突然ですが、男性の皆様に質問です。

あなたたちは、庶民的な女性と聞いてどのようなイメージを持ちますか?

良くも悪くも、様々な理由が挙げられるかと思います。

今回は、そんな庶民的な女性にスポットを当てたいと思います。

最近は、庶民的な女性がモテることをご存知でしょうか?

彼女たちが持つある特徴などが理由にあるようです。

とは言え、なぜ庶民的な女性に人気が集まるのでしょうか?

「庶民的な女性が男性にモテる14個の理由」と題しまして、庶民的な女性が持つ魅力などをご紹介します!

今の時代は庶民的な女性がモテる!

先にも書きましたが、最近は庶民的な女性がモテます。

それは、「親しみやすい」「飾らないところに惹かれる」など、様々な理由があるかと思います。

今現在景気が悪い時代だから、働き方も変わって格差社会で不安定だからなど、そうした要因にも左右されている部分もありそうですね。

そんな社会の荒波と言う「砂漠」の中で、庶民的な女性たちが「オアシス」のような存在となっているのかもしれません。

そもそも、「庶民的」とはどのような意味があるのでしょうか?

「庶民的」の意味や類語について、改めておさらいしてみましょう。

庶民的とは?

皆さんは、「庶民的」と言う言葉を聞いて、どのようなイメージを持ちますか?

そもそも、「庶民」とは「特別な地位や財産を持たない普通の人たち」を表す言葉です。

「一般庶民」と言う言葉を一度は聞いたことがあるかと思いますが、それと同義であると言えますね。

それは決して卑下(ひげ)した言葉ではありません。

普通であること、それがいかに恵まれていることなのか、そのことに気がつくか否かで大きく変化してきます。

何かしら心から満たされていれば、それこそが幸せの1つの形と言えそうです。

意味

「庶民」の意味と被りますが、「庶民的」とは「親しみやすい」「気取っていない」などの意味があります。

また、「庶民に近いさま」を表す言葉でもあります。

昔は、貴族や武士などの特別階級に対して、一般階級の人々を指す言葉として用いられていました。

庶民と一言で言っても、1人1人にそれぞれにしかないもの、成し得ないものを持ち合わせています。

なので、一括(ひとくく)りに「庶民」と表現することは、実は失礼なことであると言えますね。

類語

庶民的の類語には、「一般的」「大衆的」「民衆的」などがあります。

「一般的」は、「ありふれている」「普遍的」などを表します。

たくさんいる中の1人とも表されることもあります。

「大衆的」は、「多くの人」「社会の大半の割合を占める一般の人々」などを表します。

多数の一般人と割り当てられるようです。

「民衆的」は、「世間一般の人々」「国家や社会を構成する多くの人々」などを表します。

まさに、縁の下の力持ちですね。

これらを要約すると、「世間に多くありふれている」と言うことなんですね。

たとえ特別な何かがなくても、その多くの人々によって社会や世間が成り立っているのは事実です。

庶民的とは、特別なこと以上のものを持ち合わせている人たちのことを指すのかもしれませんね。

庶民的な女性が男性にモテる14個の理由!様々な特徴がある?


上記で、「庶民的」についておさらいしました。

一言で表すならば、「普通」と言うことでしょうか?

「普通」とは何か、その定義もまた人それぞれです。

特別なことがなくても、当たり前のように存在していて落ち着く、そう言った意味合いかと思います。

ここからは、さらに「庶民的」について深掘りしていきます。

庶民的な女性が男性にモテる14個の理由をご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう!

