就活を終えてひと段落したのも束の間で、新社会人になることへの期待や不安で胸がいっぱいになっている人は多いでしょう。

いざ社会人になってから、「働く前にやっておけばよかった・・」と後悔することのないように、働き始める前の時間がある今だからこそ、いろいろと準備をしておいた方がいいでしょう。

社会人になる前にどんなことを準備しておいた方がいいのかを、詳しくご紹介していきます!

遂に新社会人!緊張しますよね

学生時代にアルバイト経験のある人は、「自分は働いたことがあるから、社会に出てもやっていけるだろう。」と気楽に考えているかもしれません。

しかし社会人になると、アルバイトの頃とは違って仕事内容もとても増えますし、責任を負うことも多くなります。

また、まったくバイト経験がない人は、集団の中で働くことが初めてですよね。

新社会人になることへの不安や心配が尽きずに、勤務初日までドキドキしてしまうことが多いでしょう。

社会人とはどんなものなのか、それは働いてみなければ分かりません。

人生で初めての経験に誰でも緊張してしまうのは仕方がないことでしょう。

社会人になる前に準備しておくこと8選紹介します

残り時間をのんびり過ごしても、または事前準備に費やしても、どちらにせよいずれは新社会人としての一歩を踏み出さなければなりません。

それならば、社会人になる前にある程度の準備をしておいた方が、いざ働き始めたときに困ることや、後悔すること、不安に感じることを減らすことができるでしょう。

社会人になったら友達と遊ぶ時間がなくなるため、今の内にたくさん遊んだり、旅行に行ったりすることも大切です。

しかし、遊びにかまけていると、いざ社会人になってから戸惑ってしまうことがたくさんあるかもしれません。

社会人として働き始めるまでに、ある程度の準備が終わらせておいた方が後の自分のためになるため、準備できることは今の内からしておきましょう!

