CoCoSiA(ココシア)

30代女性に共感の嵐!恋愛・仕事・...(続き3)

理想の人じゃなくても、ちょっと付き合えば理想なんてどうでもよくなってしまうほど好きになれることもあったかもしません。

ふるいにかけてきた男性の中にもしかした運命の人がいたのかもしませんよ。

子供が欲しいがなかなか出来ない

女性なら誰しも1度は子供がほしい、産んでみたいと思った事があるはずです。

しかしいざ30代で妊活を始めてもなかなか子供を授からなくてヤキモキしている人もいるでしょう。

「20代のころは結婚して夜の生活を送っていればすぐに授かると思っていた…」なんて人もおおいはず。

そして年齢とともにだんだん子供を授かりづらい体になっていくことは避けることができません。

女性が出産に適している時期は20代前半あたりだと言われていますが、30代女性はそんな時期はゆうに過ぎてしまっています…

そして35歳以上の妊娠・出産は、世間では「高齢出産」に当たると言われており、妊娠する確率やリスクなどがグッと高くなります。

30代になったら高齢出産のカウントダウンが始まっているので、出来るだけ早く子供を授かりたいところですが、作ろうと思ってすぐに作れるものでもありません。

お姑さんと上手くいかない

結婚することによって出来る御縁で、1番の悩みといってもいいのが夫の母である「姑」との仲です。

愛する夫を産んで育んでくれたお姑さんには感謝する気持ちはあっても、同じ女性だからこそぶつかることが多く、モヤモヤすることってありますよね。

お姑さんのほうも、今まで大切に育ててきた息子が突然現れた若い女に取られたと思って、気持ちちょっとキツめになってしまうことも…

「●●はそんな料理好きじゃないよ」「結婚するまでは親の言うことをよく聞くいい子だったのに…」

なんてイヤミを言われた日には、嫁としては耐えれても、1人の人間としては我慢の限界でしょう。

しかしお姑さんも昔はアナタと同じお嫁さんだった立場、同じようなことをお姑さんのお姑さんからされているはずです。

自分がされてイヤなことは人にしていいわけありませんよね…

異性の親子(父と娘、母と息子)って、同性の親子にはない強いきずなを持っていることがあるので、後から来たお嫁さんやお婿さんに対する敵意って半端ないことがあります。

【30代の恋愛については、こちらの記事もチェック!】

仕事面の悩み

生きていく上にはお金や活力が必要です。

その2つを満たしてくれるのが「仕事」です。

独身の人はもちろん、結婚している人や子供のいる人も仕事をすることによって生きるためのお金が手に入り、

社会貢献や自分のやりたいことができるなど人生における充実をもたらすものでもあります。

契約や派遣のままで正社員になれない

将来のことを考えて待遇や福利厚生が手厚い正社員になりたいと思うのは当然のことです。

なのに契約社員や派遣社員のままでなかなか正社員になれない…という悩みもあるでしょう。

20代のころはさほど気にならなかった雇用の差に、30代になると生活が更にリアルになってくるのでどんどん不安になってきますよね。

「同じ30代でも結婚している人ならそんなに正社員については悩まないんでしょ?」と思う人もいるでしょうが、

パートナーの収入だけでは生活が不安定であったり、家のローンや親の介護にかかる費用が必要であったり、

離婚を検討している人などどうしても安定した正社員になりたいという人もたくさんいます。

子育てひと段落後の再就職が難しい

現在は子育てに優しい会社が増えて、産休や育休の充実、それらから復帰したときの時短などの待遇などで女性は結婚や出産で仕事を諦める必要が少なくなってきました。

しかしそれでも、それとなくプレッシャーをかけてくる上司がいたり、家事に育児に仕事に追われ、

自分のキャパシティーの限界を感じたりして仕事を退職した人もいるでしょう。

そんな人が子育てが落ち着いたからもう1度社会復帰したいと思ったときに周りを見渡すと、まぁなんと仕事がないことか…

近所のスーパーのパートなどならあっても(スーパーのパートも立派なお仕事です)、自分の希望するような職種の正社員になんてまず見つかりません。

ブランクはあるし、子供がいるからいつ家庭の事情で休まれるかわからない、そして何より年齢がネックになります。

理由としては、30代のブランクのある人間より、20代の若い人の方が仕事を覚えやすいし、扱いやすいというのがあります。

転職のハードルが上がってきた

社会人になって10年以上経過している人がほとんどの30代。

仕事上の経験も豊富であるということが前提になっているのはもはや当然のことです。

20代の人が転職などするときは「素直さ」「コミュニケーション能力」「これからの可能性」などが求められてきましたが、

30代ともなると「前職ではどんな活躍をしてきたのか?」「どんなことで当社に貢献できるのか?具体的に示して」など、

20代の転職ではあまり重要視されなかったことが求められがちです。

また、あまり年齢が高いと上司が年下の人になる可能性も高く、「(年上の部下なんて)扱いづらい」なんてことを言われたりと何かと転職のハードルが高くなっていきます。

「どうしても自分のやりたいことがある」「転職しても認められるほどの実力がある」など、