CoCoSiA(ココシア)

厄介者と思われている人の6個の特徴と対処法


厄介者ってどうしてもいますよね。

何をしても足手まといでむしろいない方がはかどってしまうなんて人。

そんな人を人は厄介者と言います。

今回はそんな厄介者と思われている人の特徴を分かりやすくご紹介していきますね。

自分が厄介者にならないためにも必見ですよ。

あなたの周りにも厄介者な人いませんか?

あなたのまわりにも厄介者っていませんか?

もしかしてあなたが厄介者?なんてことはありませんよね。

気が付かない内に厄介者になってしまわない為にも厄介者の特徴に当てはまっていないかチェックしていきましょう。

厄介者と思われている人の6個の特徴

厄介者と思われているのには必ず原因があります。

その中でも特徴的で分かりやすい特徴を6個抜粋してご紹介していきます。

この特徴に当てはまっている人は厄介者と思われてしまう人になります。

自分が当てはまっていないと良いのですが…そんなところもチェックしながら見て頂けたらなと思います。

1.わがまま


厄介者と思われてしまう要因の一つがわがままですね。

わがままな人は一体どういう人の事でしょうか?

わがままな人について分かりやすくご紹介していきますね。

多少のわがままは自己主張には必要で時には可愛くもあるのですが度が過ぎるわがままは迷惑でしかなくなってしまいます。

冷静になって周りを見渡すと恥ずかしくなってしまうかもしれませんよ。

自己中心的

わがままというのは自己中心的な考えが強く自分勝手な人ということですね。

自分の事だけを考えて自分がしたい事して欲しいことを考えてそれを中心に行動してしまう人の事です。

自己中心と自己主張は似ていて非なるものです。

自己主張は周りの意見や考えも取り入れつつ自分が埋もれてしまわないように自分の考えや意見も言うという事です。

大きな違いは相手の意見や考えを認めて自分の意見と一緒に考える事が出来ることですね。

多くの考えや意見があった中で自分はこう考えているよ、こう思っているよと自分の意見や考えを周りに伝える事が出来ることが自己主張です。

自己中心は全て自分中心で考えてしまいます。

周りの意見や考えなんて関係ありません。

自分の意見や考えが全てだと思っているんですよね…厄介ですね。

周囲を理解しようとしない

わがままな人は周囲の事は全く理解しようとはしません。

自分の事しか考えていませんので、相手の事を理解してどうにかしようとなんて考えません。

相手の事は考えないで自分の意見や考えやって欲しいことなどを強引におしすすめるのです。

たとえそれがどんなに理不尽な事でも自分がしてほしいことであれば周囲の事なんてお構いなしです。

そこでそんなことする?なんてことも平気でしてしまいます。

周囲の事や状況なんて考えていません。

自分が今したい事やりたい事して欲しいことなどそれだけを考えて行動します。

小さな子供をイメージすると良いですね。

周囲の状況なんて考えないで自分の欲求のみで行動していますよね。

どんな状況でもお菓子が食べたいという欲求があればどこでもどんな状況でも自分の欲求が満たされるまで駄々こねていますよね。

どんなに無理な状況でも自分の読旧を満たす事だけを考えて行動してしまうからなのです。

これを大人がしていると思ったらゾッとしますよね…厄介ですね

2.空気が読めない


厄介者の特徴として空気が読めないのも特徴です。

先のわがままになっている要因でもありますが、空気が読めないということは今どのような状況でどのように行動したら良いのかが分からないのです。

理性のある大人ならば自分の欲求だけでなく様々な状況から理性が働いて今どうしたら良いのかベストな対応モアベターな対応ができますよね。

この対応が出来なくてそこでそれする?そんな言い方何でするのかな?なんて事が起きてしまいます。

場合によってはトラブルの原因を招いてしまいますよね。