どのようなことを準備しておけばいいのか、具体的なことをご紹介していきます。

ビジネスマナーを身につける

社会人になると、ビジネスマナーを身につけなければなりません。

さわりの部分は学生時代に教わることが多いですが、本格的なビジネスマナーに関しては、入社してから学ぶことが多いでしょう。

大手会社や新入社員の教育に力を入れている会社では、入社直後の研修期間に時間をかけてビジネスマナーを教えることがあります。

ですが、中小企業や個人経営の会社の場合には、いちいちビジネスマナーを教えてくれないことも多いです。

むしろ社会人になると、それらのビジネスマナーは自分で勉強して身につけておくことが当たり前だと考えられています。

そのため、「教わっていないから」という理由が通らないことの方が多いでしょう。

社会人になり、「ビジネスマナーくらい身につけておけ!」と怒られてしまわないためにも、今の内からある程度のビジネスマナーを身につけておいた方がいいでしょう。

新社会人の内はマナーがなっていなくても「若いから仕方がない」と甘やかしてくれるかもしれません。

しかし、マナーがなっていないままで何年も経ってしまうと、後になってからの方がより非常識だと怒られたり、恥をかいてしまったりします。

そのため、社会人になる前に、ある程度のビジネスマナーをしっかりと身につけておきましょう。

会社に着ていく物を買う


会社では、制服が指定のところでない限り、一般的にはスーツやオフィススタイルに相応しい服装が求められます。

会社は仕事をする場所であり、ファッションショーをするところではありません。

仕事中には作業がしやすく、また比較的地味な服装の方が無難でしょう。

学生の頃は自分の好きなファッションで過ごしていた人も、社会人になったら自分が勤める会社に相応しい服装で出勤しなければなりません。

そのためいざ仕事が始まる前までに、会社で着ていく用の服を何着か買っておくといいでしょう。

スーツ

社会人の服装は、一般的にはスーツスタイルです。

男性も女性も、基本的にあまり目立たないスーツスタイルで仕事をしています。

もしお決まりのスーツでも少しおしゃれに着こなしたいと思うなら、カフスやネクタイといったワンポイントでさりげなくおしゃれを演出する程度にしておきましょう。

とくに新社会人になりたての頃に、あまり派手に目立とうとすると、上司や先輩から生意気だと睨まれてしまいます。

職場ではあまり悪目立ちしないように気をつけましょう。

学生であれば多少生意気でも問題ありませんが、新社会人で生意気だと出世や昇進に響いてしまうことがあります。

また、職場がスーツではなく私服の場合には、その職場の雰囲気に合わせた服を選びましょう。

職場がスーツの場合には、それに合わせて靴も革靴やビジネスシューズを選びましょう。

最近では自転車や徒歩通勤をする人も増えているため、スーツにスニーカーを履く人が増えています。

ですが、取引先の人と打ち合わせをしたり、公式な場に赴いたりする際には、スニーカーではなくきちんとスーツに合った靴を履くようにしましょう。

また、スーツにスニーカーを履く場合は、必ず上司や先輩に一言相談してから履くようにしましょう。

一方で作業着のような制服の場合には、それに合わせて運動靴やスニーカーがおすすめです。

私服の場合には服装に合わせた靴を選びますが、あまり派手過ぎない方が良いでしょう。

靴は毎日職場で履きますので、素材が丈夫なものを選び、予備も含めて2足は持っておいた方が安心です。

また、足元で第一印象を決められることもあるため、毎日きちんと靴の手入れを怠らないようにしましょう。

職場に持って行く鞄は、黒や茶色などのあまり目立たない色合いのものがいいでしょう。

書類やパソコンなど、あれこれと荷物が増えることもあるため、ハンドバッグのようなサイズのものよりもA4ファイルが入るような大きさの鞄を選ぶといいでしょう。

手提げもしくはショルダータイプの鞄が一般的です。

営業のように外回りの多い仕事の場合には、たくさんの書類や資料を抱えて動き回ることが多いため、重たい荷物を入れて歩き回っても壊れにくい素材の鞄を選ぶようにしましょう。

