コツコツ努力ができる人ってそんなにスゴイの…?なんて思っている人もいるのでは?努力はやろうと思えば始められることだから、「私だってやればできることだし」と、コツコツ努力できる人が実際どれだけすごいのか、分からなかったりもしますよね。

それにコツコツ努力派の人って、何となく地味で控えめで、目立たない存在です。

いつもひとりで取り組んでいる様子ではあるけど、一体何をやっているんだろう?と、周囲の人から不思議がられることも…。

しかし、目立たないのも不思議がられてしまうのも、コツコツ努力する人ならではの特徴があるからです。

しかも、周囲の人が気づきもしなかった意外な一面を秘めているのが、コツコツ努力できる人です。

そして勘違いしてはいけないのは、コツコツ努力することはとても難しいこと。

誰にでもできることではないということです。

今回は、そんなコツコツ努力できる人の特徴を徹底調査!コツコツ努力できる人はどんな人なのか、どうして努力を継続することができるのかを明らかにします。

コツコツ努力したいのにできない人も、コツコツ努力できる人がどんな人なのか知りたい人も、この記事を読めば「コツコツ努力できる人の凄さ」が分かります!

コツコツ努力ができる人の8個の特徴!こんな人は努力家である!

コツコツ努力ができる人って、実は凄いんです!誰もができることのようでいて、多くの人が途中で投げ出してしまう努力。

それを実際にコツコツ努力する人には、一体どんな特徴があるのでしょうか。

ここからは、『コツコツ努力ができる人の8個の特徴』を明らかにしていきます。

単純そうに見えて、実は奥が深いコツコツ努力派の人たち。

彼らのことを知ると、尊敬せずにはいられません!そしてきっと、コツコツ努力してみたくなるはずです♪

1.小さなことの積み重ねができる

コツコツ努力ができる人の特徴その1は、『小さなことの積み重ねができる』ことです。

コツコツとは、地道に諦めず、少しずつ物事を進める様子のこと。

それはつまり、小さなことを積み重ねていくということであり、コツコツ努力ができる人の本質でもあります。

小さなことの積み重ねができる人は、すぐに結果に繋がらないようなことでも、地道に努力することで結果を出すことができます。

その過程で着実に力をつけていくので、最終的には大きな成功を収めることができたり、その結果にも信頼性がもたれたりします。

素早く簡単に得た結果とは質が違う!それが、小さなことの積み重ねができる人が手に入れるものなのです。

少しずつ力をつけていく

努力の天才と呼ばれる野球選手、イチローも、度々“小さなことの積み重ね”が大事であると語っています。

「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただ一つの道」とは、イチローの名言です。

また、「夢を掴むのは一気にはできない。小さなことを積み重ねることで、いつの日か信じられないような力を出せるようになっていく」「苦しみを背負いながら毎日小さなことを積み重ねて、記録を達成した。

苦しいけれど、同時にドキドキ、ワクワクしながら挑戦することが勝負の世界の醍醐味」など、あのイチローも小さいことを積み重ねてきたのです。

哲学的思考を持つイチロー選手ですが、その思考を実践してきたからこそ結果も残してきていて、何かを達成するためにはコツコツ努力することが必要だと体現してくれています。

