みなさんは最近、“ほっこり”した気持ちになる様な体験をしましたか?

それはどんな事だったでしょうか?

もしかしたら、「最近“ほっこり”なんてしてないな…」という人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、“ほっこりした気持ちになる13個のこと”をご紹介したいと思います。

さらに、「ほっこりする状況にあるのに、ほっこりした気持ちになれない…」と言う人の為に、“ほっこりした気持ちを素直に感じられる人になる方法6個”もご紹介!

これでみさんもほっこり体験ができるはずですよ。

ほっこりってどんな気持ち?

そもそも、“ほっこり”とはどんな気持ちか、みなさんは説明できますか?

「ほっこり」は感覚的な意味を持つ言葉なので、具体的に説明するのは少し難しいかもしれませんね。

「ほっこり」とは、いかにも暖かそうな様・ほかほか・ほっとした様・癒される様子…といった意味。

なので簡単に言うと、“ほっこり=心が暖かくなる・心が癒される・心が落ち着く”といった感じになります。

元々「ほっこり」は京都の方言(京弁)で、本来の意味はしんどい・つかれた・えらい目にあったなど。

ちなみにその場合の「疲れた」は、体が動かせない程クタクタになってしまう様な疲れではなく、「体は適度に疲れているが心は満たされている」状態を指すそうです。

だから、「疲れて辛い」といったネガティブな意味ではなく、「疲れて一息つく様子」とか「忙しいことが終わって安堵する」といった、どちらかと言えばポジティブな感じですね。

「ほっこり」のそもそもの語源は、「ほこる(物を焼く)」という言葉からきていると考えられています。

身体を動かすと身体が温まりますよね?

そこで「程良く温まる程度に体を動かした」という様子から、「ほこる」→「ほっこり」になり、現在一般的に浸透している「暖かい」「ほかほか」という意味に繋がっているみたいです。

ほっこりした気持ちになる13個のこと


「ほっこりすることって具体的に何だろう…」と思っている人も少なくないのでは?

人によってほっこりした気持ちになることは様々だと思いますが、ここで“ほっこりした気持ちになる13個のこと”をご紹介したいと思います。

「最近、ほっこりしてないな」という人も、次に紹介することを想像しただけで思わずほっこりした気持ちになっちゃうかも!?

それでは早速、見ていきましょう。

温かい美味しいご飯を食べる

温かくて美味しいご飯を食べる時ってほっこりした気持ちになりませんか?

美味しいものを食べるだけでも幸せは実感できると思いますが、それが温かいご飯だと尚更、心まで温かくなって自然と身体の力も良い具合に抜けますよね。

では、みなさんは何を食べている時にほっこりした気持ちになるでしょうか?

ベタかもしれませんが、寒い日に食べるコンビニの肉まんとか、たい焼きや焼き芋も“ほっこり”しますよね!

みなさんも、学生の時に部活やバイトの帰りにコンビニで買い食いをして、ほっこりした経験があるのでは?

特に寒い時期の温かい食べ物は身体だけでなく心も温めてくれるので、ほっこりした気持ちを感じる機会も多いかもしれませんね。

それから、家庭料理もほっこりするメニューが沢山あると思います。

特に日本人にとって家庭料理・おふくろの味と言えば、和食が定番ですよね!

煮物料理なら肉じゃが・筑前煮・角煮・煮魚・芋の煮っころがし…。

寄せ鍋・おでん・すき焼きなどの鍋物も温かくてほっこりするでしょう。

また、おふくろの味と言えば、みそ汁は外せません!

みそ汁は家庭によって味が結構違うので、小さい頃から慣れした親しんだ自分の家の味を感じれば、思わずほっこりした気持ちになる人は多いはずです。

カレー・ハンバーグ・オムライス・グラタンetc…和食に限らず、人によってほっこりする思い出の味は様々でしょう。

みなさんもほっこりした気持ちになりたいときは、温かくて美味しい料理を食べてみては…?

家族と過ごす

家族で過ごしているときにほっこりした気持ちになる人も多いでしょう。

例えば、家族でリビングに集まって他愛もない話で笑いあっている瞬間とか、家族の誕生日やクリスマスなどのイベント時に家族で楽しく過ごしている瞬間など。

先程の「温かくて美味しいご飯を食べるとほっこりする」というのも、家族が一緒だともっとほっこりした気持ちになりますよね!

