CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

通勤を楽にするための6個の方法。これで会社に行くのが苦痛じゃなくなる!


主婦の方や自営業、在宅ワークをしている方もいらっしゃるとは思いますが、多くの方は会社勤めをしていると思われます。

著者は地方在住ですので、電車通勤の満員電車は知れているところがあります。

が、東京であれば満員電車はおびただしい人口です。

地方だとあり得ないですが、東京都心にお勤めの方は1時間や2時間以上かけて通勤される方もいらっしゃるようですね。

アルバイトやパートなど正社員とは違う雇用形態である方以外は、ほぼ平日は毎日といってもいい位に通勤に時間を取られます。

1日の通勤時間はたかだか1時間と思いがちですが、これが365日、しかも何年も続くとかなりの時間になります。

何とかして、この通勤時間を減らすなり快適にしたいものです。

では通勤時間を楽にするための方法について見ていきましょう。

▼【関連記事】通勤時間を有意義に過ごすにはこちらの記事を先にチェック!
通勤時間の平均は?皆の相場と有意義に時間を使うためにおすすめな16個のこと

この記事の目次

通勤を楽にするための6個の方法!これで通勤を少しでも楽できる!

できれば、家から職場まで近いのが1番ですね。

やはり通勤時間は短いほど楽ではあります。

ですが残念ながらそうはいかない方もいるでしょう。

例えば、東京都内にお勤めの方であれば勤務地近くに住むとなるとかなりの家賃がかかります。

とある上京する女の子の家探しを探すような番組を見ていると、いかに東京の家賃が高いのかがわかります。

そこまでになるとどうしても遠くに住んででも家賃の安いところに住むと言う選択肢を取るしかありません。

ですが地方の方であったりすれば、場合によっては近くに住むことで大分解決するところもあるでしょう。

ですが、大部分の人はそうはいかない人も多いようですので、少しでも通勤が楽になる方法を見ていきましょう。

1.通勤する時間をずらす


まず比較的簡単にできそうな事は、通勤する時間をずらすことです。

フレックスタイム制の方であれば簡単にできると思われがちで、そうではない人は難しいと思うかもしれませんが、決してそうではありません。

逆に、何時に出社しないといけないと決まっている人は、朝早くから通勤をすることによって、少しでもそのラッシュを避けることができます。

最近は、時差ビスなどと言う言い方までありそうですね。

著者は地方でそのような満員電車とは縁がありませんが、遠くから電車通勤をする人は、1本早めに乗って、座って出社するなんて話を聞いたことがあります。

学生時代にも同じような話を聞いたことがあるので、そのようにしている人も多いのでしょう。

時間に余裕を持って行動をする

やはり、時間に余裕持って行動することで大分通勤が楽になります。

それは、早起きが得意ではない人も一定数おり、時間がギリギリになる人もいます。

そんな人に差をつけ、自分が早く起きて早く通勤することで満員電車を避けることができます。

著者が住んでいる所は政令都市ではあるものの地方都市です。

ですが朝の電車はかなり混み合いますね。

ですが東京の満員電車の映像をテレビで見ると、自分たちが住んでる所なんて比ではない位に大変だと思われます。

都心のにお勤めの方でしたら通勤の事は死活問題なのではないのでしょうか?

とは言っても、引っ越すっていうのはなかなか現実的ではないと言う声もあります。

確かに風呂なしトイレなしのような物件もあるにはあります。

男性でしたら問題なく住めるかもしれませんが、やはり女性はセキュリティーなども重視したいところです。

ですので、どうしても近くに住むというのが現実的でない方も多いことでしょう。

そのような方は、時間にも余裕をもって行動することで、少しでも通勤を楽にする方が良いの言うまでもありません。

いつもより早めの時間に乗ることで座ることもできる

少しでも通勤時間ずらすことで、座ることも可能だと言われています。

やはり、電車の中で立つのも意外と体力を使うものです。

若い女性でいくら食べても太らないタイプのうらやましい人がいますが、そのような人は意外にも電車でずっと立っていると言っていました。

ですので、運動するでもなくただ立っているだけで意外と体力を消耗すると言うようなことはあるようです。

妻も同じようなことを言っており、電車通勤をしていた頃の方が1番痩せていたそうです。

(今は専業主婦で電車に乗ることも滅多になく、少々ふくよかになりつつありますが…)

