CoCoSiA(ココシア)

無口を治すには?無口を克服する10...(続き3)

会話の流れを考える為には、話題を持っておくことが必要です。

話題が豊富な人は、いざという時に沢山の引き出しがあるので会話を途切れさせる事なく続ける事が出来るのです。

だからこそ、その引き出しを満たす為にも沢山の話題を持っておく事は必要な事だと言えるでしょう。

話題の引き出しを増やして行く為には、多くの事に興味を持つことが必要です。

誰しも自分が好きな事に対しては、積極的に興味を持つことが出来るでしょう。

しかし、そうでは無い場合、意識して居ないと話題をそのままスルーしてしまう場合もあります。

スルーしてしまっては引き出しを増やすことは出来ません。

例え自分が興味が無い事であったとしても、知っておいて損はない事は沢山あります。

ちょっとしたキッカケによって会話を盛り上げて行く事が出来る場合もあるのです。

だからこそ、多くの事に興味を持ち積極的に行動する事は大切なことだと言えます。

話題をたくさん待っていれば、無口になる事も少ないはずです。

是非多くの事にアンテナを向け、自分の中の知識を増やしていきましょう。

3.口下手を治す

無口と口下手は似ています。

両方とも、他人とうまく話すことが出来ない人の事を指す言葉です。

けれど、使い方は似ている二つの言葉ですが、実際には大きな差があります。

無口な人の中には、他人と話をする事が苦手なわけでは無い人も居ます。

苦手だから話さないのでは無く、面倒だから話をしないのです。

コミュニケーションを、取らない事をあえて自分から望んでいるという事なのでしょう。

けれど口下手の人は違います。

話をする事が苦手なのであり嫌いかどうかは別問題です。

口下手の人は自分の気持ちを上手く相手に伝える事が出来ません。

会話をするのが下手でしどろもどろになってしまう事だってあるかもしれません。

そのせいで、つい他人と話をする事を諦めてしまうのです。

けれど、本当は話をしたいと思っている事も多々あります。

自ら選んで無口な人と、苦手だからこそ口下手になってしまう人とでは大きな違いです。

口下手の治し方は?

口下手な人の直し方は、慣れるしかありません。

他人と話をする事を何度も経験する事によって苦手意識を克服し口下手を治す事が出来るでしょう。

口下手な人の中には、親しい人とは普通に話をする事が出来る人も沢山います。

それはそういう事なのです。

4.自信を持って話す


他人と話をする際、相手の反応が気になるものです。

会話をしていてつまらないと思っていないか。

相手は飽きてしまっているのでは無いか。

色々な事を気にしてしまうと、段々と話をする事に消極的になってしまいます。

苦手意識を感じて、次第にコミュニケーションをとる事自体が嫌になってしまう事もあるでしょう。

そうならないようにする為には、まず自信を持って話をしましょう。

会話のプロでもない限り、自分の会話に絶対の自信を持っている人などそういるものではありません。

誰もが、つまらない会話をしている可能性は十分にあるのです。

けれど、そんな中でもさほド相手の反応などは、気にもせずに会話を楽しんで居る人は沢山居ます。

それはきっと自分の会話に自信を持っているのかもしれません。

何事も自信を持って行動する事が出来れば、周りの人もその行動を認めるようになるものです。

同じ話をしていたとしても、おどおど話をしている人と自信を持って話をしている人とでは印象が大きく異なるはずです。

だからこそ、自信を持つ事によって、自分の魅力をより強く周りの人にアピールする事が出来るようになる場合もあります。

自信なさげに話すと逆効果

相手の反応が気になるあまり、つい下から相手に話をしてしまう人が居ます。

出来るだけ印象をよくしたいという気持ちから、そういった行動に出てしまうのかもしれません。

ですが、それは大きな間違いです。

自分の事をきちんとわかって欲しいのであれば対等でなければ意味がありません。