なにかスキルを得るために学校やレッスンに通っている方は、「習得」「修得」の文字をチラシや教室、ホームページなどでよく目にしているかもしれませんね。

学生時代のカリキュラムや習い事でもよく見かける言葉だったのではないでしょうか。

「習得」と「修得」は、読み方は同じ「しゅうとく」です。

意味も、どちらもなにかを教わって自分の身につけるということを指すので似ているような気がしますが、どういう使い分けがされている言葉なのでしょうか。

ふたつの言葉の違いを説明することができますか?

普段よく目にしている言葉なのに、改めて意味を問われると「あれ?どういうことなのかな?」と思ってしまうこともよくあるのではないでしょうか。

今回はまず、「習得」と「修得」の違いについてご説明していきましょう。

習得とは?

それではまず、『習得』という言葉から見ていきましょう。

漢字から見ると、習って得るということになりそうです。

読み方「しゅうとく」

読み方は「しゅうとく」です。

しゅうとくという言葉は、習得や修得の他にも拾得、収得などの言葉がありますね。

どれも、なにかをして得る、という意味になってきます。

意味「学問、技芸などを習って覚えること」

習得という言葉は、技術・技芸を習って覚えることや、覚えて身につけることを指します。

運転免許やスキューバダイビングなどのスポーツ系統のライセンス、小型船舶免許、空手や剣道のような、高い技術が必要で、習って体で覚え込むことが必要な免許、武道、操縦などに関して「習得」という言葉を用いることが多いです。

経験を通して習い覚えること、という意味なのです。

師匠や先生がいて、教えてもらって習い、知識や技術を得るということですね。

修得とは?

では、次に『修得』です。

修めるという漢字ですね。

修めるには修得する、きちんとする、整える、といった意味が含まれています。

読み方「しゅうとく」

こちらも読み方は「しゅうとく」です。

意味「学問、技芸などを学んで会得すること」

修得という言葉の方は、学問や学業について学んで身につけるという場合に用いられます。

『修』という漢字に「学ぶ」という意味があるのです。

『修学』『履修』など、学業で使われる単語にもしばしば『修』の文字は出てきますね。

たとえば大学で「○○の科目を『しゅうとくする』」というときには、『修得』の方を用います。

習得と修得の違いは?


普段意識していないと、修得と習得の違いはいまいちぴんと来ないかもしれませんね。

たとえば自動車教習所でも、「運転技術を習得する」と言いますが、「教習を修得する」という場面もあり、ふたつの言葉が使われています。

どうやって使い分けているのでしょうか。

1.習って覚えるか、学んで覚えるか

さきほどご紹介したように、習得という言葉は、技術・技芸を習って覚えること。

修得という言葉の方は、学問や学業について学んで身につけるということです。

習得は習いながら

習得というからには、習いながら得るものです。

自動車教習所の例でいえば、運転技術を覚えるためには実技を習わなくてはなりません。

教習車に乗り、助手席に教官に乗ってもらって実際にハンドルを握りながら、ブレーキのタイミングやウィンカーの出し方などを教官の指示に従い実際にやってみながら少しずつ覚えて身につけていきます。

修得は学びながら

こちらは修める、得るという意味ですから、学んで得るということになります。

もちろん自動車教習所で実技をしながら教官から習いつつ得るということで、この場合は習得で正解なような気がしますよね。

しかしたとえば学科の方なら、修得の方が正しそうです。

先生から教えてもらうのだからこちらも習得かな?と思うかも知れませんが、学問であり習うというより学んで得る場合には、修得の方がぴったりです。

2.学業を指すかどうか

漢字の意味から考えて『修得』と『習得』のふたつの言葉は似てはいますが意味は微妙に異なる言葉です。

ただ、厳密な使い分けは現代ではだいぶあいまいになってしまっています。

基本的には、学業であるかどうかがポイントになるでしょう。

学校の単位や科目などは修得になります。

自動車免許を取るために自動車教習所に通って習うという場合でも、運転技術を習うというときは習得を使うことがほとんどです。

ですが、一部では『修得』が使われていることがあります。

これは、学科であり試験もあるために学問とみなされているということなのです。

他にも、医療技術を習う場合はたいていが『修得』です。

技術ですし実習などもありますから習う方の『習得』が正しいようにも見えますが、基本的には医療技術は大学の医学科へ進むなどして学校で学ぶ学問なので、修得の方が使われることが一般的なのでしょう。

