一歩下がって男性を立てる女性というと、控えめで慎ましい大和撫子のような女性を想像しますよね。

現代は何かと女性が強くなってきているので、社会的な立場も発言力も男性とそれなりに対等になりつつあります。

ですが、プライベートでは自分の一歩後ろについてくれて、何かと気が利かせてくれる女性を求めている男性はとても多いです。

また、普段はわかりやすく自分を立ててくれるタイプでなくても、いざというときに自分の考えや行動を後ろ押ししてくれる。

そして、何があっても自分の味方でいてくれるような女性も「一歩下がって男性を立ててくれる女性」として男性からはとても人気があります。

今を力強く生きる女性からすると「そんな考え方古いわ!」「女だって主張したい」「男性だって女性に気を使うべき」と思うかもしれません。

しかし、一歩下がって男性を立てることによって、男性からのイメージもグッとよくなりますし、恋愛において何かと得するのこともあるのです。

いつもモテモテの愛され系の女性をよーく見ていると、みんな男性に対しては一歩下がっていることがよくわかりますよ。

今回は、そんな一歩下がって男性を立てている女性の恋愛がうまくいく理由や、一歩下がるためにはどうしたらいいかなどをお伝えしていきたいと思います!

一歩下がって男を立てる女性の恋愛が上手くいく5個の理由

冒頭でもお伝えしましたが、一歩下がって男性を立てる女性は、男性から愛されるものです。

特別見た目がいいわけじゃなくても、男性を立てることができる女性は本命として大切にされます。

逆に、どんなに見た目が美しくてナイスバディで男性ウケするような女性でも、一歩下がるということをしなければ恋愛対象になれなかったり、付き合っても大切にされなかったりするものです。

ヒドいときは浮気相手や不倫相手として見られ「キミは結婚する相手じゃない」「遊び相手としか見れない」なんて言われることも…。

同じ女性なのに、一歩下がって男性を立てる女性の方が愛されるなんて不思議ですよね。

ここでは、一歩下がって男性を立てる女性の恋愛がうまくいく理由をまとめました!

1.相手のことを大事にできる

一歩下がって男性を立てられる女性は、相手のことをよく考え、相手を大事にしてあげられる女性です。

「自分が、自分が」と主張する女性は自己愛が強く、まずは自分第一で相手の気持ちは二の次である女性が多いです。

しかし、一歩下がって男性を立てる女性は、まず相手のことを優先します。

自分の思っていることはあるのですが、まずは相手の気持ちを優先して意見を聞いてあげられるものなのです。

そんな女性の愛に、相手も「自分も彼女のことを大切にしないと」と素直に思うことができるのです。

自分よりも相手のことを大事に思える

一歩下がって男性を立てる女性は、自分よりも相手を大事に思える人です。

例えば、デートの約束をしている日に男性が突然の接待が入っても、それを「こっちが先約でしょ?」「仕事と私、どっちが大事なの!?」と責めたりなじったりなどは決してしません。

そして、相手にとって仕事がどれほど大切かを考えて「接待大変だね、私のことは気にしないでいいから頑張ってね!」と送り出してあげられるのです。

自分だって相手に会いたくて頑張ってオシャレして、苦労して予定を空けていたにも関わらず、相手のために自分を後回しにして考えられる女性は「相手のことを大事に思ってるんだな」って感じますよね。

相手の周りの人のことも大事に思える

一歩下がって男性を立てる女性は、相手の周りの人のことも大事に思える女性です。

相手のことは好きであれば、その周りにいる相手にとって大事な人たちのことも自分にとって大事な人と同様に大事にしてあげらるのです。

例えば、相手の友達や同僚、上司など、自分が直接関りのないような人でもその人たちのことも大事に考えています。

もし相手がそんな人たちとの急な飲み会などがあっても「〇〇さんによろしく伝えてね!」「楽しい飲み会になりそうだね、私のことは気にしないで」と気遣いつつも笑顔で送り出してくれます。

女性によっては「知らないよ、会社の人なんて!」「友達より私を優先してよ!」ということも珍しくないのに…ありがたい彼女ですよね。

そんな女性のことを相手はうれしく思います。

周りの人も「キミの彼女はステキな人だね」「そんな女性とお付き合いしているなんて羨ましいな」「相手のことをよく考えられる女性だね」と彼女のことを褒められて、相手もとても誇らしく鼻が高いことでしょう。