新社会人を迎える時期は、スーツや鞄などの必要な道具を揃える際にある程度費用がかかります。

そこで出費を惜しんでしまうと直ぐに鞄や靴がダメになってしまいますので、きちんと質の良いものを選ぶようにしましょう。

名刺入れ

社会人になると、何かと名刺交換をする機会が増えます。

取引先の会社の人や、初めて出会った人など、あらゆる場面で名刺を交換することがありますので、常に名刺を持ち歩くようにしましょう。

名刺は名刺入れに入れて持ち歩きますので、社会人になるときにスーツや鞄などと一緒に揃えておきます。

名刺入れはどこでも売られており、プラスチックケースのタイプや布のタイプなどさまざまです。

名刺を取り出す際に名刺入れも相手の目に映りますので、やはりあまり派手過ぎず、落ち着いたデザインのものがいいでしょう。

名刺は職場によっては使う機会がほとんどないこともあります。

でも、もしも何かトラブルに巻き込まれた際や、自分の身分を証明しなければならなくなったときには、咄嗟に名刺を出すことで自分の身分を証明することができます。

持たないよりは持っておいた方がいいでしょう。

名刺自体は会社で刷ることもありますし、自分で名刺を用意することもあります。

腕時計

最近では携帯を腕時計代わりに使う人も多いです。

しかし、いざ仕事となると携帯をいちいち取り出せない状況もあります。

いつでも時間を確認できるように腕時計を用意しておきましょう。

腕時計は水仕事や作業場など、汚れる仕事では防水タイプのぶつけても大丈夫なものを選びましょう。

多少ごついデザインでも、動くことの多い職場であればそこまで目立つことはありません。

一方で、一般的な事務仕事の場合には邪魔にならないデザインで派手過ぎないものを。

営業や人と関わることが多い仕事の場合には、派手過ぎず、けれども多少オシャレなデザインのものを選ぶようにしましょう。

どんな時計が良いのか分からなければ、自分の職種を伝えた上で親や先生などに相談するのがおすすめです。

規則正しい生活を送っておく

学生時代には昼夜逆転生活を送っていた人も、社会人になると自分の好きな生活スタイルを送れなくなってしまいます。

社会人は基本的に朝が早いため、あまり夜更かしをしていると朝起きられなくなって、社会人1年目にして遅刻を繰り返してしまうことになります。

すると会社に迷惑をかけてしまい、最悪クビになってしまうこともありますので、今の内から規則正しい生活を送っておくようにしましょう。

朝は7時には起きるようにして、夜も0時までには就寝するように努めましょう。

社会人になるまでの期間は休みがあるため、休みだからとダラダラ過ごしてしまいがちですが、「もうじき社会人になるのだから」と気を引き締めて、きちんと規則正しい生活を送るよう意識しましょう。

クレジットカードを作る

クレジットカードは持っているとついつい使ってしまうため、リスクを避けるためにも作らない主義の人がいます。

しかし社会人になると、咄嗟の場面でクレジットカードを使う機会もあるため、持たないよりは1枚だけでも作っておいた方がいいでしょう。

例えば急な出張になり、ホテルへ宿泊するときに手持ちの現金がなければカードで支払うことができます。

急ぎで買い物をしなければならないときにも、いちいちATMや銀行でお金を下ろす時間がなければクレジットカードがあれば事足ります。

普段から使う必要はありませんが、時間がないときや咄嗟の場面ではクレジットカードがあるとかなり便利です。

社会人になる前に1枚作っておくといいでしょう。

カード会社によっては、まだ働いていない内はカードが作れないこともありますので、その場合には働き始めてから作るようにしましょう。

業務内容について予習しておく

自分がこれから勤める会社でどんなことをするのかが予め分かっている場合には、業務内容について予習しておくようにしましょう。

会社によっては勤務が始まる前に、会社の概要や仕事内容に関する書類を渡してくる場合があります。

その場合には予め書類を熟読しておくことが暗に求められています。

必ずきちんと内容を確認して、予習を怠らないようにしておきましょう。

業務内容について予習しておくと、「仕事が始まってもきっと大丈夫だ」と自分に安心感を与えることができます。

いざ仕事が始まったときにも、仕事に対する前向きな姿勢を評価してもらえる可能性があります。

もし何の事前情報ももらっていなければ、会社のHPなどを確認して、社長の名前や会社が創業して何年程度なのか、また大まかな事業内容などをきちんと頭に入れておきましょう。

面接時にもこれらを確認することは必須です。

しかし、就活が終わってしまえばすっかりと頭から情報が抜けてしまうことも多いため、休みの間に再確認しておきましょう。

PC操作

仕事でWordやExcelなどを使うことが分かっていたら、仕事を始める前に一通りのPC操作に慣れておくようにしましょう。

普段PCを触る機会が少ない人ほど、仕事が始まったらまずはPCの操作方法で苦戦することが多いです。

そのため、一通りの簡単な操作方法や、ショートカットキーなどを覚えておき、いざ仕事が始まってからも直ぐに役立てるようにしておきましょう。

元々PCを触るのが趣味の人は、事前に操作方法を学んでおく必要はありません。

ですが、あまり得意げな態度をとると、会社側に過度の期待をされてしまう可能性がありますので注意しましょう。

新聞や本を読む

よく電車やバスの中で、新聞や本を読んでいるサラリーマンの姿を見かけることがあると思います。

新聞には時事に関する情報がたくさん載っているため、もし会社内や取引先で時事に関する話題が出たときにも、知っていれば自分なりの意見を交えて詳しい話をすることができるでしょう。

