最近泣いたのはいつですか?

この質問は大人になればなるほどなかなか答える事が出来なくなっていくものです。

子供のころは感情のままにどこであろうと泣く事が出来た人も、大人になるとそれが出来なくなってしまうのです。

つい人の目を気にして生きていくようになってしまうのです。

本来であれば、大人でも自分が悲しい・悔しいと感じる事があるのであればその気持ちのままに涙を流す事も良いのかもしれません。

けれど、社会的な対応を身に付ければ見つけるほど他人からの視線をきちんと感じる事が出来るようになってしまうので、結果的に自分の思ったままに動く事が出来なくなってしまうのです。

誰しも周りから浮く事は怖い事だと感じているのかもしれません。

だからこそ、他人の涙を見る機会などあまり多くあるものではありません。

ましてや、男性の涙など早々みる機会はないでしょう。

本当であれば、男性も女性も関係なく悲しい時には泣く事が一番です。

けれど、男性の場合『男は人前で泣くものでは無い』と言われて育った人たちもいます。

その場合、その教えが心のどこかに残っているとなかなか思い切って泣く事も出来ないのです。

今の時代『男だから』という考え方は流行りません。

古い考えだと言えるでしょう。

けれど、そうは言っても昔から言われている考え方をいきなり180度変える事は出来ません。

だからつい、男性の方は外で泣く機会が少ないのでしょう。

大人な男性が泣いているところってレアですよね!

普段生活している中で、男性の涙を見る機会などそう多くあるものではありません。

だからこそ、その見慣れない姿を見るとつい胸がキュンとしてしまうものです。

女性の多くは男性のギャップに弱いいきものです。

だからこそ、大人の男性が泣いていると頃を見ると思わずその人の事を好きになってしまう場合もあるのかもしれません。

普段から常に泣いているような人の涙は、見てもあまり心に響く事はないでしょう。

あまり見ない人の涙だからこそ価値があるのです。

まさにレアであればあるほど価値があるという事なのでしょう。

レアな涙に触れる事によって今まで感じたことのない感覚を感じる事が出来る事でしょう。

全く興味が無い相手だったとしても、その人の涙を見た事をきかっけ気にその人の事が気になるようになりそれが結局恋に発展する事だてあるかもしれないのです。

たかが涙と言われるかもしれませんが、その一つの涙によって相手に対する考え方が大きく変わる事があるかもしれません。

男性の涙で女子が胸キュンする4個のパターンって?