2.相手から大事にされる


一歩下がって男性を立てる女性は、相手から大事にされます。

普段から相手の男性のことを気遣い大事にしているので、男性もその気持ちに応えるように相手の女性のことを大事にしようと思ってくれるのです。

いつも仕事を優先してまっていても、理解してくれて笑顔で送り出してくれるような女性は「何があっても大事にしないと」と思うものですよね。

最近では良く言えば自分に正直な女性、悪く言ってしまうと自分本位な女性が多くなってきています。

そして、男性もそれに合わしざるえないような感じになっています。

しかし、自分のことを考えて気遣いしてくれる一歩下がって男性を立てる女性が理想の女性だと思っている男性は未だに多いです。

相手の心を掴める

一歩下がって男性を立てる女性は相手の心を掴むのがとても上手です。

一歩下がることによって相手のことをよく見ることが出来ている女性です。

そのため、相手がどうしたら喜ぶか、何をしたら助かるかということを考えることができるのです。

そういった女性の気遣いや行動は、付き合っている相手からするととてとありがたいし、魅力的に見えます。

一度このような男性を立てる女性と付き合ったら、ほかの女性になんかには目移りしないほど心を掴まれるのです。

3.一緒にいて心地よい


一歩下がって男性を立てる女性は、男性にとって一緒にいて心地が良い女性です。

一歩下がって相手のことをよく見ているので、相手が落ち込んでいるときや傷ついているときは真っ先に気付いて優しく包み込んでくれます。

自分のことをよく見て理解し、大事にしてくれているのがわかるのがとても心地よいのです。

また、飲み会や会社の人の集まりなどの大勢が集まる会に彼女を連れていくことがあっても、決して出しゃばったりしません。

相手のことを冗談でも悪く言ったりすることはないので、安心して一緒に連れていくことができます。

それどころか、自分を立てるために一生懸命に立ち回ってくれたり、一時も離れずそばにいて気を利かせてくれるので、相手からするとそれはとても心地よいことでしょう。

男性の気持ちを理解しているから

一歩下がって男性を立てる女性は、男性の気持ちをよく理解しているものです。

例えば、男性が急な仕事が入ったり、男友達の集まりに呼ばれたりなんてことがあると、心の狭い女性なら「いつも急な仕事が入るよね」「男同士で何をそんなに話すことがあるの?彼女優先では?」と言ってしまうものです。

しかし、一歩下がって男性を立てる女性は「今が頑張りどきだもんね!お仕事頑張ってね」「男同士の付き合いも大事だよね。リフレッシュしてきね!」と男性の気持ちを理解した上で優しい言葉をかけてくれます。

そんな女性に、男性はとても愛おしい気持ちになるこでしょう。

4.いざという時は守ってくれる

一歩下がって男性を立てる女性というと、人によっては「男性の後ろで甲斐甲斐しく男性のために世話を焼くけど、守られてる女性」というイメージを持つかもしれません。

でもその考えは大きな間違いなのです。

一歩下がって男性を立てる女性は、いざというときには男性を守ってくれるスゴい存在なのです。

普段から一歩後ろで相手のことをよく見ているので、相手が困っているときや窮地に立ってるときがすぐにわかり、味方になってくれます。

対等に男性の横に立つ女性もとてもステキですが、一歩後ろにいないと見えないこともあるし、相手のことが守れないこともあります。

いざというときは守って支えてくれる女性に、男性はとても感謝して「これからも大事にしないと」と思うものなのです。

普段は敷かれていてもいざという時は違う

一歩下がって男性を立てる女性にも色んなタイプの女性がいますが、なかには「かかあ天下タイプ」の人もいることでしょう。

周りから一見したら「あそこのカップルは女性が強い」「いつも尻に敷かれているな」というタイプですが、陰ではしっかりと一歩下がって男性を立てているものです。

そんな女性は相手が窮地に立ったら真っ先に相手を助けて支え、味方になってくれます。

5.感謝していることが相手に伝わる

男性でも女性でも、好きな相手から感謝されるというのはとても嬉しいことですよね。

ですが、その感謝の気持ちを言葉にしたり示したりするのが苦手な人も多く、感謝をしていてもその気持ちはなかなか相手に伝わりにくいものです。

ですが、一歩下がって男性を立てる女性は感謝の気持ちを素直に伝えることができます。

男性は特に言葉にしないと伝わらない人が多いので「男性には言わなきゃ伝わらない」ということをよく知っているのです。

普段から一歩後ろで男性のことをよく見ているので、そういった男性心理をよく知っているのです。

相手に伝わるからこそ大事にしてくれる

感謝の気持ちを相手に伝えることによって、男性は「ちゃんと感謝が伝えられるこの子を、これからも大事にしたい」「自分のことをよく見てくれているのがわかる」と思い、女性を大事にします。

女性にとっては当然のことかもしれませんが、感謝の気持ちを伝えるということはとても大事なことです。

感謝してほしくてやったわけではない些細なことでも、ちゃんと感謝を言葉に出来て伝えてくれる女性は男性にとってはとっても「ステキな女性」なのです。

一歩下がって男を立てる女性ってどんな女性?

