CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ルールを守らない人の9個の心理と対処法


世の中にはいろいろなルールが定められています。

例えば、車の運転に関しては交通ルールなるものが定められています。

赤信号では止まり青信号で進むということは、幼少期から叩き込まれているルールです。

なぜそのようなルールが定められているのかと言うと、それを守りさえすれば安全に通行することができます。

会社で就業上のルールがある場合もありますが、それはそのルールを守れば会社の運営がスムーズにいくことから定められているのです。

ルールはスムーズに物事が運ぶように定められているものですが、守らない人もいます。

そのような人がいると周りに迷惑がかかったり、問題が起きたりする場合があるので対処していく必要があります。

この記事では、ルールを守らない人の心理と対処法についてご紹介していきます。

この記事の目次

ルールを守らない人の9個の心理

いろいろな集団生活の中では、やはり一定数そのようなルールを守らない人はいます。

例えば皆さんも経験してきた身近な例で言うと、学校生活などがそうでしょう。

一定数、不良グループのような人たちはいませんでしたか?

そのようにルールを守らない人が一定数出てくるのも、その集団数が多くなるほどによくあることです。

ルールを守らない人の心理について見ていきましょう。

1.自分は特別な存在だ

やはり、ルールと言うのは皆が同じ行動するように定めているものが多いです。

そのようにすることで秩序を保つことができるので、ルールはそのためにあると言っても良いでしょう。

ですので、そのルールを破る人は非常に目立ちます。

自分が特別な存在だと思っているからこそそのようなルールを破ることが平然とできると言ってもいいかもしれません。

先ほどにあげた学校生活での不良グループは自分を特別視している人が非常に多いです。

そしてそのようなグループは非常に目立つところがありました。

多くの人は冷静にそのような人を見ていますが、中にはそのような人に憧れるなんて人もいます。

中学生位だと、このような不良っぽい人が好きなんて言う女子もいる位です。

このように、自分が特別だからルールを破っても問題がないと思っている人は、むしろそうする自分がかっこいいと思っていることがよくあります。

2.ルールを守る奴なんでバカだ


そして、ルールを守る人を少々見下しているところがあります。

確かにルールを守ってそのレールの上を歩いていれば大きく失敗するリスクはまずありません。

だけど、そのようなルールからはみ出してでもリスクを犯す考え方が正しいと思っているような人だと、そのように律儀にルールを守る人を馬鹿にするようなところがあります。

確かに、大きく成功する人はルールばかりに捉えられていない人も多いのが特徴です。

ですが交通安全など、安全に関わること重大なことに関してはルールをきちんと守らない人は迷惑でしかありません。

自分の意思がない弱い奴だ

そのような人は、たいてい「ルールに縛られていてそれで納得がいっているのか?納得がいかないことをルールだからと守っているなんて、自分の意思のない弱い奴だ。」と考えている人もいます。

