CoCoSiA(ココシア)

自分色に染めやすい女性の10個の特徴(続き4)

嫌だと言えない自分はかわいそう、でも断ったら相手がもっと可哀そう、自分が我慢すればいいんだと思い込んでしまうのです。

もし嫌と言った場合、変な罪悪感にとらわれてしまうのを恐れていると言っても良いかもしれません。

こういう人間は過去に誰かから何かを言われた可能性が高いとも言えます。

親や家族、同級生などですね。

嫌だと言えない方は結構います。

ただそれで流されてロクな目に合っていない方もいるとは思って下さい。

自分では本当に良いか判断がつかないからこそ、嫌だとは言えない人間なのです。

9.自主性や主体性がない女性

自主性や主体性がない女性というのは、一番最低な人間であると思って下さいませ。

何故かと言いますと、他力本願であるからです。

主体性がない人間は断れない人間と微妙に似てはいるのですが、ちょっと異なりますね。

断れない人間は自分の意思がない事を表していますが、自主性や主体性がない人間は物凄く怠け者である事を示しています。

自主性や主体性がないのですが、自分の嫌な事は嫌だとはっきりとはいえる意思はあると思って下さい。

そのため相手に従いはしますが、面倒くさいと判断してしまうと動こうとはしないのです。

考える事、動く事すら面倒くさいと思っている人間なので、一緒にいる事が腹が立つこともあるでしょう。

相手任せにする方が楽なのは楽なのですが、こういう人間は後から文句タンクを言う人間でもあるのでずるい人間でもありますよ。

ほかの特徴の女性と違って物凄く怠け者であるため、大半はブサイクもしくはデブな女性が多いと思って下さいませ。

自主性や主体性がない分、自分の本能の赴くままに生きている人間です。

つまり動物と変わらない脳をしているため、人間以下の存在であると言えるでしょう。

自分から何かしようとは言わない

どの特徴の女性も多少なり自主性はあるといます。

しかし自主性や主体性がない人間には、自分から何かしようという事をしません。

相手の出方を待っているので、とてもずるい怠け者だったりします。

誰かが何かをしてくれるであろうと思っているため、また危機感を一切持っていない事も含めて、よほどの事がない限り動く事はないんですよ。

厄介なことに自主性や主体性がない人間は、ほかの特徴の女性と異なり一番言う事を聞かないと言っても良いでしょう。

そこで良いアイデアとしては、危機感を自主性や主体性がない人間に持たせるという事です。

危機感を持たせると、自分色に染め上げる事も簡単ですよ。

どうやって危機感を持たせたらよいのかという事ですが、その女性の特徴に当てはまる部分を全否定し変えなきゃ別れるという風に告げて下さい。

よく太った彼女は嫌だという理由で別れる事があるのですが、それと同じ理屈になります。

相手の悪い部分を何とかしなければ別れるという風に言わない限り、どうとでもなるという甘い考えでいるため危機感が一切ないんですよ。

上手く行けば自主性や主体性を持たせる事が可能になるため、関係性が以前よりもアップするでしょう。

本当に自主性や主体性がない女性は、ブサイクとブスが多いため変に自信を持っている方ばかりです。

エンジンがかかるのが非常に遅くスロースターターであるため、自分色に染め上げるのは時間がかかります。

調教するのが好きという方であれば、良いかもしれません。

本当に自分から何かしようという気は一切ないため、手がかかる人は嫌がるでしょう。

10.素直な女性

素直な女性は簡単に染まりやすいですよ。

自主性や主体性をちゃんと持っており、良い事も悪い事の判断も区別がつきます。

自分にとって良いと思った事は、実行してくれるでしょう。

素直な女性を自分色に染め上げるとしたら、ほめて伸ばすのが一番ですね。

性質的に一番自分色に染まりやすいタイプなので、飴と鞭をちゃんとあげればよくなっていきます。

ただし素直すぎるがゆえに、キツイ言葉を言ってしまうとへそを曲げてしまう恐れがありますよ。

女性から見れば自分は素直であるかどうかという事ですが、相手の話を理解できているかどうかですね。

素直というのは考え方や行動に癖がない事を指します。

ひねくれた部分がなく、純粋であるかどうかでしょう。

素直だから染まりやすい

素直な人間を色で表すと白でしょう。

白色は何にでも染まりやすい色となります。

ほかの色と異なりきれいに染まりやすいため、自分色に染まれる事が可能です。

元々の純粋さを含めた色なので、変な色に染まる事はありません。