みなさんは買い物で失敗や後悔した事はありますか?

例えば、「店で安売りをしていたから大量に購入したけど、使い心地がイマイチだった…」とか「買う予定はなかったのに、高価な品を衝動買いしてしまっていた!」などそういう経験、誰しも1度はあると思います。

では、自分にとって必要がない物を多数購入して後悔するという事を繰り返している人はいませんか…?

もしかしたらそれは、「買い物依存症、または買い物嗜癖(かいものしへき)」と呼ばれる精神疾患かもしれません。

今回はそんな買い物依存症に注目し、“買い物依存症になりやすい人の6個の特徴”と“買い物依存症の克服法”をご紹介します。

「もしかして自分は買い物依存症かも…?」と不安に思っている人や、買い物依存症でなくても「ついつい物を買い過ぎてしまう!」というお悩みを抱えている人も必見ですよ!

▼【関連記事】買い物依存症になる理由はこちらの記事を先にチェック!
買い物依存症になる9個の理由と解決策

買い物依存症になりやすい人の6個の特徴

買い物依存症とは、「行動嗜癖(こうどうしへき)」と称される反復性行動に部類されるもの。

行動嗜癖とは、ある特定の行動を依存対象とする依存症の事です。

依存対象となる特定の行動を取る事で、高揚感を感じたり、不安や怒りといった不快な感情が軽減されたり、緊張感からの解放される様な気分になります。

依存症に陥ると、心理的・社会的に問題がある、または自身の健康に害をもたらす事を自覚しながらも、その行動を止める事が出来なくなってしまい、「反復性行動」と言われる様に、繰り返し習慣的にその行動を行ってしまう訳です。

行動嗜癖の中には買い物依存症の他にも、窃盗・暴力・自傷・過食・嘔吐など、他にも様々な症状が含まれます。

買い物依存症の話に戻りますが、自身にとって不必要な物…例えば、購入しても使わなかったり、既に所持しているのにも関わらず大量に購入してしまうのが、買い物依存症の特徴です。

同じ物を繰り返し購入する事から、記憶の散漫や認知症の発症も要因として考えられています。

買い物直後は本人も「また買ってしまった…」と後悔する事になるのですが、依存してしまっている状態なので辞めたくても簡単には辞められない訳です。

という訳で前置きが長くなりましたが、ここからは“買い物依存症になりやすい人の6個の特徴”をご紹介します。

みなさんも自分に当てはまるところがないかチェックしながら見てみて下さいね。

1.買い物をするとスッとする


買い物をすると気持ちがスッとするという人も買い物依存症に陥りやすいと言えるでしょう。

買い物依存症になる人はその「スッとする」快感が忘れられなくて、不要な買い物を何度も繰り返してしまうのです。

物を手に入れる事ではなく、気持ちをスッキリさせるのが目的で買い物をしてしまう人は、買い物依存症にならない様に気を付けた方が良いでしょう。

ストレスの解消が買い物

「買い物が趣味」とか「買い物がストレス解消法」という人も多いと思いますが、そのまま買い物依存症に陥る人も少なくありません。

そもそも、買い物依存症になってしまう大きな原因がストレスだと言われています。

日頃から強いストレスに晒されて心が満たされないと、心地良い体験(ここでは買い物)に依存しやすくなるそうなのです。

現代社会においてストレスはつきものだと思いますが、「ストレスを溜め込みやすく、解消法が買い物以外にない」という人は特に注意した方が良いかもしれません…。

そういう人は買い物以外で、健康や生活に害のないストレス解消法探してみて下さい。

不安やイライラが募ると買い物をしてしまう

不安やイライラが募ると心のコントロールが上手く出来なくなるものです。

そういう事って誰にでも1度はあると思いますが、不安やイライラに襲われた時、無意識の内に物を買い過ぎてしまったり、買う予定のなかった物を衝動買いをしてしまう、という人は買い物依存症にならない様に気を付けなければなりません。

