人には色々なタイプの人が居るものです。

色々な人が居るからこそ、この世界は面白いのです。

みんながみんな同じ考えを持ち、同じように行動していては面白くありません。

それぞれが違っているからこそ、多くの出来事が起こり発展する事が出来るのでしょう。

だからこそ、他人に合わせて自分を殺す必要はありません。

自分のままで居ればいいのです。

けれど、人はどうしても周りの人と自分を比べてしまうものです。

そのせいで自信がなくなったり悲しい気持ちになってしまう事があるかもしれません。

そうならないようにする為には、自分の特徴を受け入れるしかないのです。

例えば、会話もその一つです。

他の人と話をする事が得意な人も居ればそうではない人も居ます。

得意な人はおしゃべりと言われ、苦手な人は無口と言われる事でしょう。

この場合、どうしてもコミュニケーション能力が高いのは、おしゃべりな人となってしまいます。

だからこそ、多くの人から人望を集める事が出来、人気者になる事ができやすい傾向にあります。

その為、誰もが多くの人と話をする事が得意なその人になりたいと思うのでしょう。

一方で、無口な人は自分の事を嫌いになってしまう事もあるかもしれません。

無口であったとしても、その人自身の価値が変わるわけではありません。

いちいち気にする必要はないのです。

けれど、周りの人から無口と言われる事によって、嫌な思いをする事もあるかもしれません。

無口のせいで、イメージが悪くなってしまう事もあります。

だからこそ、自分自身が無口を直したいと思う場合は意外と多くあります。

けれど、無口な人がいきなりおしゃべりになる事はそう簡単な事ではありません。

コツを掴まなければ、出来ない事もあるでしょう。

そこで今回は、無口な人の特徴やどうすれば無口を克服できるかについて考えてみたいと思います。

今までどうしても無口のイメージを壊す事が出来なかった方は、これをきっかけに無口を改善するように努力してみてはいかがでしょうか。

▼【関連記事】無口な人の特徴や心理はこちらを先にチェック!
無口な人の8個の心理と特徴。無口な人と付き合うには? →

あの人無口だよねって思われてる?!

