出会いと別れ…時期になると必然と思い描くことになりますよね。

ふいに訪れるのも出会いと別れですね。

この出会いも別れもどちらも必然の出来事です。

出会いがあるから別れがある。

別れがあるから出会いがある。

素敵でもあり辛くもある…自分を高めるモノにも沈ませてしまうものでもある…表裏一体の出会いと別れについて今回はご紹介していきますね。

出会いと別れを繰り返すことで学べる8個の大切なこと

出会いと別れからはとっても多くの事を学ぶことができます。

そんな中から今回は8個の事を抜粋してご紹介していきます。

出会いと別れの悲しみや機会に恵まれないそんな人は必見です。

1.別れがあるから出会いがある


別れがあるから出会いがあるというのはよく聞くと思いますが一体どういうことなの?なんて思われる人もいますよね。

別れが無くても出会いはあるでしょ?何言ってるの?なんて思いますよね。

その通りです。

別れが無くても出会いは当然あります。

しかしその出会いってただ会うってだけの事が多くありませんか?

別れが無い出会いというと例えばお仕事で新入社員が入ってくると出会いがありますよね。

ただこの出会いはただで会うだけで自分にとっては会社内だけで知っている人が増えたって言うだけの出会いですよね。

新入社員が入ってくるまでのあなたのまわりの関係性は何も変わりませんよね。

別れがある出会いは別れて人のポジションを埋めるべくため新たな出会いを求めているのでその求めている穴を埋めるべく出会いとなるのです。

あなたの人生に入り込む出会いとなるのが分かれのある出会いなんですよ。

当然先の出会いでも必要な人であればあなたの人生に入り込んできます。

例え同じ出会いだとしても出会う時の気持ちによって大きく左右されてしまうのも事実です。

一度であっている人でももう一度出会った時には運命と思える出会いになるのかもしれないのが出会いなのです。

別れはつらいことなのですがこう考えると良いかもですよ。

辛い思い出から幸せな思い出も生まれる

別れがあると人はつらくなりますよね。

でもその辛い気持ちもう一度深く考えて整理してみて下さい。

つらい今は幸せになれる一歩手前にいる事に気が付くかと思います。

なぜつらいのかが分かればあなたは幸せになれるのです。

そんなこと言われてもつらい時にそんなこと考えられないよ…
そんな人はこう考えるようにして下さい。

辛いって漢字をノートでも何でも良いです書いて下さい。

そこに自由に1本だけ選を付け足して下さい。

この1本選を付け足しすときにあることに気が付くかと思います。

その事に気が付けたあなたは幸せになれますよ。

だって辛くなっている今必要な1本が分かったんですもの。

つらい今に必要な1本をきっと見つけられるはずです。

新しい出会いが待っていますよ。

辛い別れも出会った意味がある

辛い別れに意味があるのは知っていますか?

別れて辛い時って最初から出会わなければ良かったなんて思ってしまいますよね。

でもねその出会いがあったからこそ今のあなたがいるんですよ。

出会いから別れまでの期間色々な事がありましたよね。

喧嘩や嫌な事辛い事等多くあったことと思います。

しかしそれ以上にキュンとする事や楽しかった事好きだこそ許せなかった事。

嫌な思い出となってしまっている見解や嫌いな事や辛い事も好きだったからこそ思ってしまう感情ではないですか?

好きでも何でもない人が同じことをしていても何とも思いませんよね。

好きだったからこそ、そんなことしないで…なんでそんなこと言うの…なんて思ってしまいます。

チョットしたことでやきもちも焼いてしまいます。

嫉妬も少しなら嬉しいのですがあまりにもしつこいと負担になってしまいます。

深く好きで好きでたまらなくなってしまい愛しすぎてしまうと相手の事を思いやる気持ちよりも自分の愛情が強くなり自分が思い描く通りでないと気に入らなくなってしまうのです。

この気持ちに早く気が付けると良いのですが…中々恋愛中はそうもいきませんよね。

私はこんなに会いしているのに…と一方通行になってしまいます。

相手の気持ちが離れれれば離れるほど愛情は強くなります。

なんで?こんなに愛しているのに…こんなにしてあげてるのに…なんてね。

冷静になって考えてください。

相手はやって欲しいって言いましたか?