やはり、そのように尖る人は、そのような風に思っているところがあります。

3.型にはまりたくない

またそのような人の型にはまることをひどく嫌っています。

確かに最近は没個性などと言われているところがあります。

特に日本はそのような傾向が顕著ですね。

よく日本の教育がそのような個性を殺すような教育をしており、アメリカなどの欧米では個性を生かす教育がされていると言われています。

このような言い方をすると、アメリカの教育等のほうがいいだと思ってしまいますよね。

ただ、犯罪率の高さは有名ですね。

やはり自由は素晴らしいのですが、自由と勝手気ままにやることをはき違えている人が多いのです。

ですので、個性を生かす教育が確かに素晴らしいのですが、だからそれが正しく、形に当てはめるような教育は正しくないっていうのも一概には言えないところがあります。

また、そのように貧富の差が激しいところが基本的に治安が悪くなりがちです。

ですが、日本は治安が良いですね。

確かに、そのような格差を生活保護等で埋めているところはあるにはありますが、日本のルールを律儀に守ると言う性格によるところもあるのではないかと思われるのです。

4.ルールからは新しいものは何も生まれない

確かに、古い制度ばかりではなく新しいものを取り入れることが大切です。

ですが、ルールというのはそもそもなかったがばかりに困ったことに関してルールが設定されていることが多いです。

例えば身近な例でいくと、うちには小学生の子供がいるので子供会などもありますが、子ども会は様々な規定がされています。

やはり、しっかりとルールを定めていることによって、いろいろな事情を抱えている家庭や、いろいろな考え方をする保護者を1つに束ねるというところがあるのです。

ただ、やはりルールは歴史とともにだんだんと固定化してきます。

そうすると、だんだんと「なんでこんなルールがあるんだろう?」と思うようなところが出てくるのです。

具体例を挙げると、日本でも津波があるところもあります。

つい数年前も被害がありました。

確かに未曽有の災害ではありましたが、全くそのような過去がなかったわけではありません。

そのような地域では、明治時代に津波被害があった時に「この石碑より下に家を建ててはならない」と書かれている石碑を設置しました。

このようなルールを設定することで、津波から未来の世代の人を守ろうとしたのです。

ですが、やはり歴史は繰り返すもので、平成の世の中になってもそのような昔建てられた石碑より下に家を建てられたところが被害にありました。

やはり時代の経過とともにだんだんとそのルールの意味がわからなくなってくるところはあります。

ですので、やはりルールが固定化してくると、だんだんと新しい物が生まれないからと反発するような考えを持つと言うのはよくあることです。

5.人の目なんか気にしてもしょうがない

最近は先ほども触れたように日本は没個性と言われています。

人の目を気にしすぎる事を嫌う人も増えてきています。

例えば、日本においても田舎などにおいては人の目を非常に気にするものです。

やはりそれほどに人口も少ないですしお年寄りも多いので、人の目はあるのです。

「思ったより人は自分を見ていない」なんて言われますが、田舎では通用しません。

例えば、基本的に田舎は車社会なのですが、車を持たず歩いている人でさえ目立つと言うような感じです。

ですので田舎であるところは必然的に人目を気にするところがあります。

ただ、都心部に出ると人が非常に多いですので、だんだんとそのような人の目がなくなってきます。

そうすると人の目を気にしてもしょうがないという気持ちになり、ルールをそこまで守らなくなるところがあります。

ですので曲を言うと、田舎ほどルールが顕著に守られているところがあります。

そう言うと、田舎はいいと思ってしまいますが、意外にも田舎においてはその権力者が全てであることがあり、必ずしも田舎のルールが正しいとは限らないところがあります。

やはり、そのようにだんだんと下の女が希薄になってきたところもあり、人目を気にしても仕方がないとルールを守らない人も出てくるのは自然な流れなのかもしれません。

6.良い人ぶるのは嫌いだ

例えば中高生等は、少々人より尖っていたいと言うような気持ちがある人も多いでしょう。

その頃はちょうど反抗期でもあります。

ですので、「ルールをきちんと守る人=いい人ぶっている偽善者」と捉えるところがあり、そのような人は嫌いだという理由でルールを守らないところがあります。

ただ、そのような思考は多くの場合は年齢と共に落ち着いてそれを黒歴史としてとらえる人が増える一方で、成人後もそのような考えを持ってしまう人がいます。

やはり、精神年齢は身体的な年齢と比例していかないところがあるあるのです。

7.ちょっと悪ぶりたい

やはり、若い人ほどちょっと悪ぶりたい気持ちが出てくるところもあります。

なんだかいい人でいることが恥ずかしいと思ってしまうところもあるようです。

例えば幼少期はしっかりと挨拶をするように教育されている子が多く、小学校の低学年位の子だと、すれ違うと元気に挨拶をしてくれる子も多いです。

ですが、やはりだんだんと高学年になっていくにつれて、たとえこちらが挨拶してみても、恥ずかしそうに小声で挨拶したり、ともすれば無視をすることもあると妻が話していました。