ここまでは、一歩下がって男性を立てる女性の恋愛が上手くいく理由についてお伝えしてきました。

どれも言われてみると納得が行く理由ばかりで、男性にとっては理想的な女性とも言えます。

次は、「一歩下がって男性を立てる女性はどんな女性なのか?」ということをお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

敬う心がある女性

一歩下がって男性を立てる女性は、相手を敬う心を持っている女性です。

相手の仕事や生き方を心から尊敬し、男性としてだけではなく人間として相手のことを敬っています。

世の中には付き合っている男性のことを「どうしようもない男」「頼りない男」などと思っている女性もいます。

(もちろん、お付き合いをしている以上ほかにステキなところもあると感じてお付き合いをしていることが前提です)

しかし、一歩下がって男性を立てる女性はそうではありません。

心からお付き合いする男性のことを敬うことが出来るのです。

相手を尊重している

一歩下がって男性を立てる女性は、相手のことをとても尊重しています。

相手が何を考えているかを大事にし、何がしたいかということを優先してくれます。

時には「私は〇〇がいいな」と思うこともあるでしょう。

ですが、まずは相手の意見や考えを聞いて、相手がそれがいいと思うのであれば…と相手のことを尊重して優先するような懐の広さを持っているものです。

女性の中のなかには「私が1番でしょ」「私の意見を尊重してよ」というような自我が強く、主張の強い人もいます。

しかし、男性にとって癒しであり心が安らす女性なのは自分を男をして尊重してくれるような女性です。

打算なくそれをやってのけるので、男性にとっては理想の女性なのです。

信頼関係をしっかり作っている女性

一歩下がって男性を立てる女性は、相手との信頼関係をしっかり作ることが出来る女性です。

「男性の世話を焼く」というイメージを持っている人も多いでしょうが、そんなわけではありません。

確かに、一歩下がって相手のことをよく見ているので相手のしたいことや希望をいち早く察知して先回りできる女性も多いですが、すべてをそうするわけではないのです。

あんまり先回りされてアレコレやられてしまうと、男性からすると「俺ってそんなに頼りない?」と思ってしまうことます。

ですが、相手のことを信頼しているので口や手を出しすぎることはなく、相手の気持ちや考えを大切にすることができます。

そして相手はそんな女性に「信頼してもらえている」「自分を信頼してくれている彼女を裏切らないようにしよう」と思います。

相手を信頼する気持ちが2人の信頼関係をより深くするものなのです。

相手との信頼関係はとても大事なこと

お付き合いをしている以上、相手との信頼関係はとても大切なことです。

まずは相手のことを信じないと相手も自分のことを信頼してくれなものです。

一歩下がって男性を立てる女性は相手のことをよく見て、信じることが出来ているので相手との信頼関係がとてもスムーズに作ることができます。

例えば、学生時代の友人の結婚式などの出席する際に、過去の彼女も参列することになっていたのであれば、女性によっては「そんな人も来る式、行かないでほしいな…」「もしもまた恋が再燃するのでは」と不安になってイヤな気持ちを相手に伝えてしまうこともありますよね。

相手からすると、もう終わった恋だし、友人の結婚を祝いたい気持ちで参列するのに彼女にそんなふうに思われていると思うと残念な気持ちになることでしょう。

また、そんな考え方をする女性に対して「自分がそんなことをする可能性があるから、自分を疑っているのでは」とあらぬ深読みをされて信頼関係が崩れてしまうことがあります。

ですが、一歩下がって男性を立てる女性の場合は相手を信頼しているので「楽しんできてね!」「お友達の門出を祝ってきてあげてね」と快く送りだしてくれることでしょう。

そんな女性に、男性は「良い彼女だな」と誇らしく感じると同時に、自分も彼女がそういう状況になっても信じようと思う心が芽生えるものです。

忍耐力のある女性

一歩下がって男性を立てる女性は、とても忍耐力のある女性です。

男性が急な用事や仕事でデートがキャンセルになることが続いても、相手の事情をよく考えて責めたりなじったりせずに、ジッと耐え忍ぶことができる女性です。

普通の女性なら痺れを切らして「また仕事!?」「私ってアナタにとって何なの?」と思わず言ってしまうような状況でも、相手のことを考えて自分我慢するということが出来るのです。

