女性のみなさん、スーツを着る機会はありますか?

OLの方でしたらきている人も多いでしょう。

作業着を着ていたり、専業主婦、パートであればなかなかスーツを着る機会はないかもしれませんね。

このような立場によってスーツを着るか否かが別れてきますが、スーツを着ている女性の方に朗報です。

なんと、男性の多くの人はスーツを着ている女性の方にグッとくる、もしくは好きだと答えています。

アンケートをとっている情報によると、なんとスーツを着ている女性が嫌いと答えた人は1.6%と非常に少ない結果となっています。

どちらでもないという28.1%あるものの、それを除くと大半の人は好きだと答えているのです。

ですので、スーツを上手に着こなしていきたいものですね。

なかなかスーツを着る機会がない人であっても、ちょっとした機会にきちんとした格好で来て欲しいと言われるケースはよくあります。

ですので、そのような場ではスーツ姿で勝負したいものですね。

では、スーツ女子についていろいろと見ていきましょう。

入学式や入社式、会社員などスーツを着る機会は意外に多い!

スーツを着るって言うのは、OLの方などであれば非常に機会を多いものの、入学式や入社式などでもスーツを着ることがあります。

ですので、ここぞと言う時に勝負を決めたいですね。

もちろん仕事するために着ているのでスーツを着て男性にグッときてもらうために着ているのでは無い!と思っている人もいるかもしれませんが、やはり若い頃はそんなに意識をしなくてもだんだんと年齢が上がっていくにつれて結婚を意識するようになります。

そんな時に、やはり自分を好きでいてくれる人がいるのは貴重だ存在だと言えるでしょう。

ですので、そのような狙いは全くないとしてもスーツを着こなすのは意外と良いことです。

スーツ女子に男性がグッとくる8個の瞬間とは?

では、スーツ女子に男性がグッとくる瞬間はどのようなところなのでしょうか?

いろいろなところがあるので、女性のみなさんは気を抜かずに仕草を研究していくことが大切ですね。

高めのヒールで歩いている


スーツと言うと、大抵は高めのヒールを履く傾向があります。

その高めのヒールを履いている女性らしさにグッとくる人が多いようですね。

その高いヒールで颯爽と歩いているところにグッとくる人が多いようです。

あと調べた情報によると、意外にもマンホールの穴にヒール部分が引っかかってしまったと言うようなそそっかしい部分もかわいいと感じる人が多いようです。

女性としてはそのような間抜けな部分が見られれたくないと思うものですし、どうにかしてバレたくないと思うものですが、男性は意外とそんなところも見ているようですね。

そして、ハイヒールで走りにくそうに会議が遅れそうで急いでいるところもまた可愛いと言う人がいるようです。

颯爽と歩いてて格好の良い女性ばかりをいいと思うのかと思いきや、そのような意外とと言ってはなんですが抜けている分がいいと言う人も多いようです。

私たち女性には想像もつかないようなところにグッとくる男性が多いようですね。

あと以外にもデスクに座るときだけハイヒールを脱ぐところにグッとくると言う人までいます。

本当に男性の好みというのは私たち女性にはわからないところがありますね。

足を揃えて座る

基本的に男性は足を開いて座る事が多いですよね。

ですので、女性が足を揃えて座るところに女性らしさを感じる人が多いようです。

やはり、女性はスカートはいているので、そのように男性と同じく足を開くわけにはいきません。

ですが、そのように足を揃えて座るところが良いと言われているのです。

とはいってもパンツスタイルであっても女性であれば足を揃えて座るのが好ましいのは言うまでもありません。

そのようなところに女性らしさを感じグッとくると言う人が多いのです。

結っていた髪をほどく

基本的に仕事するときは髪を結んでいる人が多いです。

やはりデスクワークで机やパソコンに向かう時、下に視線を落とす事はよくあることです。

そこで髪が横にあると邪魔になることが多く、多くの人が1つに結んでいるのではないのでしょうか?
もちろんアップにしたりはあるのかもしれませんが、職場と言うことでツインテールにしている人はそんなにいません。