家族で温かくて美味しいご飯を囲めば心は満たされるものです。

特に1人暮らしをしている人は、久々に実家に帰った時などに安心するものではないでしょうか?
普段1人で過ごしていると、同じ空間に家族がいることがどれだけ心に安らぎを与えてくれるかが分かりますし、家族の存在の有難みなどが改めて実感できますよね。

やはり友達や恋人と違って、家族に対しては余計な遠慮や気遣いも要りませんし、多くの人にとって、親や兄弟は心から信頼できる存在でもあり、自分のパートナーや子供も唯一無二の存在だと思います。

しかし、そんな家族とも(どんな形でかは分かりませんが)いつかは別れる時が訪れるのです…。

だからこそ、家族と過ごす瞬間は当たり前の様であって、実はものすごく幸せなことだという事実を覚えておきたいですね。

お風呂にゆっくり浸かる


お風呂にゆっくり浸かるのもほっこりした気持ちになれます。

特に寒い日のお風呂は格別ですよね!
家のお風呂のゆっくり浸かるのも良いですが、銭湯や温泉などの広い湯船に浸かるのも気持ち良いでしょう。

実は、ほっこりした気持ちになる以外にも入浴には良い効果が沢山あるのです!

1つ目は、入浴で身体が温まることにより血行が良くなり、疲労回復・コリ解消・冷え解消・腰痛解消・むくみ解消・自律神経(=身体の様々な機能をコントロールする神経)の調整作用などが期待できる。

2つ目は、お湯の水圧により、新陳代謝や心肺機能の向上が期待できる。

3つ目は、お湯の浮力により全身の負担が減り、リラックスに繋がる。(お風呂に浸かっている際に全身の力が抜ける様な感覚になるのは筋肉や関節への負担が軽くなっている証拠)

4つ目は、ヒートショックプロテインという細胞を修復したり免疫力を上げるタンパク質が増え、風邪予防に繋がる。

5つ目は、入浴をして体温を上げることで良質な睡眠を促すことができる。(夜になると人の体温は低下し眠りにつく様にできています。入浴をして体温を上げればそこから徐々に下がっていきスムーズに眠れるのですが、入浴をせずに眠ろうとすると体温がなかなか下がらず寝つきが悪くなってしまうのです。)

ここで、お風呂の入り方について少し説明しておきます。

最適なお湯の温度は40℃で、10分~15分を目安に浸かるのがベスト。

高温&長湯だと湯あたりや湯疲れを起こしたり、肌の乾燥に繋がるので注意しましょう。

くつろぐなら、ぬるめのお湯(38℃~40℃)で20分~30分を目安に半身浴をしたり、入浴剤やアロマオイル(浴槽に数滴たらせばOK)を使うのもオススメです。

みなさんもお風呂に入ってほっこりしたいときは、是非参考にしてみて下さいね!

日向ぼっこをする

日向ぼっこをしているときも思わずほっこりしちゃいますよね。

あまりの暖かさと心地良さに、ついリラックスしすぎてウトウトしてしまった…なんて経験がある人も少なくないのでは?

ベランダ・窓際・通勤or通学路・近くの公園など、日向ぼっこなら天気さえ良ければ比較的何処でもできると思うので、手軽にほっこりした気持ちになれる方法とも言えるかもしれませんね。

そんな日光浴にも良い効果が沢山あります!

1つ目、日光浴をするとビタミンD(魚類に多く含まれる成分)が生成され、カルシウムの吸収・免疫力・筋力アップなどに繋がる。

2つ目、日光を浴びると「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンの分泌量が増え、憂鬱・不安な気分を和らげてくれたり、良い睡眠を促す効果がある。

3つ目、起床後に日の光を浴びると、身体が「朝が来た!」と認識し体内時計が整う。

4つ目、日の光で体を温めることで血流が促進され、基礎代謝が上昇したり消化器系の働きが活発になる。

さらにビタミンDの生成による筋力アップも相まって、ダイエット効果が期待できる。

忙しいとじっくり日向ぼっこをする暇もないかもしれませんが、夏場なら日陰で30分程度、冬なら1時間程度で十分な日光浴になるそうです。

それが難しければ、1日15分の日光浴を週に3回行うだけでもOK!

