世の中みんながみんな人付き合いが上手で、必ず友達などができる……というわけではありませんよね。

中には全く逆で、いつもなかなか友達ができず孤立してしまう、なんていう”ぼっち”な人だって当然いるもの。

読者の皆さんの中にもきっと同じような人がいらっしゃるのではないでしょうか?

そしてそんなぼっちの皆さんは自分のことながら、とても不思議に思いませんか?

「何故いつもそうなってしまうのか?」「何故自分には友達ができないのか?」そう、ぼっちな人達も別に好き好んで1人になっているというわけではなく、むしろ自分だって友達が欲しいし他の人と同じように普通にしているつもり。

なのにそれでも上手くいかないから、訳が分からずあれこれ悩むことになってしまうんですよね。

そこで今回はそんなぼっちの皆さんのために、人がぼっちになってしまう理由・原因についてここで詳しくご紹介していきたいと思います!

なのでぼっちな人はこれまで抱えていた悩みも解消され、スッキリできるようになるかもしれませんよ。

また今回は一緒にぼっちにならないための解決法などもご紹介していくので、そちらも参考になるはずです。

改めて色々知ることで自分を見直してみて、そして今後人付き合いをどうしていくべきかというのをよく考えるようにしてみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

どうしてぼっちになってしまう?

さて、それではここからは早速”ぼっち”な人がどうしていつもそうなってしまうのか、その大きな理由・原因について見ていきたいと思いますが……まず実際に”ぼっち”な皆さんは、自分がそうなりやすい理由・原因がどこにあると考えていますか?

もしかすると大抵の人は「周りの人が友達になろうとしてくれないから」なんていう風に、周囲の人に原因があると思っていたりするのではないでしょうか?

だとしたらまずはその考え方が大間違い。

そもそも円滑に人と交流していくためには相手任せにするのではなく、まず自分が心を開いて積極的に行動するというのがとても大切になってきます。

そしてそういう人に対して周囲の人だって自然と近付いてくるようになるというわけですね。

つまり友達ができるかどうかの鍵は自分自身ということ。

ぼっちになってしまう理由・原因は周囲ではなく自分にある可能性が高く、皆さんはまず自分自身を見直す必要があるということになるんですよ。

実はこちらに原因がある

そしてもっとハッキリ言ってしまえば、大抵のぼっちな人は先程話したような自分から積極的に行動を起こすということを大概できていないものです。

つまりぼっちになってしまう理由・原因というのはほとんどぼっちな人達自身にあると言えるわけです。

ちなみにぼっちな人の場合は積極的に行動を起こすということができないというだけでなく、まるで真逆の行動を起こしてしまうようなところもあったりします。

もっと具体的な内容はまた後程ご紹介させていただきますが、例えば自ら1人で行動しようとしたり周囲に近付かないようにしたりと……要はそういったネガティブで消極的な行動ばかりしてしまうので、そのせいで余計に周囲との距離ができてしまうというわけなんですね。

本人達は自分のせいだと気付いていない

しかも先程もお話したように、実際ぼっちになりやすい人というのは皆さん、その理由・原因は周囲の人にあると思い込んでいたりするものです。

要するに本人達は自分の行動のせいでぼっちになってしまっているというのを自覚できていないこと。

だから当然その行動を改善するということも一切できず、結果いつも同じような行動をとり常にぼっちになってしまうという事態を引き起こすようになってしまうんですね。

おまけに友達がおらず1人きりだとそういった短所を注意されることもないので、気付けるチャンス自体もなかなか持てないことに。

しかし自覚ができていないから本人達からすると原因がまったく分からず「何故いつもそうなってしまうのか?」という風にしか思えないわけですから…無意識に自分で自分を悩ませてしまう嫌な悪循環になってしまうわけですね。

そんなぼっちな人は意外と多い

ただ冒頭でもお話したように、世の中人付き合いが上手い人が圧倒的に多いかと言われれば決してそういうわけでもなく、逆に人との交流がなかなか上手くできないという人も結構多いものです。

