世の中には、他人に同情しやすい人と、しにくい人がいます。

同情しやすい人は共感能力に長けており、他人の事情をまるで我がことのように感じられることが多いです。

一方で簡単に同情しない人は、他人は他人、自分は自分という線引きがしっかりとされているため、安易に相手の感情に引っ張られることはありません。

同情しやすい人は、その特徴から得をすることもあれば、損をしてしまうこともあります。

そんな同情しやすい人の特徴や、自分が同情しない人になるための方法についてご紹介します。

同情しやすい人の6個の特徴!こんな人は同情しやすい?

同情しやすい人というのは、周りで誰かにトラブルや不幸があった時には、「大変だったね」「それは辛かったね」と相手に共感の言葉をかけることが多いです。

また、相手の不幸話を聞く時には、必ず眉尻を下げて、同情するような表情をしていることでしょう。

それが演技であれ本心であれ、そうやって他人の気持ちに寄り添おうとする姿勢を見せる人の多くは、自分の中に少なからず同情心を持っています。

自分に起きた不幸話をする方も、自らに同情を示してくれる人の方が話しやすいことでしょう。

同情心は誰の心にもありますが、それが安易に出るか出ないかは、人によって違っています。

他人との線引きがしっかりとされている人は、ちょっとしたことでは同情心が揺らぐことはないでしょう。

一方で、心のどこかで他人と繋がっていたいという思いがある人や、繊細な気持ちを持つ人は、他人の事情を自分の事情のようにいつも想像していますので、ついつい同情心が揺らいでしまうことが多いです。

そんな同情しやすい人に見られる特徴について、以下に挙げていきます。

1.感情が豊か

人に同情を示す人は、それだけ想像力や感情が豊かです。

友だちが恋人と別れたと言えば、自分がもしも恋人と別れた時のことを想像して、友だちがいったいどれだけ辛い気持ちでいるだろうかと同情します。

また、仲の良い同僚の身内に不幸があれば、自分も身内に不幸があった時のことを想像して、相手とまったく同じとまではいかなくても、それなりに気持ちの理解を示して同情するでしょう。

見ず知らずの人に対してまで、そうした同情を示せる人もいれば、親しい相手に対してのみ同情心を強く示す人もいます。

人に同情する時、誰もがその人になったような気分になります。

同情する相手の立場や気持ちを考えて、自分も同じような立場になった時のことを想像して、悲しんだり悔しんだりしますので、それだけ感情も豊かと言えるでしょう。

泣いたり笑ったりする


例えばテレビドラマの感動するシーンを見て、自分も一緒になって感動して涙する人っていますよね。

また、思い切り楽しんでいる人の話を聞いて、自分まで明るく楽しい気分になる人もいるでしょう。

そのどちらの人も、他人に対して共感能力が高く、同情心も人一倍強いです。

誰もが自分に関することでは、当たり前に泣いたり笑ったりします。

しかしそれが他人ごととなると、どんなに他人の事情が複雑でも、「自分と他人とは違う」と線引きをしていますので、冷静に他人の事情を心ではなく、頭で受け止めることができるでしょう。

自分のことでは喜怒哀楽が激しく、他人のことでは冷静でいるのが普通のことですが、時には自分に関係のない、他人に関することで自分まで一喜一憂したり、喜怒哀楽が激しくなったりします。

そうした感情が豊かな人ほど、自分以外の人のことでも同情したり、一緒に喜んだりしたりすることができます。

自分の話を理解してもらいたいという気持ちが強い人にとっては、同情しやすい人の存在は有難く、嬉しく感じられることでしょう。

何せ自分が嬉しい時には一緒に喜んでくれますし、自分が辛い時には深い同情を示してくれますので、「自分を理解してくれている」と満足感を得ることができるでしょう。

2.感情移入をしやすい

同情しやすい人は、他人事にも感情移入がしやすいという特徴があります。

例えば一緒にいる友達が怪我をしたら、その怪我を見てまるで自分まで怪我をしたように、痛そうな顔をするでしょう。

実際には痛みこそ感じていませんが、友達の様子から「どの程度の痛みなのか」を想像して、自分も同じような痛みを想像して顔をしかめます。

また、友達に好きな人ができたなら、その友達がどれだけ毎日ドキドキしながら好きな人と接しているのかを想像して、自分までドキドキとした胸の高鳴りや、ときめきの感情を覚えてたまらなくなることもあるでしょう。