不安になったりイライラしやすい人はストレスを溜め込みやすい性格とも言えるので、普段からこまめにストレスを発散する様に心掛けましょう。

不安やイライラを感じた時は心が不安定になっている事を認め、積極的に休養を取ったり、不安やイライラを言葉にして(口に出しても良いし、紙に書きだしてもOK)みると不思議と気持ちが落ち着いてくると思うので、是非試してみて下さいね。

ところで、買い物依存に限らず「依存症に陥る人は意志が弱いからだ」と勘違いしている人も多いと思いますが、その認識は間違っています。

というのも、依存症になってしまう人というのは、人一倍意志が強く真面目で、負けず嫌いな完璧主義という特徴があるのです。

また、自尊心が低く人付き合いに苦手意識を持ち、他人を頼る事が出来ないから他人よりもストレスを溜め込みやすいし抱え込みやすいという特徴も…。

その上、先程話した様に「意志が弱いから」と誤解される事も多く、周囲の理解を得にくいせいで余計にストレスが溜まるという悪循環に陥りやすい(克服するのも難しい)難儀な病気なのです。

そもそも、依存症というのは意志の強さや弱さに関係なく陥る病気で、脳の報酬系の失調により起こるものだと言われています!

つまり、一度「気持ちいい!」と感じた快感を脳が際限なく求めてしまうので、自分の意志ではコントロール出来ない訳ですね。

つまり、依存症の克服には周囲の人の理解や協力が重要になるので、もし身近な人が買い物依存症になってしまった時は、周りでしっかりサポートしてあげる必要があるでしょう。

2.物欲が強い

物欲が強い人も買い物依存症に陥りやすいです。

欲しい物が沢山あれば、買い物する機会も自然と増えますからね。

みなさんは物欲が強い方でしょうか…?

ただ、「あれが欲しいな」「これも欲しいな」と思うだけで実際にそれを買わないなら、物欲が強くても買い物依存症にはなりにくいので安心して下さいね。

逆に、「欲しい」と思った瞬間に我慢出来ず購入してしまう様な、物欲が強い上に衝動買いが癖になっている人は注意して下さい!

常に欲しいものがある

欲しいものが沢山あり過ぎて、「あれが欲しい」「これが欲しい」という強い欲求が常に頭の中を支配していたり、欲しいものを全て購入し満足したのにも関わらず、またすぐに別の物が欲しくなってしまう、なんて事はないでしょうか?

そういう人はちょっと注意が必要かもしれません…。

別に「欲しい物を買っちゃダメ!」と言っている訳ではありませんよ?

それが本当に欲しい物だったり、自分に必要な物なら購入しても良いのです。

ですが、「よく考えたら要らないかも…」とか「手に入れても実際には使わないかも」いう明らかに無駄な物ばかり購入してしまうのは問題…。

「安い物だから大丈夫…」なんて思っている人もいるかもしれませんが、むしろ手に入りやすい物の方がどんどん購入してしまう(=買い物の回数が増える)ので危険と言えるのです。

人が持っていると欲しくなる

他人が持っている物がやたら素敵に見えて、つい自分も欲しくなってしまう事もあると思います。

羨ましくなって同じものを欲しくなるのは仕方ありませんが、そこで実際に購入してしまう人は買い物依存症になりやすい傾向があると言えるでしょう。

例えば、「友達が使ってた化粧品を買った!」とか「好きなモデルが着てた服を買っちゃた!」なんて事が“頻繁に”ある人は、誰かが持っている物を欲しくなりやすいのです。

そして、それを実際に購入してしまう癖があるという事なので、気を付けた方が良いかもしれませんね…。

また見栄っ張りな性格の人も、他人が持っているものを欲しくなりがちな傾向にあると言えます。

例えば、他人の着ている服が周囲に人に「素敵~!」などと褒められちやほやされているのを見ると、見栄っ張りな人は「負けたくない」「自分も注目されたい」と考えて同じものを購入しがちなのです…。

さらに、見栄っ張りな人は身に着けているものを自分のステータスだと思っている節があり、流行り物や高級品で身を固めたがります。

モデルや芸能人などが所有しているアイテムと全く同じ物をいち早くゲットし、身に着けつける事も珍しくありません。

同時により自分を良く見せる為、他人(特に自分が憧れている人)の身に着けている物を細かくチェックしている事もあり、同じ物が欲しくなる機会も自然と増えてしまうのです。

ウィンドウショッピングができない

毎回「見るだけ…」と思っていながら、つい我慢出来ずに買ってしまう…なんて事はありませんか?

