皆さんの身の回りに、苦労話を頻繁にする人はいませんか?

ちなみにですが、著者の場合は基本的に専業主婦で家にいることが多いので、ネットで検索して掲示板を見ない限りはそんなに苦労話に触れる事はありません。

ですが、著者の母の叔母にあたる人が非常に苦労話をするタイプの人でした。

やはり、それをきかされる母はエネルギーを吸い取られるような感じでしたね。

しかもそんなに一緒に同席することがない著者であっても「この話何か聞いたことがある」と思う位に何度も同じことを聞かされているので、私の母はもっといろいろな話を聞かされていることでしょう。

では、苦労話を頻繁にする人の心理とはどのようなものなのでしょうか?

また苦労話ばかりされて参ってしまっている人も多いことでしょう。

そのような人はどのように対処していけばよいのでしょうか?

苦労話ばかり…聞いていて嫌な気分になっちゃう

確かに人間は生きていると色々と大変なことがあります。

苦労もすることがあるでしょう。

ですが苦労話と言うと、なんだか聞いていて嫌な気分になってくるものです。

ちなみにですがそのような話をして盛り上がりたいと言うことであれば、同じことで苦労している人と話をすることがオススメです。

例えば、子育て中でしんどい思いをしていて育児ノイローゼになりそうな時に、ご主人にその話を聞いてもうまく共感してもらうことができず、余計にイライラしてしまった経験もよく見聞きします。

ですが同じく育児で苦労していて精神的に負担が重い人と話をすると非常によくわかりあえて話が盛り上がるのです。

ですので、つい苦労話をしてしまうと人の方でしたら、是非ともそのような方法をお勧めします。

ですが、問題は苦労話をきかされて疲弊している側です。

そのような人が苦労話をする人の特徴を抑え、どのように対処していくかを考えることが必要になってきます。

苦労話をする人の10個の心理とは?

では、苦労話をしてしまう人はどのような特徴があるのでしょうか?

そのような人の心理を一つ一つ見ていきましょう。

同情してほしい


人はなぜそんな苦労話をするのかと言うと、基本的に同情して欲しいと言う気持ちがあります。

やはり人間は多かれ少なかれ同情や共感をほしい気持ちがあります。

よく、最近は男性も掲示板を使うようになり、女性は同調してもらえたがありますよね。

などと言うような発言が目立ちますが、よく見てみると男性でもそのような傾向にある人がいます。

ですので男女問わず基本的に人間は同調をしてほしいものだと思います。

そして、人間には多かれ少なかれそのような傾向があるけれど、苦労話をする人は特にそのような苦労でメンタルが弱っていることも多いです。

ですので、なおのこと共感して欲しい気持ちになる傾向にあるようです。

共感してほしい

同情もそうですが、共感して欲しい気持ちからも、そのように話をしたり苦労話をすることがあります。

やはり、人間は成長するためには反対意見を受け入れて成長していく気持ちが重要なのはもちろんです。

ですが、やはり精神的に弱っている時に、そのようなことばかりでは潰れてしまいます。

ですので、そのように苦労をして精神的に弱っている時、共感してほしい気持ちが出てくることもあるでしょう。

自己中心的

やはり、その聞かされる人がどのような気持ちになるかをあまり想像できていないことから自己中心的であることも多いです。

そのような人はそのような苦労話をやめてほしいといっても、「私の苦労は誰にもわからない!」と怒りさらに話し続けると言うこともあります。

ある意味自分のことを最優先にしてしまっているところもあります。

もともとこのような性格であったのかもしれません。

その一方で苦労するがあまりに精神的に余裕がなくなり、自己中心的になってしまうこともあるようです。

もし、もともとそんな人じゃなかったのに苦労話を一方的に聞かされ、それを指摘すると怒るような自己中心的なところが見えてきたとしたら。

もしかしたらその苦労が去って余裕が出てきた頃に、普通の性格に戻る可能性もあります。

頑張ったねと言ってほしい

やはり人間は基本的に認めて欲しい生き物です。

ですので、認めてほしいが故に「がんばったね」と言って欲しいところがあるようです。

著者には兄がいますが、この兄も非常に頑張り屋さんですごい人ではあるのです。

ですが、やはりそのように「がんばったね」とか「すごいね」と言って欲しい気持ちが垣間見えることがあります。

ですので、妹と著者としては「すごいね」とか「がんばったね」と言うと非常に嬉しそうな顔するのを知っています。

そのため、そのような話をしたらそのように言ってあげるようにしています。

承認欲求が強い

やはり先ほども触れたように人間は認めて欲しいと感じる生き物です。

特に子供の時は顕著ですよね。

やはり否定されてばかりも面白くありません。

ただ、やはりそのような承認欲求が強い人も多くいます。

このような性格は、一概には言えませんが大抵の場合は成育歴に関係してきます。

ですので、そのような気持ちを直すことは容易ではありません。

ただこの承認欲求は誰しもある予定ですので、その気持ちがあるからダメだと言うわけではありません。

やはり、頑張っているにもかかわらず否定されるのは誰しも面白くありません。

ただ、これが強すぎることで周りが苦しくなったり、自分を追い詰めてしまうところがあります。

甘えたい

また、このような心理を持つ人は甘えたい気持ちもあります。

やはり1人でずっと努力し続けることは並大抵でもありません。

苦労しているという事は、その問題に立ち向かうべく色々と努力をしています。

ですので、その努力を認めてくれる人のところで色々と苦労話をし、心を休めたい気持ちもあるのです。

ストレス解消したい

ストレス解消と言うといろいろな方法がありますが、特に女性は話すことでストレス解消したいと願っている人も多いのではないのでしょうか?