実際に友達と同じ人を好きになることはなくても、友達が毎日味わっている甘酸っぱい感情を、自分でも想像して感情移入をし、「あ~っ!」と友達と一緒になって叫んでしまうこともあります。

それほどまでに他人の事情に対しても感情移入をしやすいため、同情心がとくに強い人は、ある意味自分以外の人の人生まで疑似体験をしているような気持ちになることもあるでしょう。

それはとても刺激的で楽しい時もありますが、周りで辛いことが続けば、自分まで辛気臭くなってしまうこともありますので、あまり感情移入をし過ぎてしまうのも考えものでしょう。

3.素直

同情しやすい人は、他人に感情移入をしやすく、また共感能力も高いです。

すなわち、それだけその人が素直な性格をしているということでもあります。

他人の事情や感情に対して、猜疑心や裏表を含めずにそのまま自分の中に受け止めて共感を示しますので、とても素直に相手の感情を自分の中にも反映させていることになります。

例えば疑り深く、慎重な性格の人の場合、誰かが「今朝は体調が悪くて遅刻してしまった。」と言ったら、表面上では「大丈夫?」と心配をしながらも、内心では「本当はただの寝坊じゃないのか?」と疑いを抱き、相手の気持ちに共感することはないでしょう。

しかし同情しやすい人の場合には、相手が体調不良で遅刻したと言えば、それをそのまま素直に受け止めるため、「自分がもし体調不良だったら」と想像して相手の体調を気遣い、本心から心配することでしょう。

実際に嘘でなければ、心配してもらえた人は嬉しく感じるでしょう。

しかしもし、遅刻の理由が作り話だった場合には、同情しやすい人は簡単に騙されることになりますので、都合よく同情を誘われてしまうこともあるでしょう。

4.相手のことを考える

人に同情をしやすい人は、それだけいつも相手のことを考えています。

相手の事情や感情をよく考え、観察しているからこそ、自分の中にも同情心が生まれやすくなります。

同情しやすい人にとっては、相手の話の内容が、真実かどうかということが一番大切なわけではありません。

一番大切なのは、自分が相手の立場になってその気持ちを考えられるかどうかということです。

もちろん相手の話が嘘なら、「何だ心配して損した」と感じることでしょう。

しかしその反面、相手に感情移入したからこそ、ある意味「本当でなく、嘘で良かった」と感じる部分もあるでしょう。

同情しやすい人は、良くも悪くもいつも相手のことを考えていますので、その分周りの人の感情によって振り回されてしまうこともあります。

しかし、同情して欲しい人や、共感をして欲しい人にとっては、同情しやすい人の存在は自分が本心を打ち明ける上では必要不可欠な存在でしょう。

5.テレビやドラマの影響を受けやすい

同情しやすい人は、フィクションだと分かっていることに対しても、いちいち感情移入してしまうことが多いです。

例えばドラマを観ていて、恋人同士が死に別れてしまう場面を見たら、「もしもこれが自分だったら」と考えてたまらなく悲しくなってしまいます。

また、アクション映画で主人公が死にそうな目に遭いながらも、最終的には勝利を掴む場面を観れば、まるで我がことのように嬉しくなったり、感動して涙を流したりするでしょう。

そして、作品を観終わった後には暫くその余韻に浸り、自分の心の中に影響を受けやすくなります。

例えば「映画の主人公のような部屋のデザインにしよう」や「自分も今日から運動を始めよう」など、自分の心に影響を受けたことがあれば、早速それを行動に移そうとすることもよくあります。

それが実際に続くかどうかは、飽きやすさの性格の差によりますが、他人の人生やフィクションの物語に影響を受けやすいことは確かでしょう。

6.騙されやすい


同情しやすい人は、それだけ素直に他人に対して感情移入をしますので、騙されやすいという特徴もあります。

例えば寝坊が原因で約束に遅れてきた人が、「実は家を出る前に親と喧嘩になって・・」と適当に嘘をついたら、それをそのまま信じ込んでしまうため、「大丈夫なの?喧嘩の原因は何?自分でよければ話を聞くよ?」と相手に対して親身になろうとします。

もちろん作り話ですので、聞かれた方は「たいしたことないから。それより早く遊びに行こうよ。」と話を切り上げて遊びに行こうとするでしょう。

しかし同情しやすい人は相手の嘘を信じてしまっているため、遊んでいる最中にも相手の事情が気になってしまって、純粋に遊ぶことだけに集中できなくなってしまうでしょう。

同情しやすい人の中でも、そうしたお人好しで優しい性格が強い人は、他人の嘘に振り回されたり、騙されたりすることもしょっちゅうあるでしょう。

そしてそれだけ他人に気を配りますので、気疲れしてしまうこともあります。

あなたは同情しやすい人ですか?しない人ですか?

