「恋愛って、楽しいものだと思っていた…」

「恋愛をすることでどんどん自分が磨かれていく気がしていた」

しかし、現実では恋愛をすればするほど自分が嫌いになっていくことってありますよね。

今回は、そんな自分が嫌いになってしまう恋愛の特徴と諦め方についてご紹介していきます。

自分が嫌いになる恋愛をしてしまうことで、あなたの魅力が半減するだけでなく、悲しい恋愛に時間を費やしてしまうことにつながります。

また、自分のことを嫌いになってしまうことで、自分らしさを忘れてしまうことがあります。

良い恋愛をすることであなた自身が成長し磨かれていくことになります。

でも、自分が嫌いになってしまう恋愛をすることで、その失敗から学べることも多いのではないでしょうか?

こんな自分辞めたい!そう思う恋愛してませんか?

今、お付き合いしている恋人のことをあなたはどのように感じていますか?

相手を好きなことで自分が大好きなら問題ありませんが、相手の好きなことで、自分のことをどんどん嫌いになり、こんな自分を辞めたいと責めているのであれば、それは良い恋愛では無いのかもしれません。

今回は、そんな「自分が嫌いになる恋愛」についていくつか特徴ご紹介していきます。

また、自分が嫌いになる恋愛をしてしまうことで、さらに自分に自信をなくしてしまうことにもつながります。

今回は、そんな自分のことが嫌いになる恋愛を卒業し、前に向いて進んでいけることを願い、この記事を執筆いたしました。

ぜひ参考に最後まで読み進めていってくださいね。

▼【関連記事】自分嫌いな人はこちらを先にチェック!
自分嫌いな人の10個の理由や傾向とは?その改善対策も紹介 →

自分が嫌いになる恋愛の10個の特徴とは

それではここからは、自分が嫌いになる恋愛の特徴についていくつかご紹介していきます。

自分が嫌いになってしまうことで自分本来の姿ではないことに気づき、悲しい思いになっていませんか?

あなたらしくない恋愛なんて、いっそのことやめてしまえばいい!

なんて簡単には言いますが、恋はそう簡単にはいかないものですよね。

さて、こちらではそんな自分が嫌いになる恋愛の特徴をいくつかご紹介していきます。

もし今あなたが自分が嫌いになってしまうような恋愛をしてしまっているのであれば、以下の項目を読み進め、当てはまるところをチェックしていきましょう。

嫉妬ばかり

嫉妬ばかりしてしまう恋愛は、いつも気が気じゃありません。

ほっと一息落ち着く間もなく、また嫉妬ばかりをしてしまいます。

あなたのお付き合いをしている相手がモテるのか?

それとも、あなた以外の異性に愛想振りまいているのか?

はたまた、他の異性が一方的にあなたのお付き合いしている相手を好きなのか?

実際のところがわかりません。

しかし、そんな相手の姿を見て嫉妬ばかりしている気持ちにも、疲れてきた…。

なんて感じているときに「自分が嫌いになってしまう恋愛」をしているように感じてしまいますよね。

このように、嫉妬ばかりしてしまう恋愛は心や気持ちが疲れ果ててしまい、最終的には今お付き合いしている人が「自分と合わないのでは?」なんて思ってしまうこともありそうです。

相手を信頼できない


そもそも、相手を信頼することができない場合、「自分が嫌いになってしまう恋愛」をしていることが考えられます。

例えば、過去に相手が浮気をしたり、他の異性と歩く姿やデートしている姿を見てしまったときなど、衝撃を受けてしまうことでしょう。

また、これらのことが重なり相手を信頼することができなくなってしまっている場合、好きな気持ちはあっても悲しい気持ちの方が上回ってしまい、感情のコントロールができなくなってしまっていることも考えられます。

このように、相手を信頼することができない状況になってしまった場合、このままお付き合いを続けていても悲しい気持ちでいっぱいになることもあります。

そんな自分が嫌いになってしまう恋愛をしていると感じることも多いのではないでしょうか?

