人間の心は弱く脆い部分が多いものです。

人生において破竹の勢いで突き進んでばかりの生き方をしてきた人に限って、一度でも痛恨の失敗をやってしまうと陥ってしまう可能性が高いようです。

「自暴自棄」に。

では自暴自棄なるもの、一体どういうものでどうしてそうなってしまうんでしょうか?自暴自棄な人の特徴とそれに対処する6個の方法を通して自暴自棄について見ていきたいと思います。

自暴自棄とはどういう状態のこと?

希望や、目標、夢を失い、自分などどうでもいいとなってしまう状態のことです。

その為、やけくそになって自分のことを大切にできなかったり、駄目にしてしまします。

例えば、何かの目標に向けてそれだけを達成する喜びしか知らない人が、その達成に失敗してしまって目の前が真っ暗になり生きる希望や望みを失ってしまい、酒に溺れるようになった。

という感じや、
あるいは、大好きだった恋人に別れを告げられてしまいそれがショックで生きる勇気も希望も見つけられなくなってしまい部屋にこもってしまって誰とも会わず世間から隔離してしまう。

という感じも当てはまります。

それでは自暴自棄な人の特徴をより具体的に見ていくことに致しましょう。

自暴自棄な人の特徴


自暴自棄になってしまっている人は、元々、問題児だったのでしょうか?それとも品行方正で誰からも好かれるようなタイプの人がなってしまうのでしょうか?

自暴自棄になってしまっている人の態度や特徴を挙げていきましょう。

社会への不満を持っている

自暴自棄な人の特徴の一つ目は、常に社会に対して何らかの不満を持っているという事が挙げられます。

でも、ちょっと待ってくださいよ。

常に社会に不満を持つ、ってどういう事でしょうか?何か社会全般に対して恨みや怒りがあるのでしょうか?

仮に怒りがあったとするならば、どのような怒りなのでしょうか?税金が高い?政治が悪い?犯罪が多い?公共マナーがなっていない?とにかく世の中が間違ってる?

確かに世の中の事、全般を見渡したら決して住み心地がいいかと言われたら、そうではないような気もしますね。

貧困層は増えてくるし子供の数も減っている。

教育格差も深刻だし所得格差も労働環境も決して全ての人が満足いくレベルに達しているとは言い難いでしょう。

では一体どうすれば機嫌がよくなるのでしょうか?社会が悪いからといって、即座に誰かがあなたの思い通りの社会に変更できるのでしょうか?

現在の世の中、全てが健全で誰もが不平等を味わわず快適な暮らしが出来るのならそれは素晴らしい事だと思います。

しかしながら、社会が熟成していくにつれていい面も出る代わりに良くない点も目立ってくるのはこれも一つの事実でしょう。

それを許容しながら生きていくのが社会を構成する我々の義務であり責任でもないでしょうか。

住みよい社会を作り出していくのは、誰でもない私たち一人ひとりの力であると私は信じます。

それが自分の思うようにいかないから、と影でひがんだり憤慨してみたところでどうなんでしょうか?自暴自棄になるほどの問題でもないように思えるのですが…。

今現在の社会に適応して色々ありながらも生きていく。

これの方が楽ではないでしょうかねえ。

未来に希望が見えていない


自暴自棄に陥る人の特徴として「未来に対する希望が見えてこない」という事も挙げられます。

未来に対する希望。

これって自分自身の未来に対する希望がないという事なのでしょうか?それとも世の中全般を指して未来に希望がないと思われているのでしょうか?

そもそも希望ってどこから生まれてくるものなのでしょう。

自分のエゴ?他者からの期待?いえいえ、希望というのは自らの心の中から生まれ出てくるもののはずですよね。

決して周囲の者からの押し付けではありませんし、自身が見栄を張りたいから持つ、というモノでもありません。

だから、希望が見えないから自暴自棄になるっていう心理が理解できないのですいよね。

希望を持てないのは自分自身の責任ですよね。

自分に希望を持てるような打ち込めるモノ、生き甲斐を感じられるようなコトを見つけて初めて希望というものが誕生する訳です。

希望は決して他者が勝手にあなたに与えるような代物ではないのです。

ただ、自分が信じていた希望に裏切られた時は分かりますよ。

生涯、命を懸けて取り組もうとしていたものに出会えた時の人間の喜びというのは何物にも変え難いものですからね。

それに裏切られたら、そりゃあショックです。

ショックのあまりご飯も喉を通らない、自暴自棄になるのも無理はない話しかも分かりません。

ちょっといろいろと書いてしまいましたが、正しい「希望」を持つことによって本当の自暴自棄がやってくると思います。

しかし、そうでない希望だったらば、それは自暴自棄の仲間に入らないのですよね。

そこのところを勘違いしないように考えましょうね。

自分に不満を持っている

自暴自棄な人の特徴の二つ目は「自分に対する不満」です。

自分に対する不満。

こういった問題を抱える人と言うのはやはり、若い人で、並みのレベル以上の学力を持っている人がなりやすいのでしょうか?