つまりこういったぼっちな人というのも実は意外と多かったりするものなんです。

なので「ぼっちになってしまう理由・原因は自分自身にある」「本人にはその自覚がない」なんて、ぼっちな人からすると少しマイナスなことをお話してしまいましたが……世間にはこういう人もそれだけ多くいるということで、ぼっちな人にはよく見られる当たり前のことということになるわけなんですね。

だからもしもここまで読んできてショックを受けたなんて人がいたとしても、そこまで落ち込むことはありませんよ。

ぼっちな人がそういう風になってしまうのはごくごく普通なことなわけで。

むしろ自分をどれだけ見つめ直し、そして改善していけるかというのがここからの大事なところになってくるんですよ。

ぼっちになってしまう9個の理由とは?


さて、ではここからはぼっちな人がより自分自身を見つめ直していくためにも、ぼっちになりやすくなってしまう理由についてもっと具体的に見ていくことにしましょう。

先程、ぼっちな人は積極的な行動ができないどころか、ネガティブで消極的な行動ばかりをとってしまうので周囲の人達との距離ができてしまう、というお話をさせていただきましたよね?

一体そのネガティブな行動とはなんなのか?どういった行動のせいで人を遠ざけ1人になりやすくなってしまうのか?ここではそういったところについてより詳しくご紹介していきたいと思いますよ。

なので実際ぼっちになりやすい皆さんは普段自分もこういった行動をとっていないか、などというのを思い返してみながら、ぜひ読んでいってみてくださいね。

1.人見知りをしてしまう

人と接する際ぼっちな人がとりやすい行動としてまず挙げられるのが、人見知りになります。

せっかく周囲の人と友達になれるチャンスができても、つい冷たい態度をとってしまったり無視などをしてしまったりして、みすみすそのチャンスを逃してしまうわけです。

というのも、そもそもぼっちな人というのはやはり他人に対して苦手意識が強いところがあるもの。

別に人が嫌いというわけではないですし友達だって普通に欲しいという思いはあるのですが、いざ関わろうとすると緊張や恥ずかしさでどう接していいか分からず混乱するようになってしまうんですね。

そのせいで人見知りもするようになってしまい、周囲の人達に良い印象を持ってもらえなくなりぼっちになってしまう…こんな歯がゆい状態になってしまうわけなんですね。

2.自分から話しかけにいけない

またそれだけ他人に対して苦手意識が強く接し方も分からないということは、当然自分から近付いていこうという行動も起こせるわけがありませんよね。

なのでぼっちな人の中には自分から周囲の人へ決して話しかけようとしない、なんて人もそれだけ多く見られるようになってきたりするんです。

もちろん先程も言ったように友達が欲しいという気持ちは強いのですが、どう接していいか分からないという恐怖から自ら動くということができなくなってしまい、相手の方からこちらへ話しかけに来てくれるのをひたすら待つという姿勢になってしまうんですね。

しかもぼっちな人の場合はそうすることで無意識に責任を全て周囲の人に丸投げするようにもなったりします。

そのせいでいざ友達ができない時もその責任は相手にあると思い込むようになり、自身を省みることをしなくなってしまうわけなんですね。

3.1人でいることが多い

またそうして相手の方から来てくれるのをただ待つだけ、という姿勢になりやすいぼっちな人は、周囲の人とコミュニケーションをとるわけもなく当然1人で行動したりすることが多くなってきます。

でも実はこれもぼっちになってしまう大きな要因に……いつも常に1人で行動しそれを当たり前のようにしていると、周囲の人は「あの人は1人でいるのが好きな人なのかな」という風に勘違いするようになり、逆に余計に距離を置くようになってしまうわけですね。