また、会社によっては常に最新の情報を扱う場合もあるため、毎日新聞を読むことが求められることもあります。

学生の頃には新聞や本を読む習慣がなかった人でも、社会人になった後は「新聞くらい読んでおけ」と言われることが多くなります。

そのため、日頃から新聞や本を読む習慣を身につけるようにしましょう。

社会人らしいヘアスタイルにしておく


学生の頃は、ロングやパーマ、派手なカラーなど自由にヘアスタイルを楽しんでいた人も、社会人になると自分の好きなヘアスタイルで出勤することは難しくなります。

美容師やアパレル関係の仕事であればまだしも、一般的な会社勤めの場合には、社会人としてふさわしいヘアスタイルにしなければなりません。

髪の色は地味に、また髪型も長さや形を整えなければならないため、自由なヘアスタイルを楽しんでいた人にとっては不満に思えるかもしれません。

しかし、そこは社会人らしくする必要があるでしょう。

社会人の中には、自分のファッションやヘアスタイルを妥協したくないため、それらが許される職種を選ぶ人もいます。

しかし自分の自由にならない職種の場合には、勤務先に相応しいヘアスタイルにしましょう。

お金について勉強しておく

社会人になると、学生の頃のように親からお小遣いをもらって生活するのではなく、自分でお金を稼ぐようになります。

アルバイトをしていた頃よりも収入は大きく上がるため、給料が入った嬉しさからついパーッと使ってしまいたくなるかもしれません。

しかし、給料のすべてを自分のために使ってしまうと、いざ一人暮らしや自分で生活しなければならなくなったときに、お金で困ってしまうことになります。

社会人になる前に予めお金について勉強しておいた方がいいでしょう。

実家暮らしであれば、自分が働くようになったらどの程度家にお金をいれるべきか。

また一人暮らしをするのであれば、一ヶ月生活するためにはどのようにお金を使い分けるべきかなど、できれば親の助言の元に勉強しておきましょう。

新社会人の頃は親が仕送りをしてくれることもあります。

ですが、いつまでも親の仕送りに頼ることはできません。

自分で立派に働くようになったら、今度は親にこれまでの恩を返すためにも、こちらから仕送りをしてあげた方が親孝行にもなります。

好かれる後輩になるにはどうしたらいい?