自分自身の事は意外とよく分からないものです。

自分では、良く話をすると思っていても周りの人から見るとそうではない場合もあります。

自分の中のイメージと他人が持つイメージが違っている可能性が多々あるのです。

その場合、そのイメージの修正をしていかないと周りの人から誤解されてしまう事もあります。

無口な事は悪い事ではありません。

しかし、どうしても怒っているように見えてしまったり楽しくないように見えてしまう事があります。

そのせいで、周りの人とうまくコミュニケーションを取る事が出来ない場合が多々あります。

『あの人無口だよね』そんな風に噂話をされてしまっている場合には、周りの人から浮き始めているという証拠なのかもしれません。

べらべらと思っても居ないような事を口に出せという事ではありませんが、少しでも周りの印象を良くしようと行動する事は大切な事なのではないでしょうか。

自分の事を知る為には、自分の事を客観的にみるようにすることが大切です。

自分が人よりあまり話をしないなと感じている人は、実際に周りの人にはどう思われているのかとう事を今一度しっかりと見なおしてみてください。

そうする事によって、自分の周りからのイメージを冷静に知る事が出来るようになる事でしょう。

無口を克服するための10個の方法

無口を一番嫌だと思い居ているのは、意外と自分自身です。

周りの人は、きっとこの人は無口な人なのだなと、一人の人の特徴として受け止めているはずです。

それをそれほど悪い事だとは思ってはいないでしょう。

けれど、自分自身が無口な人の場合には、自分が変わりたいと強く思ってる場合があります。

周りの人も、一人の特徴だと受け止めている反面少々とっつきにくい印象を持ってしまっている場合も多々あります。

話をしにくいと感じ、つい壁を感じてしまうのです。

その壁を無口な人は誰よりも感じています。

周りの人とうまく溶け込めるようになる為にも、無口を克服したいと思っているのです。

無口を克服する事は、そう簡単な事ではありません。

もともと無口な人はあえてしゃべっていないわけではないのです。

静かにしているつもりもなく、何も深く考えずに行動した結果が無口という事なのです。

だからこそ、無口の人は無意識に無口になっているのです。

頭で考えて行動してることであれば、そう難しくなく変える事が出来るでしょう。

けれど、無口のように無意識の中で行動している事は、そう簡単になおす事が出来るものではありません。

すでに癖になっている物をなおす事は時間と根気が必要です。

今すぐに無口を改善する事は出来ません。

結果を期待するのであれば、ゆっくりと時間をかけて行動する事が必要です。

ですが、何もしなければいつまで経っても改善する事は出来ないでしょう。

例え時間はかかったとしても、ゆっくり自分の考え方や行動を変えていく事によって、新しい自分に出会う事が出来るようになる事もあるのではないでしょうか。

1.恐怖感を持たない

無口な人の中には、他人と会話をする事に恐怖を感じている人も居ます。

『変な事を話して笑われてしまうのではないか』『嫌われてしまうかもしれない』そんな事を感がえているのです。

この気持ちは、おしゃべりな人にはなかなか理解する事が出来ない思考かもしれません。

無口な人は、繊細な人が多く、他人からの評価をとても気にしてしまう傾向にあるのです。

その場合、まずその恐怖心を克服する事が必要です。

恐怖心を持ってしまう原因は人によってさまざまです。

幼いころから他人と話す事が苦手な人もあれば、色々な人生経験の結果苦手になってしまう人も居ます。

原因によって、対策も変わってくるので一概に無口を治す方法があるかどうかは分かりません。

けれどまずは、自分の気持ちを前向きにする事が大切な事なのではないでしょうか。

他人と話す際、恐怖心があるとどうしても怯えた気持ちになってしまい、なかなか上手く話す事が出来なくなってしまう場合もあります。

話したい事があっても、相手の反応が気になるあまり会話をする事が出来なくなってしまうのです。

そうならないようにする為には、恐怖心を持たない事が重要です。

恐怖心があるからこそ、話す事が苦手になり無口になってしまう人はきっと他人からの視線などを強く意識してしまっているのでしょう。

けれど、貴方が思っているよりも他人はずっと貴方の事を気にしては居ません。

だからこそ、自分が勝手に意識してしまっているだけなのです。

相手に対して恐怖感があると相手も話しずらい

相手に対して恐怖心を感じてしまう場合、どうしても会話が続かなくなってしまったり何を話したら良いのか分からないからこそ、無駄な相槌ばかりを繰り返すようになってしまいます。