1.フレンドリー

1個目は、「フレンドリー」です。

フレンドリーとは、誰とでも分け隔てなく付き合えることを指します。

自分と気が合う人とだけ付き合うのではなく、全ての人に対して平等に接することができると言う特徴があります。

相手側にしても、自分に気さくに接してくれることはとても嬉しいことだと思います。

相手を嬉しい気持ちにさせてくれる、それがフレンドリーな人の魅力の代名詞とも言えるでしょう。

フレンドリーは、決して馴れ馴れしいのではありません。

全ての人を自分と対等な存在だと認識しているからこその行為です。

具体的には、下記に挙げる3つのポイントが当てはまりますね。

親しみやすい

1つ目は、「親しみやすい」です。

フレンドリーな人は、とにかく親しみやすいです。

まるで、以前から付き合いがあったかのように、自然と仲良くなれます。

それを違和感もなくこなせるのは、フレンドリーな人の持つ才能や魅力なのかもしれません。

相手に気負いさせることなく、スーッと相手の懐に入ってくる、まさに天性の才能ですね。

人見知りをしない

2つ目は、「人見知りをしない」です。

人見知りとは、赤ちゃんや幼い子供が知らない人に対して警戒したりして、時には泣いてしまうことを意味します。

大人の場合、自分の見知った人以外に心を開くのに時間を要することです。

つまり、「内気」「恥ずかしがり屋」と言うことですね。

しかし、フレンドリーな人は「人見知り」とは無縁です。

男女問わず仲の良い人がいる

3つ目は、「男女問わず仲の良い人がいる」です。

これは、フレンドリーで人見知りをしないからこそ成せるものです。

同性だけでなく、異性とも仲良くできることは、素晴らしいことです。

それは、性別に関係なく、1人の人として相手を尊重して認めていると言うことです。

きっと相手も同じように感じているのではないでしょうか?

同性にしても、異性にしても、相手に対する想いや信頼の強さがあってこそ仲良くなれるのでしょう。

2.外見より性格を見てくれる


2個目は、「外見より性格を見てくれる」です。

人は、相手の第一印象を見た目で判断する、その割合が何と約9割と言われています。

それは初対面だからと言えばそうかもしれませんが、肝心なのはその後からです。

見た目と中身は、必ずしも比例することばかりではありません。

たとえ第一印象が良くなかったとしても、付き合いを重ねるうちに、相手が持つ内なる魅力に気がつく機会があるでしょう。

庶民的な人は、外見だけで決めつけず、相手の性格を見てくれます。

内に秘めるものが、外見に滲み出ることをよく知っているからではないでしょうか?

それは、以下に挙げる理由がポイントと言えますね。

中身を知りたいという気持ちが強い

「中身を知りたいという気持ちが強い」これこそ、「外見より性格を見てくれる」の大きな原動力に成り得るのでしょう。

相手と交流していく中で、相手のことを知っていきます。

それでも、知っているようで知らないこともありますよね?

相手について知らないところがあるからこそ知りたいと思う、それは自然なことと言えますね。

相手の中身を知っていくにつれて、物理的よりももっと深く相手に近づけるのではないでしょうか?

そうして、お互いのことを知っていき、気ごころの知れた関係になることによって、お互いにとって心地良い関係が築けるのでしょう。

3.明るい

3個目は、「明るい」です。

明るいの定義は様々あるかと思いますが、ここで言う「明るい」とは、天真爛漫(てんしんらんまん)のような明るさのことかと思います。

妙にわざとらしい明るさではなく、例えるなら、まるで自身が太陽や向日葵(ひまわり)のように周囲を明るく照らす存在と言うのでしょうか?

その人がそこに存在するだけで、安心感を得られ、空間も人も和みます。

それは、決して相手に押し付ける明るさではないからです。

だからこそ、相手はその明るさを素直に受け取ることができるのだと思います。

例えば、以下のような場合が顕著に表れます。

落ち込んでいる時も元気に話かけてくれる

「落ち込んでいる時も元気に話かけてくれる」これには、どれだけ心が救われるでしょうか?

落ち込んでいる時、それは心身ともに辛い時間です。

自分で気持ちを切り替えることが不可能とまでは言いませんが、なかなか難しいものです。

できることなら、自分に構うことなく、放っておいてほしいとさえ思うこともあるでしょう。

そんな時、元気に話かけられると、まるで暗闇に一筋の光が差す感覚が得られるのではないでしょうか?