そこで、髪を結んできて仕事をしていたところに、オフの時に結んでいた髪を解くところにグッとくる人が多いようです。

著者が昔、高校時代にバイトしていた人のところでにとある男性がいたのですが、その男性に「とある女性が自分の前に来ると金必ず結んでいた髪を解くんだけど、どういうことだろうか?」と聞かれたことがあります。

むしろそこを武器にしている人までいるようですね。

確かに意識せずにそのように結んでいた髪を解くしてもいますが、中にはそれを武器にグッと来させることを目的に髪を解いている人までいるようです。

背伸びをする

こちらは小さい女性あるあるですね。

スーツ姿でキリッと仕事をしているのに、上にある書類とかを取るときに背伸びをしているところは男性がかわいいなと思ってしまうところのようです。

著者も身長が低いほうなのですが、やはりそのように男性から見られることが多かったですね。

背が低いなとある意味うれしそうに言われたことあります。

とは言っても著者ももう中年の域になり、その背の低さを喜ぶ人もまずいなくなりました。

ですので、そのように背伸びをするほどに小さいのを可愛く思われるのは若いうちです。

小さい女性の方は、ある意味そこアピールするというのもありです。

なかなか大きい女性だとそこは難しいかもしれませんが、そのような大きい女性であれば別のポイントでアピールすることができます。

ですので、この背伸びというのは小さい女性が使いやすい方法ですが、背が高く背伸びをしなくても大抵のものは取れる女性でだったとしたら他の部分でアピールすると良いでしょう。