もちろん、この小さなことの積み重ねは、簡単なことではありません。

努力し続けることは、時に苦しみを伴います。

でも、夢や目標を達成する方法はただひとつ。

小さなことを積み重ねることでしかないから、コツコツ努力できる人は大成するのです。

コツコツ努力できる人の本質である、小さなことの積み重ね。

それができるのは、小さなことの積み重ねが苦痛にならないのではなく、それが一番確実に力をつける方法だと知っているからです。

2.基本は控えめだけど好きな事に関しては行動的


コツコツ努力ができる人の特徴その2は、『基本は控えめだけど好きな事に関しては行動的』なことです。

コツコツ努力ができる人に対し、周囲の人が抱くイメージ。

それは、”控えめ”や”地味”ではないでしょうか。

コツコツと物事に取り組む人は、ひとりで黙々と努力するタイプなので、行動に派手さはありませんよね。

どちらかといえば目立たない存在で、何かに一心不乱に取り組んでいることにも気付かれにくかったりします。

ですが、そんなコツコツ努力ができる人が輝いて見えるのが、好きなことに取り組んでいる時です。

好きなことに取り組むときのコツコツ努力できる人は、いつもと同じように地道に行動しているはずなのに、行動的で華やいで見えるから不思議です。

興味のあるものはコツコツとやる

コツコツ努力できるタイプの人は、とくに好きなこと、興味のあることに対する情熱が人一倍です。

その情熱が注がれる先に、周囲の人は興味を持つのかもしれません。

一見地味で控えめに見える人が、努力を惜しまずにコツコツ取り組む姿…。

それはとても楽しそうでもあり、辛いはずなのに苦しみを感じさせません。

その姿が、いつもとは違い行動的で力強く、頼もしい存在として周囲の人の目に移ります。

コツコツ努力することとは、実は行動的なことです。

物事を率先して行おうとする気持ちがあってこそコツコツ取り組むこともできるので、地味でも目立たなくても、コツコツ努力できる人とは行動的な人でもあるのです。

そして、その行動力を一段と発揮するのが、好きなことや興味のあることに対してです。

興味があるから、その物事をとことん追求するし、それをワクワクしながら取り組めるのがコツコツ努力する人なのです。

実はポジティブ思考

とくに、興味のあることに対してはとことん!そんな印象を与えるコツコツ努力できる人。

控えめで目立たないからネガティブに見られることもありますが、実はポジティブ思考の持ち主です。

というのも、ポジティブ思考が無ければ、コツコツと小さな努力を積み重ねていくこともできないからです。

どんなことでも、「もっとやってみよう」「次はこうしてみよう」と前向きに考えられるからこそ、コツコツ努力するモチベーションを保てるのです。

そう考えられるのも、努力する辛さよりも、叶えたい夢や目標に気持ちが向かっているからなのでしょう。

3.夢や目標がある


コツコツ努力ができる人の特徴その3は、『夢や目標がある』ことです。

イチロー選手もそうですが、夢や目標が定まっている人は強い!その夢や目標を叶えるために小さな努力を積み重ねる必要があるなら、その努力を惜しみません。

コツコツ努力できる人とは、コツコツ努力できる性格なのではなく、実は夢や目標への強い思いが行動へと繋がっているだけなのです。

イチロー選手が言っていたように、夢や目標を達成する方法はただひとつ。

小さなことを積み重ねることでしかありません。

であるならば、嫌いなことでも、つまらないことでも、やるしかありませんよね。

やれば夢や目標に近づいていくし、やらないということは夢や目標を諦めるということ。

ただそれだけのことなのです。

コツコツ努力できる人は、夢や目標を諦めたくない人です。

小さなことの積み重ねをしていけば、それを達成できると信じているから、辛くてもコツコツと努力をするのです。

小さなことの積み重ねで達成をすることができる

小さなことの積み重ねが大事…とは、学校でも職場でも、誰もがよく耳にするのではないでしょうか。

だけど、理屈は分かっていてもできないのが普通の人です。

イチロー選手が「努力した結果、何かができるようになる人のことを“天才”というのなら、僕はそうだと思う」と言ったように、努力して何かを成し遂げられる人は天才と呼ばれる人です。