ただ、ダイエット目的と言うことであればまだしも、日々の通勤と言うことであれば、やはり体力は温存したいものです。

朝体力を温存し、仕事で体力をや気力を使い仕事のパフォーマンスを上げるのは非常に重要なことです。

2.違う通勤手段を使う


やはり、地方に住んでいると思いますが、冬に雪が降る可能性を考えると電車の通勤が1番最適と考えがちです。

バスも雪で渋滞になることで遅延が出る可能性もありますし、通勤に車を使う時も雪道を走るのは、雪国の出身の方でなければ難しいことです。

ですので、住んでいるところによっては、冬にそのような交通機関を使うのは向いていないのかもしれません。

ですが、春から秋に電車以外の交通機関を使ってみるというのも良いと思われます。

住宅購入の時に、バスは敬遠されがちなところがありますが、意外にもドアトゥードアで行くことができるので大変便利な可能性もあります。

現在の著者宅がバス停が非常に目と鼻の先であるところで、妻が大変便利だと喜んでおりました。

平日は車がない状態なのですが、それでも特に窮屈に感じていないところを見ると、バスも大変便利であると言えるのでしょう。

バスは座れる可能性が高い

もちろん、どのようなところに走っているバスかにもよりますが本数が多いところであれば、座ることも可能です。

満員電車で立って通勤するのに疲れを感じているのであればいっそのことバス通勤に変えてみるのもありです。

もちろん、バスは交通事情に左右されるものですので、時間に余裕を持って出た方が良いのは言うまでもありません。

ですが、朝は少し早くしてバスの中でゆったりと座って通勤するのも悪くないこともあります。

ただ、一度もバスで通勤したことがないのであれば、もし可能であれば有給をとったときに実際にどんな感じになるのかっていうのは体験した方がいいかもしれません。

先ほども触れたように交通機関に左右されやすく、信号等の待ち時間もありますので、意外なまでに時間を食う可能性も否定できません。

ですので、どれぐらい通勤時間がかかるのかをある程度押さえておく必要性はあるでしょう。

距離が近ければ自転車という選択肢も

また距離が近ければ自転車を使うと言う選択肢もあります。

やはり自転車で行ける距離であれば、特に車を購入する必要もなく通勤することも可能です。

最近は、車があって当然と言う考えから、経費削減のために手放してみようと言う考え方も浸透しつつあります。

やはり、保険やガソリン代などいろいろな経費がかかることから、車は金お金がかかると言われています。

ですので、それを手放し、自転車に変えようと言うような動きがあるのも事実です。

ですので、自転車で通える範囲であれば自転車を選択してみるのも良いでしょう。

もし坂がきついところにお住まいであれば、電動自転車を使うという手もあります。

ただ、難点としては雨の日の通勤はかなりきつい可能性があります。

そして、安全上自転車通勤が向かないようなところにお住まいの方もいるかもしれません。

ですので、自転車が100%良い通勤方法ではないところはあるかもしれません。

ですので、自転車通勤をするにしても自転車以外に通勤手段の代案があるようなところであれば、それを視野に入れてみるのもいいかもしれません。

お金に余力があればタクシー

タクシー通勤と言うと、なんだか社長しかしないような非常にリッチなイメージがありますよね。

ですが決してタクシー通勤をしているのは社長ばかりでは無いようです。

調べてみると、若い女性の方も通勤ストレスを回避するべく、行きはタクシーを利用していると言うような方もいらっしゃるようです。

行きがタクシーなら帰りは必ずタクシーでないといけないと言う決まりは決してないので、そのように考えると非常に効率的だと思われます。

その方も通勤ストレスなども強く、精神的に負担が大きくなった事からタクシーのアプリをいろいろと駆使した上でうまく通勤にタクシーを使っていらっしゃいました。

ただ注意するべき点としては、雪の日などはタクシーは捕まりません。

東京都内であればまた違うのかもしれませんが、地方であれば雪が降ったらタクシーを使う人が非常に多く、タクシーの数が追いついていないように感じる時が多々あります。

ですので、タクシーも良いのですが、その他の代案も一緒に考えておきましょう。

マイカー通勤という方法も!ただし会社では禁止になっている所もある

現在著者は、このマイカー通勤をしております。

新婚当時は、妻の職場の関係上少し離れたところに住んでおり電車通勤をしておりましたが、やはりマイカー通勤となると精神的に楽ですね。

運転が苦になる方でしたらしんどいのかもしれませんが、運転がそこまで苦ではなければ、座って通勤出来ますし、こんな良い事はありません。

満員電車にぎゅうぎゅうに押し込まれることもありませんし、著者のように男性であれば痴漢に間違われるリスクも皆無です。

ただ注意するべき点としては、会社で禁止されている例もあります。

なぜそのようなことをするのかですが、通勤過程において起きた事故も労災が適用されるところがあり、会社としてはあまり労災を使うことを好ましく思っていないところもあります。

