだ多くの人から同情を得ることが出来るかもしれません。

例えば、その人が社会人であればやらなければならないのは会社の利益の追求です。

誰にも負けない素晴らしい業績を挙げて会社の中でも1,2を争うぐらいの営業マンになることがこの場合の真っ当な欲求だと言えるでしょう。

もしこの欲求を汚い手を使って自分の手柄を信じていた人から奪われたりして、更に自分自身は更迭されて僻地への左遷扱いでもされたとしたら、自暴自棄の境地に陥ってしまうのも止むを得ないかもしれません。

しかし、欲求レベルが自分の事だけを考えていて周りの人の事を全く考慮していないようなものであり、それを阻止されてしまって自己の目標を達成できなかった、などの理由で自暴自棄に陥っていたとしたら、あまりにも独りよがりな人間ということで誰も救いの手を差し伸べてもくれないでしょう。

でも、これくらいの志の高い欲求であるなら、将来的にはどんでん返しを行うくらいの力を備えているのかも分かりませんね。

これから紹介する以下の要件に比べれば。

お腹がすいている人や寝不足な人

自分の欲求が満たされていないレベルがお腹が空いている事や寝不足などが原因で自暴自棄になっているとしたら、ちょっと反省してもらいたいくらいのレベルですね。

確かに人は腹が減ったら戦もできませんし機嫌も悪くなります。

寝不足でも同じです。

イライラしてしまってちょっとした事でもすぐに人に当たったりするでしょう。

しかし、やはりこれらの要因で自暴自棄になっていたら、これから長い人生、最後まで命が持ちません。

お腹の減りも寝不足もどちらも自分のセルフコントロールで何とか処理できるはずです。

それを処理できず、問題を大きくしてしまうようでは本当に社会人として恥ずかしさだけが残ってしまうでしょう。

まあ、こんな問題で自暴自棄になるんだったら、まだ可愛いレベルかもしれませんけどね。

すぐに逃げ出す

自暴自棄に陥る人の特徴の四つ目は「すぐに逃げてしまう」という事です。

すぐに物事から逃げてしまう、つまり責任感がなく問題解決能力も実行力もない、という事を自分でアピールしていることになりますね。

そして、逃げた挙句が自暴自棄ではこの先、どうやって生きていくのですか?あなたの人生、誰も助けてくれませんよ、と言ってあげたくなってくるのです。

楽なところへ行きたがる

すぐに逃げ出して楽なところへ行きたがる人の共通項、それは幼少期からの甘やかしでしょうか?

幼い頃から何でもかんでも親がお膳立てをして子供に考えさせる事をさせなければ、その子は困難な事態に陥った時、どうすればいいのか答えを見つける事が全く出来なくなります。

それもそのはずですよね、親が子供に難しい事をやらせていないのですから無理はありません。

結局、世の中に出ても自分が受けた教育や躾のおかげで責任ある仕事ができません。

ちょっとクレーム事が起こったりしたら、真っ先に逃げ出してしまって楽なところへ避難してしまいます。

その事を注意さえるだけで絶望してしまい自暴自棄に陥ってしまうようなのでしょう。

これでは本当にそれからの人生、先が思いやられてしまうだけです。

自暴自棄になったときの6個の対処法

それではここからは自暴自棄になってしまった時の対処法を考えていきましょう。

と言っても実際になってしまった時に自分が自暴自棄になっている、と認識するのは大変、困難な作業です。

よってこれから紹介する対処法は、まだ自分が冷静なうちに取り掛かっていった方が効果は圧倒的に高くなるでしょう。

では、一つ目から見ていきますね。

1.現状を受け止める

自暴自棄に陥りやすい人の世界観と言うか価値観は、おおそよ自分が中心に世の中が回っていると思っていませんか?