「大人同士でお付き合いをするとそんなこともあるよね」「彼にとって必要なことだから」と考えることが出来る一歩下がって男性を立てる女性はに、相手は「この子しかいない!」と思うことでしょう。

ちょっとやそっとではへこたれない

一歩下がって男性を立てるとなると、相手が自分よりも仕事や付き合いを優先させてしまってデートができないなんてことは何回かあることでしょう。

普通の女性ならひどく落ち込んでしまったり、相手の愛を疑ってしまうことでしょうが、一歩下がって男性を立てる女性はそれごときではへこたれたりしません。

相手のことを優先するのが一歩下がって男性を立てることにおいての「普通」なので、自分が後回しになってしまうことでも耐えようという心構えが出来ているのです。

そんな女性に、相手はいつも感謝して「こんなにも自分を優先してくれる彼女を大事にしよう」と思ってくれるものですよ。

自分よりも相手を優先できる女性

先ほどもお伝えしましたが、一歩下がって男性を立てる女性は自分よりも相手のことを優先できる女性です。

相手の考えや都合を第一に考え、相手のためになるなら自分のことはいいという愛情深い女性なのです。

男性には男性の世界があることをよく理解し、愛する男性の世界ややりたいことをやらせてあげるためには自分は後回しでも構わないという健気さがあります。

そんな女性と付き合った男性は、大きな愛を感じることでしょう。

自分を犠牲にできる

下がって男性を立てる女性は、相手のために自分を犠牲に出来る女性です。

基本的には相手に合わせ、相手のためを中心に考えられて、自分のことは二の次になっても構わないという女性なのです。

現代は女性も主張する時代なので「男のいいなりなんて古い!つまんない!」「女だって言いたいことはある!」「デートは女性の意見優先の方が楽しくなる」と考えている人もいることでしょう。

しかし、現代の男性でも「奥ゆかしく、尽くしてくれる女性」に憧れているものなのです。

自分のために女性が尽くしていることを思うと、愛おしく感じることでしょう。

また「自分を犠牲にすることは悪いこと」のような世の中の空気があります。

ですが、一歩下がって男性を立てる女性は、そんな流れの世の中の意見で相手が「女性に尽くさせている亭主関白」のような冷たい目で見られないように、ごく自然に相手を立てるように努めているものです。

一歩下がって男を立てるためにはどうしたらいい?

ここまでは、一歩下がって男性を立てる女性ってどんな人かということについてお伝えしてきました。

同じ女性から見ても、とてもデキた女性ですよね…!

母親のような包容力があり、相手のことを丁寧に見て考えてあげらるステキな女性であることがお分かりいただけたことかと思います。

自分のそんな女性になって、付き合った男性から大事に思われるようになりたいですよね。

ここでは、一歩下がって男性を立てる女性になるためにはどうしたらいいのかということをお伝えしていきたいと思います!

感謝すること

一歩下がって男性を立てる女性になるためには「相手に感謝する」いう気持ちを持つことがとても大切になります。

「やってもらって当然」「感謝は言葉にしなくても伝わるもの」と考えている女性は、まずは相手が自分のためにやってくれたことは当然のものではないこと、感謝は言葉にするのが確実であることなど、意識から変えなければなりません。

一歩下がって男性を立てる女性は普段から意識せずとも、感謝する気持ちを持っているものです。

最初のうちは意識しないと感謝することができないかもしれませんが、相手のことをよく見て、相手の気持ちをよく考えることが身につくと、自然と感謝する気持ちを持てるようになるでしょう。

また、自分に対してだけでなく、何事にも感謝の気持ちが持てる女性を見ていると「ステキな女性と付き合えたな」と男性はとても誇らしい気持ちになるものです。

感謝が出来る女性は誰からも愛されて好感を持ってもらえるものですよ。

愚痴ばかりこぼしてはいけない

イヤなことがあったりツラいことがあったりすると、女性はどうしても愚痴っぽくなってしまうものです。

女性会や友達とのお茶タイムなどで愚痴大会をしてストレスを発散している女性をよく見ますが、男性からは「なんか負のオーラが強い女性たちだな」と思われてしまうものです。