それは何故かと言うと、通常の保険と同じく、使うことによって保険料の率が上がることがあるからです。

3.精神的な辛さを取り除く

とは言っても、通勤場所も様々ですし皆が皆交通機関を変えることで解決するとは限りません。

中にはどうしても電車でなければ不便な方もいるでしょう。

著者の住んでいる所でも、非常にのどかなところでJRだけは通っているけれど、それ以外の交通機関が発展しておらず、そこに住んでいる人は基本的に車を所有しないと不便な地域も一定数あります。

ですが中にはどうしても運転が苦手であるとか、病気の関係上車の運転ができない方もいるでしょう。

そしてそのようなのどかなところだと、かろうじてJRが通っているだけで1時間につき2本程度と言うところもあります。

そのような人たちが、快適な通勤をあきらめないといけないのかというとそうではありません。

少しコツを抑えるだけで、精神的な辛さを取り残さことができます。

通勤ラッシュはストレスの原因に!

通勤ラッシュが楽しい人は非常に稀です。

大半の人がストレスを感じるのではないのでしょうか?

ある程度空いている所だったら決して近づかないような距離感で人々がひしめき合っている状態はやはり精神衛生上好ましくありません。

また著者のように男性である場合は、痴漢の冤罪も心配です。

ですので、なるべく人がいる時間帯を避けるとか人がいない場所を探すことが大切になってきます。

できれば時間をずらすのが好ましいですが、なかなかそうもいかない人もいるでしょう。

そんな人でも、少しのことを抑えればストレスの軽減ができます。

人混みの少ない場所を覚えておく

また、人ごみの少ないところ覚えておくのは大変有効です。

一見満員電車で人がたくさん載っていて、とてもじゃないけど空きスペースなんてないと思いがちかもしれません。

ですが案外そんな中でも比較的人が少ないところがあるのです。

具体的に言うと、車両の真ん中を避けるとその端のほうは比較的空いている傾向にあります。

また人によっては、進行方向とは反対の隅っこの車両の方がついていると言うような声もありました。

著者も昔は電車通勤をした経験がありますが、個人的には電車の運転席付近のドア付近はそんなに人がやってくる事はありませんでした。

ですのでそこでしたら割とゆったりとできる傾向にあります。

ですが地方都市での話ですので、東京都内でしたらまた事情が違うかも知れませんね。

どのようなところが空いているのかっていうところをいろいろなところに乗り比べてリサーチしてみましょう。

その中で比較的空いているところがあれば、そこを毎日の通勤で使うといいですよ。

匂いが辛いのであればハンカチやマスクなどを使う

満員電車できついのは、やはり臭いです。

良い匂いがする人ばかりだと良いのですが、残念ながらそうもいきません。

お風呂での洗い方が十分ではなく、加齢臭なので残念な匂いがするような人もいるでしょう。

女性が良い匂いなのかというと必ずしもそうとも限りません。

聞いたところによると湯シャンなるものがブームになっているのだそうですね。

あえてシャンプーを使わずたくさんのお湯で髪を洗い流すと言う洗い方のことを指すのだそうです。

このようにすると髪がつやつやになるということから取り入れている人も多いそうですが、これは残念ながら周囲の人は見ても大変不評です。

非常に独特の獣臭がすると言われています。

このように、満員電車は臭いの巣窟でもあります。

もしどうしてもその匂いがきついのであればマスクが良いでしょう。

女性の方でしたらハンカチで口を覆うのも決して不自然ではありません。

4.乗客の顔を覚えておく

あまりに人をじっと見るのは良いことでは無いのかもしれませんが、少しでも通勤を楽にするために、チラッと見て乗客の顔を覚えておくようにしましょう。

特に通勤ラッシュや通学ラッシュの時間帯であれば、行き先が決まっています。

職場や学校がそんなに転々と変わる人も非常に珍しいことでしょう。

ですので、その人の顔を覚えておきってどこで降りるのか覚えておくことで、座ることができるなど自分に優位に物事を運ぶことができます。

同じ時間帯に同じ人がいることが多い

大体の人は同じ時間帯に同じ車両に乗ることが多いです。