もちろんぼっちな人達自身は1人が好きというわけではなく、自分から行動を起こすことができないからそうしているだけだったりするのですが。

そんなことは周囲の人達に言葉もなしに簡単に伝わるわけがありませんからね。

結局ずっと勘違いされたまま友達になれず、ぼっち状態になってしまう…ということになってしまうんですね。

4.コミュニケーションが苦手

先程もお話したように、そもそもぼっちな人というのは他人に対しての苦手意識が強く、どう接していいのかも分かっていなかったりするものです。

つまりコミュニケーション能力が元々低いということ。

そのためいざ人と関わる機会ができても上手に接することができない、なんて人も多くなってきてしまい、それもまたぼっちになりやすい要因となってしまうんですね。

例えば話しかけられてもつい無視をしてしまったり冷たい反応をしてしまったり、なんてことは当たり前のようにやってしまうことですし。

最悪の場合だと、まったく場の空気が読めず空回りしてしまったり、相手に対して失礼なことを言ってしまったり…なんてことさえもやってしまったりします。

そんなことをする人とは誰も進んで友達になりたいとは思いませんからね。

結局印象を悪くして引かれてしまい、友達を作る機会を逃してしまうというわけです。

5.ネガティブ思考


そもそもぼっちな人というのは、考え方からして元々ネガティブ思考という人も多く…実はそれもぼっちになりやすい大きな要因になっていたりするんです。

というのもこれまでお話してきたような様々な行動も、全てそんなネガティブ思考のせいで起きているものだから。

例えば人見知りも自分から話しかけにいけないというのも、全部「接し方が分からない」「自分からいくのが恥ずかしい」なんていう消極的な考えをしているからそうなってしまうと言えますよね?

そう、つまり自分の思考というのはそのまま行動にも表れやすいということ。

だからネガティブな思考だってそのまま当然ネガティブな行動として表れやすくなり、そのせいで印象を悪くし周囲の人から距離を置かれるようになってしまうというわけなんですね。

なのでこれだって自身をぼっち状態に追いやってしまう、立派な理由・原因の1つと言えるようになってくるわけです。

6.自己中心的

また実はぼっちな人というのは性格が自己中心的になりやすい傾向にもあるもので、そんなところが原因で余計にぼっちになってしまっているという可能性も高かったりします。

自己中心的ということは当然なんでもかんでも自分を優先するようになり、身勝手な行動なども増え他人に対してもなにかと失礼な言動をとるようになってしまったりするものですから。

そんな人とはやっぱり誰だって友達になりたいとは思えなくなり、距離を置かれるようになってしまうというわけなんですよね。

相手の気持ちを考えない

では、どうしてぼっちな人というのはそんな自己中心的な性格になりやすい傾向にあるのか?それはやはりぼっちな人が元々他人との関わりが少ないというところが大きな原因になっていると言えるでしょう。

人と接することが少ないということは人の言動や気持ちを見ていろんなことを学ぶということもできないということになりますからね。

そのためぼっちな人はそういったいざ人と関わる時もまったく相手の気持ちなどが分からないままになってしまうので、結局自分のことしか考えられず自己中心的な言動も多くなってしまうというわけなんですね。

そしてその結果、余計に周囲の人と仲良くなるチャンスをなくしてしまうというわけです。

7.人目を気にする

さらにぼっちになりやすい人というのはネガティブな性格からかやたらと人目を気にするという特徴も持っていたりして、そんな特徴も他の様々なネガティブな行動を起こしやすくなる大きな要因になっていたりするんです。

要は「他人にどう見られているのか」「自分からいって変に思われないか」という風に、他人が自分をどう思っているのかということをやたらと気にするようになり。

そういった考え方が積極性をなくさせてしまい、相手から来るのを待つ・1人で行動するというようなネガティブな行動を起こさせやすくなってしまうんですね。

またそんな風に他人になるべく悪く思われたくないと思うことで自身を良く見せようと動くようにもなり、余計に自己中心的な態度も目立つように…そうしてさらにまたぼっちになりやすくなってしまう状態を自分で作ってしまうわけなんですね。