男性の涙を見る機会はそう多いものではありません。

だからこそ、そのレアなものを見る機会があると思わずその美しさに惹かれてしまうのかもしれません。

見る機会が少ないからこそ、より美化されているという事も考えられるのかもしれません。

男性の涙を見た女性の多くはキュンキュンとした感情を持つ事になります。

これは心が動いているという事であり、この気持ちが多くなるといつの間にか恋に発展しているなんて事もあるかもしれません。

いつどんなきっかけで恋に落ちるかなど誰にも分からないのです。

キュンキュンす涙にはいくつかのパターンがあります。

そのパターンを知る事によって、自分はどの涙に弱いのかという傾向を知る事が出来るようになります。

傾向を理解したからと言って、そう簡単に涙に出くわす事はないかもしれません。

けれど、好みを知る事は今後、何らかの役に立つ時もあるかもしれません。

感動している涙

物事に感動する気持ちは、男女関係ありません。

思わず涙してしまう事だってあるかもしれません。

悲しみの涙の場合、見ているこちらも辛くなってしまうという事もあるでしょう。

話しかけにくいと感じたりきゅんとする前にかわいそうだと感じる事もあるかもしれません。

けれど、感動の涙は違います。

どちらかというと、明るい涙なのです。

涙にもいろいろな種類があります。

悲しみの涙の場合には、周りにいる人も一緒に巻き込んで悲しい気持ちになてしまう場合もあります。

ネガティブな感情は他人に移りやすいので、自分のせいで周りの人を暗い気持ちにさせてしまう事もあるのです。

ですがその一方で、感動している涙は明るく前向きな涙です。

だからこそ、その涙を見る事によって自分も一緒に感動する事が出来る場合もあります。

どんな事に対しても心を動かす事は必要です。

沢山の経験を摘み多くの感動を蓄積した心は、さぞ素敵な進化を遂げる事が出来る事でしょう。

映画を観ているとき

映画の世界は基本的には作り物の世界です。

だからこそ、現実社会の話ではないので全く興味を持つ事が出来ない場合もあるでしょう。

ですが、その作り物の世界だからこそ感情移入したり夢を持ってみる事が出来るのかもしれません。

映画の世界に入りこんでしまうと、つい我を忘れてしまう事があるかもしれません。

それだけ心が夢中になっているという事は心が感動しているという時なのでしょう。

実際に経験する事が出来ないような事も、映画館で見る事によって疑似体験と言う形で自分の中の成長につなげる事が出来る場合もあります。

どんな内容のものでも構いませんので、自分が面白いと思った映画は沢山見るように心がけてみてはいかがでしょうか。

サプライズされたとき

サプライズとはドッキリのようなものです。

自分自身は知らされていないような事を、周りの人が何かをしてくれる時などに使う言葉です。

たとえば、何かのお祝いの席などで自分は全く知らないのにも関わらず、友達が大勢集まってくれるというようなものは勿論プレゼントをいきなり貰うなどもさサプライズの一種です。