好きでもない人と付き合う

特に、恋愛感情があったり、自分が好きな気持ちがあって付き合ったわけでは無いのであれば、思い切って別れることも大切です。

相手はあなたのことが好きでお付き合いがスタートしたのかもしれませんが、一向にあなたの気持ちが相手に向かないと感じているのであれば、あなたらしい恋愛をしているとも言えません。

また、あなたの周りの友達が一気に恋人を作ったこともあり、そのノリでお付き合いをスタートさせてしまったのであれば、当然好きでもない人と付き合ってしまったことも考えられます。

このように、好きでもない人と付き合ってしまうことで後悔するだけでなく、どのように別れを切り出そうか?考えている場合もあります。

好きでもない人と付き合ってしまうことで、相手に対して罪悪感を感じるだけでなく、好きでもない相手と付き合うことであなた自身の気持ちが疲れてしまうこともあります。

喧嘩になると手が出てしまう

恋人と喧嘩をすると、手が出てしまう場合、自分のことが嫌いになってしまう恋愛をしていることがあります。

特にこういったタイプの人は感情をコントロールしなければなりません。

暴力で解決しようと思う気持ちがなくても、結果的に手を出してしまうことで相手に対し暴力で押さえつけようとしているところがあります。

きちんと話し合いのできる感情にコントロールすることで、そんな嫌いな自分と決別することができます。

沸点が早かったり感情的になりやすいことで喧嘩になってしまうことが多かったり、また喧嘩になると手を出してしまうところは落ち着いて行動ができないように見えてしまうこともあります。

喧嘩になって手を出す事はいけません。

まずは自分の心と感情をコントロールできるよう改善していきましょう。

相手に依存してしまう


相手に依存しすぎることで、相手から「重たい」と思われることがありそうです。

相手に依存してしまうことで、相手に対してストーカーのようになってしまうことも考えられます。

相手のことを思う気持ちがあるなら、相手に依存するのではなくその愛する気持ちを信頼に変えてみることが大切です。

「私にはこの人しかいない!」なんて言う気持ちが強ければ強いほど相手に執着することになり、結果相手があなたから離れていってしまうことにつながります。

もし、相手のことを大切に思うのであれば、相手を束縛したり自分が相手をコントロールしようとするのではなく、相手のやりたいことや自由を認めてあげられる心の広さが必要になります。

【彼氏依存をやめたいなら、こちらの記事もチェック!】

相手を縛り付ける

相手を縛り付けたり相手に束縛することで、相手の自由をなくし、自分も苦しくなってしまいます。

相手を縛りつければつけるほど、相手からのあなたに対する気持ちはどんどん離れていきます。

また、あなたと付き合うことが「息苦しい」と感じるようになれば当然あなたから距離を置いていくことでしょう。

あなたの気持ちとしては「もっと自分に気持ちを向けてほしい」という気持ちがあるにもかかわらず、相手がどんどん離れていってしまうと言う事は、それだけあなたの束縛が厳しいのかもしれません。

そんな相手を縛る恋愛をしていてもあなた自身が自分を嫌いになり、悲しい恋愛になってしまいます。

まずは、不安な気持ちを拭い去り、あなたの愛で相手を信じてみるようにしてみましょう。

常に相手が何しているのか気にかけてしまう

相手の行動がいちいち気になっていたり、常に相手が何をしているのか気になってしまう場合、相手に依存している可能性があります。

過去に付き合った恋人が浮気をしていたり、ショックを受けたことが原因で今の相手に対しても信用することができなくなってしまっている場合、あなたの気持ちを整えていかなければなりません。