腫れ物に触れるような接し方ではなく、自然に話しかけてくれることで、その人から元気をもらえるような気がします。

4.飾らない

4個目は、「飾らない」です。

気合が入りすぎているわけでもなく、自然な雰囲気をまとっている姿が好印象につながるようです。

本人自身も飾らないことを全身全霊で楽しみ、ストレスを最小限に抑えることにも成功していることが多いです。

飾らない=等身大であることによって、相手も気負いすることがなく、付き合いやすくて居心地の良さを感じることができると言えますね。

本来であれば、自分を少しでも良く見せたいがために多少無理をしてでも飾ってしまうことが少なからずあるでしょう。

それが人に羨(うらや)ましいと思われたいがゆえの行動であるのなら、やがて自分自身を追い込んでしまうことにもなるでしょう。

そうなってしまわないためにも、過度な飾りは必要ありません。

自然体であること、それ以上に楽なことは他にない、そう言い切っても良いでしょう。

例えば、以下の2つのポイントが挙げられます。

ナチュラルメイクが多い

1つ目は、「ナチュラルメイクが多い」です。

ナチュラルメイクは「自然なメイク」と言うだけに、最もすっぴんに近く見えるメイクのことです。

かと言って、決してメイクの手を抜いているわけではありません。

本格的なメイクもそうですが、ナチュラルメイクもまた多くの手間がかかっていて、涙ぐましい工夫と努力によって成り立っています。

そうした努力を人に見せないナチュラルメイク、それは飾らないようでいて、一番その人らしさを表し、好印象を与える効果を持っていると言えますね。

派手な服を買わない

2つ目は、「派手な服を買わない」です。

つまり、地味な服や無難な服を選んでいるということです。

派手な服を全否定しているわけではありません。

が、特段に派手な服でなくても、人の魅力は引き出せるものです。

もちろん、着る人の好みにもよりますので一概には言えません。

それでも、派手ではない服を着回すこともまた、1つの才能ではないでしょうか?

5.素直

5個目は、「素直」です。

素直とは、「従順」「性格や態度が穏やかであること」などの意味があります。

そうした相手となら、陽だまりのように穏やかな時間を過ごすことができそうです。

自分を振り回すような刺激的な相手を恋愛に求めることもあるでしょうが、癒してくれるような素直な相手を求めることもあるでしょう。

自分に対して素直に接してくれる相手、それはどんな人よりも信頼できて、最も安心できるでしょう。

素直な人は、ムキになって反論することも、自分のミスをごまかすこともありません。

そうした姿勢も、相手から信頼される理由に成り得るのでしょう。

言い分があっても感情的にならず、低姿勢を崩さない、それは素直な人から相手に対する誠意の表れと言えますね。

6.優しい

6個目は、「優しい」です。

優しい人は、最も強い人と言っても過言ではありません。

相手に対して気遣いができる、思いやりの気持ちがあるだけでなく、相手のことを思って間違いを諭(さと)すなど、優しさの種類は無限大にあるでしょう。

優しくされることによって、自分も相手に優しくすることができる、そうした優しさの連鎖ができることで、お互いにとても温かい気持ちになることができます。

どんな自分でも、優しい人はきっと自分のことを温かく迎え入れてくれる、そうした確信にも近い気持ちが優しい人に気持ちが向く理由と言えるでしょう。

それもこれも、相手のことを考えることができるからではないでしょうか?