あなたが勝手にしているだけですよね。

それはただのお節介です。

善意の押し売りは迷惑でしかありませんよ。

本当にしてほしい時は素直に言ってくるはずです。

これして欲しいなや助けてほしい時にはSOSを出します。

そういうサインを見逃してしまいますよ。

最初はあなたがしてあげたいなと思ってしてあげて板田絵では無かったですか?
見返りを求めてしていませんよね。

好きだからしてあげたいただそれだけでは無かったですか?
喜んでくれたらそれで十分幸せでしたよね。

私はこれプレゼントしたのに何で何もプレゼントしてくれないの?なんて思っていなかったですよね。

すぐに結果として見返りがないと起こってしまうのは良く無いですよね。

もしかしたら素敵なサプライズを用意しているのかもしれないのにそんな怒った対応されたらそんな気持ちも冷めてしまいサプライズで用意していたプロポーズもやめてしまいますよ。

今一度あなたにとってのゴールを考えてみませんか?

プレゼントを上げて返してもらうことがゴールですか?

結婚がゴールですか?それともずっと一緒に楽しく幸せにいることがゴールですか?

身近で手っ取り早い結果を求めるのは悪いことではありませんがそれだけではないことも知って下さい。

それだけであなたは幸せになれるのです。

傷つくことで幸せに気づくことができる


別れによって傷ついて辛くてたまらない時期を過ごす事で気が付くことも多くあります。

こんな気持ちを知らない人には気が付かないことも多くあります。

相手の気持ちを理解する音が出来るとっても優しい心を手に入れることができたんですよ。

幸せっていったい何なのかも気が付く事が出来たともいます。

辛くなった時に幸せとは一体何なのかな?って事に気が付くかと思います。

先にお伝えした方法を試して下さい。

幸せになる方法は今のあなたに必要な事が一体何なのかが分かるはずです。

たった一つのきっかけがあればあなたは幸せになれるのです。

2.別れから痛みがわかるようになる

別れはとっても傷ついて辛い気持ちになって場合によっては何にも手につかなくなるほど傷心しまいますよね。

でもその気持ちが後にあなたの糧となるのは必然です。

その気持ちと感情を知ったあなたは同じ気持ちを味わわせないように相手に対して行動することができます。

同じ気持ちになっている人を理解する事もできます。

辛い気持ちを理解できるのです。

人に優しくなれる

別れによってつらい気持ちを知っている人は自分と同じ気持ちにさせないように人にやさしくなれるのです。

優しいというのは言葉で言うのは簡単なのですが実際に優しくしようと思ってもなかなか優しくすることはできません。

優しさを勘違いしてお節介となってしまい自分の感情や考えの押し売りとなってしまうことも少なくありません。

人に優しくしましょうとよく言いますが本当の優しさはなかなか言葉では難しいです。

例えばお年寄りに優しくしましょうなんて言いますよね。

コレ実際はどうなんでしょう?お年寄りに対して荷物をお持ちしましょうか?とか公共の交通機関で席を譲る事は当然優しくすることにもなりますが人によっては必要のない優しさ…お節介となってしまう場合があります。

