ヤキモチを焼く男に困ったことはないでしょうか。

彼氏だと可愛いなぁと思えても、度が過ぎるとウザったくなってきますよね…。

ヤキモチを焼かれるようなことをしている覚えはないのに、なんだかんだと言ってくる彼らの心理とは一体何なのか…どんな態度に現れるのかも含めて解説します。

ヤキモチを妬いてしまう男の6個の心理


今回ご紹介するヤキモチは、「こういうのが好きなんでしょ?」というテクニックによるものではなく、自分でコントロールができないヤキモチであることを前提とします。

さて、そんなヤキモチを焼く根底にあるのは劣等感です。

劣等感は、他者と自分を比較した時にしか生まれない感情で、時には、追い付きたい、追い越したいという気持ちがプラスに働くこともあるのですが、マイナスの方向に偏るとヤキモチ焼きの行動として露呈します。

その根底にある劣等感から派生する心理を6つに分割し、より詳しく考えてみましょう。

1.他の男と接して欲しくない

早速他者との比較が出てきました。

まず表面的には「他の男と接して欲しくない」と考えています。

ただ、その“他の男”というのが具体的な人物ではない限り、男性の平均レベルよりも自分が劣っているという感情が強く出ている結果です。

平均レベル以上にあるという自負があり、女性から愛されるに値する価値があると信じていれば、他の男と話したり食事に行くくらいのことをされても何とも思いません。

自分だけを見ていてほしい


自分が他の男よりも魅力が無いと思っているわけですから、他の男に目を向けられては困るのです。

自分だけを見てくれている内なら安心できるので、徹底的に束縛しようとしてきます。

お付き合いしているならまだしも、ただ片思いしているだけの相手に束縛をかましてくる男もいるので要注意です。

付き合う前の段階から「おや?」と思うところがあれば、ヤキモチ焼きを通り越した行動に出るまで時間がかからないでしょう。

付き合うのはやめておくのが得策ですし、既に付き合ってしまっているなら考え物です。

このタイプは治らない

他の男と比べている男というのは、どれだけ自分磨きをしても、別の良い男が登場するたびに再び劣等感に苛まれます。

芸能人に対して「カッコイイよね」と言っただけでヤキモチを焼くようなタイプがそれです。

生まれ変わりでもしなければ、到底追いつくことのできない存在すらもライバルと考えるので止まりません。

そして、彼女にとって「カッコイイ」ということがイコール彼氏にしたいという発言とはならない、ということに気が付かないので面倒臭いです。

2.愛情の欠乏

根が深いところにあるのが愛情の欠乏です。

これは子供の頃からの経験に基づいているため、ちょっとやそっとの付き合いで解消できる類のものではないと理解しましょう。

愛情の欠乏を最も感じるのは親からの愛が足りていなかったケースです。

人によって同じ愛情を注がれていても受け止め方が違うため、親が悪かったともいえないのですが、気持ちを感じ取ってくれなかったことに不満を持っていることが多いでしょう。

兄弟姉妹との比較

兄弟姉妹の比較なんていうと、一方が勉強やスポーツが得意で自分がダメだったなどをイメージする人が多いと思いますが、そういう比較ではありません。

親との関係性の問題です。

どちらかだけが多くおやつを貰う、学校から帰って親に話したいことがいっぱいあったのに、いつも一方が先に話していて自分のターンが来ないなど日常の小さな事象が積み重なって大きな心の傷になることは少なくありません。

その他、親の経済状況によって一方だけが進学できた、などという場合も、親からすれば「そんなこといったってしかたないじゃないか…」と思うのでしょうけど、子供からすると、ちっともしかたなくありません。

ましてや自分が働いたお金が弟や妹の学費や生活費に使われたとなれば、誇りに思う反面、弟や妹が幸せそうな姿を見るたびに割を食っていると考えてしまう自分もいるでしょう。