過去の恋人と起こった事は今の恋人で起こることとは限りません。

あなた自身の気持ちをしっかりと持ち今の恋人をきちんと見つめるようにしてください。

恋人を失うのが不安

依存しすぎる傾向が強い人の特徴は、「恋人を失うのが不安」のために、相手を縛り付けたり束縛したりしてしまうことがあります。

そのようなことをしても、相手の気持ちは一方にあなたのほうに向くことがありません。

むしろ、あなたが追いかければ追いかけるほど相手はあなたから逃げたくなってしまいます。

また、恋人を失う不安な気持ちが強く、相手を自分の下に置きたい気持ちが強いことで、相手はあなたに対して「逃げたい」気持ちが強くなってしまいます。

このように、恋人を失うのが不安だと思う気持ちが強ければ強いほど、自分を追い込み、また相手を追い込んでしまうことにつながります。

相手のことを信じ、余裕を持つ心も大切です。

小さなことで怒ってしまう

相手のささいなことや小さなことで怒ってしまう人の場合、相手のちょっとしたことが許せなくなっている可能性があります。

小さなことで怒ってしまったり、ささいなことで感情的になってしまうのは、あなた自身が感情のコントロールをできていないことが原因になってしまいます。

ここは、起こりそうになったらまず深く深呼吸して気持ちを鎮めます。

また、冷静に考え何がいけなかったのか?落ち着いて考えることで、「怒る事でもなかった」と思うことが増えるのではないでしょうか?

過ぎた事を掘り返してしまう

また、過去にあったことを掘り返したり、過ぎ去ったことを掘り返してしまう場合、その時のことがとても許せないと思っていたり、その時にショックだったことを思い出してしまうのかもしれません。

こういったタイプは、何持つタイプではなく繊細な人も多くその時の感情が忘れられない人も多いのです。

まずは、そんな自分を慰めてあげましょう。

しかし、いちど過ぎ去り許したことに関しては掘り返すことで、また関係が悪化してしまうこともあります。

ショックだったことで、これ以上あなたが苦しまないように自分を癒す方法を考えていかなければなりません。

友達より恋人を優先する

周りの友達がいても、ついつい恋人を優先してしまう場合、恋人にとっては良い人かもしれませんが、友達が離れていってしまうことも考えられます。

また、友達が離れてしまって初めて、自分が恋人を優先してしまっていたことに気がつくことでしょう。

友達が悲しんでいる時など、恋人から連絡があればすぐにそちら側へ行ってしまっていたのであれば、これを機にちょっぴり友達を優先してみるのもいいですね。

周りが見えなくなってしまう

好きな人ができてしまうと、特に周りが見えなくなってしまい、相手をわがままに振り回していたり、感情をコントロールすることができなくなってしまっていることも考えられます。

周りが見えなくなってしまうと、冷静な判断や考えができなくなってしまいますので、当然一緒にいる人は疲れてしまうことでしょう。

そんなことで、自分が1人になった時に冷静に考えると「周りが見えていなかった」なんて気づくこともあります。

でも、なかなか渦中にいるときには周りが見えなくなってしまうのも仕方がないことなのかもしれません。

しかしそのような状況が続いてしまうことで、そんな恋愛をしている自分が嫌になってしまうこともあります。

大好きな恋人にはまってしまうこともほどほどに、冷静な目を持つ心も大切です。

貢いでしまう

貢いでしまう人の場合、知らない間に恋人にどんどんお金をつぎ込んでしまい自分の家計が苦しくなってしまって初めて貢いでいることに気がついている場合もあります。

また、恋人から「お金を貸して」と言われても断ることができずついつい化してしまい、借金が膨らんでしまうこともあります。

歌こんな時、相手に貢いでいる自分の姿を客観的に見るたびに「こんな恋愛をしている自分が嫌だ」なんて思うようになるかもしれません。

また、友達に交際を反対されるだけでなく、あなたの周りの人があなたのことを心配するようになるかもしれません。

このように、恋人に貢いでしまう人は、自分のことをコントロールすることができないこともあり、周りからの協力を得てそんな相手と別れることができるかもしれません。

本当にあなたのことを愛しているのであれば、お金がなくても相手はあなたとお付き合いすることを選ぶでしょう。

相手に合わせすぎて辛くなる

相手に合わせすぎて、自分を押し殺してしまい付き合うことが苦しく感じてしまう人の場合、そんな恋人と付き合ってしまうことでどんどん自分が苦しくなってしまうことでしょう。