学生ではなく既に医師免許を取得して医師として働いている人が、なにかの研修で最先端技術を学ぶなどという状況では、逆に『習得』が使われることが一般的になります。

習得は全般的なもの、実務・技術・操作方法など

使い分けについて絶対的な決まりはなく、漢字の意味を考えて使い分けるということも現代ではだいぶ薄れてきていますが、基本的には「習得」は、習って得る技術などに使われるものです。

車の運転や飛行機の操縦、最近ではドローンの操作方法などもこれに含まれるでしょう。

カメラの使い方やパソコンの操作方法なども「習得」です。

その他、ギターの弾き方やカリグラフィーの書き方などの技術も「習得」ですね。

修得は学業・学問、教科・科目・知識など

学問や学業、学校で習うような、国語や体育、法律、医学などといった教科や科目などは「修得」を使うことが一般的です。

単位の履修、修学旅行など、学ぶという場面では「修」の漢字が使われます。

学校以外でも、個人的に勉強をして得た知識などについても「修得」を用いることが多いでしょう。

「弁護士になるために勉強をして知識を修得する」「資格試験のためにテキストを購入して知識を修得する」などといった使い方をすることもあります。

「修得」という漢字の性格上、「学ぶ」という意味あいが強くなるためです。

ビジネスマンが習得しておきたい4個のスキル

さて、ではスキルについては主に「習得」を使うというところを解説いたしましたが、ここからはビジネスマンが「習得」しておくと役に立つおすすめのスキルについてご紹介していきます。

どんな業界で働いているか、どんな部署で働いているかなどによって必要なスキルは異なってきますが、一般的にどんな業界や部署でも役に立つようなスキルなら、習得しておいて損はないですよね。

お仕事によっては、30代を過ぎると管理職を任されてより多くの人と接したり、部下をもって管理指導したりする必要も多くなってきます。

お仕事の幅が広がったり、会社からかけられる期待も大きくなったりもするのではないでしょうか。

より上を目指すためのひとつの方法として、スキルアップはとても大切です。

お仕事以外の部分でも役に立つこともあるはずなので、ぜひ身につけてみましょう。

1.ビジネスマナー


ビジネスマナーとは、ビジネスで求められるスキルの中でもっとも重要なスキルである、と言っても過言ではないかもしれません。

まず初めに身に付けておきたいスキルですね。

新入社員にもまずビジネスマナー研修を受けさせるという会社も多いでしょう。

社会人になったからには、今までの学生気分や学生同士での常識とは少し異なる、ビジネスで通じる一般的なビジネスマナーを身につけなくてはなりません。

新入社員の、そして社会人の礼儀であり、第一歩とも言えるでしょう。

業務を遂行する上で基本的なこと

ビジネスマナーというのは多岐にわたります。

人によっては、とても難しく感じる人や、場合によっては嫌悪感を覚える人もいるかもしれません。

毎年のように新入社員に対して「今年は○○タイプ」のように揶揄しながら、最近の若いものはやる気がない、使えないなどのように言う上司たちも存在します。

インターネットの記事でまとめられることもありますよね。

そんな状況では、ただでさえ新入社員で初めてのことばかりで緊張しているのに、より意識して、かしこまりすぎてしまう人や、気を使いすぎで疲れてしまう人もいます。

世の中には変な自分だけの考えを「常識」「マナー」として押し付けてくる人も存在するので、あまりそういったことまで気にする必要はありません。

ビジネスマナーとはなぜ必要なのかということをまず考えてみましょう。

業務を遂行する上で基本的なことであり、それがあることで業務が円滑にすすむもの、それがビジネスマナーです。

基本的となる知識や動作

ビジネスマナーで必要なのは、基本中の基本である基礎知識です。

たとえば朝出社したら「おはようございます」。

退社するときには「お先に失礼します」。

なにかしてもらったら「ありがとうございます」。

同僚に声をかけるときにいきなり自分の要件を話すのではなく、「今よろしいですか?」と相手の都合を確認するために声をかける、などのちょっとしたあいさつの言葉はとても大切ですね。

幼稚園などでも、こんにちは、さようなら、いただきますなどのあいさつはきちんと言うようにと先生たちに言われたのではないでしょうか。

幼稚園で言われたはずのことが、大人になってもできない人というのは残念ながらたくさんいます。

大人になったからやらないという人もいるでしょう。

でも、ビジネスマナーとしてだけではなく人間として、あいさつをきちんとするということはとても大切なことです。

きちんとしたあいさつをすることで人間関係が円滑になりますし、信用を得やすくもなります。

ビジネスマナーの研修などでよく言われることには、『表情』もあるでしょう。

仏頂面をしていたり相手の目を見なかったり、というのではなく、基本的には口角をあげて笑顔で話すように指導されるのではないでしょうか。

表情というのはとても大切なものです。

同じ「おはようございます」の挨拶をされるにしても、むすっとした表情をした人から「おはようございます」と言われるより、にこにこ笑顔の人から「おはようございます」と言われた方が晴れやかな気分になりますし、こちらも笑顔で「おはようございます」と返せるのではないでしょうか。

