CoCoSiA(ココシア)

ポジティブに生きるための11個のコツ(続き2)

しかし、中にはどっぷりネガティブな習慣に浸かってしまって、ポジティブに生きている人間を嫌う性格の人もいらっしゃるのです。

このような人はポジティブに生きている人を、一部の人間、もしくは、特別な人間と言うような感じに見てしまっているので、結構ねたむのです。

このような人の近くでポジティブに生きていても、ねたまれるだけでイイことはございません。

ネガティブ思考の人は、自分に持っていないものを持っている人間を許せない傾向があって、そのような人をつぶそうとさえ考えてしまうのです。

特に日本の場合、この傾向は田舎に強く、自分に持っていないものを持っている人間を見ると、自分の立場が危うくなるのではないかと危機感を持ってしまうので、つぶしに走ろうとするのです。

ポジティブに生きれば人生が楽しいとは言いますが、それまでにいくつかの障害があったり、困難を乗り越えなければいけないのです。

そこで負けてしまうと、ポジティブな人間になれずにもがき苦しんでしまうのです。

つまり、困難などの壁がポジティブになろうとする時に必ず邪魔をするのです。

これは何もポジティブを目指すにあたり起こることだけではありません。

何かを目指すにあたり困難などの壁にぶち当たるのは当然のことと言えます。

要はここから目をそらしてはいけないのです。

ここから目をそらすと、目標がぶれてしまってなかなか達成できなくなってしまうのです。

つまり、ポジティブに生きたければ、まずはどんな困難からも目をそらさずに立ち向かわないといけないのです。

その先に楽しい人生が待っていると考えるのが妥当です。

よく、楽していきたいと思う方は多いのですが、楽して生きるのと、楽しく生きるのは、文字は同じでもまったく意味合いが違いますよ。

ぜひ、楽しく生きましょう。

ポジティブに生きるための11個のコツ

それではここからはお待ちかねのポジティブに生きるためのコツをご紹介します。

ポジティブに生きたいと願う人は多いはずです。

そのためまずはコツを覚えましょう。

コツを覚えることで、このコツをまずはご自身が実践して、ポジティブな人間を目指すようにしましょう。

していくうちに習慣化してしまえば、ポジティブな人間になったとも当然です。

また、それでもなかなかうまく行かないと言う方は、ポジティブに生きるためのコツを持っている人を周囲の知人から見つけてそのような人と一緒に過ごす時間を増やしましょう。

そうすることで、ポジティブに生きている人の習慣が刷り込まれる可能性があるので、自然と習慣化される可能性があります。

要は何度も言いますが、習慣を変えるには行動を変えないといけないのです。

また、行動を変えるには、心を変えないといけないのです。

それだけ結構なお力を必要とするのです。

そこであきらめてしまうと、ポジティブな人間になれずにうじうじしてしまうのです。

立ち止まってしまうと人間は成長ができません。

つまり、あきらめは人生を終えてしまうようなことなのです。

スラムダンクにある名言で安西先生の「あきらめたら。そこで試合終了ですよ」言葉は、現実的な言葉と言えます。

漫画だけの世界で通用する言葉ではないのです。

ぜひ、あきらめて人生の試合を終了させないようにしましょう。

ポジティブに生きるためのコツは、大きくピックアップして11個あります。

何があっても笑う!


まずはどんなことが起きても笑って生きるようにしましょう。

そうすることで嫌なことでもプラスに考えることができますよ。

なぜかと言うと、笑うと言う動作の中にマイナスな要素は含まれていないからです。

とはいえ、失敗した後に笑ってなんかいると、相手からいいような感じに見られないのではと思う方は多いかと思います。

しかし、そんな時は誰もいない場所で、主にトイレなどがいいかもしれませんが、そのような所で笑うようにしましょう。

笑う門には福来るという言葉があるように、笑うことであなたに福はやってきます。

また、笑うことは万病の薬と言われています。

つまり、笑って生きているだけで価値があるのです。

ネガティブ思考な人ほど、早く死ぬと言われています。

なぜかと言うと、常にネガティブ思考なので、生きていて楽しくないからです。

楽しくないのであれば、長くその場にいても意味がありませんし、その人にとって不幸そのものなのです。

そのために、潜在意識などが働らいて早く死なせようと働くそうです。

そう考えると心の持ちようって怖いですね。

ぜひ、そうならないようになるべく笑うようにしましょう。

笑って生きている人を見ると楽しい気分になれるので、いい影響を与えることができますよ。