という事は、本人は他の人に知られたくないコンプレックスを抱えているという事にもなるでしょう。

これはつまり「負けず嫌い」の性格でもあるといえるでしょう。

負けず嫌いで人に言えないコンプレックスを抱えている。

それで特定の分野で自分が叶わないライバルが現れて、その人が周りの人や上司から覚え目出度い扱いを受けたなら、やるせない自分に対する不満を覚えることでしょう。

ですが、これって全うな理由になるのでしょうか?負けたなら負けたと、素直に認めて、また次の機会を狙って頑張ればいいだけの話しだと思うのですが。

そういう訳にはいかないのでしょうか。

何をやってもうまくいかないとネガティブになっている

結局、そういった人たちは本当の成功体験を持っていないのかも知れませんね。

本当の成功体験というのは生半可な努力では得る事が出来ないくらい大変なものなのですよ。

挫折を何度も味わい、何度も裏切られ、それでもめげずに必死になってその事を信じてやる遂げた人だけが、本当の成功体験を獲得できるのです。

ちょっと努力したぐらいで得た成功や自信とは根本的に中身の深さが違うのです。

問題は自暴自棄に陥っていく人たちの精神構造が「ネガティブ思考」になってしまっている事なのです。

その事の重さ、重要さが本人に全く認識されていないところに原因が隠されているような気がしますね。

自分に対して不満を持つということは、自己否定している事になってしまいますね。

人間の自律神経は頭で願った事、祈ったことを実行させようとする特徴を持ちます。

だからあなたが自己否定をし、自暴自棄に陥ってしまう行動はあながち偶然ではないのです。

要は自分自身によって成功しない人生を歩かせているのです。

ネガティブ発想を持ち続けていても、何もいいことはありませんよ。

早く気付くべきでしょうね。

欲求が満たされていない

自暴自棄担っている人の三つ目の特徴は「欲求が満たされていない」という事です。

さてこの場合の欲求。

自暴自棄になってしまう人の欲求とはどういうものでしょうか?果たして誰が聞いても関心するくらいのレベルの欲求なのでしょうか?もし、そのような理由の欲求であるならば、まだ多くの人から同情を得ることが出来るかもしれません。

例えば、その人が社会人であればやらなければならないのは会社の利益の追求です。

誰にも負けない素晴らしい業績を挙げて会社の中でも1,2を争うぐらいの営業マンになることがこの場合の真っ当な欲求だと言えるでしょう。

もしこの欲求を汚い手を使って自分の手柄を信じていた人から奪われたりして、更に自分自身は更迭されて僻地への左遷扱いでもされたとしたら、自暴自棄の境地に陥ってしまうのも止むを得ないかもしれません。

しかし、欲求レベルが自分の事だけを考えていて周りの人の事を全く考慮していないようなものであり、それを阻止されてしまって自己の目標を達成できなかった、などの理由で自暴自棄に陥っていたとしたら、あまりにも独りよがりな人間ということで誰も救いの手を差し伸べてもくれないでしょう。

でも、これくらいの志の高い欲求であるなら、将来的にはどんでん返しを行うくらいの力を備えているのかも分かりませんね。

これから紹介する以下の要件に比べれば。

お腹がすいている人や寝不足な人

自分の欲求が満たされていないレベルがお腹が空いている事や寝不足などが原因で自暴自棄になっているとしたら、ちょっと反省してもらいたいくらいのレベルですね。

確かに人は腹が減ったら戦もできませんし機嫌も悪くなります。

寝不足でも同じです。

イライラしてしまってちょっとした事でもすぐに人に当たったりするでしょう。

しかし、やはりこれらの要因で自暴自棄になっていたら、これから長い人生、最後まで命が持ちません。

お腹の減りも寝不足もどちらも自分のセルフコントロールで何とか処理できるはずです。

それを処理できず、問題を大きくしてしまうようでは本当に社会人として恥ずかしさだけが残ってしまうでしょう。

まあ、こんな問題で自暴自棄になるんだったら、まだ可愛いレベルかもしれませんけどね。

すぐに逃げ出す

自暴自棄に陥る人の特徴の四つ目は「すぐに逃げてしまう」という事です。

すぐに物事から逃げてしまう、つまり責任感がなく問題解決能力も実行力もない、という事を自分でアピールしていることになりますね。

そして、逃げた挙句が自暴自棄ではこの先、どうやって生きていくのですか?あなたの人生、誰も助けてくれませんよ、と言ってあげたくなってくるのです。

楽なところへ行きたがる

すぐに逃げ出して楽なところへ行きたがる人の共通項、それは幼少期からの甘やかしでしょうか?

幼い頃から何でもかんでも親がお膳立てをして子供に考えさせる事をさせなければ、その子は困難な事態に陥った時、どうすればいいのか答えを見つける事が全く出来なくなります。

それもそのはずですよね、親が子供に難しい事をやらせていないのですから無理はありません。

結局、世の中に出ても自分が受けた教育や躾のおかげで責任ある仕事ができません。