そういう思いに罪悪感を抱えたりもするので、非常に根が深いです。

徹底的に付き合ってあげる気でいないと、このタイプの男性のヤキモチが止まることはないでしょう。

理想の親子像との乖離

一人っ子の場合でも他人の親子を見ることで理想の親子像を作り出し、それと乖離していると感じた結果「親に愛されていないのではないか」と考えることもあります。

この疑念を晴らすのは困難で、親がその話を聞いてキチンと向き合ってくれた経験がなければ、大人になっても、どこか愛情の欠落を抱えたままの状態になってしまうことがあるのです。

そして彼女ができると「ようやく自分だけを愛してくれる人ができた」と感じて囲い込もうとします。

ヤキモチ焼きもその一端です。

3.彼女を信用できない

彼女を信用できないというのは必ずしも男性の劣等感に基づくものとは言い切れません。

まず明らかに彼女に問題があるケースです。

たとえば過去に浮気をしたとか、彼氏に昇格できた時点で同時進行していた男がいたとか…信用してくれという方が無理な話ですよね。

まぁそんなのは別として、彼女には何の問題もないのに男性が勝手に信用してくれないことはあります。

心の底で「自分には不釣り合いな良い女」と思っていることが多く、虜にできる確信がないために彼女を疑ってしまうのです。

他の所にいってしまうのではないかと考えてしまう

良い女だと思っているからこそ、彼女を取り巻く周囲の男どもが全員彼女を狙っているという錯覚を引き起こしています。

そのため、彼女さえ心変わりしてしまえば、余所へ行ってしまうのは一瞬だと思って怯え、常に探りを入れないと不安でしかたがない状況です。

彼女の方が社会的に優秀な場合

同い年などでありがちなことですが、社会人なった年齢は同じなのに、彼女の方がどんどん出世したり、業界で名を聞くようになると彼氏としてのメンツが保たれなくなってヤキモチのような行動に出ることがあります。

でもこれはもはや、ライバルに対する嫉妬心と同等なので、可愛らしいものとは呼べません。

彼女が仕事の悩みを相談してきても、それを自慢話と捉えて不機嫌になったり、仕事が忙しいことを理由にデートを断ったりすると「どうせ俺は暇ですよ」と拗ねたりします。

4.自分に自信が無い

男としての自信というより、全般的に自信がないとヤキモチ焼きになる傾向があります。

自信が無いので彼女に褒められたり、愛していると伝えられても言葉通りに受け取ることができず、さらに上のアピールを求めてきます。

最初は「甘えん坊でかわいいなぁ」と思えても、頻度がヒドイ場合は彼女も飽き飽きするものですが、そういう態度を見るとなおさらヤキモチを焼きまくります。

自分に自信が無いからマイナスに捉えてしまう

自信がない、劣等感を抱えているという状態は、それを克服しようと努力する人にとっては力を生み出す要素になりますが、諦めている人はマイナス思考からの脱出ができません。

また、そのような思考になる人は、努力ではどうにもならないポイントに劣等感を抱いていることが多いです。

最たるものは容姿。

どれだけ頑張っても背を伸ばすことはできないし、整形しないと顔の造りを変えることはできません。

おそらくは、誰かに容姿のことでヒドイ言葉を浴びせかけられた過去があり、そこから気にするようになってしまったのでしょう。

自分がどんなに頑張って成果を上げても、容姿の良い人が大した成果でもないのに同等の評価をされていたりすると過剰に反応します。

それに端を発するマイナス思考に支配され、何かと卑屈になりがちです。

彼女は自分を愛してくれているということは何となくわかっているため、ヤキモチ程度の行動で済んでいるに過ぎません。

自信がないという自覚が無いことがほとんど

真剣に自己と向き合ったことが無い人間というのは、劣等感にフタをして自信の無さを他人のせいにする癖がついています。

「どうせ上手くいかない」という口癖にも「他人が絶対に邪魔をする」「他人のミスのせいで足をひっぱられる」という考えが含まれています。

こうして嘘の理由で自分を塗り固めているうちに、本心など見えなくなってしまうのです。

だからいつもマイナスの考えから浮上することもできないし、なんなら彼女が不安にさせるのが悪い、くらいのことを平気で言います。

これが極限までいくと、自信の無さを力で誤魔化そうとし始め、暴力的になったり、経済的な支配で相手を取り込んで安心しようとします。

5.いちいち行動が気になる

彼女のことが好きすぎて行動を監視したいという欲望が湧く人もいるようです。

これは劣等感というよりは独占欲が大きいように思えますが、結局のところ監視していないと納得できないという何かしらの精神的な不具合が生じていることは間違いありません。