自分自身の才能にほれ込み、自分が行う事は誰よりも優れている。

子供の頃から親や先生から褒められる事はあっても注意されたり叱られたりした試しがない。

だから私は「デキル子」
だし、他の人とは違う、という優越感を持って、これまでの人生を歩いてきたのだと思います。

だから、自分の思い通りに事が運ばない事態になってしまうと、急に機嫌が悪くなり人に当たったりふてくされたりモノを壊す、などの行動に出てしまうのです。

こんな行動、小学生のうちならば、まだ多めに見てもらえるでしょう。

心身の発達途上の段階ですからね。

しかし、大人になってからこれでは先が思いやられてしまいます。

何とかしなければならないでしょう。

嫌なことでも納得する


とにかく、それまでの考え方を根本的に改める必要があります。

世の中は自分中心に回っている、という発想がある限り、何かあった時に自暴自棄になる行動を取ることを止めることは難しいでしょう。

そもそも自暴自棄に陥る人は、普段は優しく大人しめの人が多いのではないでしょうか?
それだけに自分の事をいい人のように振る舞ってばかりなのでアクシデントに弱いのです。

叩かれ弱いのです。

逆境に強くないともいえます。

気に入らない事が起これば、そのはけ口をどこに持って行っていいのか分からないため、他者に迷惑をかけていないつもりで荒れてしまうのです。

もう一つも二つも気持ちを大きく持たなければなりません。

懐を大きくするというか、人間としての器を広げる努力が必要です。

世の中、生きていたら嫌なことなどしょっちゅうです。

いい事より嫌な事の方が多いでしょう。

なのにそれにいちいち腹を立てていたら寿命を縮めていくばかりでしょうね。

どこかで「ドーン」と大きく構えられる人間に変わらないと本当に袋小路にはまってしまいます。

まずは生きていたら嫌な事は日常茶飯事。

それを敢えて受け入れる。

この気持ちを持てるようにチェンジしてもらいたいところです。

2.完璧主義の考え方をやめる

自暴自棄の対処の二つ目は、「完璧主義の考え方を改める」です。

いえ、「捨てる」と言ってもいいでしょう。

完璧さを自慢するということは何をやっても「絶対」という括りを自分に植え付けていませんか?ハッキリ申しますと世の中に「絶対」で通る物事は存在しません。

多かれ少なかれ何らかのミスを犯すのが人間だからです。

それなのに自分を含めて全てが完璧に運ばないと機嫌が悪くなる、というのではこの先の人生、生きていけなくなってしまうでしょうね。

ミスは誰でもする

先程も申しましたように、人間、ミスは誰でもします。

「弘法も筆の誤り」というくらいです。

偉い人でもいつかは失敗します。

それが人間であり世の中なのです。

それを受け入れられずにちょっとしたミスも許さない、というスタイルを貫いたら周りの人間はどう思うでしょう?

口には出さなくても付き合いにくい人間、と言うレッテルを貼って自然と遠のいていくでしょうね。

ミスや失敗は付き物。

それを「ツキを運ぶ」と読み替えて対応しましょう。

成功の鍵は「失敗」ですからね。

3.責任感を持ちすぎない

自暴自棄になった時の対処法の三つ目は「責任感を持ち過ぎない」という事です。

そう、あなたにはちゃんとした責任感があるのです。

今の時代、ちゃらんぽらんで他人の迷惑お構いなし、という人間のなんと多いことか。

責任感を持っている人間からみたら、どうしてこうメチャクチャに生きられるんだ?と思えるくらい持っていない人間は持っていません。

でも、責任感も持ち方によっては自身の心にジワジワとダメージを与えていくことがあります。

それはあなたが考えている責任の範囲が他の人との認識と大幅にずれてしまっている場合です。

こっちが責任感をもって行っているのに却って迷惑扱いされた。

それで腹が立って自暴自棄になった、という方も意外と多いのではないでしょうか?

