CoCoSiA(ココシア)

虚しいの意味とは?実際にどのような...(続き6)

自分に価値があるかどうか、虚しさを生きている人間には判断が出来ないものでしょう。

死んでしまえばそこで全てはおしまいとなります。

現在は大半自害するケースが多いので、白骨化前に見つかる形ですね。

自害直後に見つけられるのか、白骨化後に見つかる方が良いのかそれはなんとも言えません。

虚しいまとめ

虚しさをこれでもかという風にリアルに表現させて頂きましたが、さぞ肝が冷えたのではないでしょうか?

基本的にほぼ実話を元にしたり、相手側の感情も載せて頂きました。

虚しいと感じている人間はこの世の中にたくさんいます。

よく都会で見かける事が多い浮浪者なんかも虚しい存在とも言えるでしょう。

今現在は浮浪者などありえないと思っている方もいるでしょうが、家があるかないだけでそれも変わりません。

誰でも何回かは転落するものではありますが、自分がそこからどうやってどん底から立ち上がるかどうかですね。

下らない人間として虚しい人生を送るのは勝手な話ではありますが、家族にだけは迷惑をかけないようにしましょう。

できれば虚しいは使いたくない言葉だった!

虚しいという言葉は出来るだけ使わない方が良い言葉です。

大体一般人が虚しさを感じるのは、仕事で成果を得られなかった時が多いですね。

仕事で成果が得られないというのはよくあるケースではあるのですが、そういう時に虚しいという気持ちが強く感じてしまいます。

虚しいという言葉は自分一人で使うなら問題はありませんが、他者の前で使うのは良くありません。

言葉というのは言霊となり、言葉に魂を宿ってしまいます。

自分の中で思うのは良いのですが、口に出してしまうと現実になってしまうので、虚しい時はそっとしておきましょう。

虚しいと感じる時は誰にでもありますよ。

人生いつもハッピーライフではないのです。

自分がどうやってそこから立ち上がるか、それを考えるのが人間ではないでしょうか?

虚しいから絶望に陥ってしまうのはとても簡単な話です。

しかし絶望に取り込まれてしまったら、その時点で人間としては終わってしまうと思って下さいませ。