この世の中に、全く同じ環境で生活している人はいません。

例え同じ生まれた双子だとしても人生は段々と変わっていくものです。

だからこそ、それによって感じる気持ちも全く同じという事はあり得ません。

みんなそれぞれが自分の経験によって様々な事を学んでいくのです。

例えば、悩み事もその一つです。

自分の悩み事が他人から理解して貰えない。

そんな気持ちを感じた事がある人はいないでしょうか。

自分としてはとても悩んでいるような事も、他人からみるとそうでもない事は多々あります。

ものの捉え方は人それぞれです。

だからこそ、あなたが問題視している事に対して全く違った考えを持っている人がいたとしても不思議ではないのです。

中には、悩んでいる事自体が贅沢な悩みだと言われてしまう場合だってあるかもしれません。

自分が悩んでいる事に対して、贅沢な悩みだと言われてしまう事は何とも残念な気持ちになるはずです。

悲しいとさえ思うでしょう。

けれど。

考え方を変えれば、それだけあなたは他人から見れば恵まれている環境にいるという事なのです。

恵まれている事に対して自分が気が付いていないだけという事も多々あるという事です。

人は、つい他人と比べてしまう生き物です。

だからこそ、自分より恵まれている人を探しその人のと比べる事によって、その人の事をうらやんだりする気持ちを持ってしまう事もあるでしょう。

そのせいで自分の人生が不幸のような気持ちになり、結果的に悩みを持つ事もあります。

けれどそうした中で生まれる悩みは、大した事がない場合が殆どです。

勿論、人によっては、誰が聞いても同情するような悩みもあるでしょう。

けれど一方で、人の悩みなど、他人が聞けば大した事がない事が殆どなのです。

だからこそ自分の悩みが本当に悩むほどの事なのかという事を検討してみる事も大切です。

自分の悩みを理解して貰えない事によって、相手の事を恨んだり怒ったりする事もあるかもしれません。

けれど実際にはそもそもそれほど悩むような出来事では無かったという事もあるかもしれません。

だからこそ、自分の気持ちを優先するばかりでは無く時には冷静に判断する事が大切な事も多々あります。

自分の環境を客観的にみる事が出来るようになれば、それだけ自分がいかに恵まれているかを知る事が出来るようになります。

その為にも、贅沢な悩みと言われてしまうような理由を探しておく事も必要な事でしょう。

贅沢な悩みだと言われてしまう6個のこと!こんな悩み抱えていませんか?