誰もができることではないから、努力して目標を達成した人は“一握りの人”になれるのです。

夢や目標は、コツコツ努力する人のモチベーションとなっています。

夢や目標がなければ、努力することも、小さなことを積み重ねていくこともできませんよね。

4.情熱的

コツコツ努力ができる人の特徴その4は、『情熱的』なことです。

好きなことに対しては、とくに行動的になれるのがコツコツ努力できる人です。

それは、その物事に対する情熱があるからに他なりません。

夢や目標を達成することも、情熱がなければ辛いと思った時点で心が折れてしまいますよね。

情熱的な人は、基本的にポジティブです。

辛いことも嫌なことも、夢や目標に対する情熱が、いつも彼らをワクワクさせています。

そのワクワクした気持ちは、自分への期待感でもあるのかも。

夢や目標を達成した時、「自分はどうなっている?」「どんな気持ちを味わっている?」という熱い気持ちが、彼らをポジティブに変えているのです。

もちろん、情熱的な分、感情は日々揺れ動きます。

失敗したら悔しいし、思うように結果が出なければ落ち込みます。

でも、情熱があるから、また小さなことを積み重ねることができる。

それが、コツコツ努力できる人なのです。

一見、控えめで目立たない存在でも、心の中は熱い気持ちでいっぱい!情熱に溢れていて、気持ちは常に夢や目標に向かっている!コツコツ努力できる人は、その情熱が原動力となっています。