そういうウィンドウショッピングが出来ない人も、買い物依存症になりやすいです。

「買いたい!」という衝動を抑えられなくなるのが買い物依存症なので、ウィンドウショッピング中に「見るだけ」が出来ない人は、買い物依存症の予備群と言えるでしょう…。

上でも「衝動買いが癖になっている人は危険」と説明しました。

そのままだと買い物依存症一直線なので、もし衝動買いをしそうになったら、「本当に必要な物か、もう少し考えてみよう…」と自分に言い聞かせてみましょう。

数分で構わないので一度冷静になる時間を設けてみて下さい。

テンションが高い状態だと、普段衝動買いをする人でなくでも何も考えずにポンポン購入してしまいがちなので、ウィンドウショッピングが出来ない人は尚更、冷静さを保つ必要があるのです。

3.チヤホヤされたい

「周りからチヤホヤされたい!」という欲が強い人も、買い物依存症に陥りやすい傾向にあります。

例えば、普段から周りにチヤホヤされる様な愛されキャラ。

逆にチヤホヤされた経験があまりない人。

子供の頃に十分な愛情を受けずに育った人。

友達や恋人からの愛に飢えている人。

自己評価が低く自分を認められない人などは、「チヤホヤされたい」という欲が強い傾向にあるかもしれません。

上で話した「見栄っ張りな人」もそういう欲を持っていると言えますが、見栄張りな人も自分に自信がないから人と比べて自分の価値を見出そうとしたり、少しでも自分を良く見せようとするそうなのです。

周りからチヤホヤされる為に様々な物を購入し、「チヤホヤされたい!」という欲を満たしていく内に買い物がとまらなくなり依存症に陥ってしまう…。

そういうタイプの人は買い物自体に快感を得ているのではなく、買い物をする事でしかチヤホヤされる方法を知らないから、買い物が癖になってしまうのです。

つまり、買い物以外でチヤホヤされる方法を見つければ、買い物依存症を回避出来る可能性も高まると言えますね。

店員の接客が快感である

「チヤホヤされる」には店員の接客も含まれ、それが癖になって買い物がやめられなくなる人もいます。

特に高級ブランド店だと、まるで客をお姫様みたいに扱ってくれますよね?

来店時にはドアを開けて恭しく「いらっしゃいませ」

試着の際には「すごくお似合いです!」「とっても素敵です~」と客が気持ち良くなる様な言葉を投げかける。

帰る時は出口まで荷物を持って「ありがとうございました」お見送りをしてくれる…。

「チヤホヤされたい!」と考える人には、まさに理想の待遇な訳です。

さらに、品物を購入する客には店側の対応もさらに良くなるので、余計にその店での買い物がやめられなくなってしまうのでしょう。

高級ブランド店に限らず、大体どこの店でも客に商品を買わせようと必死になってお世辞を言ったりすると思います。

例えお世辞であっても、そういう誉め言葉を聞きたくて、どんどん物を購入してしまうのかもしれませんね。

人よりも多くのものが欲しい

チヤホヤされたくて買い物をしてしまう人は、「良い物を持ち・身に着けて周りから羨ましがられたい!」という思いの他に、「人より多くの物を手に入れて羨ましがられたい!」という気持ちがある様です。

確かに、自分が持っている物より良い物や自分が欲しくて堪らない物を沢山持っている人を見ると、つい「羨ましい…」と感じますよね。

周りからチヤホヤされたい人も、そういうみんなが羨む存在になりたいのでしょう。

だから、自分が本当に欲しいかどうかは関係なく、周りに「いいなぁ…」と思って貰いたいが為に色々と購入してしまうのです…。

4.カードを多用する


クレジットカードを何枚も所持していたり、現金よりもカード払いの方が多い人も買い物依存症になりやすい傾向にあります。

とは言っても、カードにはメリットが沢山ありますし利用している人も多いでしょう。

小銭や紙幣と違ってカードが数枚だけなら財布もかさばりません。

いちいち銀行やATMで現金を引き出す手間も省けます。

それに、カードには盗難補償・ポイントサービス・割引サービスなどがついてお得です。

買い物以外の支払い(光熱費の支払いなど)も出来て便利ですよね。

もちろんカードの使用が悪いのではありません。

カードを多用し管理出来ていない場合が危険なのです。

どういうことなのか、次から詳しく説明していきますね。

クレジットカードを多く持っている

みなさんはクレジットカードを何枚持っていますか?