ジャケットを脱いだ時のギャップ

スーツと言うと基本的にパンツスタイルであってもスカートであっても、ジャケットを着るのが基本です。

ですので必然的にジャケット着ている人の方が多いでしょう。

そんな時にジャケット脱いだときのギャップにやられてしまうと言う男性が多いようです。

では、ジャケット脱いだときのギャップについて見ていきましょう。

インナーがおしゃれ

やはり、インナーがおしゃれであると言うのはグッとくるところです。

もちろん職場によってはこの色にしてはいけないというような規定がある場合は仕方がないところがあります。

ただ、仮に白しか着ることができないということであっても、白シャツというのも非常に男性がグッとくるところがあるようです。

もし、必ずブラウスではなくてはいけないと言う決まりがなければ、白ニットなども良いでしょう。

ですが、そのような規定がないと言うことであればスーツはそこまで大きくいじれないのでインナーの色で勝負を決めましょう。

例えば青や緑だと洗練されたイメージがあります。

やはり寒色系であれば落ち着いたイメージを与えることができます。

それに対し、オレンジや赤となると暖かいイメージになりますが、やはりオーソドックスなのはピンクなどでしょう。

いろいろなインナーがありますし、会社のカラーにもよりますので、どのようなものがあるのかやどのようなものが良いのかは周りの人を見ながら決めていきましょう。

首元がセクシー

やはり、女性らしさが出るのは首元です。

女性は基本的に首が細い人が多いです。

そして、仕事中であれば髪を1つに結んだりアップにしている人も多いでしょう。

そのようなことから、首はよく出るところです。

やはり、男性が女性の好きなパーツと言うアンケートをとると、たいていは首元やうなじと言うような答えが出てきます。

それほどに男性は女性の首元を見ているところがあるのです。

もちろん髪を結ばないでそのままの状態で仕事している人もいるにはいます。

そのような環境であっても注意されないと言うところもあるようです。

ですがその一方で、髪を結ぶことが決められているところもありますので、そのようなところでしたら首やうなじをアピールするチャンスです。

一粒ダイヤのネックレスをつける

もちろん、女性の首元は男性から見て非常にセクシーであるのは言うまでもありません。

ですので何も付けない状態でも男性がグッとくるパーツでもあります。

ですが、そこに1つアクセントを加えることによって、より男性が女性らしさを感じるところがあります。

それは1つのダイヤのネックレスをつけることです。

仕事ですので、そんなに派手なアクセサリーを作ることができないでしょう。

ですが、ワンポイント程度のアクセントアクセサリーをつけることについては、特に何も言わないようなところも多いです。

ですので、それができるのであれば、そのようなさりげないアクセサリーを首もとにつけるのは大変オススメです。

ただ会社の規約でそのようなアクセサリーをつけることを禁止されていたり、もしかしたら業者によってはそれが好ましくないと言うところもあるかもしれません。

ですのでそのような時はこの方法は使えませんが、アフターファイブなどでつける方法もあります。

ですので、会社の規約に反しない程度にさりげなくおしゃれを楽しみましょう。

ブラウスの第一ボタンは開ける


そしてブラウスの第一ボタンは開けることによってより首元をアピールすることができます。

やはり女性だと胸元が見える心配がありますよね。

ですので、第一ボタンを止めておきたいところもあるかもしれません。

もちろん、仕事の場ではそのようにするのも正解です。

やはり仕事上の事ですので、第一ボタン開けて胸元が見えないのであれば大丈夫ですが、そうでは無いのであればやめておいた方が良いでしょう。

ただ第一ボタンを開けても胸元が見えないようにするには、第一ボタンを開けても問題がないようなフィットしたインナーを着る事はオススメです。

最近は小さい人も着こなすことが出来るような小さめのサイズのブラウスもあります。

著者は40代ですが、著者の若い時代は小さい人向けのサイズというのがあまりなく、成人式の時など体にフィットしたスーツなどを探すのが大変でした。

ですが最近はそのような背が低い人でもフィットするようなものがありますし、今はファストファッションの店でもSサイズのものを見るようになりました。

ですので、そのような体にフィットするものを購入し、第一ボタンを開けることでおしゃれな印象を与えることができます。

著者の経験からすると、体が小さい人が無理にMサイズのインナーを着ると第一ボタンを開けることによって胸元が丸見えになってしまうところがあります。

それはやはりブカブカだとそのような現象が起きてしまうのです。

ですので、ブラウスの第一ボタンを開けて首元をアピールするときは、基本的にサイズに合ったものを着るということが大前提です。

落ちたものを拾う仕草

やはり、仕事をしているとそこまでそそっかしいわけでなくても色々と落ちてしまうことがあります。

例えば電話をしながら何かを取ると言うような現象があるとそこまでおっちょこちょいでは無い人でも、物を落としてしまう事はよくあるのです。

そのような落ちたものを拾うしぐさにグッとくる男性は多いようです。

特に忙しそうな女性だとグッとくる人が多いようですね。

スラっとした足

見ていて思うのは、最近の若い世代の方は足が長い人が多いですね。

著者も小学校高学年の娘がいますが、身長は著者と同じ位にもかかわらず、やはり足腰が自分と比べると長いなと言う印象があります。

スラッとした足と言うのも非常に男性がグッとくるところでもあるようです。

このスラッとした足をアピールするとしたら、基本的にパンツスタイルがオススメです。

そして、ダボッとしたスーツにすると魅力が半減してしまいます。

極力サイズがぴったりのものにすると良いでしょう。

もしなかなか自分にピッタリなものがなければ、オーダーをしてもいいかもしれません。

確かにタイトなものを着るのは良いのですが、あまりにもパッツンパッツンだとそれはそれでまた不格好です。

ですので、場合によってはそのような専門店の意見のを取り入れながらスーツをオーダーするとスラッとした足を上手にアピールすることができるでしょう。

スーツ女子のどこが好き?

では、スーツ女子が好きと言う男性はどのようなところが好きなのでしょうか?