5.謙虚

コツコツ努力ができる人の特徴その5は、『謙虚』なことです。

控えめで地味に見えてしまうのも、謙虚さがあるからなんですよね。

コツコツ努力する人は謙虚だから、自分の話をあまりしません。

そのために、コツコツ努力していることに気づかれにくいのです。

でも、当人は気づいてもらえなくても気にしません。

だって、コツコツ努力するのは人に認めてもらうためではなく、何よりも自分のためにしていることなのですから。

それに、努力するのは自慢することではなく、日々当たり前に行う習慣のようなものです。

コツコツ努力する人にとって、それを自慢気に話そうとは思いもしないことです。

だからコツコツ努力できる人は、いつも謙虚。

努力をひけらかす様なことはしないのです。

また、コツコツ努力できるのも謙虚さがあるからと言えます。

現状の自分に満足していたら、努力する必要も感じられなくなり、きっとそこで辞めてしまうでしょう。

コツコツ努力することを辞めてしまえば、その先の成功を掴むことも、さらなる成長を遂げることもできません。

謙虚で居るからこそ、「自分はまだまだ」と思ってスキルや能力を磨き続けようとするのです。

「自分はまだまだ」と思うからこそコツコツ努力できるし、その謙虚さがあるから他人に対して偉そうにしたりもしません。

努力をひけらかさないのも、それが他人より優れていることだと思っていないからです。

そんな性格だから、謙虚な姿勢でコツコツ努力できる人は好感度が高い!いつも人から信頼されているのが、コツコツタイプの人です。

6.責任感がある

コツコツ努力ができる人の特徴その6は、『責任感がある』ことです。

責任感がある人は、責任を人に擦り付けたり、逃げたりしません。

もちろん、それは自分の立てた目標に対しても。

だからコツコツ努力できるし、逃げずに乗り越えるから結果を残せるのです。

責任感がある人は、自分のことはもちろん、周囲で起きていることも自分の事として考えています。

「知らなかった」で切り抜けるのは意に反するので、全てに責任感をもって対応します。

つまりコツコツ努力できる人は、実はキモが座っている人でもあるんです。

責任を負えるだけの、筋の通った精神力。

これは、コツコツ努力ができる人の支柱とも言えます。

逃げたいと思っても責任感があるから逃げないし、責任を全うしなければならないから結果を出すということです。

コツコツ努力し続けていると、自分の思い通りに行かないこともたくさんあるし、失敗することもあります。

不運なことだって起こるし、誰かに邪魔されることもあるでしょう。

だから努力は継続が難しい。

でも、コツコツ努力できる人が逃げ出さずに乗り越えられるのは、自分への責任を全うしようとするからです。

努力とは責任を果たすこと。

自分の責任で生きる覚悟が、コツコツ努力できる精神力を生み出しているのです。

7.負けず嫌い

コツコツ努力ができる人の特徴その7は、『負けず嫌い』なことです。

控えめに見えるから気づかれにくいですが、実は負けず嫌いなところがあるのがコツコツ努力できる人です。

だから努力を辞めないし、最終的にはきちんと結果を出します。

そして、コツコツ努力できるタイプの人は、他人に対して負けず嫌いなのではなく、どちらかといえば自分に負けるのが嫌です。

自分に負けてしまったら、そこで自分の立てた夢も目標も、自らの手で手放すことになる…。

それが許せないのです。

自分自身に負けたくないという強い思いが、辛いときやくじけそうなときの支えに、そして他の人が諦めてしまいそうなときに踏ん張る力になっています。

また、コツコツ努力できる人は、常に何かしら目標を掲げて、そのひとつひとつを負けん気の強さで確実にモノにします。

ひとつクリアしたら、また次。

と、努力を辞めません。

だから時間はかかっても、コツコツ努力できる人は大成する人が多いのです。

コツコツ努力できる人の負けず嫌いさは、努力し続けるための底力。

自分に負けたくないという強い思いが、コツコツと努力する行動に向かわせています。

8.我慢強い

コツコツ努力ができる人の特徴その8は、『我慢強い』ことです。

コツコツ努力し続けることは、実は我慢の連続でもあります。

ですから、我慢強さはコツコツ努力する人に必須の精神力です。

我慢とは、辛いことを耐え忍ぶこと。

努力することは我慢することでもありますから、楽なことでも簡単なことでもありません。

できればしたくないし、我慢し続けるのは相当のストレスです。

精神力が強くないとできないことで、コツコツ努力できる人は我慢強い人でもあるのです。

ただ、コツコツ努力できる人が我慢強く努力を続けられるのは、小さなことを積み重ねる、その過程も大切にしているからです。

あるひとつの大きな目標を掲げ、その結果を出すことばかりにこだわっていると、我慢しても我慢しても到達できず投げ出してしまいます。

小さなこと、ひとつひとつをクリアしていくことを重視していると、積み重ねるたびに喜びがあるし、たとえ失敗しても、次に繋がると考えれば耐えることができるのです。

コツコツ努力できる人は我慢できる人ですが、我慢のコツを知っている人でもあります。

我慢が次に繋がるから、コツコツ頑張ることができるのです。

コツコツ努力できる人は実は凄い?

コツコツ努力できる人の特徴を見てきましたが、いかがでしたか?きっと、「意外」と感じる部分があったのではないでしょうか。

負けず嫌いな一面があることや、情熱的な気持ちを秘めていることなど…控えめで目立たないことが多いから、内に強い思いを秘めていることには驚かされた人も多いのでは?