株式会社ジェーシービー(JCB)が全国の一般消費者を対象に行った「クレジットカードに関する総合調査(2017年度)」によると、全国の一般消費者のカードの保持率は85%で、日本人は平均して1人あたり3.2枚のクレジットカードを持っている、という結果が出たそうです。

ちなみに、実際に持ち歩くカードは「2枚」という声が一番多く、「5枚以上になると少し多い」と言われているのだとか。

クレジットカードの保有枚数はサブカードを何枚持つかで変わってくると思います。

利用目的を良く考えてどうしても必要な枚数なら少し多くなっても仕方ありませんが、半年以上全く使っていないカードがあったり、管理が不十分でセキュリティ上のリスクが出てくる様なら、その枚数は多過ぎかもしれません。

買い物用にカードを何枚も所持していると管理が難しくなるだけでなく、その便利さからどんどんカードを使用して買い物を繰り返し、そのまま依存症になってしまうケースは珍しくないのです。

常にクレジットカードを使う

常にクレジットカードで支払いをしている人に多いのが、使っている金額を把握していなかったり、現金を見ていないので金銭感覚が麻痺しがちだという事です。

後でカードの利用明細を見た時に、「うわっ!こんなに使ってたの!?」と驚いている様な人は危険かもしれません…。

カード払いは手持ちがなくてもスマートに支払いが出来るのでとても便利ですが、現金払いとは違って「お金が無くなったらからこれ以上の買い物はストップ」とはなりにくいのです。

使った額を把握しないままカードを使って買い物を続けていると、気づいた時には買い物依存症に陥っていたり、多額の借金が出来てしまいします。

クレジットカード払いが主流なら、使った額を細かくチェックしたり、1回の買い物で使う額の上限をきちんと決めておくなど、無駄な買い物をしない様に自分なりのルールを設けて使用した方が良いでしょう。

5.買ったら興味がなくなる

買う前は欲しくて欲しくて堪らなかったはずなのに、いざ購入してみたら一気に興味がなくなる様な、買って満足してしまうタイプの人も買い物依存症に陥りやすいです。

例えば、袋に入ったままで一向に使う気配のない物があったり、部屋に買った物が散らかっている…なんて場合は買い物依存症の一歩手前と言えるかも…。

本来、買い物とは欲しい物や必要な物を手に入れるのが目的な訳ですが、買い物依存症の人は欲しい物や必要な物を手に入れるというより、(物は何でも良いから)とにかく買うという行為自体が目的となっている場合が殆どになります。

上でも「買い物依存症は行動嗜癖の1つ」とお話ししましたが、買い物依存症の人にとっては購入した物よりも行為そのものが重要となるので、買ったら興味がなくなってしまう人も傾向が似ていると言える訳です。

買って後悔することも

買ってから「どうしてこんな物買っちゃったんだろう…」などと後悔する事が頻繁にある人は要注意!

買い物依存症の人も買い物中は何も思わないのに、買い終わってから後悔したり自己嫌悪に陥る事が良くあるそうです。

6.毎日買い物をしている

「気付いたら、毎日買い物をしている…」なんて事はありませんか?

ただし、節約の為に毎日安い店を巡って買い物をするとか、必要な分だけの食材・お昼や夕飯のおかずを毎日購入する、というのは省きます。

ここで話しているのは、気付いたら予定のなかった無駄な買い物をしていないか、という事です。

買い物をしない日がない

偶然立ち寄ったコンビニでお菓子や飲み物を買ってしまうという事はよくあると思いますが、店に入る=必ず何を購入するといった習慣が付いている人は危険です。

もしかして、「買い物をしない日がない」なんて事にはなっていませんか?