表情というのは話す時の声や喋り方の抑揚にも表れるものです。

面と向かって話しているときだけではなく、電話で話しているときでも笑顔で話した方が、相手に好印象になります。

たとえばコールセンターのような、電話で話していて電話口のお客様には顔が見えないお仕事でも、表情は気にするように指導されます。

目の前に鏡を置いて、常に自分が笑顔で話すことができているかどうかをチェックできるようにしているケースも多いです。

これは実は、相手のためだけでなく、自分のためにもなります。

というのも、とくになんとも思っていないときでも、口角をあげるだけで気分は高揚するという実験結果があるのです。

正に「笑う門には福来る」ですね。

悲しい気持ちでも、なんにも思っていないニュートラルなときでも、笑顔になることで気持ちが楽しくなります。

笑顔まで作らずとも、口角を上げるだけでも効果があるそうなので、心がけてみてはいかがでしょうか。

態度や身だしなみも、ビジネスマナーとして重要なポイントです。

相手がどのような立場の人でも、性別や年齢、国籍などに関係なく不愉快な印象を抱かせないような態度や身だしなみ、言葉づかいを身に着けておくと、ビジネスでは有利に働きます。

会社の雰囲気や仕事の種類、自分の立場などによって多少左右はされるでしょうが、それとは関係なく一般的なビジネスマナーにおける身だしなみにそろえておくのが一番妥当でしょう。

このような「あたりまえ」のことに気を使うことを、全般的にビジネスマナーと呼んでいます。

あたりまえなことだけに、きちんと意識しないとできていなかったり不十分だったりと、自分では気づけないこともあります。

ビジネスマナーのスキルを習得しようと考えるなら、意識してするのではなく、なにも考えなくても自然に行動ができてしまうところまでレベルアップさせるのが良いでしょう。

自分が習得することをゴールにするのではなく、習得して部下など他人に教えることができるレベルにまで高めることをゴールにすると、より高いレベルでスキルアップすることができます。

意識的有能(知っていて、考えるとできる)ではなくて無意識的有能(知っていて、考えなくてもできる)という状態が良いですし、無意識的有能に意識的有能(知っていて、考えなくてもできる。

人に教えることもできる)になるのがベストですね!

ここまでいけば、気が緩んだ時にうっかりマナーにはずれた言動をしてしまうというようなこともなく、ナチュラルにマナー通りの言動をすることができるでしょう。

「ビジネスマナーが身についている」と言えるでしょうね。

ビジネスマナーで資格を取りたいと考える場合は、『ビジネス実務マナー検定』『ビジネス電話検定』『秘書技能検定』などがあります。

『ビジネス実務マナー検定』も『秘書技能検定』も、どちらも『公益財団法人 実務技能検定協会』が実施している検定試験となっています。

ビジネスマナーは資質や実務、コミュニケーションなどの能力が試される検定内容となっています。

1~3級まであり、3級は基本的に選択問題なので、過去問題集を勉強してチャレンジがてら3級から受けてみるのも良いでしょう。

1~2級だと穴埋め問題や箇条書きで回答する記述式の問題が増えてくるので少し難しくなってきます。

1級ではビジネスマナーがきちんとした話し方ができているかをチェックするために、スピーチテストもあるので更に難易度はあがってきますね。

秘書検定も資質やコミュニケーション能力が必要とされます。

ビジネスマナーと比較すると、職務についての知識やマナー、接遇態度なども出題範囲になっているところが少し異なってきます。

準1級から面接試験もありますし、対人マナーだけではなくお礼状の書き方や敬語の使い方などの実務能力が必要です。

どちらの検定もマナーという点では内容はかぶっていますが、検定の名前のとおりビジネスマナー検定は「ビジネスマン全般」が対象であり、秘書検定では「企業の役員秘書」に見合った内容となっています。

職場内での協調性や訪問先でどのように振る舞うかなどが重要になるのがビジネスマナー。

それに対して秘書検定では、役員宛てのお客様に対する対応や役員に対しての対応が注目される検定内容となっているところが大きな違いです。

社会人としての基礎知識を学び資格をとりたいというときには、まず『ビジネス実務マナー検定』から始めるのがおすすめと言えるでしょう。

長くひとつの企業にいる人だと、自分ではできているつもりでもそれはその会社独自のカルチャーであり、世間一般では通用しない知識であることもしばしばでてきます。

今後転職や独立を考えている人など、一般的な広く使える知識が必要な方は、こうした資格試験の習得を通じて一般常識を改めて学び直すというのも大切なことではないでしょうか。