まるで自分のことのように、相手の楽しいことも辛いこともくみ取る、これは上辺だけではできないことです。

相手の喜びや苦しみを察することができるのは、自分自身がそうした感情を身に染みるほど理解していて、相手への想いにあふれているからこそだと思います。

7.浮気をしなさそう

7個目は、「浮気をしなさそう」です。

つまり、誠実な人に見えるということですね。

浮気は相手を裏切る行為であり、相手を最も悲しませてしまいます。

浮気をされてしまった時、相手を信じる気持ちは消え失せ、相手に対する想いは色褪せてしまうでしょう。

それだけ、浮気がもたらす余波は大きいのです。

なので、真剣な恋愛をしたいと思った時、浮気をしなさそうな相手を選ぶのも納得できますね。

相手のことだけを愛することができる一途な人、そんな人となら、愛を育んでいくことができるでしょう。

8.考え方に共感できる

8個目は、「考え方に共感できる」です。

「十人十色」とあるように、考え方は人の数だけ存在します。

自分も相手も、それぞれが正しいと思う考え方やそれに伴う理由を持ち合わせています。

主観がある以上、どうしても自分の考え方に沿って物事を捉えてしまうことも自然な成り行きと言えます。

それ自体が悪いのではなく、自分の考えだけが全てになってしまうことに問題があるのです。

それでも、「確かに!」「自分もそう思う」など、考え方に共感できる部分があると相手に親近感を持つことができます。

それによって、相手の意見にも耳を傾ける余裕を持つことができると言えそうです。

例えば、以下のポイントが当てはまります。

価値観や考え方が同じ

「価値観や考え方が同じ」これは、相手と心が通じ合うようで嬉しいですよね。

様々な価値観や考え方がある中で、自分と相手の価値観や考え方が同じであることは、まさに奇跡と言っても良いほどです。

まるで鏡のように、お互いの価値観や考え方が同じであることによって、自分の価値観や考え方に自信を持つことができます。

と同時に、お互いの価値観や考え方を尊重でき、より高め合っていくこともできるでしょう。

自分の価値観や考え方も持ちつつ、それに固執し過ぎることなく、さらに相手の価値観や考え方を受け入れる余裕を持てるようにもなるでしょう。

好きなことも、嫌いなことも、正しいと思うことも、おかしいと思うことも、全てのことにそれ相応の理由があります。

「何となくそう思う」の中にも、心の奥底に沸々とある感情がそう思わせる要因となっているわけです。

それすらも共有できることは、とても不思議なことであると言えますね。

9.平凡

9個目は、「平凡」です。

平凡とは、「特に優れたものはなく、ありふれている」ことを意味します。

つまり、「普通」と似たような意味合いと言うことですね。

とは言え、それがつまらないと言うことではありません。

むしろ、平凡だからこそ得られる「安寧」を求める人も少なくありません。

普通だからこその発想もあるわけなので、一概につまらないと一言で片づけるには惜しいものがあります。

それに、普通と言うのは、実はとても恵まれていることだと言うことに気がついている人も多いのではないでしょうか?

詳しくは、以下のポイントにて紹介します。

普通が一番という男性もいる

「普通が一番という男性もいる」です。

恋愛を意識するうえで、異性に対して刺激などを求めることはあります。

日常の中に刺激と言う名の「非日常」が入ることによって、特別感をより際立たせるのでしょう。

が、安寧などを求めるがゆえに、「普通が一番」と考える人も多くいます。

相手とゆったりした関係を築き、日常を穏やかに過ごせることに安らぎを感じられるようですね。

そもそも、普通の概念もまた人それぞれではあります。

強いて言うなら、「変わらない当たり前」でしょうか?

当たり前が変わらず存在する、それはまさに「安寧」の概念そのものですね。

10.庶民派デートを楽しめる

10個目は、「庶民派デートを楽しめる」です。

デートと言うと、つい奮発して高級感を演出したくなりますが、毎回高級な嗜好に凝ることはなかなか大変なことです。

結局のところ、デートに対して何を重要視するかと言うことではないでしょうか?

ベタな意見かもしれませんが、相手と一緒にいられる時間に重きを置き、特別な場所でなくても楽しいと思う人もいます。

普段から馴染みのある場所や好きな食べ物を一緒に楽しめること、これは庶民派デートでこそ味わえる醍醐味と言えます。

デートに限らず、相手への想いは、お金をかけるかけないに比例するものではありません。

お金をかけなくても楽しめることはたくさんありますし、2人にとって楽しいことが何よりではないでしょうか?