多くの人は安定を好む傾向にあるのか、通勤方法や場所もそんなに変化をつけないところがあります。

最近は防犯のためにあえてそれを変える人もいますが、基本的に同じ時間帯に同じ人がいるケースが多いです。

どこで降りるのかを把握してその人の付近で座れる準備をする

なぜ乗客の顔を覚えておくことが良いのかと言うと、行き先は決まっていますので、同じところで降りることが圧倒的に多いです。

もし、その人がどこで降りるのかを把握できれば、その人のそばにいればその駅を過ぎたあたりから座れる確率が高くなります。

ですので、もしできることなら電車に乗った時にその人の真ん前に行くようにすると良いでしょう。

そうするとその人が降りる時に交代で座ることができるのです。

5.引越しをする

やはりできることなら職場から家が近い方が良いのは言うまでもありません。

一人暮らしの方であれば比較的身動きが取りやすいのではないのでしょうか?

東京都内の方であればもちろん無理をしすぎるのは禁物ではありますが、一人暮らしの方であればトイレとお風呂が一緒のユニットバスで妥協すると大分安いところもあります。

女性の方であれば、風呂がないのは厳しいかもしれませんが、男であればいっそのこと風呂なしのところを選べばだいぶ安い所にすることも十分に可能です。

そして、仮に地方の在住であればユニットバスでも充分に安いところはありますが、風呂トイレが別であっても安い賃貸物件はあります。

ですので、職場の近くに引っ越しをするのは大変良い方法です。

通勤をする時には近場の場所へ引越しをする

東京都内などなかなか経済的に職場の近くに引っ越すという願いが叶わない人も多くいます。

その時は仕方がないので、なるべく電車が1本で済むようにするなどの妥協策が設けられます。

ですが、やはり通勤先と家が近いのは大きな強みです。

地方であればほぼ迷いなく決めても良いのではないのかと思われます。

ただ、日本全国津々浦々を見たわけではないので何とも言えませんが、中にはあまり治安が良くないところがあり、女性であればなるべく一人暮らしを避けたい人もいるかもしれません。

そんな時は、そのエリアから少し離れたところであっても比較的安全なところを選ぶと良いでしょう。

そのように、職場の近くに引っ越せば必ず良いというわけにはいかない人もいるかもしれませんが、それでも通勤時間を短くするだけで日々の生活がぐっと楽になります。

遅延や遅刻に悩まされることが無くなる

電車通勤にしても、必ず遅延もあります。

そしてバスなどの道路を使うものであれば、渋滞等も遅刻の原因になることもあります。

ですが通勤先が近くにあればそれに悩まされることもありません。

電車やバスに乗ることがなければ、遅延に悩まされることもないのです。

歩きや自転車で行けるようなところだと、非常に通勤も楽になります。

ですので、もし可能であれば可能な範囲で近いところに引っ越すのは1つの手です。

そのような方法がとれるのは一人暮らしの方はもちろんのことですが、新婚や夫婦2人だけの暮らしであれば十分に可能でしょう。

6.同僚や上司と一緒に行動をする

通勤は1人でずっと立っているということが意外と辛いのかもしれません。

景色を楽しむのであればまだしも、満員電車だと見る限り人しかおらずうんざりすることもあるかもしれません。

ですのでこの辛い通勤時間を楽しい時間に変えてみるのはどうでしょうか?

そのために1人で行くのではなく、方向が同じ同僚や上司の方と一緒に通勤をする方法はどうでしょうか?

1人だと辛いが同僚や上司と行くことで通勤を楽しくする

都心に通勤する方は、1時間や2時間かけて通勤することもあります。

特に女性の方であれば同僚とお話しをしながら行くと非常に楽しい時間になるのではないのでしょうか?

時にはカフェに行ってから通勤をすることも

通勤時間は短くできれば良いに越した事は無いですが、住宅事情などによってどうしてもそれが叶わないこともあるでしょう。

そんな時は、カフェで一息ついてから通勤するという手もあります。

同僚と話をした後、通勤を一緒にするということで気分はだいぶ違うのではないのでしょうか?

通勤をする時には気をつけるべき事がある?

では通勤するときに気をつけるべき点とはどのようなところがあるでしょうか?