また、愚痴を友達にとどまらず好きな相手にまでこぼしてしまうのはいけません。

「今日、仕事で課長に怒られて…」「私の友達がとっても勝手な子で…」なんて話を聞かされても相手は困ってしまうものです。

相談ならまだしも、愚痴はアドバイスのしようがないし、実りがないので男性もどうしていいのかわからなくなってしまいます。

イヤなところをグチグチを言うだけではいけませんよ。

身を委ねる

一歩下がって男性を立てる女性は、基本的には男性に身を委ねることができる女性です。

「相手の決断や判断に任せっきり」「自分がどうするかを決めてくれる男性が好き」というよう依存心の強い女性とは違います。

自分の目で相手のことをよく見ているので、はっきりとした意思を持って相手に身を委ねています。

そんな女性の様子を見て、相手は「自分のことを信じて身を委ねてくれている」「自分のことを信じてくれているんだな」と感じるものです。

男性にとっては女性が全面的に自分の身を任せてくれるというのは、男をして頼りにされていると感じるのでとても誇らしいことでしょう。

大きな決断やいざというときには任せる

一歩下がって男性を立てる女性は、大きな決断やいざというときは相手を信じて任せることができる女性です。

例えば、相手が転職をしようかと悩んでいるとき、普通の女性であれば「私たち、もうすご結婚も考えないといけないのに、転職なんかして大丈夫?」「今の仕事は安定してるじゃん…今後どうするの?考え直したら?」と不安な気持ちを相手にぶつけてしまうものです。

男性としては人生の大きな決断を応援してほしいと思っているのに、応援どころか心配されてしまったり止められてしまったりするとガックリきてしまいますよね。

ですが、一歩下がって男性を立てる女性はよほどでない限り口出しはせずに相手の決断に任せてくれます。

「やってみたかったんだよね、応援してるよ」「私はアナタの決断に従うよ」と自分の決めたことを後ろ押しして任せてくれる女性に、とても救われることでしょう。

自分の意見もしっかり言う

一歩下がって男性を立てる女性は「男性に頼りきり」「相手の言いなりで自分がない」と思う人もいるかもしれません。

実際「一歩下がる」ということがよくわかっていなければ「とにかく相手に合わせる」「自分の意見は押し殺す」というふうに誤解してしまう人もいることでしょう。

確かに一見すると「男性優位」「女性は男性に従っている」というふうに見えるかもしれません。

ですが、一歩下がって男性を立てる女性は決して相手に従っているわけではありません。

相手のことをよく考えて尊重し、相手のことを優先しているだけで、必要なときは自分の意見もしっかりということができる女性です。

男性に対してもダメなことははっきり怒る

一歩下がって男性を立てる女性は、相手に歯向かわない、怒ったりしない女性であると思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

2人きりになったときは、相手に対してもダメなところはハッキリと怒るという一面も持っているものです。

一歩下がって相手のことをよく見ているので、相手の考えていることはもちろん、いいところや悪いところもよく知っています。

相手が自分でも気づいていないような悪いところにいち早く気付き、それを正すために相手に意見をすることだってあるのです。

相手は一歩下がって男性を立てる女性に怒られると、ショックを受けることもあるでしょう。

しかし、「この子がこういうんだから、そうなんだろうな…」と素直に受け止めてくれるものですよ。

男を立てる女性は一生大事にされる

一歩下がって男性を立てる女性…いかがだったでしょうか?

これまでの自分が一歩下がって男性を立てるタイプではなかった人にとっては「こんな女性になれないよ~!」「どちらかというと自分の方が大事なタイプだった…」と驚いたり反省したりすることも多かったのではないでしょうか?

男性から好かれている女性や世の中にいるステキなカップルの女性のすべてが、一歩下がって男性を立てる女性というわけではありません。

しかし、よくよく見ていると何らかの形で自分は一歩下がり男性を立てて、相手を優先することが出来ている女性はとても多いですよ。

一歩下がって男性を立てることができる女性は「自分のことをこんなにもよく見て考えてくれる子は他にはいない」「こんなステキな女性、絶対手放せない」と男性から一生大事にされるものです。

男性から深く愛されて幸せに暮らしていくためには、まずは自分がステキな女性にならなければいけません。

そんな女性になるためには自分の考え方や行動を変えていかないといけません。

でも、相手のことが大好き、大切、これからも一緒にいたいという思いがあれば自然とできることばかりです。

相手を尊重して思いやりを持っていれば、一歩下がるということは超人しが出来ないというわけではありません。

まずは相手のことをよく見て、自分の気持ちを抑えられる一歩下がって男性を立てる女性になって、ステキな恋愛できるといいですね。