それは、自分としても楽しい会話では無いはずです。

けれど、恐怖心を持って話されているとその相手もまた話しにくいのです。

恐怖心がある理由は様々です。

上司や部下などと言った上下関係がある場合に恐怖心を持つ事もあるでしょう。

例え上下関係が無かったとしても、相手の人の見た目が高圧的な場合などには恐怖心を感じてしまう場合もあるでしょう。

恐怖心を与えている人の中には、全くの無意識で、そうなってしまっている人も居ます。

悪気が無いのです。

その為、勝手に恐怖心を持たれ怖がられてしまっているとそちらもまた喋りにくくなってしまう場合が多々あります。

恐怖心がありなかなか会話をする事が出来ない人は、今一度冷静になり状況を見て見ましょう。

実は思っているより怖い事は無いかもしれません。

2.話のネタを考える


無口の人の場合、何を話したら良いのか分からないという事もあります。

本当はただぼんやりしているだけでも、周りの人から見ると怒っているように見えてしまったりする事もあるでしょう。

そうなってしまうと、誤解を与え周りとのコミュニケーションを上手くとる事ができなくなってしまう場合もあります。

だからこそ、そんな時には話のネタを考えて起きましょう。

無口の人の中にはとっさに会話を考える事は難しい事なのです。

だからこそ、会話を続ける事が出来ず、結局無口になってしまうのです。

そうならない様にする為には、事前に話を考えておけば良いのです。

そうすることによって、困った時にでも会話を広げる事が出来るようになるはずです。

常にアンテナを張っておこう

会話の流れを考える為には、話題を持っておくことが必要です。

話題が豊富な人は、いざという時に沢山の引き出しがあるので会話を途切れさせる事なく続ける事が出来るのです。

だからこそ、その引き出しを満たす為にも沢山の話題を持っておく事は必要な事だと言えるでしょう。

話題の引き出しを増やして行く為には、多くの事に興味を持つことが必要です。

誰しも自分が好きな事に対しては、積極的に興味を持つことが出来るでしょう。

しかし、そうでは無い場合、意識して居ないと話題をそのままスルーしてしまう場合もあります。

スルーしてしまっては引き出しを増やすことは出来ません。

例え自分が興味が無い事であったとしても、知っておいて損はない事は沢山あります。

ちょっとしたキッカケによって会話を盛り上げて行く事が出来る場合もあるのです。

だからこそ、多くの事に興味を持ち積極的に行動する事は大切なことだと言えます。

話題をたくさん待っていれば、無口になる事も少ないはずです。

是非多くの事にアンテナを向け、自分の中の知識を増やしていきましょう。

3.口下手を治す

無口と口下手は似ています。

両方とも、他人とうまく話すことが出来ない人の事を指す言葉です。

けれど、使い方は似ている二つの言葉ですが、実際には大きな差があります。

無口な人の中には、他人と話をする事が苦手なわけでは無い人も居ます。

苦手だから話さないのでは無く、面倒だから話をしないのです。

コミュニケーションを、取らない事をあえて自分から望んでいるという事なのでしょう。

けれど口下手の人は違います。

話をする事が苦手なのであり嫌いかどうかは別問題です。

口下手の人は自分の気持ちを上手く相手に伝える事が出来ません。

会話をするのが下手でしどろもどろになってしまう事だってあるかもしれません。

そのせいで、つい他人と話をする事を諦めてしまうのです。

けれど、本当は話をしたいと思っている事も多々あります。

自ら選んで無口な人と、苦手だからこそ口下手になってしまう人とでは大きな違いです。

口下手の治し方は?