幼稚

まともな大人なら…という言い方には語弊があるかもしれませんが、日常生活において彼女のことばかり考えている男は到底まともとは呼べません。

仕事のことや自分の将来のこと、金銭的なことなど考えるべきことはいくらでもあるからです。

しかし、それらに目を向けたくない何かしらの理由があると、脳内から締め出されるため残っているのが彼女のことだけ、という事態になります。

とても幼稚で、結婚などすると苦労するでしょう。

6.自分では気づいていない八つ当たり

一見するとヤキモチ焼きにとれる行動が実はただの八つ当たりであるケースも少なくありません。

何かしらのことが上手くいっておらず「お前くらい俺を認めろ」というわけです。

不足を彼女で補填しようとするものの、彼女がそれに応えてくれないと感じた時にヤキモチを焼きます。

仕事やプライベートが充実していない

自分ではものすごく頭が良いつもりでいるのに実際はそんなに頭が良くない、要領が悪いとなると仕事などで期待するほどの評価を得られません。

しかし、自分では自分の頭が悪いことに気付いていないため、相手の評価を不公平であると感じます。

誰かに認められたいという気持ちが強くなり、その対象を絶対的に愛してくれるはずの彼女に設定します。

こうなると、根源にある「仕事で評価されたい」が満たされない限り、解決しないでしょう。

彼女からすれば、自分がどんなに尽くしてもヤキモチを焼かれるので意味がわからなくなるはずです。

困ったら、彼の話をよく聞いてあげて、本当に自分に非があるのかどうかを冷静に見極めることをおすすめします。

彼自身の問題によるものだと理解できれば、気が楽になります。

望まぬ責任を背負っている

傍から見れば順調、正当な評価を得ているように見える人でも、自分のキャパを超える責任を背負わされるとるストレスが増大します。

中間管理職を想像すると分かりやすいかもしれません。

上司からは会社としてのノルマを迫られ、部下からは木を見て森を見ずの不平不満、同僚からはやっかみ…こんな中で自分の業務も抱えながら人材管理までやっていると、プライベートに癒しがなければやっていられないでしょう。