また、相手に合わせることが苦痛に感じるだけでなく、自分の感情殺して付き合うことが苦しくなるところがあり、付き合っていても「いつも自分らしくない」なんて思うこともよくありそうです。

やはり、きちんとお付き合いする相手であれば、ある程度自分を出しても「好きだよ。」と言ってくれる相手とお付き合いしたいと思いますよね。

何でも許してしまう

特に、相手の言いなりになってしまったり、相手の要求に何でも許してしまう場合、相手が良いようにあなたのことをコントロールしている可能性もあります。

また、あなたが許さなければ相手があなたに対して怒りをぶつけたり、喧嘩になってしまうことが多いようであれば、あなたらしくお付き合いしているとは言い難いところもあります。

このように、あなたが大好きな人に対して何でも許してしまうことが原因であなたらしいお付き合いができていないと感じるのであれば、それは、お互いにとって良い付き合い方では無いのかもしれません。

もう一度2人の関係性を見直し、相手があなたに対しあなたの意見を聞き入れないようであれば、付き合うこと自体を考える必要がありそうです。

自分が嫌いになる恋愛の辞め方教えます

それではここからは、自分が嫌いになる恋愛を断ち切る方法や、止める方法等についてご紹介していきます。

これまで、なかなか別れることができなかった人も、こちらの項目を読むことで、今の恋人と別れることができるようになるかもしれません。

ぜひ参考にこちらの記事を読み進めていってくださいね。

自分自身を大切にする

まずは、自分自身を大切にしましょう。

自分自身を大切にすることができなければ、自分を幸せにするどころか相手を幸せにすることすらできません。

結局、あなたが相手の為だと思い心許していたことでも、相手にとっては甘やかすことになり、結果相手の成長を妨げてしまっていることも考えられますので、まずは自分を大切にすることを中心に考えていきましょう。

さらに、自分自身を大切にすることで、あなた自身の心の余裕やゆとりにつながり、結果的に正しい判断ができ相手を大切にすることもできるのです。

まずは、自分自身を大切に、また幸せになる方法を第一に考えていきましょう。

自信を持つ

自分に自信がない人の場合、特に「自信を持て」と言ってもなかなか自信を持てることもありません。

まずは、自分磨きをしたり、小さな目標を達成していくことで、自分に自信をつけていかなければなりません。

このように、自分に自信を持つようになる事で、自分の意見が揺れ動いたり迷いが生じることも少なくなるでしょう。

まずはあなた自身に自信が持てるようになる事で、自分の意見や意思をしっかりと持てるようになることから、周りの人の意見に大きく左右される事もありません。

まずは、しっかりと自分に自信を持つようにしていきましょう。

SNSをやめる

SNSをやっていると他の人の様子が気になってしまう事があります。

ここは、思い切ってSNSを断ち切ることも大切です。

このように、SNSを止めることで、あなたの恋人の情報を知ることがなくなる上に、調べなくなることもあります。

付き合っている間はSNSが気になったり、SNSを探したり調べたりしてしまいます。

思い切ってSNSを断ち切ることで、あなたが知りたい情報や目にしたくない情報を目にする事もありません。

相手に求めすぎない

相手に求めすぎてしまうことで、嫌な気持ちになってしまうだけでなく、相手からも「重たい」などと思われることがありそうです。

このように、相手にあなたの好きな気持ちを押し付けたり、相手も同じように自分に好きだと言うことを求めてしまうことで、相手はあなたといることが窮屈に感じたり、また重たく感じてしまうことでしょう。