サプライズは基本的に内緒で開催されます。

その為、自分の心の準備も何も出来ていない状態でその出来事は開始します。

だから、感動と驚きなど様々な感情が混ざり合う事になります。

結果的に自分でもなぜだかわからないような状態でも涙が出るようになるのかもしれません。

周りの人も、喜びつつ涙を流してくれると、そのサプライズがいかに嬉しかったのかという事を感じる事が出来ます。

大変だった準備も主賓が喜んでくれる事によて報われるように感じる事も多々あるはずです。

だからこそ、思わずサプライズされた事によって感動して涙している姿を見る事によって感動して、きゅんとしてしまうのかもしれません。

涙は悲しいときに出るイメージがあります。

けれど、嬉しいときにも涙は出るものなのです。

だからこそ、その綺麗で温かい涙を見る事によって思わず気持ちが綺麗になったような気持ちになる事が出来るのでしょう。

告白がOKもらえたとき

男性は、女性も意外とロマンチストなものです。

恋愛に対して夢を抱いていたり、恋に恋しているようなものなのです。

だからこそ、好きな人に対しても多くの夢を持ち、ロマンチストな行動を取る場合もあります。

その一つに告白があります。

告白は一斉に一度の大きなイベントです。

自分の気持ちを相手に伝えることによって、自分の気持ちが相手に伝わるかどうかが変わってきます。

そんな中で心を込めた、一生懸命にした告白が相手に伝われば嬉しいはずです。

上手くいかないと思っていた告白がうまくいけば、それだけで感動のあまり泣いてしまうかもしれません。

告白くらいで泣くなんてと思うかもしれません。

ですが、それほど心が綺麗だと言う事になるのかもしれません。

多くの男性がそういった傾向にあるかどうかは分かりませんが、少なくともそういった気持ちがある男性は優しく信頼できる人だと考える事が出来るのでは無いでしょうか。

試合に負けた時の悔し涙

試合に負けるのは、仕方がない事です。

人生の全ての試合に勝つ事ができる人など居ないのですから。

ですが、理屈で分かっている事でも、心が納得出来るかどうかは別の問題なのです。

一生懸命努力した事に対しては、誰もが結果を求めてしまうものです。

毎日毎日練習していれば、試合に勝ちたいと思ったとしても当たり前の事です。

試合に負けて泣く男性を見ると、中には弱い人だと思う人もいるかもしれません。

けれど、考え方を変えればそれだけ一生懸命努力をしたと言う事になるのです。

泣くほど悔しいと感じる事ができる事は悪い事ではありません。

悔しくて泣くと言う事は、それだけ頑張ったという努力の形なのです。

だからここ、それは素晴らしい事だと言えるのでは無いでしょうか。

小さいことでウジウジ泣く人は確かに弱いと感じる事もあるでしょう。

けれど、悔しいという気持ちがあるからこそ泣いてしまう場合には、それだけ強い気持ちを持っているという事になるのかもしれません。

彼女が泣いている時にもらい泣き


彼女が泣いている時には、是非慰めて欲しいものです。

一緒に話を聞いて、悩みを解決する努力をして欲しい物です。

その際、一緒に泣かれてしまうと何だかこっちが相談する事が出来なくなってしまい、引いてしまうなんて事もあるかもしれません。

だからこそ、彼女が相談して来た時に泣いてしまう男性に対して、情けないと感じることもあるでしょう。

けれど、それがその人の優しさだという事にもなるのでしょう。

例えば、話を聞いてくれてアドバイスをくれれば嬉しい気持ちになる場合もあるでしょう。

けれど、人によってはアドバイスを求めていない場合もあります。

ただ話を聞いて欲しい。

そんな時だってあるでしょう。

だからこそ、ただ一緒に気持ちを共有し、悲しみを共感してくれるだけで満足出来るという事もあるかもしれません。

その場合、彼女が泣いてる時に一緒に泣いてしまう男性もまた良い男性と言えるのかもしれません。

悲しい涙


悲しい出来事があれば、悲しい気持ちになる事は普通のことです。

そこに男も女も関係ないのです。

つい男性は強くあるべきだという考え方から、人まえで泣く事良くない事のように考えている人も居ます。

けれど、それはおかしな話です。

悲しいから泣く。

それは人間として当たり前の事なのではないでしょうか。

男性だけに限らず大人になると人前で涙を我慢するようになります。

そのせいで、感情を表に出す事が出来なくなってしまうのです。

確かに大の大人が人までわんわん泣く事は少々恥ずかしいと言われてしまう事もあるかもしれません。

いつもそれをやっていればさすがにおかしいと言われる事もあるでしょう。

けれど、いざという時。

どうしても納得できない場合や悲しいときなどは涙を流す事があったとしてもいいのではないでしょうか。

悲しい涙を流すという事は、それだけ心に傷を負ったという事なのでしょう。

その傷と向き合う為にも涙が必要になる場合もあります。

そんな時は、その涙をきちんと受け入れ自分の気持ちを整理する時間を取ってみる事も大切です。

それが例え男の人であろうと誰であろうと関係のない問題となるはずなのです。

彼女と別れたとき

人との分かれは寂しいものです。

その中でも彼女との別れは大きな分岐点となる場合が多々ある事でしょう。

自分がまだ彼女の事を好きだった場合、別れを切り出されてしまって悲しい気持ちになる事もあるでしょう。

どうにもならない現実に、全てが投げやりになってしまう事だってあるかもしれません。

失恋をすると、女性だって悲しくなり泣いてしまう事もあります。

男性もまた同じです。

悲しい気持ちになり、思わず泣いてしまうのです。

別れ話をしている際に、相手の男性に泣かれてしまうと、別れを決断する事を躊躇してしまう事もあるかもしれません。

男性の涙には、それだけのパワーがあると言えなくもないのです。

けれど、そこで許してしまえば同じことの繰り返しになってしまう事もあります。

悲しい事があれば、男だろうが女だろうが泣いてしまうのです。

ですが、その涙に流されて自分の感情を変えてしまうと結局後から後悔する事になってしまう事でしょう。

涙に弱い気持ちも分かりますが、そこでなんでも許してしまっては意味がありません。

さすがに泣きすぎ!女性が涙にキュンとしない瞬間

男性の涙は普段見る機会があまりありません。

だからこそ、見る機会が少ないものに遭遇するとゆい心が動いてしまうものです。

その涙に免じて怒りが収まる場合もあるでしょう。

更に、その人の事を好きになるきっかけになる事だってあるかもしれないのです。

けれど、それはあくまでも心がきゅんとした場合のみです。

場合によっては心がキュンとしない泣き方の場合もあります。

どんな出来事でも、なんでもいいという事はありません。

限度を超えてしまえば心がキュンとするどころか引いてしまう事だってあるかもしれません。

引いてしまえば、嫌いになってしまう事だって十分想像する事が出来るでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にもある程度限度を知っておく事は大切な事だと言えるのではないでしょうか。