口下手な人の直し方は、慣れるしかありません。

他人と話をする事を何度も経験する事によって苦手意識を克服し口下手を治す事が出来るでしょう。

口下手な人の中には、親しい人とは普通に話をする事が出来る人も沢山います。

それはそういう事なのです。

4.自信を持って話す


他人と話をする際、相手の反応が気になるものです。

会話をしていてつまらないと思っていないか。

相手は飽きてしまっているのでは無いか。

色々な事を気にしてしまうと、段々と話をする事に消極的になってしまいます。

苦手意識を感じて、次第にコミュニケーションをとる事自体が嫌になってしまう事もあるでしょう。

そうならないようにする為には、まず自信を持って話をしましょう。

会話のプロでもない限り、自分の会話に絶対の自信を持っている人などそういるものではありません。

誰もが、つまらない会話をしている可能性は十分にあるのです。

けれど、そんな中でもさほド相手の反応などは、気にもせずに会話を楽しんで居る人は沢山居ます。

それはきっと自分の会話に自信を持っているのかもしれません。

何事も自信を持って行動する事が出来れば、周りの人もその行動を認めるようになるものです。

同じ話をしていたとしても、おどおど話をしている人と自信を持って話をしている人とでは印象が大きく異なるはずです。

だからこそ、自信を持つ事によって、自分の魅力をより強く周りの人にアピールする事が出来るようになる場合もあります。

自信なさげに話すと逆効果

相手の反応が気になるあまり、つい下から相手に話をしてしまう人が居ます。

出来るだけ印象をよくしたいという気持ちから、そういった行動に出てしまうのかもしれません。

ですが、それは大きな間違いです。

自分の事をきちんとわかって欲しいのであれば対等でなければ意味がありません。

楽しい会話をする為にも、それは必要な条件なのです。

自信がない中で会話をしてしまうと、相手も気を使う事になります。

お互いに相手に気を使って話をしている状態では、楽しい会話をする事は出来ないでしょう。

疲れてしまう原因となります。

それが結果的に無口という印象になってしまっているのかもしれません。

元々が口下手な人の場合には、自信を持って話をする事に苦手意識を感じてしまう場合もあるでしょう。

色々な事を考えてしまうあまり結果的に自信なさそうに話をしてしまう人も居ます。

ですが、それでは相手に良い印象を与える事は出来ません。

例え張ったりであったとしても、自信をもって話をするようにする事によって、相手に与えるイメージを変える事が出来る事でしょう。

5.相手に心を開く

相手に自分の事をしって欲しい。

相手とより良い関係を作っていきたい。

そんな思いがあるのであれば、まずは自分から相手に心を開いていきましょう。

自分は心を開いていないのにも関わらず、相手に対して心を開いてほしいと思う事は虫が良い話です。

そう思うのであれば、まずは自分がそれに合わせて行動する事が必要でしょう。

相手に心を開いて話をする事によって、より自分の思いが相手に伝わるようになります。

そうする事によって、無口な人の場合にも深く信頼する事が出来る相手に出会う事が出来るようになります。

そういった相手に出会う事が出来る事こそが、大切な事なのです。

自分から心を開く事によって、相手もまた警戒心を解いて話をしてくれるようになるかもしれません。

深い話を互いにする事によって、より強いきずなで結ばれる事が出来るというわけなのです。

どんな出来事も、一人で解決する事は出来ません。

そんな時、誰かひとりでも自分の味方になってくれるような人が居る事は何よりもありがたい事なのではないでしょうか。

そんな人を作る為にも、あいてに心を開く事は何よりも大切な事だと言えるでしょう。

まずは自分からさらけ出そう

相手に心を開いて欲しい思うのであれば、まずは自分から心を開きましょう。

自分が心を開いていないのにも関わらず相手に心を開いて欲しいと言うのはおかしな話です。

