CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

友達以上恋人未満のデートは何をする?みんなのリアルなデートコース12個を紹介


友達以上恋人未満の関係って一番デリケートな時期ですよね。

ここで失敗するとただの友達になってしまうので、デートコースもやたらと気を遣います。

くだけすぎても友情感が強すぎるし、かといってバッキバキのデートスポットだと引かれそうだし…。

「丁度いい」デートコースが知りたいところ。

夢見がちなプランではなく、リアルかつ好印象なデートを考えてみましょう。

友達以上恋人未満のデートは何をする?

友達以上恋人未満の場合、露骨なデートスポットに出かけるには、まだ早いです。

あまりにもロマンチックな場所に連れ出しても、相手の温度がまだそこまで高まっていないときには警戒される恐れがあります。

なんだか恥ずかしくて会話がままなりません。

とりあえず暇が潰せて、ある程度の会話が楽しめて、「友達と遊んだ」と言い張れるような場所がベストです。

距離感が難しい…

友達以上恋人未満という気持ちは相手もおそらく同じで、探り合いの期間です。

友達としては上手くいっていても、異性として意識し始めると関係が壊れるというケースもあり、お互いそれを恐れています。

この段階では、まだ踏み込み過ぎてもいけないし、かといって友達として割り切りすぎると「脈無しか…」と思われてしまうので難しいです。

とはいえ、二人きりで出かけることは許諾してくれているのですから、嫌われているわけではありません。

こちらがその気で相手がまだわからないというのであれば、デートの回数を重ねて徐々に距離を詰めていきましょう。

いきなり近寄りすぎるのはNGです。

友達以上恋人未満のリアルなデートコース12個を紹介!

友達以上恋人未満という微妙な関係を悪化させずにデートを楽しむためのリアルなコースをご紹介します。

下記に紹介する12個をメインにしても良いですし、それぞれを組み合わせても構いません。

では早速見ていきましょう。

1.カフェ

カフェはとりあえず行っておいて損はありません。

他のデートコースがメインでも、休憩無しで歩き回るよりカフェで休憩を挟むことが求められます。

行き当たりばったりでカフェを探すより、ある程度目星をつけておけばスムーズに誘導できるでしょう。

相手のことを知ることが一番大事!

カフェに入る目的は相手を知ることです。

カフェなんて会話でもしなければ間がもたないので、お互いに言葉を繰り出して間を埋めようとします。

それがとても重要なポイントです。

まだ友達以上恋人未満という関係では、相手のことをよく知っているつもりでも核心に触れている可能性は低いため、会話の量を増やして相互理解を深めることに意味があります。

基本的には、ある程度話題を提供したら相手の話を聞く側に回りましょう。

カフェは静かな場所ですから、ユーモアを連発して笑わせる必要はありません。

オシャレすぎず無難なところに

とりあえずチェーン店は避けるとしても、コンセプトが強すぎる店やコーヒー一杯1,000円以上ではないカフェにしましょう。

他の客との距離がある程度離れており、ゆったりくつろげる空間かどうかが重要です。

その点でいけば、超人気店もやめておいた方が良いですね。

行列ができていると、くつろぐことに罪悪感が生まれてしまい、会話もそこそこに立ち去らなければならなくなります。

あくまで会話がメインです。

オシャレすぎるのもNG。

インスタ映え勢がワサワサして落ち着かないし、なんだか気取ってしまって会話がはずまなくなる様子が想像できます。

2.映画館

昔から初デートといえば映画だったわけですが、これにはちゃんと理由があります。

まず第一に2時間くらい話さなくて済みます。

緊張を解きほぐしてくれる効果があり、ボロが出ません。

そして、見終わった後は映画の感想などを語りあえば良いので共通の話題が作りやすいです。

総合的に見て、映画館に行くのはとても便利といえます。

距離が近くてドキドキ

ラブロマンスや爽快なアクションなどドキドキする映画であれば、近い距離にいる人との吊り橋効果で恋愛感情が生まれやすくなります。

映画が始まる前の薄暗がりの中でヒソヒソ話すのもドキドキ感があります。

ページトップ