あなたは自分の悩みを他人に相談するでしょうか。

これに対する意見は人によって様々です。

人によっては、そもそも相談しないという人もいる事でしょう。

相談するという事は、他人に自分の悩みを話すという事になります。

人によっては、自分の弱みを他人に知られたくないという人もいる事でしょう。

そんな人からすると、他人に悩みを相談する事は出来ません。

けれど、総合的に考えると悩みを他人に相談する事は悪いことばかりではありません。

というのも、それをする事によって自分では全く思いつかないようなアイディアを知る事が出来る場合もあるからです。

だからこそ、悩みを相談する事は、決して悪いことばかりではありません。

人の悩みはそれどれ全く違います。

一方の人が悩んでいるからと言ってそれを全ての人が受け入れる事が出来るとは限りません。

だからこそ、自分が悩んでいる事に対して共感してもらう事が出来ない場合もあります。

せっかく自分の悩みを相談しているのに、真剣に取り合って貰う事が出来ないという事は、相談し甲斐がないと感じたとしても仕方がないでしょう。

ですが、それには明白な理由がある場合もあります。

自分の気持ちばかりを優先して考えていると、悩みを理解して貰う事が出来ず話を真剣に聞いてもらう事が出来なければ嫌な気分になってしまう事もあるでしょう。

けれど、見方を変えればそもそもあなたの悩み事態が贅沢なものの場合もあります。

贅沢な悩みを他人に相談しているからこそ、真剣に取り合って貰う事が出来ないという事もあるのです。

現状を冷静に判断する事が出来ないと、知らず知らずのうちに他人から批判されるような行動を取ってしまっている場合もあります。

そのせいで自分の意図しない結果で、相手に自分の現状が伝わっている場合もあるでしょう。

自分としては悩んでいる事だとしても、他人からすれば自慢にしか聞こえないなんて事もあるかもしれません。

そうならないようにする為には、自分の行動をしっかりと把握しておく事が大切です。

1.貯金だけが貯まっていく


お金がない人によって、お金の話は一番敏感です。

ましてやその内容が沢山あるという話だとすれば、それに対して反発心を持ってしまう事もあるはずです。

だからこそ、お金の話をする際は、相手の状況を良く考え、自慢にならないようにしなければなりません。

どんなに親しい間柄の人であったとしても、お金がない人に対してお金がある相談をする事は人として最低な行為なのですから。

自分の状況だけ見ていると、相手の気持ちに気が付くのが遅くなってしまいます。

全く悪気無く話した出来事であったとしても、それを聞いた相手が嫌な気持ちになってしまうのであれば、それは自慢です。

だからこそ、その結果相手から嫌な態度を取られてしまったとしても仕方がないのです。

人によっては、本当にお金が貯まってしまう事が悩みだと言う人もいるでしょう。

使い道がないからこそ、何かに使いたいと思っている場合もあります。

きっとそんな悩みを持っている人からすると、趣味が沢山あり、自分の好きな事に没頭しているような人は素敵に見えているのでしょう。

彼氏や彼女とデートをする為に、お金が無くなってしまう事もまた羨ましいさえ思っているのでしょう。

人生の価値観は人それぞれです。

だからこそ、お金が沢山あるからと言って幸せとは限りません。

本人の悩み通り、せっかくお金を持っているのにも関わらず使い道がないことが悲しいと思う気持ちもあるのでしょう。

そう思う事は間違いではありません。

それこそはあなたの本当の気持ちなのでしょう。

それを否定するつもりは全くありません。

一方で、その気持ちは他人に伝えるべき気持ちではないという事もあります。

何に対して悩み、解決したいと思うかは人それぞれです。

ですが、その悩みを他人に話す事によって、相手がどう感じるかを冷静に判断しましょう。

どんなに自分が真剣に悩んでいたとしても、お金の話は結果的に自慢につながる場合が殆どです。

だからこそ、他人から批判される事を避ける為には、そうならないように相談しないようにしたり他の言い方にするようにしてみてはいかがでしょうか。

使い道がない

年収は人によって様々です。

昔の日本では、年齢によってお給料が上がっていく事が当たり前の時代がありました。

だからこそ、同じような年代の人とは同じようなお給料をもらっていました。

その為、お金の話をしてもそれほど自慢にはなりませんでした。

けれど、今は違います。

年齢が同じだとしても同じようなお給料が貰えるとは限りません。

だからこそ、お金の話はタブーとなっています。

人によっては、自分が使うよりも多くのお給料をもらう事ができる場合もあります。

それは、その人が努力をした結果であれ誰かに文句を言われる筋合いはありません。

例え年齢が若くても沢山のお給料を沢山もらう人は沢山います。

それは決して悪い事ではありません。

けれど、それを使い切る事が出来ないという事実は他人に言うべきではありません。