どういうこと?なんて思った人もいるかもしれませんし、そうだよねと納得できた人もいると思います。

荷物を持ってもらう場合でも席を譲ってもらう場合でもその時に感情やその人次第では嫌味となってしまうのです。

こんな言葉聞いたことありませんか?人を年寄り扱いするな!なんて。

お年寄りと自分は思っていて優しくしたつもりが相手はまだまだ若いので年寄り扱いされることを苦痛に思っているのです。

頼んでないのに…という事になってしまうのです。

その場の状況や状態人によって対応をかえることができるようになれば完璧ですね。

その為には相手を理解する事が重要となります。

人の苦しみが理解できるようになる

人の苦しみや大変さが苦しんで悩んだ分理解できる深さが増えます。

相手の気持ちが理解できると今どうしてほしいのかな?何が必要なのかなと想像することができますよね。

この相手の気持ちを理解できるようになる事は相手の気持ちを想像する事にもなるのです。

コレも自分が体験していないとあくまでも想像の域を超えませんので実際に相手に対しては見当違いの事をしてしまうなんてことも少なくありません。

そんな人の特徴としては決して自分のせいにしない(責任逃れをする)という事です。

例えば相手に対して協力するよと近づいていくのですが実際には何にもできないで迷惑になってしまい手伝う前よりも状況が悪化してしまうなんてこともあるのです。

そんな時に私はこうしたのに何で?私は悪くないからね…なんて決して自分の非は認めないのです。

人の気持ちが理解できる人は今何が必要なのかが明確に分かりますので相手の気持ちに寄り添って必要な事を必要なだけするのです。

余計な事をしてめちゃくちゃにしてしまうなんてことはしません。

今必要な事だけで十分な事を知っているからです。

自分自身が経験しているので相手の状況の時自分はこうして欲しかったなという事をするだけなのです。

そこで相手が必要無いこと出会ったばあは私が辛かった時はこうして欲しかったんだけどね…なんかちがっちゃったね、ごめんねと素直に謝って今何して欲しい?って聞けるのです。

相手の気持ちを想像しようとする

自分が経験していることによって相手の気持ちが今どのような状況なのか想像することができます。

コレは同じ経験をした人にしか分かることが出来ない感情です。

同じ体験をしているからこそ分かりあえるのです。

この同調による絆はとっても深いものとなりお互いの信頼関係も強固なものになります。

簡単な事で言えば同じ故郷の出身というのは同じ体験をした仲間という意識が芽生えますよね。

同じところで過ごした人だからこそ体験した事で共感することができます。

同じ事で悩んで大変だったなど同じ体験の共有によって関係性が良好になります。

新しい出会いに繋がりますよね。

愛することの尊さを知る

愛につても同様です。

同じ体験をした人も乗同士であれば同じ辛い思いをしたくないがためにお互いを大切に愛おしく思えます。

相手の事を如実に考えて見返りを求める様な安易な関係性にはなりません。

もっと先を見据えた関係性を築き上げる事が出来るのです。

コレもさきに辛い別れがあったからこそ築く事が出来たことなのです。

辛い別れを体験していなければ今の関係性を築く事が出来なくてそれこそ今のこの出会いがつらい思い出となってしまう関係性になってしまうのかもしれないのです。

辛い気持ちを知っているからこそ本当の愛とは何な丘を知る事が出来ているのです。

見返りを求めている下心のある恋愛感情ではなく相手の事を思いやる事で相手もあなたの事を思いやってくれるお互いの気持ちを尊重しあえる愛の形を知ることができるのです。

成長できる

辛い別れがあったからこそ多くの感情を学ぶこと腑ができるのです。

この多くの経験によってあなた自身を大きく成長させることができます。

人生には無駄な事は一切ないのです。

時には失敗やだましだまされ、嫌な事も楽しいことなど沢山の事を経験しますよね。

その経験を糧にしてその後に生かす事が出来るのです。

例えば騙されてしまった時には騙されて嫌な気持ちになりますよね。

人生の終わりだと思ってしまうほどに騙されてしまうこともあると思います。

しかしその経験を活かして次は騙されないように使用やだます人の気持ちや騙されてしまった人の気持ちやどういう状況だと騙されてしまうのか等いろいろと考え想像する事が出来るようになります。

この感情を利用して新しいお仕事をはじめるなんて事が出来るかもしれませんよね。

勿論プライベートでも活用するのかはあなた次第ですよね。

今までの酸いも甘いも全ての経験が今のあなたを作っているのです。

無駄な事なんて無いのです。

どう生かすのかはあなた次第ですよ。

3.出会いや別れで視野が広がる

出会いや別れによって多くの経験と感情を学ぶことができます。

この経験を体感することで今までは自分の一方的な考えや感情だけでしか物事を考えられなかった事でも新しく相手の感情や相手の目線に立って考える事が出来るようになります。