では、男性がスーツ女子の好きなポイントについていろいろと見ていきましょう。

清潔なブラウス

やはり清潔なブラウスが好きと言うような人もいるでしょう。

それは、やはりそのようなところに、きちんとした性格であればそのようなところに出るところがあるからです。

アイロンがけもきちんとされていて、汚れがないのがベストであるのは言うまでもありません。

やはりそこは身だしなみでもありますので、注意していきたいところです。

意外と見落としがちなのが、首周りの汚れです。

著者は主婦をしていて思いますが一日着ただけで、主人のワイシャツの首周りは汚れます。

女性だとまたそこまで顕著では無いのかもしれないですが、その一方で化粧するときに顔だけお面をかぶっているようになるので、首にもファンデーション塗ることがあるでしょう。

そのような事から意外と女性のブラウスであっても首周りが汚れます。

とは言っても、スーツを着られる位ですからお仕事をされている方も多いでしょう。

そのような人であれば日々の洗濯も大変ですよね。

もちろん首周りについている汚れが何かにもよりますが、皮脂などの油汚れであれば重曹やオキシドール等をぬるま湯に溶かし、そこにつけておくだけで大分きれいになります。

皮脂の汚れに関しては、そこから少し擦る必要はあるものの、浸け置き洗いをすることそこまで大きく時間をロス食することはないです。

もし洗濯がしんどいほどに忙しいのであれば、そのようなつけ置き洗いをし週末にまとめ洗いをするなどの方法も考えるようにしましょう。

くびれのあるウエストライン

やはり、女性はくびれがあるところで女性らしい体型を感じられるところがあります。

ですので、くびれがあるウエストラインと言うのは男性がグッとくるポイントであるようです。

ですので、ウエストには自信があるのであれば、そこを強くアピールしていきましょう。

ひょっとしたら実は著者もそうですが、基本的にくびれがあまりないことに悩みを抱いている人も多いかもしれません。

ただ、そのような人であっても悲観する必要ありません。

もし見せるスーツ女子を目指しているのであれば、鍛えることでウェストのくびれを手に入れることができます。

よく聞く方法としては、腹筋の時に捻る動作を加えるとウエスト周りに筋肉が付いてコルセットのような状態になり、引き締まるところがあるようです。

長い髪をアップする

また長い髪をアップする前のことにグッとくる人も多いですね。

やはり、うちの子供でも髪を結ぶのが上手い子に髪を結んでもらうと、いつもとは非常に違う印象を受けることがあります。

著者は不器用ですので基本的に簡単な髪型しかできませんが、アップした髪型もまた違う感じがしていいなと思うものです。

不器用な人だと、このアップにする髪型に悩む人も多いですね。

何を隠そう著者もそうです。

ただ、やりようによっては簡単にアップに近い髪型にすることができますよ。

それは、1つ結びをして、クリップのような感じのヘアピンで止めるのです。

そのクリップのようなヘアピンと言うのも本当にただのピンではなく、リボンが付いているようなおしゃれなものもあります。

それを活用すると、著者のような方だとしても簡単にアップに近い髪型にすることができます。

うなじが見える

先ほども触れたように男性が好きな女性のパーツとして選ばれるのにうなじと言うのがあります。

そのうなじを見せることで男性がいいなと思うことが多いようです。

もちろん男女差があるのは言うまでもありませんが、基本的に女性は細い首の人が多く、男性は首が太い人が多い印象を受けます。

ですので、首に女性らしさを感じる人が多いようなのです。

ですので、そのようなアピールしたい時は、スーツの時に限らず髪をアップにしてみると良いでしょう。

メガネとの相性がいい

最近はメガネ女子なんて言われますね。

昔は眼鏡をかけていると言うとなんだかダサイような感じがしていました。

著者は幼少期に目が悪く眼鏡をかけていましたが、高校生になって早くコンタクトレンズにしたいと思っていたものです。

ですが、メガネは最近は必ずしもそのようにネガティブに見られるものでは無いようです。

やはり、著者も小さい頃は眼鏡をかけていましたが昔はそのような技術があまり発展していなくて、弱視に近かった著者は正しく牛乳瓶の底のような眼鏡をかけていました。