自分でストレスを発散する方法を知っていれば精神を均衡に保つことができますが、他人からの癒しを求めるタイプの人は彼女へ依存的になります。

こういう場合は尽くして尽くして安心させるよりストレスを解消できることへ誘い出した方が手っ取り早く解決できます。

ヤキモチを焼いた時に見せる6個の態度

「彼の行動はヤキモチ?それとも…」と悩むことがあると思います。

単なるヤキモチなのかガチで怒っているのか、はたまた気持ちが冷めてしまったのか、線引きは難しいですよね。

そして、可愛いヤキモチ程度なら許せても「これは常軌を逸しているのでは?」という時には、今後さらに悪化するのかしないのかを冷静に判断する必要があるでしょう。

ヤキモチがどういった行動に現れるのかを把握し、検討時の参考にしてみてください。

1.怒る

怒る、といっても男性のヤキモチは機嫌が悪くなる程度です。

ギャーギャーピーピー喚き散らしたり拳を振り上げたりする人は、あまりいません。

というか、そこまでの行動に出るならヤキモチというより本当に怒っているか、沸点が低すぎるヤバイ奴です。

本当に怒っているとか、ヤバイ奴の場合は直接的に傷つけようとしてくる発言が多くなるのでわかりやすいです。

ヤキモチ程度なら「君のことが好きなのに!」という気持ちがあるので、それほどひどいことは言いません。

「他の男の話なんかしないでよ!」と言いたいけど女々しい感じがして言えないから黙り込んで不機嫌になるというのが多いです。

怒って気持ちをぶつける

彼氏が超どうでもいいことで怒り出したら、たぶん最初からヤキモチを焼いていたのでしょう。

たとえば、「このテレビ面白いね!」と言った彼女に対して「は?全然わかんねーわ」のように、意味不明なタイミングで急に怒り出すなどが挙げられます。

本当は「テレビなんか見てないでもっと俺を見てよ!」なんですけど、そうとは言えないし恥ずかしいので、誤魔化すために怒った感じを出すわけです。

不器用ですね。

構ってあげると、しばらくは収拾がつかないので怒ったふりを装いますが、内心は喜んでいるので、段々怒っていたことを忘れたように振舞ってくるはずです。

注意してくることや苦言が増える

「女の子なんだから夜遅くまで飲んでちゃダメだよ」「休日に電話してくる職場の奴なんてロクなもんじゃないよ」など彼女に対する注意や、疑いを抱いている相手への苦言が増えることもあります。

ちょっと怒ったような態度で発言するので彼女もカチンときてしまうとは思いますが、ただのヤキモチなので真に受けなくて良いです。

ただ、そう言われた直後に終電ギリギリまで飲んでデートに遅刻したり、彼氏と一緒にいるのに友達と長電話をするのはNGです。

ただのヤキモチが本当の怒りに変わってしまいます。

2.冷たくする

冷たくするのはヤキモチを焼いているのがバレたくないことの裏返しです。

努めて冷静に振舞おうとするあまり、むしろ冷たい態度になってしまいます。

本人としては必至なので、特別傷つけてやろうとか思っているわけではありません。

ただし、過去に冷たい態度をとってみた結果、彼女がめちゃくちゃ構ってくれたという成功体験を持つ男性は、わざと冷たい態度をとることもあります。

とはいえ、それが繰り返されるたびに彼女が「ダメだこりゃ」と放っておくようになると、その手が使えなくなったことに気付いて止めるはずです。

そっけない返事や態度をとる

「今はヤキモチ焼いてるから冷たくしーよお!」と意識してやっている男性はあまりいません。

無意識でやっているので、ほどよく繋ぎ止められる程度ではなく、本当にそっけない返事や態度になります。

別に怒っているわけではないので気にしなくて良いでしょう。

そっけない返事を無視して構ってあげれば機嫌が直ります。

3.距離を置く

ヤキモチ焼きがピークに達すると、爆発しそうな感情を抑え込むために物理的な距離を置こうとすることがあります。

でも本当は離れていると寂しいし、彼女の方からも離れてしまっては困るので一時的な行動です。

彼女に対して一歩引いて接する

距離を置くとは言っても、会わないわけではありません。

デートはするのに手を繋がないとか、いつもなら家にいる間はイチャイチャするのに寄りつかないとか、一歩引く程度です。

逆に、デートをドタキャンするなど、本当に距離をとろうとしている場合は、ヤキモチではなく別れを考えている可能性が高いので、早急に対処する必要があります。

4.疑う

やたらとスケジュールを把握したがったり「この前連絡とれなかったけどどこにいたの?」なんて聞いてくるようになったら要注意です。

ヤキモチの程度を超えて束縛野郎になる手前まで来ています。

ヤキモチは「ねぇねぇ余所を向かないでこっち見てよ」くらいのもので、彼女の言動を疑うレベルではないからです。

何をするにも疑いの目で見る

ちょっとスマホを見る、スマホを持って席を外す、いつも暇な曜日に予定が入っているなど、誰でもやることを疑いの目で見始めます。

ここまでくると鬱陶しいですよね…。

もし彼氏がたびたびこのような態度をとるようになったら、ヤキモチを焼いていないときに「浮気を疑う人っているじゃん。

あれ、自分に浮気癖があるかららしいよ」と言っておきましょう。

あくまでも単なる話題として話すことがポイントです。

これを聞くと彼氏は、自分が疑いを持っていることがイコール自分に浮気癖があるということになってしまうので、自己嫌悪を回避するために疑うのを止めます。

5.気にしないフリをする

彼女のことが気になって気になってしかたがないけれど「ねぇどこに行ってたの?」「なにしてたの?」「今の電話誰?」「俺のこと好き?」とはガキっぽすぎて聞けないのが男心というもの。