もっといろいろと体験して成長していくと第三者目線でも感じ取る音が出来るようになります。

ここまで成長する事が出来ればお仕事は元よりプライベートも充実して本当の幸せをつかみ取る事ができますよ。

冷静になれる

自分の考えだけで相手に向かっていたころに比べると相手の気持ちや感情を考えられるようになったあなたは冷静になって相手の感情を考えて今何を欲しているのかなと考えることができます。

コレが出来るようになるといがみ合っていた人ともうその様に仲良くなれます。

まわりが敵ばかりと思っていたあの頃が嘘のようにまわりには味方だらけで人生が豊かになれるのです。

自分の感情だけで自分ルールだけを正義と理解していたあの頃とは大きな違いが現れます。

実はとっても簡単な事だったんです。

自分ルールを認めてもらいたい場合には相手の事も認めなければいけないってことが。

誰しもが自分が正しいと思って生きています。

自分の考えや主張を認められたいと思っているのです。

その為にはどうしたら良いのか多くの経験を積む事で分かるのです。

自分を認められるようになる

自分を認められるということはとても気持ち良いことで誰でもが思っている感情ですよね。

でも中々認めてもらえなくてもどかしくなって反発してしまう。

相手の事を嫌いになって拒絶してしまう。

場合によっては自分の事を認められない亜筒はダメな奴だ、全然わかっていないなんて思ってしまうのです。

でも、多くの経験から相手の事を理解する事が出来て認める事が出来るようになると不思議とアレ?あの人の言っている事も一理あるなと認めることができます。

そうなると相手も自分のことを認めてくれたとあなたの事も認めてくれるようになるのです。

自分の意見や気持ちが認められて受け入れてくれると相手の事も受け入れようという体制が整うんですよね。

逆に意地でも相手の事は認めない正しいのは私だという姿勢で挑むとあいても拒絶の耐性で向き合います。

認められないのは当然ですよね。

これも多くの経験がないと理解できないことなのかもしれません。

お仕事で嫌いな人…いませんか?
その人からしてもあなたの事は嫌いですよ。

人は好意を抱いている人に対しては好意的に対応しますが敵意がある(拒絶している)人には同様の感情で対応するのです。

人生損をしてしまいますよね。

相手を認めて理解できるようになるだけでどれだけ人生が豊かになることか。

新しい自分に出会うことも

別れによって今まで自分の気持ちは自分で分かっているつもりだったと思っていた気持ちが本当はそうではなかったと新しい自分に気が付くことができます。

今まで気が付かなかった感情が芽生えてくるのです。

別れて辛くなってはじめて本当の感情が分かってくるのです。

あの時こうしておけばよかったなんて思いますよね。

そんな過去の事を考えても過ぎたことは変えられません。

未来に目を向ける事が出来れば今やるべきことが分かってきますよね。

そこで気が付くはずです。

新しい自分がそこにいることに。

今まで思いもよらなかったかんがえや「あ~そうだったんだ」と思える感情が現れます。

新たな出発の幕開けです。

幸せをつかめる一歩手前にいる事に気が付いたら人生が豊かになりますよ。

4.その後を大切にできる

出会いから別れまでを体験することでその後の出会いを今まで以上に大切に思えるようになります。

今まで何となく出会い何となく過ぎ去っていた事でも新しい出会い一つ一つを大切に思えるようになります。

ただ…どうしても人間です。

出会いから別れまでを経験した最初の内は新しい出会いを大切にしますが時間の経過とともに今の感情を忘れてしまう…慣れてしまうのが人間なのです。

今の気持ちを思い出すためにもこの後のことも見て頂けたらなと思います。

別れをどういう経験にするかは、その後で決まる