例えば、朝にちょっと早起きをしてベランダで日光を浴びたり、日当たりの良い道を歩いて通・通学するのもオススメですよ。

温かい飲み物を飲む

仕事の合間や寝る前などに温かい飲み物を飲むと、ほっこりした気持ちになることがありませんか?
また、身体が冷えている時に温かい飲み物を飲むのもほっこりしますよね。

食べ物もそうですが、お腹に温かいものが入ると不思議と心も満たされて安心するものです。

それに入浴の効果で説明したのと同じ理由で、温かい飲み物を寝る前に飲むことで安眠効果が得られるとも言えます。

ところで、温かい飲み物と聞くとホットコーヒーを思い浮かべる人もいるのでは?
これを見ている人の中にもコーヒー好きがいるかもしれませんね。

コーヒーの香りにはリラックス効果もありますし、他にも健康に良いとされている効果もあるので、是非お勧めしたい飲み物ではあるのですが、飲むタイミングと飲み方に気を付けて欲しいのです。

例えば、寝る前にコーヒーを飲んでしまうと、コーヒーに含まれるカフェインの作用で寝つきが悪くなってしまいます。

また、コーヒーには胃液の分泌を促す効果があるので食後には良いのですが、空腹時にブラックコーヒーを飲んでしまうと胃が荒れたり胃痛を引き起こす恐れがあるのです。

さらに、緊張型頭痛を持っている人はカフェインの血管収縮作用により頭痛がさらに酷くなってしまう場合もあります。(※片頭痛の場合は、逆にコーヒーを飲むことで頭痛が和らぐとも言われている)

カフェインの血管収縮作用は冷えを悪化させるので、特に女性は生理時は痛みが酷くなる恐れがあるので避けた方が無難でしょう。

どうしてもコーヒーを飲みたい場合は、飲むタイミングに気をつけた上で1日1杯に抑えたり、ブラックではなくミルクを入れてカフェオレにして飲むのがオススメ。(ただし砂糖やクリームを入れすぎると肥満や糖尿病のリスクが高まるので注意!)

温かい飲み物と言えば、大人なら温かいお酒もアリですね。

もちろん飲み過ぎはダメですが、適量なら身体にも良いと言われています。

ほっこりしたいなら、ホットワイン(赤)や日本酒の熱燗を試してみては?

ホットワインのオススメちょい足し→レモンやオレンジの輪切りor果汁(ジュースでもOK)、シナモン・カルダモン・ジンジャー・クローブなどの香辛料etc…

日本酒熱燗のオススメちょい足し→砂糖+ショウガ+溶き卵でたまご酒、すりおろしたショウガを好きなだけ入れて生姜酒にしたり…。

他にも、ほっこりした気分を味わいたいなら以下の飲み物がオススメです!

お茶

お茶は味だけでなく香りが良いものが多いので、それだけでも癒されますよね。

ちなみに、玉露・紅茶・ウーロン茶はカフェインが多く含まれるので、飲み過ぎに注意して下さい。

ここで、ノンカフェインのお茶をご紹介したいと思います!

・ゆず茶・昆布茶・甜茶・そば茶・杜仲茶・タンポポ茶・小豆茶・なた豆茶・ルイボスティー・ローズヒップティー・ペパーミントティー・カモミールティーe・オレンジピールティー・レモンバームティーtc…
クセが強めで飲みにくい場合は、はちみつを少量加えたりミルクティーにすると美味しく飲めるでしょう。

ガーデニングが趣味なら、自分でハーブを育てて自家製ハーブティーを作ってみても良いかもしれませんね。

ミルク

ホットミルクもほっこりした気持ちになる飲み物でしょう。

よく、「寝る前にホットミルクを飲むと快眠できる」とか「眠れないときにホットミルクを飲むと眠くなる」と言われる様に、ホットミルクには安眠作用・ストレス軽減効果があります。

他にも鎮痛・鎮静の作用がありますが、そもそも牛乳自体が身体に良い成分が豊富な飲み物として有名ですよね。

カルシウムとタンパク質は体作りに役立ちますし、ビタミンAやビタミンBには美容効果が期待できます。

飲むタイミングとしては寝る前にコップ1杯分(200ml)がオススメでしょう。

ここで、ホットミルクのオススメちょい足しをご紹介!

ココア・きな粉・はちみつ・黒糖・黒蜜・抹茶・ジンジャー・シナモン・バニラビーンズ・ローズマリー・ミントシロップ・メープルシロップ・ピーナツクリーム・好きなジャム・すりごま・甘酒・リキュール・ラム酒・ブランデー・チョコレート・マシュマロetc…
気になるものがあれば是非試してみて下さいね。