自分で相手の話に興味を持って行動し、かつ自分の事を相手に素直に伝えるようにする事によって相手に自分の事をわかって貰う事が出来るようになります。

それが結果として相手との距離を近づける事になる事でしょう。

自分から心を開く事は勇気のいる事かもしれません。

相手の反応が気になりなかなか話をする事も出来ない人も多い事でしょう。

ですが、その勇気を持つ事が出来れば、それをきっかけに新たな自分に出会う事が出来るようになるかもしれません。

自分を変える為にも、きっかけを掴む事は大切な事なのです。

最初は抵抗がある場合でも、それをなんどか行っていくうちに自然と自分自身も他人と心を通わせる事が自然と出来るようになる事でしょう。

6.全てを話さなくてもいい

話をする際、思っている事や自分の事を全て話す必要はないのです。

まずは、ゆっくりと会話をする事に意識を向けてみましょう。

すべてを話そうとすると、話す事が苦手な人からするとプレッシャーを感じてしまう事もあるかもしれません。

ですが、自分自身が話せる内容だけ話をしていけば良いのです。

そうした中で、段々と他人と話をする事に慣れていく事でしょう。

全ての話をするには時間がかかるものです。

相手の事を信用する事が出来なければそれもする事は出来ないでしょう。

信用する事が出来ない相手に話をしようと思っても、どうしても防衛意識が出てしまい話をする事は出来ません。

だからこそ、出来ない事は無理にしない事が一番です。

無理に話をしなくてもいいような当たり障りのない会話を意識して行ってみましょう。

大した内容が無かったとしても、それを楽しいながら行う事によって、自然と会話を楽しむ事が出来るようになるかもしれません。

それをする事ができれば、自然と自分に合った会話の楽しみ方を身に着ける事が出来るようになる事でしょう。

7.話をすることが楽しいと思えるようになる

会話をする事を楽しいと思う事が出来るようになれば、それだけで無口を解消する事が出来るでしょう。

無口の状態を解消する事が出来れば、自分にある無口なイメージを解消することだって出来るものです。

何もせずに過ごしていると、なかなか気持ちを切り替える事はできません。

だからこそ、苦手な場合でも積極的に行動する事が何よりも大切だと言えるでしょう。

8.相手のことを気にかける

無口な人は、他人に興味が無いと思われがちです。

ですが、そんなことはありません。

会話をしないだけで本当は色々な事を考えているかもしれないのです。

静かに周りの状況を見ているからこそ、多くの事に気がつく事が出来る場合もあるでしょう。

自分の事ばかりを話してある人よりも、実際には多くの事を考え行動する事が出来ている場合もあります。

一見すると、他人の事など興味が無さそうに見える人でも、実際には多くの事を考えて行動しているのです。

だからこそ、目に見えているものだけに流されてはいけません。

9.会話中も自然体でいる

会議の時は、発言の内容も注目が集まります。

目上の人も居る事から、何を話したらいいのか悩んでしまう場合もあるはずです。

下手な事を言ってしまえば周りの人から反感を集める場合もあり、なかなか思うように発言をする事は出来ないかもしれません。

けれど、いつも無口な人は違います会議だからと言って自分を変える必要もなくいつものように過ごせばいいのです。

普段から無口な人の場合には、周りの人もその人の事を無口な人だと認識しています。

だからこそ、いきなり話をしなくなるわけでもないので、問題なく黙ったまま会議に参加する事が出来ます。

それが結果的に自然体となり、良い効果を与えてくれる事もあるかもしれません。

10.人前で話す機会を作る

何事も経験をする事によってある程度は慣れる事が出来ます。

それは無口な人もまた同じ事です。

他人と会話をする事が苦手だと思っている人も、何度も苦手な会話をする事によってそれに慣れる事が出来るようになり、前ほど苦手だとは感じなくなるという事なのです。

最初から努力する事を辞めてしまっては成長する事は出来ません。

苦手ながらも努力する事が大切だと言えるでしょう。

無口な人ってどんな人?