出会いから別れを経験してその別れをどう活かすのかでその後が決まると言っても過言ではありません。

この別れから何か一つでも学ぶことが出来ればその別れは人生にとってとっても有意義な別れになります。

別れから何も学ぶことはなくただ過ぎ去っただけでは何の経験も得られずその時は意味がなかったと思うかもしれませんが実際はそんな事はありませんよ。

その時にはまだその別れから学ぶための準備が出来ていなかっただけなんです。

例えばとってもためになる良い話をしてくれるって言う人がいたとします。

その話しを聞くだけでとってもためになる凄いお話だとしても…全て英語で話していた場合には英語が分からなければ理解できませんよね。

でも後に英語が出来るようになって改めて話を聞くとその時には理解できて多くを学ぶことができますよね。

こんな感じで今その別れから多くを学ぶことができないだけなんです。

でもその別れの経験はしっかりと残っています。

先の英語のお話でも少しは理解できる単語やフレーズがあるはずです。

そこから少しでも何かを学び取れますよね。

それだけで今は十分なのです。

のちにあの別れはこういう事だったんだと気が付くことになるかもしれません。

人生に無駄な事なんて無いんですよ。

全てのことに意味があるのです。

そこから何か一つでも学び取れるように感じ取れる準備をしておくと幸せにより早く近づくことができますね。

その後の出会いも変わってくる

出会いから別れまでを経験しているとその後の出会いがより有意義になる事はここまでで分かったかと思います。

もう少し詳しくご紹介すると出会いから別れまでには取っても多くの経験がありますよね。

その経験全てがあなたの今後の糧になるのです。

一緒に行った公園や旅行等々今後に生かせる経験としてあなたの中にずっと残っています。

次の出会いも別れる事の無いようにこれまでの経験から学んだことを踏まえて大切にすることになるでしょう。

同じ出会いでも別れを経験した出会いとそうでない出会いとでは大きく異なるのは分かりますよね。

人との出会いは取っておおおくありますが本当の意味での出会いの見極めが出来るようになります。

もしかしたら運命の出会いは既に起きていて気が付いていないだけなのかもしれません。

その出会いを見つける事が出来るのも経験した別れによるものなのかもしれませんね。

5.周囲に感謝できるようになる

出会いから別れまでを経験したことによって周囲に感謝する感情を身につけることができます。

今まででも周囲に感謝していたよ、なんて言う人見るかもしれませんがそれとは違う別の感情が別れを知ることで芽生えると思います。

何か物事が飽きたことによって今までは周囲のせいにしていたことが周囲のおかげという感情に変わってくる事があるのです。

例えば同じ事が起きてもモノの見方が変わると嫌だなと思えることでも感謝する事が出来る嬉しい出来事に変わって見えることもあるのです。

そんな事本当にあるの?なんて思いましたか?

例えば、本当は担当する人が休んでしまい急遽自分が担当することになった場合多くはあの子が休んだせいで私がやる羽目になったなんて感情がうまれますよね。

でもこの物の見方を少し変えてみて下さい。

本当は担当する子が休んだことによって自分が担当することになり結果を出す事の出来る機会が増えた、新しい経験を積む機会が増えたと思うと休んでくれてありがたいなと思えますよね。

少しのモノの考えたや感じ方の角度などをかえるだけでネガティブな事もポジティブなことに変わってしまうのです。

コレも別れによって相手の事を感じ取れるようなったからこそなのです。

先にも話しさて頂きました自分の気持ちや考え方だけでは無くて相手の気持ちや考え方第三者の感じ方など様々な角度から物事を考えられると嫌だなと思えることもラッキーと思えるようになるのです。