やはりだんだんと難しい年頃になっていくと言っていましたね。

この高学年の子は、元気に挨拶をする事はちょっと恥ずかしいなんて言う感情が出てくることもよくある話です。

ちょっとその昔のしつけとは違うことをやりたい、ちょっと悪ぶりたいと言うようなところがそのような年代から徐々に出てくるようです。

その気持ちはずっと続くような人もいて、中には20歳を過ぎてもそのように考えてしまう人もいるようですね。

8.ルールを破って目立ちたい

やはり、ルールを破る人は非常に目立ちます。

こちらはルール破りでは無いのですが、妻が展示会に行くような仕事をしていたのですが、彼女は男性陣が普通の水色のハッピを切る中、ショッキングピンクのハッピを着せられていたそうです。

やはり、ショッキングピンクのハッピを切る人はそんなにおらず、必然的に目立つ形になり、何かにつけ話しかけられることが多かったようです。

皆が同じ色を着ている中、1人で違う色を切るっていうのは大変目立つものです。

ルール破りについてもそれに近いものがあります。

ルールに従って動いている人の中で、ルールを破って違う動きをするというのは大変目立つものです。

中学時代などによく入る不良グループはまさしくそのような感じで、目立とうとしているところがあるのです。

それは中学生だけではありません。

高校生でもそれ以上の人でも、ルールを破って目指したいような目立ちたがり屋は一定数います。

9.人に迷惑をかけなければ何をしても良い


よく、子供の教育においても人に迷惑をかけなければ何をしても良いと言うような人思いますね。

ただ、「人に迷惑をかけない」の概念が少々ぼんやりとしていることから、中にはそのように勘違いしてしまう人もいるのかもしれません。

ルールは守らないで迷惑をかけない事はそんなにありません。

確かに機能していないルールであればそんなに問題は無いのかもしれませんが、具体例を挙げると交通安全等は安全に通行するために絶対に必要なルールです。

ですので、そのルールを破る事は危険にさらす事ですので、決して良いことではありません。

もっと顕著な例で言うと田舎であることに、例えば選挙において「必ずこの人に投票するように」と言うことを言われることもあり、妙なルールがあることがあります。

そして人口が少ないところだと、どの人に入れたかっていうのがばれて、それでルール破りが発覚すると言うものです。

(なぜ発覚するかは人口が少ないので票数等でバレるケースが多いようです。)

基本的に、日本において誰に投票するかは投票する自由があります。

ただ田舎においては、そのような政治家に投票すると言うルールを破る事は、その田舎の秩序を乱すと言うことで、迷惑をかけてしまうということと同じなのです。

ですので、「人に迷惑をかけなければ」というのがどこまでなのかというのは非常に重要です。

ルールは社会生活の基本!

先ほども何度も触れているように、ルールと言うのはなぜあるのでしょうか?

それは、社会生活のにおいてこのルールさえ守っていれば円滑に社会生活を送るということができる基本を定めていることが多いです。

では、ルールについてもう少し掘り下げて見ていきましょう。

ルールは何のためにあるの?

そもそもルールは何のためにあるのか言うと、円滑に生活をするためにあると言われています。

何度も触れているように、最近は飲酒運転等について厳しく定められていますね。

昔は飲酒運転はそこまで厳しい罰則はありませんでした。

ですが、飲酒運転により被害に合う方が多いがためにあそこまで飲酒運転が厳罰化されることになったのです。

最近とある元アイドルの方が交通ルールを大きく逸脱したということで裁判になっており問題になっています。

この方は、交通ルールを様々な点で破っていることで大きな問題になっているのです。

まず飲酒運転もそうですが、彼女は信号無視をして人をはね、介助することなくそのまま逃げています。

様々なルールを破っている状態です。

このように、ルールを破ると言うのは人を危険にさらしたり、円滑な生活を阻害するものとなってしまうのです。

ルールは皆が平穏になるための潤滑油

このようにルールをはっきりと定めることによって、皆が平穏に過ごすことができるものであることが多いです。

例えば、お歳暮やお中元など正直なんでこんな風にものを送り合っているのか不審に思った事はないですか?
これも、ルール可していることによりスムーズに行くところがあるのです。

例えば、「感謝の気持ちを表しましょう」と言われたら、皆さんはどのようにしますか?

