新社会人といえば、社会に出たばかりの新米です。

だから仕事でたくさんミスをしたり、上司に失礼な態度をとったりしても、「まだ新人だからね」や「社会人1年目はできなくても仕方がないよ」などと上司や先輩は笑って許してくれることも多いでしょう。

しかしそれに甘んじていると、社会人として大切なことを学べないままで、社会人数年目を迎えた時には反対に「社会人として相応しくない言動や行動」で周りから叱責されてしまうことになります。

そんなことにならないためにも、今の内から社会人として相応しい振舞いや非常識な行動などについて知っておきましょう!

新社会人がついやってしまいがちな非常識な行動をまとめてご紹介します!

新社会人だからと言って大目に見てはいけない?!

新社会人とは、学校で言えば入学したての1年生です。

まだ社会のことなど何も分からず、ほとんど無知な状態と言ってもいいでしょう。

そのため会社で働き始めても、最初の内はミスばかりしてしまいます。

上司や先輩は、ミスをすれば当然注意をして、正しいやり方を教えますが、ミスをしたことに対していきなり怒鳴りつけてくるようなことはあまりないでしょう。

それは相手が、社会に出たばかりの新米だからです。

何も知らない新人相手に「何でできないんだ!」と怒鳴りつけたところで理不尽な怒りになってしまいますし、上司や先輩も新人の時代があったでしょう。

誰もが「最初の内はできなくても当たり前だ」と何かとミスを大目に見てくれることが多いです。

新社会人の立場の人も、最初の内はミスをしても上司や先輩が笑って許してくれれば、安心して仕事に励むことができるでしょう。

とはいえ、あまり大目に見ることが多過ぎても、それで新社会人が勘違いをしてしまうことがあります。

「ミスをしたところでそう怒られるわけでもないからいいや」と自分の仕事を軽く見てしまい、何年経ってもミスを繰り返すようになってしまうかもしれません。

そうなってしまっては、上司や先輩の「監督不行き届き」になってしまい、最悪の場合部下や後輩の責任を自分が被ることになってしまいます。

きちんと新社会人の内に育て上げるためにも、大目に見過ぎないようにしなければなりません。

新社会人は未熟

新社会人は未熟です。

人間で例えるなら、大人が一人前の社会人であり、子どもが新社会人です。

子どもの内はできないことが多くても当然と考える人が多いように、新社会人も仕事ができなくても当たり前だと誰もが考えていることでしょう。

だからこそ、上司や先輩も、新社会人がいきなりバリバリと仕事ができるとは端から思ってはいません。

例えミスをしても「ミスをして仕事を覚えていくものだ」と考えているでしょう。

年齢で見るならすでに成人している新社会人が多いですが、人としての一人前と、社会人としての一人前は別物です。

例え何歳であっても、自分が未経験の職種で働くことになったのなら、その職場では自分は新社会人同様に、何もかもができない状態なのが普通なのです。

でも礼儀や挨拶は出来て当然

いくら新米の社会人とはいえ、これまでにきちんと学校で勉強をして、それなりの礼儀やマナーを身に付けてきているでしょう。

「人に会ったら挨拶をしよう」や「人に迷惑をかけたら謝り、何かしてもらった時にはお礼を言おう」などのごく当たり前の挨拶や礼儀に関しても、学校や家庭できちんと学んできているはずです。

そのため、仕事は何もかもができなくても仕方ありませんが、最低限の礼儀や挨拶は出来て当然だと社会では考えられています。

とくに成人している人や、アルバイト経験のある人の場合には、それらの挨拶や礼儀は基本中の基本で、出来て当然のものです。

それすらも出来ていなければ、就職して早々に上司や先輩からの評価は悪くなってしまうでしょう。

人間としての常識は備えているべき

新社会人は既に社会に出ている人たちからすればまだまだ子どもで、未熟者に思えます。

しかし社会に出て働ける年齢になっている以上は、人間としての常識は当たり前に備えているべきでしょう。

歩きたばこをしないことやごみのポイ捨てをしないこと、会社で人に会えばきちんと挨拶をすることなど、「会社に勤めて何年目」というのは一切関係なく、人として当然備えているべき常識は、誰もが出来て当たり前なのです。