更に一歩すすめて、VIP対応も自信を持ってこなせるようにしないという方は、秘書検定も受けてみると良いでしょう。

検定の知名度からいうと秘書検定の方が比較的名前を知られており、秘書検定を持っていればある程度「すごい」と思ってもらえそうです。

知名度が高い分秘書検定の受験者素はビジネスマナー検定の受験者の約12倍もいる年もあったほどだそうですよ。

その他日本教育実務協会による『ビジネスマナースペシャリスト』、職業教育・キャリア教育財団による『ビジネス能力検定』などもあるので、自分に合った検定を探してみてください。

2.コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、相手とコミュニケーションを図り円滑な意思疎通を行うためのスキルです。

ビジネスではもちろん、プライベートでも日々必要とされるスキルですね。

【コミュニケーションスキルを磨くには、こちらの記事もチェック!】

対人関係を円滑に

コミュニケーションスキルがあれば、周囲の人との対人関係が円滑に運びやすくなります。

相手の話しをよく聞き、自分の意見を話す。

この、『聞く』と『話す』が基本のスキルとなります。

現在では実際に会って話したり電話で話したりすることだけでなく、EメールやFacebook、InstagramなどのSNS、LINEなどのチャットツールやSlackのようなコミュニケーションツールなどが普及しているため、『読む』や『書く』などのスキルも重要になってきました。

お互いの意思疎通を図りやすくする

コミュニケーションは大きく分けてふたつにわけられます。

言語(バーバル)コミュニケーションといって、言語を使って聞いたり話したりすることでコミュニケーションを行うやり方と、非言語(ノンバーバル)コミュニケーションという言語に頼らずに相手の表情や目の動き、態度を視覚から、話し方や声の抑揚、トーンやテンポ、発声の仕方などを聴覚からそれぞれ情報を得ることで、コミュニケーションを図るやり方とがあります。

メールやチャットなどで文字情報でやり取りしているときには聴覚情報はお互いに使えませんが、メールの文章の書き方、記号や改行の使い方などの視覚情報は参考にすることができます。

お互いにこうした多くの情報をやり取りすることで、相手のことを理解し意思の疎通を図りやすくするのです。

相手が発している情報だけにとどまらず、こちらから質問することで相手の情報を更に引き出すことも、コミュニケーションのひとつです。

成果に直結する重要な要素

コミュニケーションスキルが高い人は、相手が考えていることや相手の立場を思いやってコミュニケーションを行うことができるため、相手と良い関係を築くことができます。

適切な距離感でコミュニケーションが取れるので、相手からの信頼を失うことなく着実に信用を積み重ねていくことができるのです。

信用してもらえていて良い関係が築けていることは、ビジネスの関係ではそれだけで成果に直結する可能性の高い非常に重要な要素となります。

たとえば大事なプレゼンに遅刻してしまったとしても、日頃の行いがひどいものでクライアントに全く信用してもらえていなければ、たとえ天災や人身事故などのどうしようもないアクシデントで遅刻したとしてもネガティブなイメージに取られがちです。

しかしながら、良好なコミュニケーションを取れている関係であれば「○○線止まっているって言ってたよね。

ニュースで見たよ。

大丈夫、プレゼンの順番繰り下げておくから」と言ってくれることもあるでしょう。

ライバル社の提案と自社の提案でクライアント企業のみなさんが迷っているときに、良好な関係を気づいていたなら「○○さんの提案だから、○○さんに今回は任せてみよう」という話になることもあります。

普段から相手に興味を持ってきちんと話を聞き、相手の言いたいことを汲み取って理解し、かつ自分が伝えたいことも分かりやすく丁寧に話して伝えることができていれば、相手との信頼を築いていくことができるのです。

3.基本的なパソコンスキル

基本的なパソコンスキルは、大抵の仕事で必須事項になってきています。

業種によってはほとんど使わないことも多いでしょうが、必要な職場ではパソコンとパソコンスキルがないと全く仕事にならないほどです。

一昔前には『パソコンスキルがある』というと、今でいうシステムエンジニア・プログラマのような専門的な難しいスキルを求められることが多かったものですが、現代で求められているパソコンスキルとはそこまで専門的で高度なものではありません。

