CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

社会人になる前に準備しておくこと8選

就活を終えてひと段落したのも束の間で、新社会人になることへの期待や不安で胸がいっぱいになっている人は多いでしょう。

いざ社会人になってから、「働く前にやっておけばよかった・・」と後悔することのないように、働き始める前の時間がある今だからこそ、いろいろと準備をしておいた方がいいでしょう。

社会人になる前にどんなことを準備しておいた方がいいのかを、詳しくご紹介していきます!

遂に新社会人!緊張しますよね

学生時代にアルバイト経験のある人は、「自分は働いたことがあるから、社会に出てもやっていけるだろう。」と気楽に考えているかもしれません。

しかし社会人になると、アルバイトの頃とは違って仕事内容もとても増えますし、責任を負うことも多くなります。

また、まったくバイト経験がない人は、集団の中で働くことが初めてですよね。

新社会人になることへの不安や心配が尽きずに、勤務初日までドキドキしてしまうことが多いでしょう。

社会人とはどんなものなのか、それは働いてみなければ分かりません。

人生で初めての経験に誰でも緊張してしまうのは仕方がないことでしょう。

社会人になる前に準備しておくこと8選紹介します

残り時間をのんびり過ごしても、または事前準備に費やしても、どちらにせよいずれは新社会人としての一歩を踏み出さなければなりません。

それならば、社会人になる前にある程度の準備をしておいた方が、いざ働き始めたときに困ることや、後悔すること、不安に感じることを減らすことができるでしょう。

社会人になったら友達と遊ぶ時間がなくなるため、今の内にたくさん遊んだり、旅行に行ったりすることも大切です。

しかし、遊びにかまけていると、いざ社会人になってから戸惑ってしまうことがたくさんあるかもしれません。

社会人として働き始めるまでに、ある程度の準備が終わらせておいた方が後の自分のためになるため、準備できることは今の内からしておきましょう!

どのようなことを準備しておけばいいのか、具体的なことをご紹介していきます。

ビジネスマナーを身につける

社会人になると、ビジネスマナーを身につけなければなりません。

さわりの部分は学生時代に教わることが多いですが、本格的なビジネスマナーに関しては、入社してから学ぶことが多いでしょう。

大手会社や新入社員の教育に力を入れている会社では、入社直後の研修期間に時間をかけてビジネスマナーを教えることがあります。

ですが、中小企業や個人経営の会社の場合には、いちいちビジネスマナーを教えてくれないことも多いです。

むしろ社会人になると、それらのビジネスマナーは自分で勉強して身につけておくことが当たり前だと考えられています。

そのため、「教わっていないから」という理由が通らないことの方が多いでしょう。

社会人になり、「ビジネスマナーくらい身につけておけ!」と怒られてしまわないためにも、今の内からある程度のビジネスマナーを身につけておいた方がいいでしょう。

新社会人の内はマナーがなっていなくても「若いから仕方がない」と甘やかしてくれるかもしれません。

しかし、マナーがなっていないままで何年も経ってしまうと、後になってからの方がより非常識だと怒られたり、恥をかいてしまったりします。

そのため、社会人になる前に、ある程度のビジネスマナーをしっかりと身につけておきましょう。

会社に着ていく物を買う


会社では、制服が指定のところでない限り、一般的にはスーツやオフィススタイルに相応しい服装が求められます。

会社は仕事をする場所であり、ファッションショーをするところではありません。

仕事中には作業がしやすく、また比較的地味な服装の方が無難でしょう。

学生の頃は自分の好きなファッションで過ごしていた人も、社会人になったら自分が勤める会社に相応しい服装で出勤しなければなりません。

そのためいざ仕事が始まる前までに、会社で着ていく用の服を何着か買っておくといいでしょう。

スーツ

社会人の服装は、一般的にはスーツスタイルです。

男性も女性も、基本的にあまり目立たないスーツスタイルで仕事をしています。

もしお決まりのスーツでも少しおしゃれに着こなしたいと思うなら、カフスやネクタイといったワンポイントでさりげなくおしゃれを演出する程度にしておきましょう。

とくに新社会人になりたての頃に、あまり派手に目立とうとすると、上司や先輩から生意気だと睨まれてしまいます。

職場ではあまり悪目立ちしないように気をつけましょう。

学生であれば多少生意気でも問題ありませんが、新社会人で生意気だと出世や昇進に響いてしまうことがあります。

また、職場がスーツではなく私服の場合には、その職場の雰囲気に合わせた服を選びましょう。

職場がスーツの場合には、それに合わせて靴も革靴やビジネスシューズを選びましょう。

最近では自転車や徒歩通勤をする人も増えているため、スーツにスニーカーを履く人が増えています。

ですが、取引先の人と打ち合わせをしたり、公式な場に赴いたりする際には、スニーカーではなくきちんとスーツに合った靴を履くようにしましょう。

また、スーツにスニーカーを履く場合は、必ず上司や先輩に一言相談してから履くようにしましょう。

一方で作業着のような制服の場合には、それに合わせて運動靴やスニーカーがおすすめです。

私服の場合には服装に合わせた靴を選びますが、あまり派手過ぎない方が良いでしょう。

ページトップ