CoCoSiA(ココシア)

婚活女の必死すぎる7個のNG行動!焦りすぎると男性も引く…!


女性が婚活に参加する理由はさまざまですが、どの女性にも共通しているのが「一日でも早く結婚したい!」という思いでしょう。

その思いが女性を積極的に行動させますが、だからといってあまりに婚活に必死になり過ぎると、かえって逆効果になってしまうことが多いです。

婚活に必死になり過ぎている婚活女のNG行動や、焦り過ぎるとかえって婚活が上手くいかない理由、また婚活を成功させるための秘訣について詳しくご紹介していきます!

この記事の目次

婚活が上手くいかなくてつい焦っていませんか!?

婚活を始めるきっかけは、誰でも「そろそろ結婚したい」という思いからです。

婚活初心者の女性では、初めの内は「まあ婚活すればすぐに結婚相手が見つかるでしょう。」と楽観的に考えていることも多いです。

しかし実際に婚活を始めてみると、なかなか条件の合う男性がいなかったり、結婚に踏み切れるような男性に出会えなかったりして、気付けば婚活を始めて何年も経ってしまっていることがあります。

時間が経てば経つほど当然自分も歳をとりますので、余計に自分の理想とする結婚相手に出会うことは難しくなるでしょう。

そうなると、段々と気持ちが焦ってきて、「早く結婚しなきゃ」という思いが常に頭を占めるようになります。

そして行動もガツガツとして、いかにも「結婚に必死な女」のオーラが出てしまいます。

必死さは自分では自覚していないことも多いため、周りが婚活に必死な自分をどんな風に見ているのかを気付くこともできないでしょう。

婚活女の必死すぎる7個のNG行動とは

欲しいものがあれば、誰でも頑張ってそれを手に入れようとします。

さらにその欲しいものが限定品だったり、手に入る時期が限られていたりすると、一層必死になってそれを手に入れようとしますよね。

婚活女性の場合には、その欲しいものが自分の結婚相手に当てはまります。

自分の年齢や、子どもを産むまでのタイムリミットがあり、さらにできるだけ条件のいい男性を求めようとすれば、当然必死になって自分をアピールして売り込もうとするでしょう。

しかしそのやり方によっては、あまりに必死すぎて男性から見た時にNG行動に思えてしまうことがあります。

男性が引くほどの行動をとってしまうと、まず婚活を成功させることはできません。

どんな行動が男性からは必死に映るのか、婚活女性のNG行動をまとめました!

紹介してもらえないか片っ端から声をかけまくっている

結婚相手との出会いはどこに転がっているかは分からないものです。

少しでもその可能性を広げようとして、自分の周りの人たちに片っ端から声をかける婚活女性が時々います。

しかしその行動は、男性にとっても友達である女性にとってもNG行動に思えてしまうことが多いです。

誰にでも「良さそうな男性がいたら紹介して」と声をかけている女性は、周りから見れば見境なく、誰でもいいように思えてしまいます。

また、会う人会う人に同じように言っている姿を見れば、その必死さに周りの人は呆れたり、引いたりしてしまうでしょう。

声をかける相手をある程度絞っているのなら、見境がないようには見えません。

しかし、自分の親戚や友人を始め、付き合いの深くない職場の同僚や初対面の相手に対してまでそんなお願いをしていると、「図々しくて迷惑な人だな」と思われてしまって、余計に誰も婚活女性へ男性を紹介してあげようとは思わないでしょう。

毎週のように合コンに参加している


婚活に必死な女性は、片っ端から声をかけるだけでなく、合コンに参加するなどして自分でも積極的に行動します。

その行動力は必要なものですが、毎週のように合コンに参加しているとなると、あまりに必死に思えてしまって周りは引いてしまうことが多いです。

月一の婚活パーティに参加する程度であれば珍しくはありませんが、ただの出会いの場である合コンにも頻繁に参加していると、「男に飢えている」「とにかく必死だ」というイメージがついてしまって、友人もその内婚活女性を合コンに誘おうとは思わなくなるでしょう。

とくに婚活目的で合コンに参加する女性の場合には、皆で楽しく飲んでいる時にも男性をいちいち値踏みしたり、いきなり結婚した場合の仮定の質問をし出したりして、場の空気を乱してしまうこともあります。

そのため、気楽に楽しく出会いたい周りの人たちにとっては、婚活女性の言動や行動は迷惑に思えてしまうでしょう。

合コンの日は化粧がバッチリで濃い

合コンは男女の出会いの場ですので、女性はある程度化粧を整えていこうとするでしょう。

その中でも、「今日出会った男性の中からいい人を捕まえたい」という気持ちが強い人は、それだけ気合いがメイクのノリにも入りますので、人一倍バッチリと濃くきめていくことが多いです。

化粧が多少濃くてもそれが似合っている人であれば、男性には魅力的に見えることもあります。

しかし「いかにもこの日のためにきめてきました!」というオーラがバッチリと出てしまっている女性の場合は、男性も「気合い入り過ぎ」とかえって引いてしまいます。

同じく参加した女性たちの中でも、1人だけ妙に化粧が濃くても浮いてしまって、男性からはモテなくなってしまうこともあるでしょう。

付き合っていない男に結婚後の将来の話をする

まだ付き合ってもいない関係の男性に対して、「もしも結婚したら~」と将来の話を振ると、男性は「この人は結婚に焦っているんだな」と鋭く勘付いて、女性から一歩引いてしまいます。

そもそも、女性がそうした未来の話題を振るのは、自分が結婚相手として候補に考えている男性相手であることが多いです。

「この人と結婚したら将来はどんな感じになるのだろうか」という強い興味から、あれこれと男性に結婚後の将来の話を振ったり、質問をしたりすることがありますが、それらは男性にとってはプレッシャーにしか感じられないでしょう。

第一、まだ付き合ってもいない関係なのに、もう結婚の話題を振られると、男性は女性の本気モードを恐ろしく感じてしまったり、重たく感じてしまったりして、その女性から逃げようとするでしょう。

婚活の場であれば、将来について質問されても、男性もそのつもりで受け答えができます。

しかし合コンや出会い系など、婚活以外の場所でそうした話題を振ると、周りの男性たちはこそこそと女性から逃げようとするでしょう。

それをもし必死で引き止めようとするなら、女性の婚活はますます上手くはいかないでしょう。

いいなと思う相手を質問攻めする

婚活に焦っている女性は、新しく男性と出会いがある度に、その男性を自分の結婚相手に相応しいかどうか見極めようとします。