ものを送ると考える人もいるかもしれませんし、仕事上の関係でしたら仕事で返せば良いと思っているかもしれません。

関係性によっては肩たたき等のマッサージをしたらいいと思うかもしれませんね。

ただ、それでは中には受け取る側が不満に思うということもあるのです。

ですので、「予算はこれぐらいのお歳暮やお中元を送りましょう」と言うルールを一定化することで、感謝の気持ちを表したことになったり感謝の気持ちを受け取ることになるのです。

こちらは「一般的常識」としてそのように定められているところがあります。

ルールは大人としてのけじめ

やはり、ルールを守ることは大人のとしてのけじめであるところがあります。

やはり、大人はルールを守り、社会生活を円滑にしていかなければなりません。

例えば、皆さんも多くの人が企業にお勤めであろうと思います。

企業はいろいろな人が出入りする所ですので、就業規則と言うルールが定められているところがあります。

もちろん、何時から何時まで仕事をすると定められていたりするというのもありますが、中には「風紀を乱さないように」と言うルールが定められていることがあります。

この「風紀を乱さない」というルールの中に、社内恋愛を禁止しているルールもあります。

出会いなんてそんな個人的なことをなぜ会社に定められないといけないのかと思う人もいるでしょう。

ですが、なぜそのような規定がなされているのかと言うと、他の社員の方の悪影響などが懸念されることから、そのようなルールを規定する事は違反ではありません。

ただ、罰則もないところもありますが、明らかに業務に支障があるのであれば配置換えなどが認められているところがあります。

一見、「なんでこんなことまで?」と思うようなところがありますが、そこにきちんと従うのも大人としてのけじめであると言えるでしょう。

いつの時代もルールを守らない人はいる

よく「最近の若いものは」と言う年寄りは一定数います。

ただ、この「最近の若いものは」と言うお年寄りは何も現代だけではなく、なんと江戸時代の書物からでも、そのようなことが書かれているものがあります。

このように、いつの時代にもルールを守らないとか、おかしな行動とる人はいます。

ルールを守らない人への対処法

やはり、このようなルールがないからこそ困る事態があるから定められていると言うようなところがありますので、ルールを守らない人が非常に困るところがあります。

では、ルールを守らない人にはどのような対処したらよいのでしょうか?

あまりに目に余る場合は上手にたしなめる

まず、ルールを守らない人はなぜ守らないのかというのを見極める必要があります。

例えば、ルール違反であることを知っていてあえてルールを破っているのか、もしくはルール違反であるのかどうかすら分かっていない状態なのかということです。

もしかしたらルール違反であることに気がついていない可能性もあります。

例えば長く続いてきた会社にはよくそのような傾向があります。

古株の人は当然のようにわかっているのだけれど、入っても間もない人はそのようなルールがあることすら知らないということです。

もしそのような場合は、さりげなく「このようなルールがある」ということを教えてあげましょう。

その時に、「こんなことも知らないなんて!」と言うのはいけません。

逆に反発される可能性があります。

問題はあえてルールを破っている人です。

そのような人にはどのように注意していったらよいのでしょうか?