コツコツ努力することは、誰もが同じように与えられている権利です。

やろうと思うなら誰だって挑戦していいし、誰の許可も必要ありません。

自分がやるかやらないか。

コツコツ努力することとは、自分との闘いなのです。

やろうと思えば、誰だってやっていいことなのですから、コツコツ努力することは特別なことではないですよね。

ですから、努力できる人が特別すごい人ではないはずです。

でも…、コツコツ努力できる人は、実際には一握り。

誰もが同じようにコツコツ努力していいのに、全員がコツコツ努力できる人にはなっていません。

なぜなら、コツコツ努力することは、とても難しいことだからです。

だからコツコツ努力できる人はやっぱりすごい!努力して結果を出した人は、天才なのです。

継続することは難しい

お話しした通り、コツコツ努力することは我慢の連続のようなものです。

我慢は、コツコツ努力する人には容易いことなのではなく、誰もが同じように辛く耐え忍ぶ出来事です。

コツコツ努力できる人がすごいのは、この我慢を乗り越えられる強さを持っていること。

他の人が我慢の限界を迎えるとき、コツコツ努力できる人には踏ん張り耐え忍ぶ精神力があるのです。

その精神力を支えているのは、負けず嫌いな一面や、自分に対する責任感、情熱的な思いなどなど…さまざまな思いが、継続を選択させているのです。

ですから、どれかひとつでも欠けていれば、継続することは難しいでしょう。

人にとって、我慢はストレスになることで、我慢を続けることは、誰もが耐えられることではありません。

だからコツコツ努力できる人は、人から尊敬を集めるのです。

目標のためなら時間をかける

夢や目標を達成するための、コツコツとした努力の積み重ね。

それを不可能にするのは、時間がかかることです。

「1回我慢すれば達成できる」ということなら、きっとほとんどの人が我慢し努力することができるでしょう。

でも、ほとんどの人は、1回の我慢や努力では到達できない目標を掲げているはずです。

ですから、目標を達成するには時間がかかり、その努力の過程で挫折してしまう人が多いのです。

でも、コツコツ努力できる人は、目標のためなら時間をかけます。

なぜなら、コツコツ努力を積み重ねることでしか目標を達成する方法はないからです。

時間がかかろうとも、一度自分で決めた目標に最後まで責任を持つのがコツコツできる人。

着実に積み重ねていくために、時間がかかることは覚悟の上なのです。

土台をしっかりと作ってから上を目指す

またイチロー選手を話題に取り上げますが…彼は「しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない」と語っています。

土台もしっかりできていないのに、大きな目標が達成できるはずも無いということですよね。

多くの人は、いきなり大きな目標を立てて、その目標にいきなり挑戦しようとします。

そして、挫折してしまうことが多いのです。

努力の天才、イチロー選手は、今自分にできること、頑張ればできそうなことを日々の目標とし、それをひとつひとつクリアしてきたそう。

そうやって1歩ずつ階段を上がっていくと、「最初は手が届かないと思っていた目標にもやがて手が届くようになる」のだと。

土台固めをしっかりしていけば、大きな目標にも手が届くところに行けるし、失敗してもゼロからやり直すのではなく、前の段階に戻るだけ。

コツコツ努力する人は、こうして着実に目標を達成します。

ただ、理屈は分かっても、誰もができないのがコツコツ努力することです。

行動することよりも精神的な面が影響することが多く、その精神面を支える“何か”がなければできません。

ですからやっぱり、コツコツ努力できる人はすごいのです!

あなたはコツコツした作業は好き?嫌い?

コツコツ努力できる人の特徴やすごさを実感して、あなたはどう感じましたか?

「自分もやってみたい!」とワクワクしてきた人、「自分には無理」と想像しただけで自分には向かないと思った人、それぞれいるのではないでしょうか。

コツコツ努力できる人は、何も特別なことをしているのではありません。

だけど誰もが同じようにできるかと言えばそうではなく、コツコツ努力できる人は限られています。

それには、これまでにもお話ししてきた通り、精神力や思いの差があるからなのですが…もちろん、元々の向き不向きもあります。

もともとコツコツした作業が好きな人もいれば、コツコツした作業が苦手な人もいて、人間はひとりひとり違います。

ですから、誰もが同じようにはできません。

努力するかしないかは気持ちの差が大きいですが、作業の仕方、かかる時間、失敗の回数などなど、もともと好きか嫌いかで内容は大きく違ってくるでしょう。

好きな人

コツコツした作業が好きな人の場合、小さなことの積み重ねである“コツコツ努力すること”も得意なほうかもしれませんね。

コツコツした作業とは地道な作業ですので、苦手な人は苦手。

地道な作業が好きな人なら、コツコツ努力する過程も比較的受け入れやすいかもしれません。

コツコツした作業が好きな人とは…
・同じことの繰り返しが苦ではない
・細かい作業の繰り返しが好き
・大きなことより小さなことを積み重ねるタイプ
こんな人たちです。

どうですか?あなたは当てはまっていますか?