そのまま買い物が癖になれば、依存症に陥る可能性も非常に高くなってしまうので、今の内に無駄な買い物は出来るだけ控える様にして下さい。

買い物依存症の克服法

買い物依存症に陥る大きな原因の1つがストレスという事でしたが、現代社会においてストレスはつきものです。

そして、一度快楽を味わってしまうと人はそこから簡単には抜け出せないものです。

「ストレスが原因なら、それを解消すれば良い」とか「買い物でなく別の事でストレスを発散すれば良い」と口で言うのは簡単。

しかし、買い物依存症の人に言わせれば「それで克服出来たら苦労しない…」という話なのです。

みなさんの身近な事に例えると、ダイエットが近いかもしれませんね。

「痩せたいなら、食事制限をして運動量を増やせば良い」「好きな物が食べられないなら、水でお腹を膨らませれば良い」…そんな風に言うのは簡単です。

ですが、ダイエットをしている本人にしてみたら、「そんな簡単に出来る事じゃない!」と声を大にして言いたくなるのではないでしょうか?

恐らく買い物依存症を克服するには、ダイエットよりも厳しく自分の気持ちをコントロールする必要があると思います。

そこで次から、“買い物依存症の克服法”をご紹介します!

1.末路を想像する

買い物依存症になってしまったら、「このまま買い物を続けたらどうなってしまうのか…」という事を考えてみる必要があります。

常に「買いたい!」という欲はあるでしょうが、そういう気持ちが少しでも落ち着いている時に考えるのが理想ですね。

上でも触れましたが、恐らく買い物依存症に悩まされている人は、無駄な買い物をしてしまった後に物凄く後悔したり自己嫌悪に陥る人も少なくないと思います。

そういう時って、「何で買ってしまったんだろう…」とか「本当はやめたいのに、どうすればいいの…」という思いで一杯になり、なかなか先の事まで具体的に考えられないものではないでしょうか?

もちろん、「このままではマズい…」という事は本人が一番理解しているでしょうし、買い物依存症の末路も何となくは想像がつくと思います。

中には「このままでは大変な事になるのが分かっているから、将来の事を想像するのも怖い…」という人もいるでしょう。

そんな人には非常に酷なのですが、買い物依存症を克服する為には「このまま買い物を続けたらどうなってしまうのか…」という事をしっかり頭の中に入れておく必要があるのです。

という訳で、ここから買い物依存症の末路について考えてみたいと思います。

購入金額が増える

買い物の回数が増えれば当然、購入金額も増えますよね?

高価なものはもちろん、例え安物であっても量や購入回数が増えれば総額は大きくなりますし、上でも説明しましたが手に入りやすい物程、買い物の回数が増えるので危険です。

買い物に費やすお金が増えれば、生活が苦しくなってしまうのは容易に想像がつくでしょう…。

しかし、買い物依存症が悪化してしまうと、貯金を切り崩したり借金をしてでも買い物がやめられなくなってしまうのです。

借金生活になることも

生活が少苦しくなる程度(収入の範囲内で生活出来る)ならまだマシですが、酷い場合は借金を背負う事になります。

学生や専業主婦など収入がない人は消費者金融にお金を借りるのも難しくなるので、身内や知り合いにお金を借りなければならなくなる事も…。

消費者金融から借りれなくなり闇金に手を出してしまえば、脅しまがいの取り立てに遭う恐れもあります。

借金が多額になれば通常の生活は出来なりますし、返済が困難になれば最終的には自己破産しか道は残っていません…。

2.家計簿をつける

普段家計簿をつけていない人は、「面倒臭い…」なんて思わずに是非つける様にして下さい。

お金を計画的に使うにも、効率良く貯めるにも、家計簿は必ず役立つはずです。

それに、買い物にどれだけの額を使っているかが分かれば、「今月は無駄遣いしない様にしよう…」という意識が嫌でも生まれるでしょう。

買い物したくなった時も考えなし購入する事なく、「ここで買ったら出費がヤバいかも…」と躊躇する気持ちが出てくると思います。

そういう小さな“ためらい”が、買い物依存症を克服する大きなきっかけになるのです。

出費をしっかり把握する

先月や今月の出費を把握していますか?