ですが、最近の技術は本当にすごく著者が大人にはなる頃には、だいぶ薄いメガネで同じような度が出るようになっていました。

ですので、最近はもう牛乳瓶の底のような眼鏡をかけている子はあまりいません。

著者の下の子の弱視に近いような視力で眼鏡をかけて治療していますが、そこまでレンズが厚い事はありませんね。

そのようなことから、メガネもダサいアイテムから、知的でかっこいいアイテムに変わってきたところがあります。

キャリアウーマンに見える

スーツを着ているということでキャリアウーマンに見えるところも男性がグッとくるところであるようです。

やはり、キャリアを積み上げて出世していくかっこいい女性と言うようなイメージがあるのでしょう。

昔は女性は専業主婦等になるのが主流でした。

働いてもパート程度と言う感じで著者が子どもの時はそのようなお母さんも多かったです。

もちろん、昔から普通に働いているお母さんも多かったと思いますが、以前はよってはそのような人も多かったのです。

ですので、できるキャリアウーマンとはいう感じの女性にグッとくる人も多いのです。

スタイルが分かる

基本的にスーツと言うと、そこまでダボダボの格好にするわけにはいきません。

ですので、ある意味スタイルのわかる服装であるともいえます。

ですので、そのスーツをうまく着こなしている人だとスタイルの良い人なのではないか?と思わせるところがあるのです。

でも、ボディコンのような明らかに露出度の高い体のラインを意識したような感じの服装ではないと言うところもまた男性がグッとくるところなのでしょう。

そして、普段はそのような露出度の高いような格好しないような人でも、仕事でスーツを着るとなると必ずスーツを着る格好をしますので、わからなかった体のLINEがはっきりと出るということで男性がドキドキしてしまうところはあるようですね。

パンツラインが綺麗

基本的にスーツをうまく着こなす人は、手足が長くスラッとしている人が多いです。

ですので、パンツラインが綺麗な人も多いです。

ですので、そこに男性をグッときてしまうようです。

ですが、このパンツラインをきれいに見せるのは実はそんなに難しくはありません。

もし、スタイルに自信がないと言うことであれば、黒などの痩せて見えたり小さく見えるような色で組み合わせると良いです。

そうすると、そこまで細くないという方であったとしても、細く見えるのはあります。

逆に避けるべき点は白などが膨張色を着ることです。

標準体型の方であっても少々ふくよかに見えてしまうこともあります。

いけてないスーツの着こなし方は?

このようにスーツ女子が色々と良い点で見られているところがありますが、その一方で着こなしによってはがっかりされてしまうこともあります。

では、いけてないスーツの着こなし方というのはどのようなものなのでしょうか?
一つ一つ見ていきましょう。

かっちりしすぎている

ネットで検索してもかっちり系というのが出てくるほどに、そのような感じの女性のスーツは多いです。

ただ、会社の規約等でかっちりと決まっているのではなければ、あまりそのようなかっちりし過ぎのスーツで決めるといけているとは言い難いところがあります。

ですので、黒のスーツを持っているのももちろん良いのですが、その中でも白のジャケットを取り入れるなど、いろいろなところで遊びも見せるようにしましょう。

またインナーでおしゃれに決めるのもいいですね。

ただ、中には、みんなが必ず白のインナーにするとか、この色のスーツを着るようにと言うような決まりがあることもあるかもしれませんね。

そのような時は、いけていないからその恰好はしないと言うような選択肢はありません。

ですので、そのような時はおしゃれよりは会社の規約を守るようにしましょう。

サイズが合っていない

またどのようなスーツであってもサイズが合っていないとあまりかっこよくは見えません。

例えば、だぼっとしているスーツを着るのは少々だらしないような感じがして、いけているとは言い難いところがあります。

ですがその一方で、お腹や太ももがはち切れそうなほどきついスーツを着るのも、より太っているような印象を与えるところがありますので難しいところがあります。

ですので、サイズがフィットしているものを選ぶのは非常に重要です。

著者自身も今でこそ体重も増え標準体型になりましたが、昔は背も低く体重も40キロ切っていた時期もありますので、ぴったりなスーツがなかなかないと言う悩みも経験してきました。