一つ一つ見ていきましょう。

何時までに会社に行く必要があるのか?

まず基本的に会社には始業時間があります。

ですので、何時までに着く必要があるのか決まっている事でしょう。

そしてさらには会社によっては暗黙の了解で30分前に出社して掃除をする事が義務付けられているところもあります。

中にはそのような暗黙の了解はおかしいと言う人もいるのかもしれませんが、多くの人はそこで長く働きお世話になりたいという事で黙ってそれを実行している人もいるかもしれません。

社風によりますので一概には言えませんが、大体はそのような暗黙の了解に黙って従っておく方が良いかもしれません。

そのようなことがあるにしても、何時までに着かないといけないのかは大体決まっています。

そしてフレックスタイム制がある所であれば、時間をずらすということも十分に可能になってきます。

必ずその時刻に乗らなければいけないのか?

そして、何時までに着かなければいけないのか分かったら、次は必ずその時刻の電車やバスに乗らないといけないのかを考えましょう。

もちろん、遅刻を避けるためにはその便を一つ遅くすることはできません。

その代わり、早い時間に行けば何とかなるところもあります。

ただこちらも社風によっていろいろ違うところがあるでしょう。

例えば上司が鍵を持っている場合であれば、会社に着いたけれど会社が開いていないこともあるかもしれません。

ですが、少しの工夫でそれもクリアできるところがあります。

それは、早めに出社しておき、会社付近の駅で暇つぶしができるようなコンビニ等があればそこで時間をつぶすのです。

時間をずらしても良いのではないか?

もし、早く行っても問題がないのであれば、少々時間ずらして早く出社するのも手です。

先ほども触れたようにもし会社が開いていないのであれば、そこの付近の駅で暇を潰すこともできるかもしれません。

そしてそのような制約がなく、早く出社できるのであれば、いっそのこと仕事の下準備などをしておき、定時で早く帰れるようにするのも手です。

通勤する手段は何があるのか?

そして、早く行く必要があるのかなど色々と考えて、その後に考えるべき事は通勤する手段についてです。

交通事情に左右されない点から電車一択と思われがちですが、他の通勤手段もあります。

ではさっそく一つ一つ見ていきましょう。

電車

やはり電車は、専用の路線を使うことで道路の交通事情に左右されないところが1番の強みです。

よっぽどのことがない限り時間は正確です。

なので、通勤に電車を使う人は多いでしょう。

ですので、東京都内であれば満員電車がよくあるのは頷けるところです。

バス

電車と同様、バスを使っている方もいます。

電車の駅が近いところは、家の価格や家賃が高い傾向にあるため、あえて駅から遠いところを選ぶ人もいます。

そうなると、バスがメインになることもあります。

しかしバスは、交通事情により着く時間が左右されやすいです。

ただかなり時間に余裕を持っていけば座れる可能性が高くなりますし、有効な通勤手段になるのではないかと思われます。

タクシー

タクシーというと非常に贅沢な印象がありますが、それでも色々な場面で使いやすいです。

タクシーのほうが安上がりだからと言うことで車を手放し、日々タクシーを愛用している人もいる位です。

先ほども触れたように、行きだけタクシーにするという人もいるようですね。

やはりタクシーであれば運転手が運転してくれますので、自分で運転するというプレッシャーもありませんし、柔軟に対処してもらえるので、乗り換えなどもなく行くことができるのは大変便利です。

自転車

自転車も、自分で漕いでいくことで融通が利くところがあり大変便利です。

電車やバスはどうしても時間の制約があります。

しかし自転車は時間の制約がないので、乗り遅れなどの心配もありません。

そして、自転車であれば管理費もそこまでかからないので、気楽に所有することができます。

ただ雨の日は乗れないので、天候が悪い日は電車やバスを使う必要があります。

徒歩

1番お金もかからず、気楽にできる方法として徒歩があります。

歩いていくのであれば、雨の日なども安心です。

悪天候の日はどうしても電車やバスなどに遅延が出てきます。

そして災害の時に帰宅難民になる可能性もあります。

ですが徒歩圏内で行けるようなところならそのようなリスクは低くなります。

通勤を楽にして会社に行こう!

やはり会社での仕事というのは気力体力ともに使うものです。

その気力体力を仕事だけに向けるためにも、エネルギーの消費をしやすい通勤も楽にするという事は非常に有効でしょう。

ページトップ