その中で買い物に使った額は?

そこで大体の額でも「〇万円くらい」と答えられるのなら良いのですが、「いくらだっけ?」「分からない…」となってしまうと、買い物依存症克服への道のりも遠いと言えるかもしれません。

特に買い物依存症の人は、自分が買い物に使った金額をきちんと把握出来ていない傾向にあります。

特に買い物をしている最中は気分が高揚しているのもあり、金額の事も頭から抜け落ちてしまいがち…。

ですが、家計簿をつける事で出費をしっかり把握する事が出来るので、それが買いたい欲へのストッパーにもなるはずです。

ちなみに、家計簿をつける際のポイントは、1度買い物をしたら即内容を記入する事!

月末にまとめて記入だと、出費を把握出来ない期間が出てくるので、家計簿をつけていても買い過ぎを防ぐ事が難しいのです。

その点、頻繁に家計簿に記入しその都度出費を把握しておけば、買い物回数のセーブもしやすいと思います。

「買い物をする度に記入しなきゃならないのって、すごく面倒なんじゃ…」と思った人もいるかもしれませんが、実はそれが狙いでもあるのです!

「何でも良いから買いたくて仕方ない!」となった時、「1度買い物をしたら即家計簿に記入」のルールが頭の中でちらつくと、「ここで無駄な買い物をしたら、家計簿にも記入しなければならない…(面倒だな…)」と一瞬冷静になれます。

また、無駄な買い物の詳細を家計簿に記入している時の心へのダメージは相当なので、それを覚えていると「買うのはよしておこう…」と気持ちが変わる可能性があるのです。

3.貯金をする

「お金が少しでも余っていたら買い物に使ってしまう」という人は、貯金をする習慣をつけましょう!

収入があったら、必要経費と最低限のお小遣い以外は、すぐに貯金用の口座に入れてしまうのがオススメ。

ボーナスなども出来るだけ貯金するのが理想ですね。

自分で貯めるのが難しければ、信頼出来る身内に管理して貰うのも手でしょう。

とにかく、金を貯める仕組みを作る事が重要になります。

4.専門機関へ相談する

依存症は克服が難しい病気です。

「自分の力では克服出来そうにない」と感じたら、早めに専門機関を頼りましょう。

買い物依存症を治す為に専門機関を訪れる人も沢山いるので、専門医に相談すればきっと克服への糸口が見えてくるはずです。

上でも説明した通り、買い物依存症には大きなストレスが関わっているので、カウンセリングを受けて悩みを相談するだけでも症状が和らぐ可能性があります。

5.カードを使わない

上でも説明しましたが、クレジットカードを使って買い物をしていると「お金を支払っている」という意識も薄くなりがちですし、利用明細を確認しなければ使った額も把握し難いです。

そこで、買い物依存症の克服法の1つとして、カードを使用しないというのが挙げられます。

カードを複数持っているなら、最低限だけ残して後は解約してしまうのが理想ですね。

現金主義にする

カードを使わない代わりに現金主義にしましょう!

支払いを現金にすれば、買い物でどれくらい使ったのかが一目瞭然です。

お金がなくなれば「買いたい!」という衝動に襲われても買わずに済みます。

お財布への現金も極力少額にする

現金主義にする際のポイントは、お財布への現金も極力少額にする事です。

これなら、買い物に使える額も限られてくるので、無駄な買い物を減らせます。

克服したいという強い気持ちを持とう(まとめ)

今回は、“買い物依存症になりやすい人の6個の特徴”と“買い物依存症の克服法”をご紹介してきましたが、みなさんのお役には立ったでしょうか?

上でも説明しましたが、買い物依存症を克服するには相当の覚悟が必要になります。

もし、本気で買い物依存症を克服したいなら、「何がなんでも克服したい!」とか「絶対に克服するぞ!」という強い気持ちをもって、改善に取り組みましょう。

これでみなさんのお悩みが少しでも晴れます様に!