職種にもよりますが、なんらかの事務作業がついてまわる仕事についている場合は、MicrosoftのExcel、Word、PowerPointの3つがある程度使えれば、パソコンスキルがあると言って差し支えないのではないでしょうか。

文書作成

文書作成は、主にMicrosoftのWordやJustSystemsの一太郎、グーグルのGoogleドキュメントなどに代表される文章作成ソフトを用いて行うことがほとんどでしょう。

基本的にはまず文字入力をすることができればある程度ソフトを使うことはできるはずです。

ただ、単純に文字入力をするとは言っても、1分で10文字程度の入力ができる人と、1分で100文字程度の入力ができる人では、同じ時間をかけて作業をしても入力できる文字数に10倍もの開きがあることになります。

タッチタイピングができて入力ミスが少ないに越したことはありません。

さらに、単に文書を入力するだけでなく、それは議事録だったり企画書だったりとなんらかの書類であるケースがほとんどかと思われますので、それぞれの用途にあったみやすさやわかりやすさを兼ね備えた文書を作成する必要があります。

改行の位置や選択するフォント、フォントの大きさや色などに加えて、テンプレートを利用したり行間を整えたりセンタリングをしたりなどのレイアウト調整をする能力も必要でしょう。

内容によっては表を作成して挿入したり、画像を挿入したりする必要も出てくるはずです。

箇条書きやインデントなどを加えて見やすくすることも大切ですね。

相手に要点を的確に伝える文章力

また、文章能力も必要でしょう。

たとえば社内用の文書で議事録を作るとしても、話された内容をただただ羅列するだけではいけません。

要点を的確に、わかりやすく箇条書きにしてまとめるなどの能力も必要です。

話した人の話した順番のとおりにまとめるだけではなく、よりわかりやすいように構成を変えて整えたり、ケバ取りと呼ばれる無機能語の削除も必要です。

無機能語とは、たとえば「えっと」「あの」のような言葉のような発言者の口ぐせなどを違和感のないように省いていくことを言います。

「えっと、昨日の会議で決まった、いやおとといですね。失礼。一昨日の会議で決まった議題について再度検討する必要がでてきました」

と発言者が発言したとして、これをそのまま

「えっと、昨日の会議で決まった、いやおとといですね。失礼。一昨日の会議で決まった議題について再度検討する必要がでてきました」

と記してはいけません。

「本日は、一昨日の会議で決まった議題についての再検討をする」

というように文章を整え再構築することが望ましいのです。

パソコン自体にトラブルが生じた際に対処する操作スキル

またそれだけではなく、パソコン自体にトラブルが生じた際に対処する操作スキルもあるに越したことはありません。

たいていの企業ではIT担当部署や担当者がいるはずですので、不具合は担当者に問い合わせて解決してもらうことができます。

しかし出張中に会社支給のノートパソコンで作業をしているときにトラブルが起きることもあるでしょう。

会社によってはIT専用の担当者が配置されていないケースもあります。

そんなとき、ある程度の簡単なトラブルなら自分で対処できることが望ましいです。

Excelの計算結果がおかしい、という場合に、自分で関数がある程度わかっていれば、誰か他の人が作ったテンプレートに入っていた関数の不具合でも、自分でチェックして正しい数式に直すことができます。

日付をいれたはずなのに「44332」となぜか数字になってしまった、というときでも、知っていればセルの書式設定を修正して日付表示にすることができるでしょう。

パソコンを再起動してみる、検索エンジンで同じようなトラブルにあった人が対処法をあげていないか調べてみるなど、個人でとれる方法は意外とたくさんあるものです。

まったくパソコンを知らない人だと、インターネットにつながらない、Wordで画像を挿入したはずなのにどこかへ行ってしまった、という感じで、今までの経験則から解決方法を導くこともできません。

知っている人にきくしかありませんし、今の状況を説明するときにも「なにもしていないのに」「なぜか勝手に」「よくわからない」といった説明になりがちです。

プロでないと対処できないようなトラブルだったとしても、どうしてこうなってどういった対処法を試したのかは説明する必要があるもの。

それがわかっていれば調べることもできますし、知っている人に尋ねることもできます。

訊かれた方も答えやすいですね。

4.問題解決スキル

問題というのは残念ながら日々起こるものです。

仕事上に限らずプライベートでも問題は起きます。

こうした問題を解決したり回避したりする能力があれば、公私共に役にたつはずです。

問題解決能力に優れている人は、他の人よりも有利だとも言えるでしょう。

その能力で問題を解決できるだけでなく、周りから信頼され重宝されるはずです。

物事を論理的に考えて実行に移す力

問題を解決するには、物事を客観的にとらえて論理的に考えることが近道です。