我が強いので怒らせると面倒なことになる

基本的に、ルールを守らないということを徹底している人は、我が強いところがあります。

ですので、言うまでもなく叱りつけて注意するのは良くありません。

また、周囲の人を巻き込み、一対複数人と言うような感じにするのも避けた方が良いでしょう。

人によりけりですが、もし納得がいかずにあえてルール破っているのであれば、「こうなると困るからこうして欲しい」というように、理由を言うことで納得してルールに従ってくれるケースもあります。

残念ながら、自分が困らないとわからないようなタイプの人もいます。

そのような人だと、「このルールを破ることによって、自分にような不利な状況が降りかかる」ということを説明した上でそうしてほしいと話をしていくと良いでしょう。

理由を聞いて共感する部分は賛同を示す

ルールを守っていない人というのは、もちろん気づかなくということもあるのかもしれませんが、たいていは何か信念を持ってルールを破っているところがあります。

ですので、そうすることには必ず理由があります。

ですので、決して怒ることなく冷静に理由を聞いてみましょう。

ここで怒り口調にて「なんで?」と聞いても怒られているとだけ感じて、説明してくれないところがあります。

ですので、ルールを守らない怒りはなるべく横に置いておき、なるべく冷静にその理由を聞いてみましょう。

もしかしたら、意外にも納得のいくところがあるのかもしれません。

でも同じ行動はしない

たとえ納得がいっても、自分が会社だったら先輩だったり上司である場合は、そのルール違反を自分もしていたら示しがつきません。

もちろんプライベートでの関係でも同じです。

「ルールを守るように」と言っておきながら自分がルール違反する事では、人間的に信頼されないところがあります。

ですので、たとえ理由を聞いて納得する部分があったとしても同じ行動を移さないようにしましょう。

ルールを守らないで大失敗した人の話をそれとなくする

先ほども触れたように、残念ながら自分が痛い目にあうことでしか気がつけない人もいます。

想像力というのは本当に人それぞれです。

このようなルールを破ることでどのような不利益が出るかでしか気がつけないところがあります。

周囲が困ると言ってもそのようなタイプの人は理解できないところがありますので、なるべく自分が困る事に力を入れて説明する必要があります。

ルールを守らないことによって、大抵の場合は罰則があることがあります。

やはりルールを守らない人に罰則を与えることで、そのルールを保っている部分が大半です。

例えば、先ほども触れたように飲酒運転は非常に大きな問題となっています。

ですので、飲酒運転を止めない人に対しては、飲酒運転をすることによってどんな不利益があるのかを話すことによって、問題が改善することもあります。

このままじゃマズイということに気付かせる

やはり、周りがどんなに注意をしても自分がマズイと思わないとどうにもならないところがあります。

先程の飲酒運転を例に挙げると、飲酒運転による事故にあう事もあり得る事に本人が気がつかないと改善しないところがあります。

中には、「自分は飲酒運転をしているけれど事故なんて起こすわけがない。そのような事故を起こした人は運がが悪いだけ。」と捉えている人もいます。

でも、やはり飲酒は判断力が落ちるところもありますし、ブレーキを踏むタイミングが遅れることがあります。

ですので、たまたま今まで運がよかっただけで、今後は飲酒運転して事故に遭う可能性があるということを気づいてもらうことが必要なのです。

どんな痛い目に遭うのかを具体的に教えてあげる

やはり、ルール違反にはそれなりに厳しい制裁があります。

非常にわかりやすいので、また飲酒運転の説明をさせて頂きますが、この飲酒運転と言うのは非常に恐ろしいものです。

とある芸能人の方が裁判で色々と問題になっていますし、社会的な制裁がいかに厳しいのかというのは我々一般人も非常に目にしているところです。

ただこのような社会的な制裁が厳しいのは芸能人だからこそ思っている人もいるでしょう。

決してそんなことはなく、我々一般人でも飲酒運転への罰則は厳しいです。

まず、大抵の場合は一発で免停です。

さらに、建設された酒の量が多いと言うことであれば、免許の取り消しもあります。

