CoCoSiA(ココシア)

片思い中の男女の気になる心理8個


片思いをしているとき、気になるのは相手の気持ちですよね。

相手も自分に気があるのか、できれば「直接聞く以外の方法で知りたい」と思う人は多いはず。

そこで今回は、『片思い中の男女の心理』を徹底調査!片思い中の男女の胸の内、そして片思いしているからこそやってしまいがちな行動。

さらに、片思い中にやってはいけない行動まで、片思い中のあれこれをまとめました。

片思い中の人は、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

片思いの相手が何を考えているか分からない!相手の心理、知りたくないですか?

片思いの相手が何を考えているのか、知りたい人は多いですよね。

もし相手も誰かに片思いをしていたら…それが自分だったら…両想いということになります。

それが分かれば、思い切ってアプローチだってできます。

でも、片思いしているからこそ相手の気持ちって分からないもの。

自分の恋心が邪魔をして、客観的に相手を見ることができないからです。

相手の行動に一喜一憂したり、些細な行動に自信を無くしたり。

片思いをしているときって、そんなことの繰り返しですよね。

片思い中の男女の気になる心理8個とは

片思い中の心理は、男女共通な部分も多々あります。

片思いの相手の心理を知りたいなら、まずは“片思い中の男女の心理”への理解を深めましょう。

あなたが片思い中なら、本当は片思いしている人の心理も手に取るように分かるはずです。

少し冷静になって、自分の気持ちと相手の気持ちを感じてみてください。

もし両想いなら、ふたりとも同じことを考えていて、同じことに臆病になっているのかもしれません。

それが分かれば、片思いを成就させることもできるかもしれませんよ♡

ここでは、『片思い中の男女の心理8個』をご紹介します。

1.一緒にいるだけでドキドキする

片思い中の男女の心理には、『一緒にいるだけでドキドキする』というものがあります。

片思い中は、対象の相手と一緒にいるだけでドキドキが止まりません。

これは、男女共通の片思い中の感情です。

なぜ片思い中の相手を前にするとドキドキしてしまうのかというと…アドレナリンがでるから。

実はドキドキの正体は“緊張”で、緊張するからアドレナリンがでて心臓の動きを活発化させ、ドキドキと胸が高鳴るのだそうです。

緊張してしまうのは、やはり片思いをしているからで、「好きな相手に嫌われたくない」という思いから緊張してしまうのです。

緊張してドキドキしてくると、行動や言動が浮ついた感じになってしまったり、顔が赤らんだり。

いつもの自分とは違う反応をしてしまいますよね。

その反応は分かりやすく出てしまう人とそうではない人がいると思いますが、片思い中ならいずれにしろ、ドキドキからくるサインが何かしら出ているはずです。

2.好きすぎて辛い


片思い中の男女の心理には、『好きすぎて辛い』というものもあります。

恋愛感情って複雑なものですよね。

恋をするとワクワクしたり嬉しかったりすることがある一方、好きすぎて辛く苦しくなることもあります。

自分の中だけで膨らんでいく思いに、まるで心臓が圧迫されているかのように…。

そんな片思い中の苦しみに耐えられず、何とか忘れよう、考えないようにしようと、相手を遠ざけてしまう人もいると思います。

でもなぜ、片思い中は「好きすぎて辛い」という現象が起こるのでしょうか。

その心理の奥には、相手への執着心が潜んでいるようです。

好きな人ができると、「相手の全てを知りたい、把握したい」という気持ちになりますよね。

最初は好きだからこその興味関心なのですが、好きすぎると、知りたい気持ちもエスカレートしていきます。

その状態は、もう好きというより執着のような状態。

そうなってしまうと、自分の知らない相手がいることが嫌で、相手の全てを把握しておかなければ気が済まなくなります。

でも、付き合っているわけじゃないので、全てを知るには限界がありますよね。

このように、どうしようもないことにこだわり始めると、疲れてしまって辛くなってしまうのです。

さらに、相手を把握したいからと行動を監視し始めると、知りたくないことまで知るハメになるのも、好きすぎて辛くなる原因です。

たとえば、相手が自分以外の異性と親しげに話しているのを目撃すると、嫉妬心から辛くなりますよね。

片思いの相手のことが好きすぎると、相手を知りたい気持ちが強すぎて辛くなることもあるし、相手のことを知りすぎて辛くなることもある。

好きという気持ちが大きくなると、執着心ばかりが膨らんでいくのに自分の思い通りにならないから、辛くなるということです。