あなたは同情しやすい人ですか?それともしない人ですか?

他人に同情しやすい人は、相手の苦労話を聞けば「大変そうだな」と素直に相手を労う気持ちが生まれます。

一方で簡単に他人に同情しない人は、相手の苦労話を聞いたところで、「大変だろうけど、しょせんは他人ごと」と一線を引いていますので、相手にそこまで同情することはないでしょう。

どんなに辛い気持ちを打ち明けられても、それを実感しようとも、相手の気持ちを想像しようともしないでしょう。

とはいえ、同情しにくい人が悪いということではありません。

同情しやすいか、それもしないかというのはあくまでもタイプの違いです。

そもそも、「同情」とは人のどのような感情を指すのでしょうか?

同情とは?

同情とは、「他人の身の上になり、感情をともにすること」です。

誰かが辛い目に遭えば、それを自分のことのように思いやって、相手を労うことが同情です。

例えば家族の誰かが怪我をすれば、自分が怪我をしたような気になって、相手を労わります。

また、恋人が仕事で辛い目に遭ったら、恋人の立場を想像して、自分も辛い気持ちを共有しようとするでしょう。

とはいえ、どんなに同情したところで、自分が相手とまったく同じような立場や状況、気持ちになることは不可能です。

しかしそれでも、少しでも相手の気持ちを理解しようと働く心が同情心です。

理性的で、集団での社会生活を営む人間にとっては、この同情心は必要不可欠なものでもあります。

他人に共感しようとするからこそ、人が人を思い遣って安定した集団社会での生活を営むことができています。

対義語

同情の対義語は、非難や批判、反発などです。

これらはいずれも、相手に対して反抗する気持ちを持つ言葉です。

同情は相手の身の上になって思いやる気持ちであるため、相手の気持ちに理解を示そうとすることです。

その一方で、非難や批判、反発といった言葉は相手へ理解を示すことなく、真っ向から相手を否定する気持ちを表していますので、まさに同情の対義語と言えるでしょう。

同情する時とは?

人が人に同情する時とは、どのような時でしょうか?

大抵は、自分が「大変だな」「辛いだろうな」と思うレベルの出来事に誰かが遭遇した時に、自分が相手の立場になって同情しようとします。

つまり、自分が実際に起きたら辛いと感じる出来事や、苦しい、大変だと思える目に誰かが遭った時には、つい同情をしてしまうことが多いです。

反対に言えば、自分が「たいしたことはないな」と感じていることであれば、誰かがそれを「大変だ」と言っていても、自分がその大変さをあまり想像することができないため、相手に同情することはありません。

例えば自分にとって病人の看護が大変でなければ、友達が親の看護で「苦労する」と嘆いていても、それに同調することはできず、「でも頑張らないとね」と逆に励ますようなことを言うでしょう。

どんな時に同情するのかは、その人によって違います。

しかし自分の基準で大変だと思える目に誰かが遭えば、その時には安易に同情する人は多いでしょう。

相手の境遇を聞いたとき

同情しやすい人の多くは、大抵自分と近しい関係の人が苦労していると、その境遇に同情することが多いです。

例えば恋人に暴力や借金癖があるとか、友達が怪我をしてしまったとか、身近でかつ自分が想像つくような境遇の人に対してはとくに同情しやすいでしょう。

また、場合によっては友達を通して他の人の方が大変な目に遭っていても、自分にとって友達の方が親しい関係であれば、一番苦労している人よりも、むしろ友達の方に同情することもあります。

例えば友達の家族が病気で入院をしており、友達が毎日家族の面倒をみるのに大変だと話していれば、一番大変な友達の家族に対してよりも、面倒をみるのに追われている友達に対して同情を示すことがあるでしょう。

ドラマやテレビを観たとき

同情しやすい人は、ドラマやテレビといったフィクションの出来事であっても、それを自分の立場と重ねたり、想像したりして同情することが多いです。

例えば会社でいじめられている主人公がいれば、自分をその主人公の立場に置き換えて考えて、「大変だなぁ」と同情したり、恋人が亡くなってしまうドラマを観た時には、「もしも自分の恋人が死んでしまったら」と想像して悲しい気持ちになったりします。

同情しやすい人は、それだけ想像力や感情が豊かですので、例え対象がまったくのフィクションでも、現実と関係なく同情心を示すことがあります。