物の見方が変わるだけで人生は豊かで幸せになれるんですね。

出会いに喜びを感じられるようになる

別れを経験した後の出会いは出会えたことの喜びを素直に感じる事が出来るようになるのです。

当たり前の出会いは年齢を重ねる毎に少なくなってくると感じてしまいます。

実際に少なくなっているのも事実なのですが出会いがあったとしてもそれを出会いと感じとることができずに何事も無く過ぎ去ってしまうことも多くなってしまうのです。

経験が邪魔をしてどうせ…という感情が邪魔をして新たな出会いを出会いと思わないようにしてしまうのです。

しかし辛い別れを経験することで新たな出会いを見つけやすい環境にできるのです。

今まで気が付かなかった些細な出会いでも出会えた喜びを素直に感じて伝える事が出来るのです。

喜びの感情を伝えられて嫌な気持ちになる人はいません。

嬉しい気持ちは自分の中にしまっておくのも良いのですが表現して相手に伝えることで相手も一緒に幸せになれますよ。

別れを経験したからこそ分かる感情ですよね。

別れが出会いを運んできてくれる

別れは新たな出会いを運んできてくれるなんて言いますが実際にそうなんですよね。

どういうことかはここまで読んで頂けた人はお分かりかとは思いますが、辛い別れがあったからこそ気付ける出会いがあるのです。

別れを経験していなければ分からなかった出会いが多くあるのです。

仕事と言えの往復で出会いがないなんて言っている人…結構いませんか?
実は出会いは多く経験しているのです。

その出会いに気が付いていないだけなんですよね。

別れを経験した人なら気が付く事が出来るはずです。

6.別れは自分が変化している証拠

別れを経験することは何も悪いことではありません。

別れるということは自分の考えと相手の考えとの相違によって生じる喧嘩や嫌悪感など様々な負の感覚が多くなって生じてしまうことが多いですよね。

コレは自分の価値観と相手の価値観御相異肉¥気が付いて新しい出発に踏ん切りが付いた証拠なのです。

自分の感情に向き合って相手に依存するのをやめて新しい自分に生まれ変わろうとしている証拠です。

別れないことが正しい事ではありません。

当然別れる事も正しい事ではありません。

え?どういう事?って思いますよね。

どっちが正しいかなんてあなたが選んだ方が正しい答えなんですよ。

人の事や経験では語れません。

あなたの人生と今の感情や環境であなたが決断した事はすべて正しいのです。

決断したことは悔やむ事はしないで前に向かって新しい自分と一緒に新たに歩みだしているはずです。

あの時ああしていれば良かったななんて悔やんで過去の事ばかりを考えている人は決断していませんよね…その場ではこうするしかなかったと思っていますよね。

それは別れを決断したのではなく別れを選択したのです。

この選択と決断がこの後に沈んでどうにかなってしまうのかすぐに前に向かって歩みだせるのかの違いになります。

周りや色々な感情によって仕方なく選んだのが選択で周りやその他ことなんて関係なく自分で決めたことが決断なのです。

決断さえできれば良いのですがなかなか出来ないですよね…
そんな人は別れによって生じる良い経験を沢山見つけていくことがおすすめです。

別れて良かったと思えるようになる事がとっても大切です。

考え方や価値観は状況により変わる

人の考え方や価値観はその時の状況によって大きく異なります。

例えば年齢や収入場所等によっても左右されますよね。

子供の頃はあんなに欲しかったものでも大人になってからはただのゴミやがらくたに思えるモノもありますよね。

この事が分かると別れの原因となった考え方や価値観は一時の感情だという事が分かるかと思います。

あなたの考え方や価値観も相手の考え方や価値観も状況が変わると大きく異なってきます。

ということはあなたの価値観や考え方に誘導する事も出来るってことですね。

学んでいる証でもある

別れを決断できた人はそこまでの経験から多くの事を学んだ証でもあります。

学んできて自分で決めたことはどんな事でも正しいです。

もしこの別れが間違っていたと思った時にはまた出会ってお付き合いすることもできます。

その時にはあなたも相手も今の環境とは大きく異なり状況が変わっている事かと思います。

その時に再度見定めても遅くないかもですね。

あなたにとって必要な人であればその時にピタッとくるはずです。

7.様々な感情を学ぶ

出会いと別れを経験することでとっても王の事を学べることが分かったかと思います。

多くの経験だけでは無くて感情も多く学ぶ事が出来るのが出会いと別れなのです。

喜怒哀楽を経験する

喜怒哀楽とはよく聞く言葉ですよね。

喜び怒り哀しみ楽しむ感情ですね。

