CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

穏やかな性格の人の6個の特徴と心理。日々を穏やかに過ごす心得


皆さんの周りに穏やかな人はいますか?

やはり穏やかな人と一緒にいると自分も穏やかな気持ちになりますよね。

そのような人と一緒に過ごしたいと思うのも非常によくわかります。

穏やかな人が良い人であれば、争いもなく穏やかな友情関係を続けていくこともできるでしょう。

穏やかな人が恋人であれば将来家族を持った時も平和な家庭を築くことができます。

では、穏やかな人はどんな人だと思われますか?

穏やかな人の特徴などを色々と見ていきましょう。

穏やかな人は好まれることが多い?あなたの周りにもいませんか?

色々な人がいる学校や職場で、穏やかな人というのも一定数います。

もちろんそのような性格の人は職場に残らず、せっかちな人ばかりが残っているケースもあるかもしれませんが、大抵の場合は職場にもそのような人がいるのではないのでしょうか?

大半の人は穏やかな人を好む傾向にあります。

やはり、不要な争いは避けたいところがあるからです。

ただ残念なことに、そのような穏やかな人を食い物にする意地悪な人も一定数います。

ですので必ず好まれるかと言うと少々難しいところがあります。

ただ、そのような残念な人も一定数です。

やはり多くの人見る人は見ています。

意地悪なことをしたり嫌なことをする人は、周りの人もそのような厳しい評価をしていることもあります。

穏やかな性格の人の6個の特徴と心理!こんなことを考えている?

では、穏やかな人の特徴はどのようなところにあるのでしょうか?

またそんな人の心理はどのようなところにあると思いますか?
では一つ一つ見ていきましょう。

1.優しい


穏やかな人は大前提として優しい傾向にあります。

もしかしたら穏やかなふりをして腹黒いケースも一定数あるのかもしれませんが、そのような人はそんなに多くはないでしょう。

やはりそのような優しさがある人は人間として非常に付き合いやすいところがあります。

争いが好きではない

なぜ優しいのかと言うと、基本的に争い事を好まないからと言うのもあります。

好戦的な人からしたら、逃げているように見える傾向もあるかもしれません。

ですが、逃げるのは決して悪いことでは無いのです。

中国のことわざでも「逃げるが勝ち」なんていう言葉も言われています。

すべて戦う事はそんなに意味がなく、中国の戦略においても逃げる事は割と肯定的に捉えられています。

ですので争いを好まない優しい性格は多くの人に支持されています。

喧嘩などを滅多にしない

穏やかな人がよほどのことがない限りはそんなに喧嘩をしません。

そのような穏やかな人が喧嘩をすると、きっと皆驚くことでしょう。

そのような場合はたいてい相手方に大きな原因があります。

やはり、けんかっ早いとあまり良い感情抱かれる事はありません。

ですのでそれは頻繁だと少々警戒されてしまうところがあります。

具体例を挙げると、転職の経験が多い人は少々疑われてしまうところがあります。

さらには、それが上司などのお偉いさんとの喧嘩と言うことになるとなかなか採用されにくくなることでしょう。(ただ面接の時に正直にその事を言う人はいませんが…。たいていは取引先としてつながっていることでばれてしまうケースが多いです。)

ですので、そんなに喧嘩っぱやくない事は非常に評価されることではあります。

2.正直な人が多い


色々な人がいるので一概には言えませんが比較的正直な人が多いです。

著者の上の子はわりと穏やかなタイプだと思います。

今反抗期真っ盛りではありますけれど、そんなにきつく口答えをされた事はありません。

確かに穏やかで育てやすく良い子だなと思いますが、やはり先ほども少し申し上げましたように、意地の悪い子に目をつけられることが多いです。

そして彼女は嘘をつくのは苦手でした。

ですので、どうにかしてそのいじめっ子たちは上の子を誘い出して攻撃しようと必死でした。

そしてうまく断ろうとしても、その理由をつぶしてくるのだそうです。

ページトップ