沢山のお給料をもらう事が出来る人もいればそうではない人もいます。

だからこそ、自分の基準で話をしていると悪気のない発言も相手にとっては腹立たしい話に聴こえてしまうことでしょう。

自分が生活するために必死に仕事をしている場合、使いきれない程のお金を持っている人に大して嫌な思いを持つ事は当然の結果です。

使い道がない人にとっては、それ自体確かに悩みなのでしょう。

それは事実であり、仕方のない事です。

ですがそれを共感してくれる人は同じ環境にいる人しかいません。

その判断を間違えてしまえば相手にいやな思いをさせてしまう事でしょう。

2.家を買おうか悩んでいる


ある程度の年齢になると、マイホームを買おうという人も増えてくるでしょう。

いくら年齢による給料制度が無くなりつつあると言われても、やはり年齢によってお給料が高くなる人は少なくありません。

仕事のキャリアを積むからこそ、お給料も上がります。

だからこそ、マイホームを買おうとする人も増えるのでしょう。

人生の中で、マイホームほど大きな買い物はないでしょう。

車などとは比べものにならない程の高価な買い物です。

だからこそ、それに対して悩みを持つ事もあるでしょう。

その結果、誰かに相談しようと思う事もあるでしょう。

相談することによって、的確なアドバイスをする事が出来るようになるかもしれない。

そんな風に思うものです。

けれど、当然の事ながらマイホームを買う事が出来る人もいれば出来ない人もいるのです。

自分としては、単なる世間話のひとつとしてマイホームを買いたいという話をしているだけかもしれません。

それをする事によって、自慢するつもりなど毛頭ないという場合もあるでしょう。

むしろそう行った人が殆どのはずです。

けれど、その話をされた人の中にはそれを素直に受け止める事が出来ない人もいます。

自分としては自慢しているつもりはなかったとしても、相手が自慢されたと受け止めてしまえばそれは自慢なのでしょう。

それによって相手がいやな思いをしてしまう場合もあります。

いくら新しい家に住みたいと思ったとしても誰もが当たり前に購入する事が出来るわけではないからです。

家を購入する事が出来ると言うことは、それだけ恵まれているのでしょう。

どんなに家が欲しいと思っても、生活が安定しない人は買う事が出来ません。

ローンを組む事すら出来ない人もいます。

そんな人からすれば、ローンの悩みすら羨ましいと思ってしまうのでしょう。

その気持ちは、結果的に自慢している人には分からないものです。

自分が羨ましいと思ってしまうからこそ、そこに嫉妬心もプラスされて自慢されたと感じるのです。

マイホームを建てようか悩むというのは贅沢な悩み!

マイホームは高い買い物です。

そう何度も買う事が出来るものではありません。

だからこそ、買うと決めるまでには多くの悩みに直面する事でしょう。

そんな時は、誰かに相談したいという気持ちになる事でしょう。

だからこそ、つい身近な人にその話をしてしまうのです。

自分としては、単純に家を購入する相談を友達にしているだけのつもりなのでしょう。

大半の場合には、それが大きなトラブルにつながる事はありません。

きっと誰もがし自然とその話を受け入れてくれるのでしょう。

世間話の一つとして平和に語る事が出来るはずです。

けれど、誰もが同じ感覚で対応してくれるわけではありません。

時にはそれに対して不満を持つ使途もいます。

本当は自分もマイホームが欲しいけれど購入する事が出来ないと言うう人もいる事でしょう。

そのせいで周りの人がより羨ましく見えてしまう場合もあります。

自分が求めている物を当たり前に持っている人のことを見れば羨ましい気持ちになってしまう事も当然の結果なのかもしれません。

マンションか戸建てか

『家を購入する』と言っても、何を買うかによって値段は大きく分かります。

マンションなのか戸建なのかによっても金額は買わる事でしょう。

さらに新築・中古によっても値段は変わってくるはずです。

だからこそ、自分が購入するものが普通だという考えは捨てるべきです。

自分が持っている物が特別なものなのかそうではないのかは実際に比べてみなければ分かりません。

一見お金が余っていそうに見える人も、実は必死にやりくりをしているなんて事もあるかもしれないのです。

そんな中、自分よりも上の話を相談されてもいい気分になる人はいません。

マンションか戸建かは、その人の生活スタイルによって合う物件が変わってきます。

その為、どちらの方がより価値があるかという事では無く、どちらがより自分にあった生活をする事が大切なのかという事が重要視されます。

その為点を自分自身できちんと判別する事こそが、良い決断をする為には必要な事です。

周りの人に意見を聞く事も大切ですが、結局最終的に決め無ければならないのはじ自分自身です。

だからこそ、その決断をする為には周りの人に意見ばかり聞くのではなく、自分自身がどうしたいのかをしっかりと考えておきましょう。