喜ぶことはとっても良いことですよね相手を喜ばす行為自分が喜んで嬉しくなう感情でもありますよね。

相手が喜ぶことで自分も喜びを感じることができます。

怒りは無い方が良いのかなとも思うのですが実はこの怒りの感情はとっても大切なのです。

怒りの感情は相手が好きだからこそ感じる感情なのです。

嫌いだから怒るなんて思う人もいるかもしれませんが全く知らない人や何か嫌いっている人はそもそも近づかないですよね。

嫌悪感は抱いても怒りの過剰は起きないと思います。

自分のみに何か降りかかった時や相手が好きだからこそ思い通りにならない時に怒りがこみあげてくるのです。

例えば夕飯を用意していたのに急にいらないとなった時に怒りの感情がこみあげてきます。

コレは相手の事が好きで喜ぶかなと思って一所懸命作ったからこそ怒りがこみ上げるのです。

そもそも相手の事を思って作っていなければ怒りの感情は抱かずにふ~んいらないんだって思うだけです。

相手の事を思っているからこそ怒りの感情がうまれるのです。

好きの証拠ですね。

ただ、この怒りばかりが多くなると喧嘩が絶えなくなり別れになってしまうこともあります。

喜怒哀楽は全てのバランスが取れる状態が一番いいですよね。

怒りで一杯の時にごめんねってプレゼントなんかあった時には怒りの感情より喜びやあえた楽しさなどが増して幸せに過ごせますよね。

それが何にもなく当たり前のようにされてしまうと更に怒りが増してしまいバランスが崩れてしまいます。

嫉妬も少しなら可愛いんですけどね。

哀しみもあまり多くない方が良い感情ですがこれも好きだから悲しくなるのです。

嫉妬もこの哀しみを増やす感情ですね。

会えない哀しみなど構ってくれないと寂しくなって哀しくなってしまいますよね。

一緒にいると楽しいのに楽しい時間が多くなるほど一緒にいない時の哀しみが増してしまいます。

一人では味わう事の出来なかった感情が多くありますよね。

出会いと別れがあったからこそ経験できた感情なのです。

大切にしたいですね。

8.人生の糧に変えられる

出会いと別れは人生において欠かす事の出来ない経験と感情を教えてくれます。

全ての事が今後の人生の糧にすることができます。

何も経験していない人よりも数段豊かな人生を送ることができるのです。

別れによる悲しみ、辛さを活かす

別れを経験していない人には感じることの出来な感情を共感することができます。

あの辛さも経験しているからこそ分かるのです。

例えば年齢を重ねると涙もろくなるなんて言いますよね。

これただ単に涙腺が緩んでいるからって訳ではないのです。

年齢を重ねることで多くの経験をしているからこそ共感できる内容が多くなるのです。

TVや映画を見ても同じような経験がない人は同調する事が出来ない為意味が分からないのです。

似た経験がある人は感情移入しやすく自分に重ねて考える事が出来るために痛かったんだろうな、悲しいよね、愛おしいよねなど多くの感情を共感する事が出来るのです。

涙もろい人は多くの経験をしているんですよね。

哀しくなる経験が多い人は人の痛みが分かる人でとてもやさしい人ですね。

何事も経験です。

素敵なことは勿論ですが嫌な事や哀しいことも多く経験することで人生は豊かで幸せな人生となります。

時には反省も

人生では決断ばかりをする事はできません。

状況によっては仕方のない選択を迫られることもあります。

この選択はどうしてもあの時にこうしていれば良かったかもしれないなんて感情や書投げが生まれてしまいます。

時にはその時の経験を活かして反省して次に同じ経験をした時に同じ過ちを起こさないようにすることも大切です。

ただし、反省ばかりで後ろ向きになりすぎるのは厳禁です。

どちらかというと前向きにあの時にこうしたらではなく次はこうしようと未来に向かって考える癖をつけましょう。

出会いも別れも意味がある(まとめ)

人生には多くの出会いと別れがあります。

どうしても避けられない別れもあれば本当は避ける事が出来た別れもあるはずです。

しかしどんな別れだとしても意味の無い別れは世の中にはありません。

全てに意味があります。

今は分からないことでもいずれその意味が分かるはずです。

人生には無駄な事は一切ありません。

これまでの経験が今のあなたを作っているのです。

その経験を活かして未来につなげて下さい。

本当に好きな人は100個の嫌いがあったとしてもたった一つの好きが勝ってしまいます。

そんな相手を見つけられたら幸せですね。

好きな理由がある内はまだまだですよ。

嫌いな理由ばかりでそれでも好って言う人が見つかるといいですね。

○○だから好きでは無く〇〇でも好きな人がどこかにいるはずです。