庶民派デートのスポットについては、下記にて別の項目でご紹介します。

11.贅沢しない

11個目は、「贅沢しない」です。

上記の「庶民派デートを楽しめる」にも通じる部分があると思います。

お金をかけることが贅沢、中身が満たされていることが贅沢など、贅沢の基準もまた人それぞれです。

どちらにしても、贅沢は「たまにする」くらいがちょうど良いかと思います。

贅沢を戒めているわけではありませんが、贅沢が当たり前になっていくと、現状に満足しなくなって、「もっともっと」と求めるだけになってしまうでしょう。

贅沢が当たり前になっていくと、相手にとっても大きな負担となっていき、当初の「相手を喜ばせたい」と言う気持ちからかけ離れてしまうでしょう。

2人にとって、最も大切な日だけに贅沢をすると言うのはいかがでしょうか?

12.小さなことでも喜んでくれる

12個目は、「小さなことでも喜んでくれる」です。

これを習慣化することによって、毎日が幸せに満ちていくでしょう。

些細なことでも喜びを感じ、相手に感謝の気持ちを持つことによって、自分の気持ちも満たされていきます。

全てのことは「当たり前」に成り立っているわけではありません。

当たり前にある1つ1つの物事やそれを成してくれる人全てに感謝する気持ちを持つことで、視野は大きく無限大に広がっていくでしょう。

「塵も積もれば山となる」と言います。

小さな喜びも、積み重なっていくことによって、自分の気持ちも毎日も喜びに満ちたものになっていくでしょう。

13.お金の管理がしっかりしている

13個目は、「お金の管理がしっかりしている」です。

将来結婚を考えた時、お金の管理がしっかりしている人になら、安心して家計をまかせることができるからです。

月に○万円など上限を設け、その中でやりくりをしていく、これは毎日の生活に必要なことです。

たまに羽目を外すことも悪いことではありませんが、生活に支障を来たしてしまうところまでいってしまうと要注意です。

同じ収入でも、家計によってやりくりの方法が違うように、お金の管理の仕方も人それぞれです。

あくまでも、無理のない範囲でやりくりを行い、慣れていったら少しずつ変えていくと良いでしょう。

それには、毎日家計簿をつけるなどして、数字で実感し、「必要なもの」「なくても困らないもの」などと仕分ける癖をつけるようにするのはいかがでしょうか?

アプリも良いですが、できれば手書きの方がさらに実感しやすくなるでしょう。

14.料理上手

14個目は、「料理上手」です。

料理が上手な人なら、相手の好きな料理やそれ以外の料理も作ってもらえるので、相手の胃袋をがっちりと掴(つか)むことができます。

外食やテイクアウトの料理とは違い、「自分にだけ作ってくれる料理」と言う特別感や相手が料理にかけてくれる愛情を感じることができるのが魅力的ですよね。

料理が上手な人は、料理が好きなのはもちろんのこと、食べてくれる相手への想いも深いのではないでしょうか?

自分が作った料理を食べる相手の顔を思い浮かべながら作る、それはとても幸せなことのように思います。

誰かのために何かをできることは、それだけで満たされて「やりがい」を感じられそうですね。

庶民的な女性が好むデートって?

上記で、「庶民的な女性が男性にモテる14個の理由!」をご紹介しました。

どの特徴も、自然体でいられる要素にあふれ、モテる理由に挙げられるのも納得できますね。

続きまして、そんな庶民的な女性が好む「デート」についてご紹介していきたいと思います。

今回は、5つのスポットをご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう!

動物園

1つ目は、「動物園」です。

動物園と言えば、子供の頃に家族と一緒に行ったり、学校の遠足で行った経験があるかと思います。

色々な種類の動物がいて、思わず童心に返ることができる場所ではないでしょうか?