もしそれすらも出来ていないのであれば、仕事の出来不出来には関係なく、最初から上司や先輩の厳しい注意が飛んでくることでしょう。

また、上司や先輩に注意された時に、「まだ新社会人なので・・・」という言い訳も一切通用することはありません。

仕事が出来ないことと、常識が備わっていないことはまったくの別物であることをきちんと理解しておきましょう。

新社会人がやってしまいがちな非常識な行動10選

新社会人の頃には、自分でも分からないままに、さまざまな非常識な行動をとってしまいがちです。

一度誰かにそれを指摘されたら、余計な反抗心を抱くことなく、「これは社会人としては非常識な行動なんだな」と自分で理解して素直に改善させましょう。

そうすれば社会人数年目を迎える頃には、新人から見れば立派な一人前の社会人になっていることでしょう。

社会人特有のマナーやルールなどは、知らなければ非常識とされている行動をとってしまっても仕方がありません。

けれども知らずにやって怒られてから恥ずかしい思いをするよりは、最初から知っておいた方が非常識な行動をとらずに済みます。

すると上司や先輩からも「しっかりしているな」と一定の評価を得られることでしょう。

新社会人がどんな非常識な行動をとってしまうのか、以下に具体例を挙げていきます。

言葉遣いの間違い

学生の頃には、目上の人と言ってもせいぜい学校の先生や先輩くらいにしか、敬語で接する機会はなかったでしょう。

アルバイトをしていた人も、職場の店長や先輩に対して敬語は使っても、丁寧語の延長のようなもので、そこまで畏まった言葉遣いをする機会は少なかったことでしょう。

それが社会人になると、途端に堅苦しい敬語を使う機会が増え、言葉遣いも今まで以上に丁寧な言い回しをすることが多くなります。

最初の頃は畏まった敬語や丁寧な言葉遣いを使い慣れなくて、言葉遣いの間違いをしてしまうことがよくあります。

例えば顧客の電話対応をしている際に、自分の上司が不在であることを「上司は今お見えになりません」と言ってしまったり、「御社」を「ごしゃ」と読んでしまったりすることがあります。

これまでは少し丁寧な言葉遣いをすればよかったものが、いきなり畏まった言葉遣いになるため、どうしても新社会人の内は言葉遣いを間違えてしまうことが多いです。

ビジネス用語の漢字が読めない

社会人になると、メールや書面でやり取りをする際に、ビジネス用語の漢字が読めなくて困ってしまうことがあります。

ビジネス用語は普段使いをする言葉ではなく、また学生の頃にも使ってこなかったため、文字を見て一瞬「え、これ何て読むの?」と目が点になってしまう人もいるでしょう。

例えば「訃報」「為替」「所謂」など、知っている人は知っているけれども、知らない人は知らない漢字もたくさんビジネス用語として使われています。

自分のいる職場がメールや書面でのやり取りが多い場所であれば、必然的にたくさんのビジネス用語に触れることになりますので、最初の内はいちいち読めない漢字を人に聞く必要もあるでしょう。

敬語が使えない

学生の頃にどれだけきちんと勉強してきたかで個人差が出るのが、言葉の使い方です。

丁寧語や敬語、謙譲語などをきちんと学生の頃から身に付けてきている人は、社会人になっても言葉遣いで注意されることは少ないでしょう。

その一方で、きちんと言葉遣いについて学んでこなかった人は、社会人になってから敬語が使えずに苦労することが多いです。

第三者を前にして、自分の上司を「〇〇さん」と言ってしまったり、誰かに何かを言われ「畏まりました」と返すところを「了解しました」と返してしまったりと、敬語ではなく単なる丁寧語を使ってしまうという人も多いでしょう。