男の涙=すべてが許されると思っているのは大問題です。

その勘違いが暴走するとかえって自の立場を危うくしてしまう可能性だってるという事を忘れずにいてください。

引くくらい号泣している

男の人でも泣きたい時もあるでしょう。

悲しい事や悔しい事があれば、つい人前であったとしても泣いてしまう気持ちは分からないではありません。

それが悪い事だと言いません。

人間だからこそ、どんな人でも感情はあるものなのですから。

ですが、それはあくまでも涙を流しても良いという話であり号泣しても良いと言う事にはなりません。

いくらどんな人が泣いても問題ないと言っても、大の大人の男性が周りが引くくらい泣いていたらどうでしょうか。

思わず周りの人がびっくりし、引いてしまう事だってあるかもしれないのです。

女性でさえ、引くくらい号泣している人が居れば周りから浮いてしまうはずです。

それを男性がやるといのですから、女性が引いてしまったとしても無理はないのでしょう。

泣く事は何の問題もありません。

悲しい気持ちがあるなら、その気持ちのまま行動してみるのも良いでしょう。

けれど、それはあくまでも『泣く』と言う行動を誰がしても良いという事です。

号泣する事が良いという事ではありません。

もし号泣したいくらい悲しいのであれば、他人の目に映らない他の場所に移動する事をお勧めします。

母親の名前を呼んだ

悲しいことがあり、涙を流す事は悪い事ではありません。

それは、感情の一つであり人間として当たり前の事です。

それが例え男の人であろうと関係ありません。

男の人が泣く事に対して抵抗がある人も居るかもしれませんが、それでもそういった感情がある事は当たり前の事なので気にする必要はありません。

ですが、問題はその泣きかたです。

原因が何にせよ、あまりにも大泣きをしている姿は素敵とは言えません。

いくら悲しい出来事があったとしても大泣きする姿に引かれてしまう事もあるでしょう。

更に、その泣いているときに母親の名前を叫んでしまうような事があれば、周りは更に引いてしまう事でしょう。

小さな頃にも、学校の先生の事をつい『お母さん』と読んでしまう出来事を経験したことがある人も居るのではないでしょうか。

それだけ毎日当たり前のように呼び続けている名前だからこそ、思わ図とっさに口からでてしまうのでしょう。

小さい子供であれば、周りも笑って笑って許してくれる事でしょう。

ですが、大人になるとそうはいかないものです。

お母さんが好きな事は全く問題ありません。

自分の親なのですから、当たり前の事です。

けれど、それがあからさまに出てしまうと「マザコン」というイメージが付いてしまいます。

マザコンのイメージは、多くの女性から嫌われる事になります。

例え普段どんなに男らしい行動を取っている人であったとしてもそのたった一度の間違いによって状況を悪くしてしまう事もあるのです。

話し合いにならない

泣き方も人によって様々です。

冷静に涙を流す人も居れば、大きな声を上げて泣く人も居るでしょう。

その場合、周りの姿が見えなくなってしまう事があります。

自分の悲しみで心がいっぱいになってしまい、それ以外の事を考える事が出来なくなってしまうのです。

泣いているという事は、なにか原因があるはずです。

何か悲しい事がある場合もあれば、悔しくて泣いているという事もあるでしょう。

時には彼女にフラれて泣いているなんて事もあるかもしれません。

どんな状況であったとしても、その理由を解決する為には話し合いをする必要があるはずです。

ですが、あまりにも大泣きしていると話し合いをする事が出来ません。

話し合いをするという事は、相手の話を聞く余裕を持たなければなりません。

その為には、泣き止む必要があるのです。

ずっと泣いて居ては、話をする事だって出来なくなってしまうのです。

周りから注目を浴びている

悲しい出来事はいつ起こるか分かりません。

だからこそ、家に居る時ではなく外にいる時にも何かをきっかけに泣きたくなってしまう事があるかもしれません。

我慢する事が出来れば一番ですが、我慢する事が出来ない時だってあるかもしれません。