ここまでは無口をなおす方法についてご紹介してきました。

ところで、そもそも無口な人とはどんな人の事を指すのでしょうか。

なんとなくイメージをする事は出来ても、いざ質問されるとなかなかイメージを持つ事が出来ない場合もある事でしょう。

だからこそ、ここで改めて無口な人の特徴についてご紹介させていただきます。

あまり会話に入ってこない

無口な人は、書いて字のごとく口数の少ない人です。

だからこそ、何人かで話をしている時も、会話に加わる事は少なく、どちらかというと聞き役に徹している場合が殆どです。

大人数の場合はそれでもいいかもしれませんが、一対一の場合でもあまり話をしない事もあり会話をしている相手が困ってしまう事もあります。

会話に入らない人もその話に興味がないわけではないのです。

けれど、どんな事を発言したらいいのか分からずに考えている間に時が過ぎてしまうのです。

それが結果的に『無口』というイメージになってしまうのでしょう。

会話に入らなければ、その場の中に居ても居なくても同じという状況になってしまいます。

勿論、会話に入る事が全てではありませんが、会話をする事によって、互いが分かりあう事が出来る場合もあります。

だからこそ、会話をする事はコミュニケーションの一つとしてとても大切な事なのです。

普段から物静か

無口な人は、意識して話をしないのではありません。

むしろ無意識だからこそ、無口になってしまう時もあるのです。

例えば、会話をしているときなど無言が苦手な人の場合にはとにかく相手と話をつながなければと思てしまいます。

その場合、沢山の事を考えて話をしている事になります。

ですが。

無口な人の場合には自分の事だけを考えている場合が多く、自分の気持ちを優先した結果無口になっているのかもしれません。

その為、無口な人は基本的にいつも静かです。

人によって態度を変えているわけではないからこそ、周りの人からもさほど意識される事も無いのかもしれません。

普段から静かな人が急におしゃべりになる方が、周りの人は驚いてしまいます。

静かに黙々

無口な人は、基本的に何をしていても無口です。

それは一人でいる時もまた同じです。

一人でいる時に会話をするのもおかしな話ではありますが、人によっては独り言を話をしてしまったりTVに話しかけたりする事もあるでしょう。

ですが、無口な人はそれすらもしません。

静かに淡々と行動しているのです。

それは人が居ても同じ事です。

静かに黙々と作業する姿は、尊敬するべき姿です。

その特徴があるからこそ、周りの人から尊敬されたり大きな結果を出す事が出来る場合もあります。

短所に見える事も、場合によっては長所となる場合もあります。

無口な人の場合には他人から誤解されてしまう場合も多々ありますが、その特徴が結果的に自分の事を助けてくれる場合もあります。

人を避けるイメージ

無口な人は、人とコミュニケーションを取る事を苦手としています。

コミュニケーションの最大のツールは会話です。

その会話を苦手としている無口な人だからこそ、結果的に人とかかわる事が苦手なのかなと思ってしまいます。

その為、人を避けるイメージがとても強くあります。

本人は意識せずに行動していたとしても、あまりにも無口で人を寄せ付けないオーラがあると、それだけで人を避けているイメージとなり周りの人が引いてしまう事もあります。

誰でが避けられている人のところにわざわざ行こうとはしないのです。

結果的に無口な人が人を避けているイメージと同時に周りにいる人からも避けられてしまうようになります。

そうなってしまっては、周りの人とうまく交わっていく事が出来なくなてしまいます。

それでは孤独になってしまうでしょう。

本当はそんな事が無いとしても、人のイメージなど勝手なものです。

本当は会話をする事が好きだったとしても、無口なイメージがあるだけで他人を避けているように見られてしまう事もあるのです。

あまり話したくないのかと思ってしまう

嫌な事に対しては、誰もが消極的になってしまうものです。

だからこそ、無口な人が会話をしないでいる姿を見ると、あまり話をしたくないのかなと思ってします。

本人はそんな事を思っていなかったとしても、結果的にそう見えてしまうのです。

それは損する生き方と言えるでしょう。

自分が思っていない事も、相手がそう受け取ってしまったら自分の意志とは関係なくそれが事実となてしまう事があります。

それは決していい事では無いでしょう。

自分ではただ静かにしているだけだったとしても、その姿を見る事によって違った印象を持ってしまう人も居ると言う事なのです。

話だしたら意外と話す

無口な人の中には、会話を苦手としていない人も居ます。

ただただ単純に話をしないという事なのです。

話をしないからと言って、話が苦手かどうかはまたくの別問題です。

会話をする事は苦手ではなかったとしても、人とかかわる事に面倒さを感じている人の場合には会話をいちいち広げようとは思わないのかもしれません。

このタイプの無口の人は、話をすれば意外と話をする事が出来る傾向にあります。

話をする事に積極的ではなかったからと言って、誰でも話をする事が苦手というわけではありません。

時には、自分が心を許している人に対しては思いきり会話を楽しむ事が出来るようになることもあるでしょう。

更に言えば、自分が得意な事や興味がある事に対しては、周りが驚くほどの情報を持って当たり前のように会話を楽しむ事が出来る場合もあります。

無口の人すべてが話をする事を苦手としているわけではありません。

話す事が出来るけれど、あえて話をしないと言う人も居るのです。

その場合、無口な人とひとくくりにする事は出来ないでしょう。

苦手そうに見えても、会話が始まれば驚くほど沢山の事を話す事が出来るようになる事でしょ

まとめ

無口な人は、どうしても周りの人から嫌煙されがちです。

怒っているように見えたり、話しかけにくい印象になってしまうのでしょう。

だからこそ、出来るだけそうならないように自分の印象を変えたいと思う人も居るはずです。

無口な事は悪い事ではありませんが、無口のせいで損をしてしまう事もあるのです。

だからこそ、そうならないように行動する事が大切です。

無口な性格を直すことはそう簡単な事ではありません。

無口は意識してなるものでは無いので、自然と行動していると結果的に無口になってしまうのです。

だからこそ、自分が無口だと気が付いて居ないまま、周りの人から嫌煙されてしまっている可能性もあります。

自分の事を冷静に判断する事ができるようになれば、問題点にも気が付く事ができるようになるはずです。

周りの人からの反応などを知る事によって、無口な自分と向き合う事も出来るようになるのかもしれません。

もし自分自身が今の自分を少しでも変えたいという気持ちを持っているのであれば、それを実現できるように、一つ一つ自分の行動を見直してみる事も大切な事なのではないでしょか。