敬語は相手をきちんと敬って使う言葉なのに、それができなければ社会人としてはお話にならないでしょう。

上司や先輩から仕事を1つ教わる際にも、当たり前に敬語で話す必要があります。

それすらもまともに出来ていなければ、「学生からやり直せ」と怒られてしまうかもしれませんね。

上司からの食事などの誘いを即断る


一昔前の時代では、上司から食事に誘われたら、他の仕事をすべて後回しにしてでも上司に付き合うというのが普通でした。

けれど現代では、例え上司に食事に誘われたとしても、それよりも優先すべきことがあるのなら、断っても構わないという考え方に変わってきています。

上司は気を遣う相手ですので、例え相手が自分との仲を深めようと思って食事に誘ってくれているとしても、自分にとっては面倒でストレスにしか感じないこともあるでしょう。

しかし上司と上手く仕事で付き合っていくためには、たまには一緒に食事をする必要もあります。

一緒に食事をすれば高確率で奢ってくれますし、また普段は聞けない話を上司から聞く機会も得られます。

自分が会社で上手くやっていくためにとポジティブに考えられる人は、上司の誘いを断ることはしないでしょう。

けれども新社会人の内は、そうした上司との付き合い方についてもろくに分かっていないことが多いです。

そのため上司からの誘いを即断ってしまうことがありますし、断り方も「忙しいので」「用事があるので」と端的で、上司を気遣って上手く断ることをしません。

そのためせっかく誘ったのにすげなく断られた上司は、そんな新人を「可愛くないやつ」だと思うことでしょう。

上司によってはその時の不愉快な感情がその後にも影響して、仕事でまともに部下の面倒を見なくなってしまうこともあります。

そうした上司の性格や可能性を一切考えずに、自分の都合だけで相手を立てずに即誘いを断ってしまうのも、新社会人がやってしまいがちな失態の1つでしょう。

社会人らしからぬファッション

社会人になると、大抵の会社では制服が用意されています。

また、私服で働く職場もありますが、仕事をする上ではそれなりに相応しいファッションというものがあります。

私服にどんな格好をしようが、それは個人の自由です。

しかしそのファッションを会社にまで持ち込んでしまうと、周りからはいかにも「非常識だ」という目で見られてしまうことでしょう。

例えば私服では派手な格好やゴシック風のファッションを好んでいる人でも、その格好で会社の入り口をくぐってしまうと、周りからは大いに悪目立ちをしてしまいます。

ロッカーで制服に着替えれば仕事中の格好は皆同じになりますが、もしも入り口のドアをくぐる私服の姿を顧客に見られていて、「あんな格好の社員を雇っているのか」とクレームを入れられてしまったら、会社のイメージダウンにも繋がってしまうでしょう。

会社とは仕事をする場所であって、ファッションを楽しむ場所ではありません。

会社に出勤する際には、それに相応しい格好がありますので、無暗やたらと目立とうとするのではなく、周りに溶け込むようなファッションで出社する必要があります。

しかし学生気分が抜けない新社会人の場合には、出社時にも平気で派手な服装をしてくることがあります。

香水は特に注意

女性の場合、好んで香水をつける人がいます。

しかし仕事中にも普段通りに香水をつけていると、その匂いが周りに充満して、嫌がられてしまうことがあります。

例えば飲食店のように食品を扱う職場で香水をつけていると、匂いが混ざったり食品に移ったりしてしまうこともあるため、香水をつけての仕事はNGです。

また、オフィス勤めであっても、自分では気づかない内に香水の匂いで周りに迷惑をかけてしまうことがあります。

接客業の場合、お客から香水の匂いでクレームが入れられてしまうこともあるでしょう。

香水はファッションと同じで、休日に楽しむものであり、仕事につけてくるものではありません。

どうしてもつけたい人は香り袋のように匂いが周りに広まり難いものにするなり、体臭のケアをこまめにするなどして、香水に頼らないようにする必要があるでしょう。

新社会人は公私混同しやすいため、うっかり職場に香水をつけていき、それを上司から注意されることもよくあります。

上司の悪口や噂話を面白おかしく楽しむ


学生の頃には、同級生や教師の悪口を友達同士で言い合って楽しむこともあったでしょう。

悪口を言っているのがもし本人にバレたとしても、せいぜいその人と仲が悪くなる程度で、さほど自分が酷い目に遭うことも、損な思いをすることもなかったことでしょう。

しかしそれが自分の勤める会社となると、人の悪口を言うことで自分の立場が危うくなってしまうこともあります。

例えば上司の悪口や噂話を同僚と面白おかしく楽しんでいれば、一緒に聞いていたはずの同僚が上司に密告をして、上司に呼び出されて叱責されてしまう可能性があります。

会社では学生の頃の友達のように、皆で仲良しこよしの関係を築くことはありません。

仕事内容によっては、常に同僚と仕事の出来を競い合って、周りの皆がライバルになることもあります。

そんな時に上司の悪口を言っていれば、ライバルである同僚は「相手を貶めるいいネタを掴んだ」とばかりにそれを上司に密告して、自分の立場を上げて相手の立場を下げようとするでしょう。

また、例え誰も上司に密告しなかったとしても、そうした悪口や噂話というのは必ず快く思わない人もいますので、そうした人たちから上司へと伝わることもあるでしょう。

その結果上司からの評価が下がってしまい、仕事に悪影響が出てしまうことも大いにあり得ます。