そんな時、つい思いきり外で泣いてしまう事もあるかもしれません。

どんな状況で泣いたとしても、本来人には関係ないはずです。

自分の気持ちのままに行動する事も必要です。

ですが、その場合にも限度があるのです。

例えば、駅などで別れ話をしている時思わず悲しくなってしまう事があるかもしれません。

彼女に別れを切り出された事が辛く涙を流してしまう事だってあるかもしれません。

話し合いの中で泣いていたとしても、誰も目にとめる事はないはずです。

今の時代、他人にそれほど興味を持っては居ません。

話し合いの中で泣いていても目立つ事はないはずです。

けれど、その際大きな声を出したり大泣きをしていると周りの人から注目を浴びてしまう事になります。

余りに気持ちが高ぶってしまうと、つい周りの状況を忘れてしまうものです。

感情のままに行動する事によって、つい大声を出したり大泣きをしてしまう事があるかもしれません。

それをされてしまうと、一緒にいる彼女は余計に恥ずかしい思いをするはずです。

よけに別れたいと思われてしまう事もあるでしょう。

周りから注目を集めるほど泣いてしまうという事は、それだけ周りの状況を見る事が出来ていないという事なのでしょう。

そんな状況であれば、自分の気持ちにしか目が行かなくなってしまいます。

けれど、それでは周りの人に引かれてしまうのも当たり前だと言えるでしょう。

こっちを責めてくる

泣いていると、感情が高ぶってしまいます。

思わず普段言わないような事を口走ってしまう事だってあるでしょう。

本当は言わなくてもいいような事まで言ってしまう。

そんな事もあるかもしれません。

冷静になれば、どうしてそんな事を言ってしまったのかと反省する事もあるはずです。

悲しい気持ちのままに話しをしていると、思わず相手を責めているような言い方になってしまう事があります。

話し合いをしている最中にそんな言い方をされれば、話し合いの相手は嫌な気持ちになる事もあるでしょう。

自分としてはそこまで悪気が無いとしても、言われた方は嫌な気持ちになってしまう事もあるでしょう。

一度口からでた言葉は、取り戻す事が出来ません。

本当はそんなつもりでは無かったと言っても取り合えって貰えない事もあるでしょう。

そのせいで自体が余計に悪化してしまう事だってあるかもしれません。

男性が泣いている事すら珍しいのにも関わらず、その際に泣きながら周りの人を責めるような言い方をしていれば、情けない姿だと思われてしまいます。

そんな姿を見ている事によって引いてしまう事もあるでしょう。

泣くのは悪いことじゃない!涙がもたらす効果とは

涙を流す事には、抵抗がある人も居るかもしれません。

人によっては無理やりにでも我慢しようとしてしまう人も居る事でしょう。

男性だけではなく、それは女性であったも同じ事です。

けれど、涙を涙を流す事はそれほど悪い事ではありません。

涙を流す事によって、気持ちを落ち着かせる事が出来る場合もあります。

気持ちを切り替える事によって前向きに行動する事が出来るようになる事だってあるのです。

どんな事が原因であったっとしても、自分の気持ちを切り替える事が出来る事は素晴らしい事だと言えるのではないでしょうか。

涙の効果を知る事によって、今まで涙を我慢していた方も気軽な気持ちで涙を流す事が出来るようになるかもしれません。

所構わず泣く事はいこととは言えませんが、時には思いきり涙を流す事も良い効果を感じる事が出来る場合もあるはずです。

ストレス解消になる

涙を流す事によって、気持ちをすっきりとさせる事ができるようになります。

心の中に溜まっていたモヤモヤを減らす事が出来るようになる事でしょう。

そうする事によって、ストレスを解消する事につなげる事が出来るようになります。

ストレスは、今の時代誰もが感じている事でしょう。

どんなに幸せに暮らしているように見える人であったとしても、必ず何らかのストレスを持っているものです。

他人には分からない問題がそれぞれにあるはずなのです。

ストレスを貯めない事が一番大切な事です。

けれど、それはなかなか難しい問題でもあります。

