CoCoSiA(ココシア)

社会不適合者な人の15個の特徴

気が付くと自分の周りに仲間と呼べる人間がいない、相談しようと思っても本気で話せる友達もいない。新しく仕事をはじめても長く続かないで転職を繰り返してしまう…。

もしかしたら、それは「社会不適合者」と言われる人かもしれません。

社会不適合者の人の中には、自分のことを社会不適合者と思っていない人もいますし、自覚がある人もいるでしょう。

この記事では、社会不適合者な人の特徴をご紹介しますので、当てはまるか確認してみて下さいね。

【※補足※】
一口に「社会不適合者」と言っても色々なパターンがありますが、この記事では「性格が自分勝手だったりして、世間や仲間と上手く関係を築きにくい人」を対象として書いています。

ご自分で、「私は社会に適合できない人なのかも?」と思う方でも、精神的な面や障がいがあるためにそう思っている人は対象にはしていません。(そういった方々については、ご自分を責める必要はありませんし、世間と比較してどうこうと考える必要はないと考えています。)

また、最近の若い人の中では「ファッション社会不適合者」のように、「自分って社会不適合者だから…」と自慢気に社会不適合者を自認する人もいますが、そういった方々も対象とはしていません。

️社会不適合者の15の特徴

社会不適合者は、どんな人間のことを言うのでしょうか?

さっそく社会不適合者の15の特徴を紹介していきます。

1.人嫌い

社会不適合者には人嫌いな方もいます。

それは、人に裏切られた経験があるからという方もいれば、単純に他人に興味がなかったり、他人とコミュニケーションするのが嫌いという人もいるでしょう。

また、人の良いところを探すことができない、逆に人の悪いところばかりが目に入るから嫌になるという人もいるでしょう。

2.他人を信用できない

社会不適合者の中には、他人を信用できない人もいます。

他人を信用しないと仕事でも支障がでてしまいます。

他人を疑っていることが態度や表情に出てしまい、その結果として相手から嫌われたり避けられるといった、負のスパイラルに入ってしまうことも多いでしょう。

【他人を信用できない人は、こちらの記事もチェック!】

3.人に合わせられない

社会不適合者は人と合わせることが苦手です。

「人が嫌いだから合わせられない」という人もいれば、「合わせたいと思っているけど合わせられない」という人もいるでしょう。

4.人を見下す

社会不適合者の人は、他人の気持ちを考えていないこともあるため、人を小馬鹿にしていると思われることもあります。

5.常に懐疑心を持つ

社会不適合者の人は、常に懐疑心を持つ場合もあります。

ですから友達や信頼できる仲間ができにくい人もいるでしょう。

自分の心を見せなかったり、本音で話すことができないのは相手に懐疑心を持つからです。

「この人に相談したら、きっと周囲にバラす」「きっと心ではバカにしている。」と考えます。

相手が心を開いて近づいてきてくれて、仲良くなっても懐疑心を持つかぎり、本当の友達にはなれません。

せっかく近づいてきてくれた友達も、いつまでも懐疑心を持つ相手に嫌気を感じて離れてしまいます。

そうすると離れた相手に対して「やっぱり、アイツは信用できない」と思ってしまいます。

6.周囲の人を大切にできない

周囲の人を大切にできないというのも、一つの特徴です。

「自分のことしか考えていない」ために、相手の気持ちを考えられなかったり、気遣いをできないケースが多いでしょう。

7.嘘つき

平気で嘘をつく人も、社会不適合者と言えるでしょう。

「周囲が何を感じるか?」よりも「自分がどう思われるか?」が大切なためにそうなっていることもあるのでしょう。

嘘も方便という言葉もありますが、社会不適合者は許される嘘と許されない嘘の境もわかりません。

例えば、同じ嘘でも笑える嘘と笑えない嘘があります。

最近でTwitterの事件「動物園のライオンがオリから逃げ出して駅前にいる」ことツイートをSNSで発進することで、周囲が混乱することが分からないのです。

8.なんでも言い訳する

なんでも言い訳をするのも、1つの特徴と言えるでしょう。極度に毎回言い訳を作ったり、自分が都合悪くなるとすぐに言い訳をすると、周りと上手くやれない人だと思われてしまいます。

自分の非を認めずに、まず「いや、それは・・・」「でも・・・」と発言の前に否定を一言。「いや、それは〇〇がやってしまったことなので・・・」「でも、それは私じゃなく〇〇が・・・」と言い訳をします。