動物が好きな人にはもってこいのデートスポットと言えますね。

動物には癒し効果もありますので、童心を楽しみながら、心も満たされると言う一石二鳥の効果が期待できますね。

また、カップルだけでなく、幼稚園児や小学生、家族連れも訪れるので、将来の自分たちのビジョンすらも想像しやすいでしょう。

手作りお弁当でピクニック

2つ目は、「手作りお弁当でピクニック」です。

ピクニックは、自然を体感できるだけでなく、気分をリフレッシュさせてくれます。

自然の中で食べるお弁当は、いつもより一味も二味も違って美味しく感じることができます。

それが手作りお弁当ともなれば、なお一層の効果が高まるでしょう。

手作りお弁当は、その人の料理の上手さや創意工夫を感じると同時に、やりくり上手も垣間見ることができるでしょう。

ピクニックに行く際、どこでも2人で座れるように「ビニールシート」、後片付けに使う「ゴミ袋」、ティッシュやウェットティッシュを持っていきましょう。

のんびりお家デート

3つ目は、「のんびりお家デート」です。

デート=外に出かけると言う決まりはありませんし、インドア派の方や人混みが苦手な方、ゆっくりと過ごしたい方におススメです。

それに、自分の家にしても相手の家にしても、お互いの距離がグッと縮まることができるでしょう。

お家デートのメリットは、コストが低いこと、普段の自分でいられる・普段の相手を見ることができるなどが挙げられます。

2人で好きなDVDを観るも良し、好きな料理を作って食べるも良し、ゲームで白熱のバトルを繰り広げるも良しです。

また、特別に何かをしなくても、2人でいられる時間を楽しむのも良いでしょう。

いずれにしても、のんびりお家で過ごせるデートもまた魅力的です。

居酒屋

4つ目は、「居酒屋」です。

居酒屋で美味しいお酒を飲み、美味しいおつまみなどを味わう、それが居酒屋デートの魅力です。

居酒屋であれば、それほど高いメニューはありませんし、お酒が入ることによって話しやすくなる効果もあります。

バーなどどは違って、それほど緊張することもなく、気軽にデートを楽しむことができるでしょう。

等身大で過ごすことができ、お互いの料理の好き嫌いなども知る機会にもなります。

映画館

5つ目は、「映画館」です。

デートスポットの中でも人気があって、一緒に臨場感を味わえることが魅力だと思います。

映画には様々なジャンルがあるので、好きなジャンルはもちろん、お互いにおススメのジャンルの映画を楽しむことも良いでしょう。

恋愛映画ならムードも高まりますし、アクション映画なら高揚感を味わえますし、ホラー映画なら何が起きるかわからない恐怖感を肌で感じることができます。

いずれにしても、大きな画面から繰り出される物語と映画館ならではの雰囲気が、2人の距離を近くしてくれるでしょう。

庶民的な女性になってみませんか?

以上が、「庶民的な女性が男性にモテる14個の理由」の紹介となりますが、いかがでしたか?

「庶民的」と言うのは、決して悪い言葉ではありません。

むしろ、飾らない姿勢や親しみやすい性格が、どれだけの人に安心感や親近感を与えてくれるかは、上記で紹介しました特徴などから見ても明らかではないでしょうか?

女性に限らず、好きな相手に少しでも自分を良く見せたい、好きな相手といつもと違う場所で特別感あふれるデートをしたいなどと思うことがあるでしょう。

それもまた悪いことではありません。

が、相手との将来を見据えた時、男性はどちらを選ぶでしょうか?

少しでも良い自分を見せるのも、特別感あるデートを楽しむのも、「たまに」の頻度がちょうど良いです。

特別より、毎日ある「当たり前」に人は安心を覚え、相手に信頼を寄せることができるのです。

庶民的な女性は、「当たり前」を自然体で表し、相手に安らぎを与えます。

まずは、何と言っても「自分自身が庶民的を楽しむこと」です。

女性の皆様、庶民的になろうと意識することも大切ですが、何よりあなた自身が「庶民的」を楽しむことから始めてみませんか?