なんとか気持ちを抑えて気にしないフリをします。

気にしないフリが逆に目立つ

あくまでも“フリ”なので、怒るとか冷たい態度をとられるよりも、はるかに分かりやすいです。

そっけない態度とは似ていますが、チラチラと見てきたり、彼女の視界に入ろうとしてきたりします。

電話も「誰から?」とは聞かないまでも「仕事?忙しそうだね」とそれとなく探りを入れるでしょう。

結構あからさまなので、大体の女性はヤキモチに気付くことができます。

そこで「ヤキモチやいちゃって~」などと茶化すと怒るので注意。

こっそり微笑んであげるくらいが良い距離感です。

6.喋らない

口を開くとヤキモチ焼きの言葉が飛び出しそうなので黙っています。

また、男性は頭の中でグルグル考え事をしている時は黙っている人が多く、ヤキモチを焼きながら彼女の言動を思い返しているのでしょう。

それでしばらく経つと「あれ、そんなに疑うことじゃないか」と思えてくるので、また喋りはじめます。

黙っているときは放っておくのが吉です。

黙り込んでそっぽを向く

喋らないだけでも収まらない場合は目を逸らそうとします。

「目は口ほどに物を言う」とはまさにその通りで、本心を悟られたくないという意識も働いている行動です。

ただ、男性は女性ほど多種多様なコミュニケーションの方法をとらないことが多く、単純に興味が無い話をされている時も視線がどこかに行ってしまうので、ヤキモチとも言い切れないところはあります。

どんなときにヤキモチを焼きやすい?