そして刑事罰としては、アルコール量には関係なく3年以下の懲役もしくは500,000以下の罰金と定められています。

免停は、様々な累積点数など前歴があるかどうかなどで関係してくるところがありますが、最短で30日間、最長で180日間となっています。

営業の方等車を運転しないと仕事にならない人には死活問題です。

そして免許の取り消しと言うことになればまた免許取り直さなければなりません。

もちろんすぐに免許をとることができず、欠格期間と言って一定の期間は免許を取ることができなくなるような罰則があります。

そして、被害者の方がいれば、その方への賠償も必要です。

ですので、経済的にも非常に大きな痛手になるのはもちろんですが、精神的にもかなり追い詰められるところがあります。

そのような厳しい罰則があるのは何も飲酒運転だけではありません。

様々なところでそのようなルールを破ることによる制裁はあります。

ルールを守らない人への周囲の目は冷たい

日本人は基本的にルールを重んじて、それを守ることに趣を置いています。

ですので、ルールを守らない人に対しては人は大変厳しいところがあります。

いずれ相手にされなくなる

ルールを破る事は、それだけ組織や人に不利益を与えることです。

ですので、いずれこの人とは一緒にやって行きたくないと思われるのも時間の問題です。

1番身近な問題で言うと、例えどんなに人間として魅力的で友達でいたいと思っていても、待ち合わせの時間に毎回1時間や2時間遅れるようになると、だんだんとこの人と遊びに行こうと思わなくなってくるところがあります。

そのように時間にルーズな人は時間を守るというルールを無視している状態です。

ですので、だんだんとその人と遊びに行こうという事はなくなり、だんだんと疎遠になっていくところがあります。

信用してもらえない

基本的に信頼してもらわないと、色々と仕事を任せてもらうこともできません。

仕事に関して、ルールを守らない人に関しては非常に厳しいところがあります。

ですので、そのような人は基本的に仕事を任されなくなってきます。

日本は基本的に会社都合での解雇は非常に厳しいところがあります。

ですので、このようなやり方が正しいのかどうか別ですが、だんだんと仕事を任せないようにしたりして居づらくするところがあります。

もちろんプライベートにおいても、ルールを破る人はこの人はどうせルールを守らないからと言うことで信頼されないところがあります。

やはり人間関係において信頼は大切です。

どういう教育を受けたのか、親の顔が見てみたい

日本人は基本的に家族の関係性を重視します。

ですので、重大な犯罪を犯した容疑者の家族が攻撃されてしまうのはよくあるのです。

それほどに、日本は家族は連帯責任者的なところがあるのです。

ですので、ルールを守らない人がいると、そのような家庭に問題があると捉える人もいるのです。

ただ、こちらは、確かに家庭の問題でそのようなルールを守らないタイプになったってこともあり得なくはありません。

ただ、その一方で性格の問題だからその人だけがルールを守らないタイプなだけで、意外にも親御さんは普通であることもよくあります。

だからこそ、日本人はルールに厳しいところがあり、守ろうとする人が多いのかもしれませんね。

何て子供っぽい人なんだろう

ルールを破って尖ってかっこ良いと思うところは、中高生に多い傾向にあります。

ただ、成人後もそのような傾向を引きずっていると、子供の反抗期を見るようで子供っぽい人と捉えられるところがあります。

いずれ痛い目に遭うぞ

やはり、ルールを定めている以上ルールを守らない人には罰則があります。

ですので、いつかそのような罰則を受けることになると思う人が多いです。

確かに、それで更生するようなケースもあります。

でも見ている側はヒヤヒヤするものなのです。

ルールを守る人のほうがかっこいい!

なぜルールが定められているのかと言うと、それを定めることによって円滑に過ごすことができるからというのがあります。

ですので、人のことを考え、ルールを守る人の方がかっこいいのは言うまでもありません。

なぜそのようなルールがあるのかを冷静に考え、それに従って円滑に生活できる人こそが大人なのです。

ページトップ