自分一人で抱え込まずに相談する事を覚える


責任感の強い人は、得てして自分一人で問題を抱えて解決しようとする傾向があります。

これは他の人に迷惑をかけたくない、という気持ちの表れでしょう。

しかし、時には自分だけの力ではどうしようもない問題もあります。

そういう時は仲間の協力というものも必要になってきます。

結局、一人で解決しようとして、それがうまくいかず、他の人間の事を恨みだすようになります。

「こっちがこれだけ必死になってみんなの事を考えているのに!人の気も知らないで!」という感じで自爆気味の怒りが込み上げてくるのです。

そして誰にも相談できないようになり、自暴自棄になってしまうのです。

一人で難題を抱え込むのはやめましょう。

他の人に相談して協力してもらったところであなたへの評価は何も変わりません。

余計な心配を背負い込む事もなくなりますから肩の荷がスッと軽くなりますよ。

4.ストレスを発散する

自暴自棄になった時の対処法の四つ目は「ストレスの発散」です。

ストレスは現代病の中でも本当にタチの悪いものです。

溜めこんでしまったら何もいいことはありません。

イライラは募るし怒りっぽくなるし。

誰とも口をききたくなくなるのもストレスが溜まっている証拠でしょう。

自身の怒りのはけ口が見つからないために自分に対してイライラし、物事に真摯に向かう意欲を失ってしまいます。

ストレスを上手に抜かないと本当に体が参ってしまうでしょう。

自分にあったストレス解消法をみつける


ストレスを効果的に抜く方法を見つけなければなりません。

その抜き方は人によって全然違います。

結局、気を遣わないで済む環境に身を置くのが一番、いいのではないでしょうか。

一人で音楽を聴くのもよし。

本を読むのもよし。

絵を描くのもよし。

ドライブしに行くのもよし。

一人カラオケで歌いまくるのもよしです。

何でもいいですからこれが一番!というストレス解消法を見つけましょう。

心を軽くしないと本当にやってられませんからね。

5.考え方に幅を持つ

自暴自棄になった時の対処法の五つ目は「考え方の幅を持つ」という事です。

自暴自棄になってしまった時とうのは、自分の考えが通用しなかった時や受け入れられなかった時が多いのではないでしょうか?そんな時の自分の考え方というのは相手にとっては全然、正しく思えない考えだからなのですよね。

要するにあなたは他者を認められていない、自分だけが絶対、と言う独りよがりな発想になってしまっているという事になります。

ここに問題解決の糸口があるようです。

色んな角度から物事を考える

人間、十人いれば文殊の知恵というくらい、全く同じ考えを持つ人っていうのはそうそういません。

皆、自分の意見や考えが正しい、と心の中では囁いています。

しかし、自暴自棄にならない人は、自分の意見を絶対だと思わずに他者の意見を聞く耳を持っています。

そして他者の意見と自分の意見を摺り合わせ分析してみて、状況に応じた最適な考えを導くのです。

そうやらないと組織の中でやっていけなくなります。

絶対君主ならばいざ知らず、民主主義の今の日本で独善的な考えを一方的に押し付けるのはほぼ不可能だからです。

色々な角度から物事を考える習慣が身につけば、まず組織の中で人と揉めるという事はなくなるでしょう。

あなたのイライラもどこかへ行ってくれるでしょう。

6.時には休息も必要

自暴自棄になった時の対処法の六つ目は「休息」です。

適度な休息や休憩は疲れた脳に再びエネルギッシュな力を与えてくれるオアシスのようなものです。

あなたがイライラしたりむしゃくしゃするのは脳がパンク寸前になっているからです。

だから適度な休憩を脳に与えてリラックスしてもらう必要があるのです。

客観的に自分を見つめなおす

人間、物事を考えるのに主観的になり過ぎると、周りは敵だらけになる可能性もあります。

あなたに味方がいなくなるという状態を自ら作ってしまっているわけですね。

これって本当に損な事だと思いませんか?

反対に自らの事を一歩下がって外部の視線で見てみるのです。

こういった場合は今まではこういう考えだけだったがなるほど別の考えもあるんだな、と気づけば大収穫です。

世の中に絶対はありませんからね。

柔軟な発想でいきましょう。

でもどうして?自暴自棄になる原因は?

ここまで自暴自棄になる人の特徴や対処法についてみてまいりました。

では、どうして自暴自棄になる人が出てくるのでしょう。

自暴自棄の原因って何なんでしょう?いくつかの原因を考えてみましょう。

自分の考えを否定された時

自暴自棄になってしまう人はちょっと人生経験が不足している側面は否定できないかもしれません。

よって、自分の意見を否定されるような局面に遭遇すると、猛烈に自己の正当性を主張しようとします。

これはプライドというか自尊心というか、とにかく自分の事を否定されることがたまらなく我慢できません。

そんな時に自暴自棄になってしまう確率が高いのではないでしょうか?