社会人になると、必ずといっていいほどに上司や先輩たちとコミュニケーションをとる必要があります。

その際に、自分が上司や先輩から嫌われてしまうと、目を付けられて嫌がらせをされてしまうかもしれません。

出世の邪魔をされてしまうかもしれません。

社会人とはいっても、会社の上下関係もつまるところは学校の上下関係と同じです。

きちんと先輩とコミュニケーションをとらなければ、仕事で困ることもたくさん出てきます。

会社で上手くやっていくためにも、好かれる後輩を目指して頑張りましょう。

どうすれば好かれる後輩になれるのか、アドバイスをいくつかご紹介していきます。

挨拶をしっかりする

挨拶はコミュニケーションの基本です。

人と会った時にきちんと挨拶ができる人は、それだけで印象が良くなりますし、周りの人たちからも好感を持たれやすいです。

先輩や上司はもちろん、同僚に会ったときにも明るくハキハキと挨拶をしていれば、仕事の出来不出来に関係なく人柄は評価してもらうことができます。

また、人柄で評価してもらえれば、仕事でも自分にチャンスが回ってくる機会が増えるでしょう。

挨拶は、ぼそぼそと小さな声で言ってもあまり効果はありません。

むしろ感じが悪く伝わってしまいますので、余計なおしゃべりまでする必要はありませんが、挨拶だけはハッキリと相手に聞こえるように伝えましょう。

例え相手に無視をされても、自分まで相手を無視することなく、毎回きちんと挨拶をしましょう。

言われたことをメモに取る

最近では、仕事を教えられているときにメモを取らない人が増えています。

メモを取らなくても完璧に仕事を覚えられる人であれば、自分がメモを取る必要などないと思うかもしれません。

しかし、それでもあえてメモに取る行為をすることで、仕事を教えている人に自分がそれだけ真剣に聞いているのだと態度で伝えることができます。

また、よほど記憶力に優れている人でもない限り、一度教えられたことをいつまでも完璧にこなせるということはないでしょう。

メモを取っていなければ余計にできないことや分からないことが増えてしまいます。

最初に教わったことは必ず細かくメモに取り、時間がある時に読み返して復習しましょう。

矛盾点があればメモを根拠に先輩に質問することもできますので、言われたことは常にメモに取る癖をつけましょう。

いつも笑顔

社会人になると、社交辞令や愛想笑いをしなければならない場面がたくさんあります。

本心ではどうであれ、表面上は無難にその場に合わせることも社会人にとっては必要なスキルです。

周りと上手くやっていくためにも、いつも笑顔でいることを心がけましょう。

失敗したときや真剣な場面ではもちろん神妙な表情が求められます。

ですが、挨拶をするときや普段の会話のときにはできるだけいつも笑顔でいるように努めましょう。

いつも笑顔でいれば先輩からの印象も良くなりますし、何かと気さくに声をかけてくれるようにもなります。

先輩と距離を縮め、自分をいい後輩だと思ってもらえるようにするためにも、いつも笑顔でいるように心がけましょう。

雑用を嫌がらない

社会人一年目は、何かと仕事でも雑用が多いです。

先輩や上司へのお茶出しやコピー作業、書類をまとめてファイリングをしたり、掃除を任されたりと、自分が会社でやりたいと思っていた仕事をなかなか任せてもらえないこともあります。

どんな会社でも、いきなり新人に大きな仕事を任させることはしないため、最初の内はじっと我慢して、どんな雑用でも嫌がらずに素直にこなしましょう。

上司や先輩は、あえて簡単な雑用の仕事をさせて、新入社員の態度や働き具合をチェックしていることもあります。

真面目にコツコツと雑用をこなしていれば、その態度が評価されて他の新入社員よりもいち早く仕事を任せてもらえるようになるかもしれません。

どんな大きな会社でも、まずは雑用から始めるのが基本ですので、雑用でも嫌がらずに積極的に取り組んでいきましょう。

当たり前のことができる

先輩に「やっておいて」と頼まれたことや、新入社員でもできそうな雑用を頼まれたときには、それを確実にこなすことを意識して行動しましょう。

最初の内は、誰でも当たり前にできることを新入社員に任せることが多いため、その当たり前のことを当たり前にできるように、確実に一つずつこなしていきましょう。

また、挨拶や笑顔でコミュニケーションをとるなど、人としても当たり前にできることを確実にやっていきましょう。

当たり前にできることをきちんとこなしても、いちいち先輩や上司は褒めてくれることはありません。

しかし、当たり前のことをやれていないとそれだけ評価は下がってしまいますので、確実にこなせるようにしっかりと取り組みましょう。

先輩を立てることができる

学生の頃にも、先輩に対しては遠慮したり、先輩を立てたりすることがありますが、それは社会人でも同じことです。

先輩を立てることができる人は、先輩からは「可愛い後輩」と認識されます。

何かと声をかけてくれたり、困ったときには助けてくれたりするでしょう。

一方で先輩に対して生意気な態度をとっていると、先輩からまともに仕事を教えてもらえなかったり、困ったときに一切助けてくれなかったりするため、自分が困ってしまうことになります。