そんな相手と一緒にいることで、相手もあなたも「自分らしくない」と感じてしまうことでしょう。

気持ちを押し付けない

特に、相手に気持ちを押し付けてしまうことで、あなた自身が思ってもみない結果を招いてしまうこともあります。

特に、自分の気持ちを押し付けられた相手は相手に対して「支配されている」などと思うこともあり、一緒にいることが苦痛に感じてしまう傾向にあります。

さらに、自分のことだけを好きになってほしいと言う気持ちが強いことから、好きになった恋人がちょっと他の異性と話をしていただけで、嫉妬したり追求したりする姿は、相手もあなたに対して窮屈に感じてしまうことでしょう。

趣味をつくる

趣味を作ることで、趣味に集中することができます。

これまで、趣味がなかった人は、これを機に趣味を始めてみるのもいいですね。

これまで気になっていたことや、興味があったことに思い切ってチャレンジしてみましょう。

そうすることで、あなたの可能性が広がるだけでなく、趣味をしている時間は、趣味に没頭することができます。

その間は、恋人のことを忘れることができます。

また、趣味に没頭することで自分磨きにつながることもあります。

このように、趣味を始めることで、あなたの可能性が広がるだけでなく自分磨きにもつながることであれば、チャレンジしたい気持ちになりますよね。

誰かに相談する

あなたの今の気持ちを誰かに相談してみることで、解決することもあります。

同じような気持ちでいる人や、同じような経験をした人に話を聞いてみることで、良い解決方法が見つかる場合もあります。

さらに、恋愛経験豊富な人に相談してみたり、同じような境遇の人に相談することで、あなた以外の新しい答えを見つけることができるだけでなく、また、誰かに相談することで解決に向かう場合もあります。

このように、誰かに相談することであなた1人で抱え込む問題にはなりません。

成功した人の体験談や解決方法を聞くことで、より良い方法を取り入れることができたり、これより良い方向に進むこともできるでしょう。

自分が嫌いになる恋愛をしている女子はどんな人?

それではここからは、自分が嫌いになるような恋愛をしてしまう女子にはどんな人がいるのでしょうか?

また、自分が嫌いになる恋愛をしてしまうことで、どのような影響が起こり得るのでしょうか?

自分のことが嫌いになる恋愛をしてしまうことで、あなた自身が生き生きしないこともあります。

「恋愛をしていて楽しい」と思える恋愛こそ、本当の恋愛だと言えるでしょう。

このように、自分が嫌いになる恋愛をしている都市はどのような特徴があるのでしょうか?

自分に自信がない

特に自分のことが嫌いになってしまう電話夜している私は、自分に自信がないところがありそうです。

また、自分に自信がないところで相手に意見を委ねたり、相手に流されてしまうところもあるようです。

また、自分に自信がないことで「自分の意見は間違っている?」と感じていたり。

「相手の意見の方が正しい」なんて思ってしまうこともあるようです。

このように、自分に自信がないことで相手に流されてしまう場合や、相手に言いくるめられてしまうこともあります。

なかなか自分らしさを出せないところもあるようです。

感情の表現が苦手

特に、自分の感情をうまく言葉に表現したり、感情をコントロールできない人の場合、恋愛をしていても自分が嫌いになってしまうことがあります。

思うように自分の気持ちをうまく伝えることができず、思わぬ方向に恋愛が進んでしまったり。

また、うまく感情コントロールすることができないことで、相手に手を出してしまったり、暴言を吐いたり汚い言葉を使ってしまうこともあります。

そうなることで、毎回嫌な気持ちになるだけでなく相手を傷つけてしまうことにもつながります。

人に左右される

人に左右されてしまう弱い意志の女性は、やはり人に流される傾向もあり相手の都合の良い女になってしまう場合もあります。

また、人に左右されることから、相手の言い方がきつい人や相手があなたのことをコントロールしたいと感じている人であれば、うまく誘導されたりコントロールされてしまうことでしょう。