自分がダメな人間に思えてしまう

人間、自分の意見を否定されるという事は自分がダメで使い物にならない人間、という評価を受けてしまったと感じ取ってしまいます。

責任感の強い人にとったら、こんな屈辱はありません。

怒りを爆発させたいのですが、目の前の人にそんな振る舞いを出来る訳もありません。

だから、自暴自棄になってふてくされてしまうのでしょう。

確かに自分の考えや主張を否定されるのは辛いですね。

大きな原因の一つでしょう。

追い込まれている時

仕事でもテスト勉強でも、自分の思うようにはかどらず時間にばかり追い込まれてしまうと何もかも嫌になってしまって自暴自棄になってしまう事もあるでしょう。

要するに何かに追い込まれてしまうと人間は焦りますし、その為に余計な失敗も繰り返します。

この精神的な動揺があなたから正常な判断力を奪っていくのです。

精神的に余裕がなくなる

人は精神的な余裕があるからこそ、物事を上手に処理できます。

反対に時間に追われたり危機的状況の連続だったりすると精神的な余裕を失い、乱暴気味になってしまいます。

短気になってしまうと怒りっぽくなるのと同じですね。

人の心には常に「遊び」程度の余裕が必要なのですね。

結果が出ない

本人がいくら頑張ってもそれに見合う結果が出ない時があります。

今まではきちんとできていた仕事もつい最近、入って来た新入社員の方が優秀で仕事も早い、という評価を得てしまうと俄然、こちらは不安と不快感が襲ってきます。

全ての事柄について自分が一番になっていないと気が済まない、という性格なのかも分かりませんね。

周りがみんな自分より優れているように感じる

人間、ある時は諦めも肝心です。

上には上がいると割り切って自分が出来る役割を追求していった方が組織は栄えます。

だから周りのみんなが自分より優れていたとしても、別にどうってことはない、と腹をくくれるのならば自暴自棄にもならずに済みます。

気持ちの持ちよう一つで人生なんて、どうとでも変われるんですけどね。

嫌なことが続いているとき

人生、いろいろあります。

いい事もあれば悪い事も起こります。

それらを全て含めて人生です。

嫌な事が続いたら今度はいい事が待っています。

その反対もしかりです。

だから人生は面白いのです。

そういう風に思ったら、日常生活もゆとりが出て楽しくなると思いませんか?嫌な事も考えようによっては言い事に変わりますからね。

自覚がないストレスが溜まっている

ただ本人にも気づかないうちに溜まっていくストレスには注意した方がいいでしょう。

昼間に人間関係や交友関係で知らず知らずのうちに無理をしているのかも分かりません。

そのストレスが原因で潜在的に怒りっぽくなってしまい、ちょっとした事で自暴自棄に陥っているのかも分かりません。

無意識に溜めていそうなストレスの発生原因を調べましょう。

無理を重ねると、やがて飛んでもないアクシデントが起こるかも分かりませんからね。

最後に

如何だったでしょうか?自暴自棄についての特徴、対処法、発生原因について紹介して参りました。

確か私も気に入らない事があったときは、ふくれてしまって親の事を無視したり会話をしなかったりという時期がありましたね。

自暴自棄がなくなったら、それは自身が大人になった証しかも分かりません。

結婚して家族を持ち子供ができると、もう以前のようにはふくれたりムカッとしたりもできなくなります。

子供の親としては当然の成り行きかもしれませんね。

自暴自棄がひどくなるとうつ病や引きこもりになることも

さて、自暴自棄というのは怒りの矛先を他者に対して向けたいのを我慢して自分自身に向けるのですが、その度数が限界点を超えるとあなたの精神面に対して良くない結果を引き起こす可能性があります。

あまりにイライラする頻度が大きくなってきたり信用していた仲間などからの裏切りによって心に大きな傷を負ってしまったりすると、引きこもりに走ったり、ひどい場合はうつ病の発祥というケースも考えられます。

早めの対処を心がけよう

もし、以前は自暴自棄になってもすぐに元に戻って機嫌もよくなっていたのが、最近は症状がもっとひどくなった、という自覚症状を感じるのなら、早急に専門医のところにいって診てもらう事をお勧めします。

うつ病というのは、一度発症してしまうと長期の治療の覚悟がいります。

また家族にも多大な負担をかけてしまいます。

自暴自棄によって気持ちが燃えてこなくなったとか他者との会話が怖い、などの自覚症状を感じたら黄信号かも分かりません。

安易に考えることなく冷静に自身の様子をみてくださいね。