ここで無理にMサイズや9号のスーツを着ると、スーツに着られているような感じがして、かっこよく見えないところがありました。

今は、だいぶ小さい方用のスーツなどもありますので、選びやすい世の中にはなりました。

ただ、なかなかそれでも自分の体形に合ったものはないのであれば、なるべくオーダーメイドをしてでも体に合っているものを選んだ方が良いでしょう。

やはり、サイズに合っていて体型的にちょうど良いものであるかというのが着こなしに関わってくるところがあります。

清潔感がない

やはり、日本人はある程度清潔さを重要視しているところがあります。

ですので、スーツの着こなしにも清潔感はある程度求められるところがあります。

特に女性だとそれは顕著です。

この清潔感がないだけでどんなにかっこ良いスーツを着ていても、それが台無しになってしまいます。

女性のみなさんは基本的に髪を毎日洗っていると思いますが、フケには注意しましょう。

別に不潔にしているつもりはなくても、フケが落ちるということがよくありますので、もしそのような傾向があるのでしたら、フケに対する対策をしていくことも重要です。

そのような身だしなみはもちろんのこと、スーツ自体にも色々と気をつけていく必要があります

シワシワ

やはりスーツがしわしわと言うと、あまり清潔感がないところがありますので、基本的にアイロンがけをする事は注意する必要があります。

とはいっても、ただ着ているだけでシワが寄る人はよくあることです。

例えば、通勤に自転車を使っているのであればリュックを背負うこともあるでしょう。

そんなふうにものを背負っている事でも皺はできますし、普通に生活していても椅子に座ったりするなどの動作をするだけでもシワがつくところがあります。

こまめに洗濯してアイロンがけができればそれがいいに越した事は無いですが、なかなかそうも言ってられないところもある人も多いでしょう。

忙しいと残業などもあるでしょうし、洗濯ばかりに気を取られるわけにはいかないところもあります。

ですので、そんな時はできるだけスーツの替えなども購入しておくようにしましょう。

忙しい人だと洗濯やアイロンがけが難しいかもしれませんが、そのような時はクリーニング店に出すなどで外注するようにしましょう。

そうすることで忙しい人でも清潔感を保つことができます。

シミがある

大人になるとそこまでシミをつける事はないと思いきや、思いがけないことでシミがつくことがあるので、シミが付いていないかどうかのチェックも重要です。

女性であれば、思いがけず口紅がついてしまうこともあります。

そしてカレーうどんを食べる機会があればカレーが微妙に散ることもあります。

シミとは少し話がずれてきますが、やはりデスクワークが主だと袖口周りが汚れる事はよくあります。

ですので、シーツにシミが付いているかどうかと言うのは日々チェックをし、シミが付いているのを発見したら早急に落とす努力をしましょう。

最近はそのようなシミにすぐにつけられるような洗剤もあります。

もし手に負えなければクリーニングに出すという手もあります。

バランスが悪い

やはり、スーツに限らずどんなファッションにもバランスと言うものがあります。

このバランスが良くないとあまりかっこよく見えないところがあります。

スーツと言うと、あまりバランスが関係ないように思いますが、応用が効きにくいファッションだからこそ、このバランスと言うのも非常に重要なところがあります。

黒一色

バランスといっても色々とありますが、そのバランスの1つに色彩のこともあります。

女性にとって黒って非常に便利な色ですよね。

多くの人が痩せて見えるようにしたいと思うものです。

そんな時に黒は非常に最適な色なのです。

ですがその一方で、黒一色になると黒子のような感じになりバランスが良いとは言い難いところがあります。

そして、やはり黒は重く感じられるところもあります。

ですので、ジャケットやパンツは黒であっても、インナーなどで差をつけたいものです。

例えばインナーは白や青、靴は茶色と言うような感じで、黒一色にならないように気をつけたいものです。

スーツの着こなしで印象が変わる!

スイーツ女子についていかがでしたでしょうか?

私たち女性は、仕事をするためにスーツを着ているところがあり、そこまで異性ウケは考えない人も多いと思います。

ですが、男性は意外なところを見ているのですね。

スーツ女子になって男性ウケを狙っている女性もそうではない女性も、スーツをうまく着こなして好印象を与えるようにしましょう。