そのようなことが続いてしまうことにより、あなたらしい恋愛をすることができなくなり、「自分のことが嫌い」などと思うことにつながります。

まずは、自分の意見をしっかりと持ち、人に左右されない恋愛を楽しむことができるようになりましょう。

相手に合わせるのが上手

相手に対して合わせるのが上手くなりすぎることで、人との付き合いが上手くても彼氏との付き合いに対して息苦しさを感じてしまうこともありそうです。

彼氏に合わせすぎることで、自分らしさを見失ってしまいます。

そして、結果的に苦しい付き合い方になってしまうのであれば、あなた自身の人に合わせすぎるところが問題なのかもしれません。

ときには、自分の意見を言うことも大切です。

あなたらしさは、あなたにしか表現することができません。

いつまでも相手の言いなりになっていたり、相手の良いようにコントロールされていけば、なかなか自分の思うような恋愛をすることもできません。

嫌われるのが怖い

相手に対して「嫌われるのが怖い」と思っている人の恋愛は、相手に流されやすい傾向があります。

自分の意思を主張するより、相手に嫌われるくらいなら、相手に合わせたほうがいいと思うところもあり、相手に対して意見を合わせがちになってしまいます。

しかし、結果的に相手を甘やかしてしまうことになり、あなたの意見が言えない状況に陥ってしまうことがあります。

相手に嫌われる気持ちが怖いと思うのではなく、あなたと相手が対等にいられる方法を考えていきましょう。

尽くしたがり

相手に尽くしたい人の場合、尽くすことであなたの愛情表現しているつもりかもしれません。

でも、結果的に相手を居心地良くさせていることにつながります。

ある程度相手があなたといて居心地良くなる事は良いのです。

しかし、尽くしすぎることで、相手が自分自身で行わなければならない事まで手を出してしまっていることも考えられます。

相手に対して尽くしたい気持ちもありますが、尽くしすぎることでかえって「重たい」などと思われてしまうこともあります。

このように、相手に対して尽くしたい気持ちが強い人の場合、あなたが尽くしたい気持ちと相手がつくされたい気持ちが合致していれば問題ありません。

ですが、相手にとって負担に感じる尽くし方や、あなたがやりすぎてしまうような筑紫方では良い恋愛とは言えないでしょう。

自分の事を責めがち

何か失敗が起きたときは、彼と喧嘩になったときに「絶対自分のせいだ」なんて思う気持ちが強い人こそほど、自分のことを責めがちになってしまいます。

自分のことを責めるのではなく、自分に足りなかったところは反省しまた次に繋げればいいのです。

まずは、自分のことを責めるより2人がどうしていけば仲良く過ごすことができるのか?などポジティブに考えていく気持ちが大切です。

思い込みが激しい

思い込みが激しいことで、周りを振り回してしまったり、マイナス思考に陥ってしまう場合があります。

良い思い込みが激しい事は良いのです。

でも、悪い思い込みが激しいことで、周りとのトラブルに陥ってしまったり、また喧嘩が絶えないカップルになってしまいます。

まずは、あなたの意見が正しいと言う気持ちを少なくしてみてください。

そして、相手の意見をよく聞き調査を行います。

その結果、わかることを考えていくようにしてください。

想像力豊かであれもこれも考えすぎて思い込みが激しくなってしまうことで、相手を傷つける事になります。

悪い思い込みより、良い思い込みに徹するよう心がけていきましょう。

まずは自分を好きになることから始めよう

いかがでしたか?

相手を好きになる前に、まずは自分を好きになることから始めていきましょう。

自分を好きになることで、自然と相手のことも受け入れることができます。

そして、恋愛をしていても「そんな自分が好き」と胸を張って言えるようになるでしょう。

このように、まずは自分らしくいられる相手とお付き合いすることが大切です。

自分を殺してまで相手と付き合ったり、相手の意見に従わなければならないような付き合い方では、良い付き合い方とは言えません。

あなた自身がのびのびと幸せな気持ちでお付き合いできるような恋愛が理想的な恋愛と言えるでしょう。

これを機に、自分を好きになることから始めてみましょう。