常日頃から疑ってくるケースは別として、ヤキモチを焼く行動をとりやすいシーンがあります。

概ね彼女の行動をきっかけとしているため、似たようなことを何度も繰り返すと、いつしかヤキモチが不満になりかねないので注意しましょう。

うっかりやってしまっていないかチェックしてみてください。

彼女がやたらとオシャレをしているとき

女友達と出かけるという彼女が、やたらオシャレにキメていると「本当に女友達?」と思ったりします。

とくに自分とのデートより気合いが入っている場合です。

男性は、女子と遊ぶときほどメイクや服に気合いが入る女心をわかっていません。

男性の場合、野郎仲間と出かけるときにオシャレはしないからです。

一方女性は、最近仲良くなった女友達と出かけるときほど、どこに出かけても恥ずかしくないようにオシャレをしようとします。

そのことを懇切丁寧に教えてあげると良いでしょう。

また、その友達がとってもオシャレだからラフな格好はできない、というのも理由にしやすいです。

そういうものかと理解ができると「そりゃ大変だね…」と納得してくれます。

彼女の可愛さは自分だけが知っていたい

そんなにヤキモチを焼かない彼氏でも、彼女の可愛さを知っているのは自分だけ、と思っている人は多いです。

こんなに可愛い笑顔を見せてくれるのは自分にだけだろう、仕事に行くときはピシッとした格好をしているけどデートのときはこんなに可愛いんだぞ、などなど。

彼女がオシャレをして出かけると、それが他の人の目に触れることを想像してなんだか悔しい気持ちになったりします。

長い付き合いの彼氏で、最近のデートはラフな格好すぎたかな、と思う節があれば、たまには彼氏のためにオシャレをしてあげましょう。

一緒にいるのに彼女が電話に出たとき

ヤキモチ以前に一緒にいるときに電話に出られるのは友達でも快いものではありませんよね。

ヤキモチ焼きな人はすぐに不機嫌になるでしょう。

休みの曜日が決まっていない仕事をしている人などは、デート中に仕事の電話が鳴り響くこともあるでしょうけど、休日は本来、仕事の電話に対応する必要はありません。

とはいえ出ないのもマズイと思う場合には、彼氏にことわりを入れてから出るようにすべきです。

ヤキモチがひどいとスマホを気にするだけで

ヤキモチ焼きが過度な人は、彼女がスマホをチラッと見るだけで「誰かからの連絡を待ってるのか!」と勘繰ります。

最近は腕時計をつけずにスマホで時間を確認する人が増えているようですが、特別気にならないときはスマホに触らないのが無難です。

結構癖で触っているだけだったりするので、意識的に触れなくなればスマホが無くても平気になります。

他の人と楽しそうな彼女の姿を見たとき

ヤキモチを焼きやすい彼氏は自分に自信が無いので、彼女が他の人と楽しそうにしている姿を見ると、自分の存在意義が薄まった気がして悲しくなってしまうのです。

とくに喧嘩しているときなんかだと、その気持ちが強くなります。

異性に限った話ではなく、自分より優先された相手や彼女を笑顔にする相手全般がヤキモチの対象です。

仕事の付き合いなどは仕方がないにしても、あまり彼氏をないがしろにして楽しみすぎない方がいいかもしれません。

とはいえ、彼氏があまりにしつこいようなら、耐えられる程度なのかをよく考えましょう。

束縛は人によって耐えられるかどうかが大きく異なるので、他の人に相談して「それくらい可愛いものじゃない」と言われても我慢する必要はありません。

彼女がめちゃくちゃ褒められているとき

社内恋愛ではよく見られるケースです。

自分はそんなに評価されていないのに、彼女がめちゃくちゃ褒められていると男としてのプライドが傷ついて、彼女に対してヤキモチを焼きます。

また、友達や親に彼女を紹介したとき「こんな奴と付き合ってくれるなんて良い彼女だな」「出来の悪い息子がご迷惑おかけしてるでしょう」など、彼女が持ち上げられて自分が貶められると不機嫌になったりヤキモチをやく人もいます。

仕事で評価されたときは、そのことについて彼氏と話さない方が面倒を避けられます。

彼氏の友達や親が彼氏を貶めつつ褒めてくれることがあれば、「いえ!むしろ私が面倒見てもらってるんですよ」とフォローしておきましょう。

本当はそんなことなくても、場を良好に保つためなら嘘も方便です。

彼女からの自慢話も同じ

職場が違う彼女でも「今度出世することが決まったんだよ」「仕事で評価されたからボーナスアップするんだ」と聞かされるとヤキモチを焼いてしまう男性はいます。

素直に「おめでとう!」と言ってくれるか、「俺だって!」と対抗してくるかを考えてみましょう。

後者の場合は彼氏には自慢話をしない方が良いです。

そういう男性にとって、彼女というのは癒しを求める対象であって、対抗心を燃やさなければならないライバルになってほしくないのです。

自分の考え方の問題ですが、自制が効かないので治りません。

評価されたことや褒められた喜びは、他者に伝えようとせずに自分の心の中に幸せとして溜めておきましょう。

まとめ

ヤキモチ焼きの男性について色々と見てきました。

結論としていえることは、ヤキモチを焼く男性は全般「面倒臭い」ということです。

恋の始まりの時くらいは、多少ヤキモチを焼いてくれた方が嬉しいと思ったり、可愛いと思えるものですが、いつまでたっても疑ってきて信頼してくれない、どうでもいいことで対抗心を燃やしてくるとなれば、気持ちが冷めていくのは目に見えています。

できるだけ序盤で信頼を厚くし、ヤキモチを焼くのはバカらしいことだと分からせることが必要です。

その方が関係は良好なまま長続きします。

上記で挙げた心理を理解し、行動パターンから「これはヤキモチだ!」と判断したら早急に対処することがおすすめです。

彼氏の自尊心を傷つけないようにしながらフォローしましょう。

なお、好きでも彼氏でもない男性からのヤキモチは、やんわり無視するのが一番です。

下手にフォローすると「気がある」と思われて余計にややこしいことになります。

苦笑いを続けていれば相手もその内理解するでしょう。

間違った対応をしないようにお気をつけて。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718