同じことの繰り返しが苦ではない

同じことの繰り返しとは、単純ですが、変化がなくつまらない作業です。

人は変化がなく、単調すぎることを継続するのが苦痛に感じます。

コツコツ努力することも、時には同じことの繰り返し。

同じことの繰り返しが苦にならない人は、コツコツ努力することも乗り越えられる人と言えますね。

細かい作業の繰り返しが好き

細かい作業の繰り返しというのも、苦手な人は苦手です。

これも変化が少ないし、何より“地味”だからです。

人は、どうしても人に認められたい!ですから、地味で目立たない作業をし続けるのは苦痛なのです。

細かい作業の繰り返しが好きな人は、その作業が誰にも気づいてもらえなくても、感謝されなくても、満足できる人です。

人に評価されなくても自分を満足させられる人は、コツコツ努力する過程でも自分を褒めてあげられるでしょう。

大きなことより小さなことを積み重ねるタイプ

コツコツした作業が好きな人は、大きなことより小さなことを積み重ねるタイプでもありますよね。

小さなことにも目を向けられるし、そのひとつひとつの意味を理解することができる人です。

そして、その小さなことが積み重なって大きなことになる、その全体像も見ることができます。

視野の広さと、一部をクローズアップする繊細さ。

そのバランスが取れた人は、コツコツ努力できるタイプの人と言えます。

嫌いな人

コツコツした作業が嫌いな人の場合、当然ながらコツコツ努力することも苦手な傾向があります。

コツコツ努力する過程でクリアしなければならない、地道な作業…それが苦痛だと、乗り越える前に挫折してしまう可能性がありますよね。

よほど夢や目標に対する強い思いが無いと、努力し続けて何かを成し遂げるのは難しいのかもしれません。

コツコツした作業が嫌いな人とは…
・チマチマとする作業が苦手
・同じことの繰り返しが苦
・様々なことをしたいタイプ
・飽き性
こんな人たちです。

コツコツした作業が苦手な人は、これらの性質もきっと自覚していることでしょう。

チマチマとする作業が苦手

チマチマとする作業が、必ずしもコツコツ努力する過程でやらなければならないことではありません。

だけど、チマチマとする作業が無いとも限りません。

コツコツ努力するということは、苦手なことも、つまらないことも、ひとつひとつクリアしていかなければならないということ。

チマチマとする作業が苦手で、それだけは避けて通ろうと考えるなら、コツコツ努力して何かを成し遂げるのは難しいのではないでしょうか。

同じことの繰り返しが苦である

同じことの繰り返しは、目標を目指す過程で乗り越えなければならないことのひとつです。

単調でつまらなくても、その小さなことの積み重ねを大事にしなければ、何かを成し遂げることもできません。

努力は、ほとんどがつまらないことの繰り返し。

それが苦だと感じてしまう人は、コツコツ努力する人にもなれないでしょう。

様々なことをしたいタイプ

様々なことをしたいタイプの人も、コツコツ努力するのは苦手かもしれませんね。

ひとつのことに集中できないので、同じことの繰り返しや、細かい作業をし続けなければならないシーンで挫折しがちです。

もちろん、様々なことをしようというのは悪いことではありません。

でも、辛いことや苦手なことをやらずに何かを成し遂げるのは、難しいことでしょう。

飽き性

飽きっぽい人は、コツコツ努力するのに不向きな人、と言うしかないかもしれませんね。

飽き性の人は、コツコツした作業も苦手ですが、ひとつの目標を達成するまで努力し続けることも苦手なはずです。

その道のりが長ければ長いほど、途中で飽きてしまうからです。

そんな人がコツコツ努力できるようになるには、絶対に諦められない夢や目標を掲げることです。

それを自分の責任で全うすると、心に強く誓いましょう。

思いの強さが、諦めない強さを生み出すかもしれません。

コツコツと努力のできる人になろう!

いかがでしたか?今回は『コツコツ努力ができる人の8個の特徴』をご紹介するとともに、コツコツできる人の凄さや、コツコツやることの向き不向きを解説してきました。

コツコツやり続ければ到達できると。

あ分かっていてもできないのが人間の弱さです。

全ては自分との闘いで、自分に打ち勝つことができるか、自分に期待し続けることができるかが、コツコツ努力できるかどうかを左右するということです。

難しいことではありますが、諦めさえしなければ誰もがコツコツ努力できる人になれる可能性をもっています。

あなたも今から、コツコツと努力のできる人になりましょう!