プライドの高い人や頑固な人、融通が利かない人は先輩を立てることに抵抗があります。

ですが、新社会人の内は自分が一歩下がって先輩を立てなければ自分が損をしてしまうことになりますので、グッと堪えてときには先輩をきちんと立てましょう。

先輩にあたる人物が後輩に偉そうにしていると腹が立つこともあります。

しかし、偉そうな先輩ほど上手にご機嫌伺いをすることで、案外簡単にお願い事を聞いてくれたり、助けてくれたりすることもあります。

ときには先輩を立てて上手く利用する器用さを身につけましょう。

仕事ができる人の5個の特徴とは

新社会人になったばかりで、いきなり仕事ができる人はまずいないでしょう。

誰でも最初の内は分からないことだらけですし、失敗もたくさんするものです。

しかし「どんな人が仕事ができるのか」という特徴を知っておくと、それを目標にして仕事を頑張ろうという気持ちになれるかもしれません。

新社会人の内は仕事ができなくても仕方がありません。

ですが、なるべく早く仕事ができるようになるためにも、仕事ができる人の特徴をしっかりと把握してそれを目指して頑張りましょう。

どんな人が仕事ができるのか、その特徴を以下に挙げていきます。

聞き上手

聞き上手な人は、相手の話をよく聞いて理解した上で行動しますので、仕事でも聞き上手を活かして仕事ができます。

例えば取引先の人や上司、先輩などがおしゃべり好きであれば、適度に相槌を打ちながら相手の話を聞きます。

そして、その中で相手の求めているものや要望などをピックアップして、その後の仕事に活かすことができるでしょう。

重要な仕事の話をしているときには、誰でも真剣に話を聞くものです。

ですが、普段のちょっとしたおしゃべりでもしっかりと相手の話を聞いてそれを活かすことで、相手は「この人は自分の話をちゃんと聞いてくれているのだな」と感心して、好印象を持ってくれることでしょう。

文句や愚痴を言わない

仕事ができる人は、仕事の文句や愚痴を言いません。

誰でも仕事をしていれば、ストレスに感じることがあるでしょう。

仲の良い同僚と飲みに行った先で、お互いに愚痴を語り合うことはよくあります。

しかし、仕事ができる人はそうした場面でも自ら愚痴をこぼすことは少ないでしょう。

仕事ができる人は、文句や愚痴をこぼす暇があるならもっと仕事で結果を出すことに一生懸命になります。

文句や愚痴を言ったところで何の意味もないことを理解しています。

また、ネガティブな言葉を口に出すことで、自分自身のモチベーションを下げることも分かっているため、決して文句や愚痴をこぼすことはありません。

ひょっとしたら家で家族に対しては愚痴をこぼすことがあるかもしれませんが、少なくとも仕事の関係者にこぼすことはないでしょう。

人に頼ることができる

仕事ができる人は、自分にできないことがあったり、作業の効率化をはかったりするときには、周りの人を頼ることができます。

完璧主義の人や、自分で仕事を抱え込んでしまう人、また周りを頼ることで迷惑をかけると思ってしまっている人は、なかなか周りの人を頼ることができません。

しかし、仕事ができる人は自分が無理だと思ったら、頭を下げて周りにお願いしたり、頼ったりすることができます。

その素直な態度に周りも協力してくれることが多いでしょう。

時間の管理が上手い

仕事ができる人は、時間の管理が上手です。

休憩時間やちょっとした隙間時間を使って効率的に行動できます。

時間を無駄にすることがないため、他の人たちよりも同じ時間でたくさんのことをこなすことができます。

とはいえ無理にすべての時間に予定を詰め込むこともなく、休むときにはしっかりと休息もとります。

メリハリのある生活スタイルを送ることができます。

仕事ができる人は毎日自分でスケジュールの予定を組み、それを細かく管理する習慣を身につけているため、自己管理もしっかりしています。

目標を持っている

仕事ができる人は自分なりの目標を持っています。

「こうなりたい」「あれがしたい」と自分できちんと目標を設定しているため、それに向けて真っ直ぐに努力することができます。

目標があれば無駄な寄り道をすることはありません。

周りから見たときにもしっかりと自主性を持って行動しているように映ります。

自分のための努力で周りから評価されることもあるでしょう。

しっかり準備して素敵な社会人になろう!

社会人になるまでにきちんと準備している人は、そうでない人に比べていざ仕事が始まったときに余裕を持って仕事に取り組むことができます。

何も準備していなかった人は、仕事が始まってからバタバタと準備に追われることになり、気持ちも行動も慌ててしまうためミスも生まれやすくなります。

一方でしっかりと準備をしていた人は、余計なミスをすることがなく、新しく学ぶことに集中して取り組めます。

仕事に対する姿勢で上司や先輩からも評価されやすくなるでしょう。

新社会人になるまでのわずかな時間を利用して、しっかりと準備をしておきましょう!