だからこそ大切な事は、感じたストレスを解消する事なのです。

自分ではどうしようも無い問題にぶつかってしまうと、つい涙が出てしまう事もあるでしょう。

そんな時は思いきり泣いてみましょう。

そうする事によって心と体をリラックスする事が出来る場合もあります。

溜まったものはすっきりと外に出してしまう。

それが大切なのではないでしょうか。

スッキリする

心の中や頭の中がいっぱいになり、何をどうしたら良いのか分からなくなってしまう事があるかもしれません。

そんな時は、いろいろと悩んだところで逆効果です。

悩めば悩むほど、前に進む方法が分からなくなってしまうのです。

そんな時は心を無にしてとにかく思いきり泣いてみましょう。

何も考えず思いきり泣く事によって、自分の心をすっきりさせる事が出来る場合もあります。

つい泣く事は良くない事のように考えがちですが、実際はそんな事はないのです。

どうにもならないような出来事であったとしても、ただ泣くだけでも心が解放されすっきりとした気持ちで行動する事が出来る場合もあります。

何が効果を発揮するかは分かりません。

もう出来ない!もういやだ!!そんな風にすべてを投げ捨ててしまうような事があれば、とりあえず泣いてみましょう。

そうする事で冷静になる事が出来る場合もあります。

冷静になれる

辛い出来事が続くと、つい自分に起こっているすべての事を悲観して考えてしまうようになります。

まるで自分が悲劇のヒロインかのような気分になってしまうのです。

そうなってしまうと、何をしてもうまくいかないような気持ちになり、ひたすらに悲し気持ちが増幅していきます。

本当は大した事が無い出来事だったとしてもこの世の終わりかのようになってしまうのです。

そんな時は、一旦感情のままに泣いてみましょう。

涙を流す事を悪い事のように感じている人も居ます。

けれど、本当はそんな事はありません。

涙を思いきり流す事によって、急に自分の気持ちを冷静にする事ができる場合もあるのです。

悲しいなら悲しいなりに思いきりその感情を受け入れてみるのです。

思いきり泣いてみると、以外とすっきりしてなんであんなことで泣いていたんだろうと馬鹿らしくなる事も多々あります。

一番大切な事は冷静になる事です。

冷静になる事が出来なければ、自分の感情に自分自身が振り回されてしまう事になります。

そうなってしまうと、事態を更に悪化させてしまう事にもなるかもしれません。

冷静になる事によて、事態を抑える効果もあるのです。

彼が涙を流すのは心を許している証拠なんです

女性に比べ男性の方が涙を流している姿を見る機会が少ない傾向にあります。

だからこそ、涙を流している男性を見ると珍しいと感じる場合もあるでしょう。

その姿にびっくりしてしまうことだってあるかもしれません。

ですが、涙を流す事は悪い事ではありません。

それだけあなたに心を許しているという事になるのです。

男の人であったとしても、時には涙を流してしまうほど悲しい出来事にあう事もあるのです。

そんな時、心を許していない人の前では我慢するしかありません。

けれど、つい泣いてしまうという事は心をゆるしている証拠なのです。

外では強い自分を演じていても、心を許している人の前では思わず涙を流してしまう。

そんなことだってあっていいはずです。

女性の中には、涙を流している男性を見ると、ついきゅんとしてしまう人も居る事でしょう。

思わずその人の事を好きになってしまうことだってあるかもしれません。

それは、その人が心を許しているという事を感じる事によって思わずその人の事が好きになってしまうのかもしれません。

普段見る事の出来ない姿を見る事によって心が動いてしまう。

守ってあげたいと感じる。

そんな事が女性たちの中にも起こっているのでしょう。

男性の中には、外で涙を流す事に抵抗を感じる人も居る事でしょう。

勿論、大声で泣いたりすれば引かれてしまう事もあります。

けれど、本当に悲しい時や悔しいときなどは思いきり泣いてみてもいいのではないでしょうか。

そうする事によって、本当のあなたの魅力に気が付き好きになる人が現れるかもしれません。