そしてその話のネタがたまたま苦労話である可能性は大いにあります。

よく、出会うと機関銃のようにしゃべる女性っていませんか?

そのような人たちは、話すことでストレス解消しています。

楽しく話す人であればまだ少々弁の立つ面白い人と言う認識で済みます。

しかし、苦労話であったり愚痴などネガティブな情報であれば、だんだんと周りの人を疲弊させていきます。

悲劇のヒロインぶりたい


基本的にそのような悲劇のヒロインでありたい気持ちが大いにあります。

そのようにして自分がかわいそうと思ってもらうことで、悦に入ると言う少々困ったタイプの人でもあります。

こういう人にとって、嬉しい言葉は「かわいそう」です。

そう思ってもらうことで、そのような逆境に健気に立ち向かう自分と言うことにしたいのです。

あまり詳しくは触れませんが、とある女性作家の方で病気や障害に立ち向かいながら漫画家として活動している方がいます。

この方は、様々な困難を抱えたけれど、理解のある年上のご主人に支えられて生活をしている漫画を見たのです。

確かに苦労もしていますしがんばっているのですが、やはりどこか悲劇のヒロイン取りたいような感じが垣間見えることがありました。

そして、かなり40代に差し掛かる著者より年上の方なのですが、漫画で出てくるその女性作家の方は非常にかわいい感じで書かれていました。

自分の中ではそのようなかわいい少女と言うような感じなのだなと思ったのです。

著者も、その漫画家はそれなりに苦労しているとは思ったけれど、やはり周りから見る自分と自分が思う自分とは違うだろうなと思います。

自分に関心があると思っている

やはり、そのような人は自分に関心があると思っている人が多いです。

自分に関心があると思うので、自分の話を提供しようと苦労話をしていることもあります。

そのような人の場合は、苦労話などではなく、他の前向きなことにスポットを当てて話をふると、ひょっとしたらもっと楽しい話をしてくれるかもしれませんね。

上記のような特徴はなく、ただ話の提供として苦労話をしているのであれば、そのように楽しい話を聞くのもありです。

話の話題を提供している

先ほども触れたように、ただ苦労話を聞かせて思いどおりにリアクションしてほしいと思っているわけではありません。

ただ単に話の話題として提供しているだけと言うこともあります。

少々話のチョイスがうまくないタイプの方ということもあり得ます。

そのような方は先ほども触れたように楽しい話をすることによって、話を変えてくれることもあります。

むしろ、そのようなタイプと言うだけであれば、こちらが少々リードするだけで話の内容を大きく変えることができます。

苦労話をされた時の対処法教えます!

では、苦労話をされた時、あまり聞きたくないなと思うこともありますよね。

そんな時どうやって対処していったらよいのでしょうか?一つ一つ見ていきましょう。

上手く聞き流す

やはり、苦労話をする人が友達や同僚など比較的、対等に話せる人であれば意見もできるのかもしれません。

しかし、年上の方であったりするとそれもかなわないでしょう。

やはり、立場上反論できない立場りのもあります。

そんな時はうまく聞き流すようにしましょう。

「そうなんですね。」「なるほど。」「大変ですね。」等々いろいろな言葉を駆使して聞き流しましょう。

やはり大抵の場合はそのような対処することが多いのではないのでしょうか?

特に、会社上の付き合いなど利害関係がある相手でしたら、「これもお金のため。」とか「この苦労話は(一万円札のモデルの)福沢諭吉が話していることだ」とどうにかしてポジティブに捉えながら適当に聞き流しましょう。

自分の話をする

もしどうしてもそのような苦労話をも聞きたくないとかやめて欲しいのであれば、もう自分の話をしてしまいましょう。

「自分の方がもっと大変!」とアピールするのです。

良い方法なのかと言うと微妙かもしれませんが、不幸自慢の試合と言うような感じになります。

特に掲示板などを見ていると女性同士がそのような話が多いですね。

専業主婦の方が、「家事や育児が大変!」と言うと、すかさず兼業主婦の方が「私はそれにさらに仕事しているから私の方がもっと大変!あなたはそんな愚痴を口にするべきではない!」と言うようなレスポンスが返ってきます。

確かに、素質などもありますし色々と環境も違いますので、本当はどちらが大変と言うのは甲乙つつけがたいところがあります。

ですが、苦労話をされて困っているのであれば、さらに苦労話を乗せて話していくのもありです。

もしかしたら、自分もこのような気持ちになっているのかもと思って苦労話を自粛する可能性もあります。

「その話はやめてほしい」と相手が言ったら、すかさず「じゃあそのような話は、もうお互いなしにしましょう。」と持っていくこともできます。

黙って聞く

やはり合いの手を入れるとだんだんと気分よく話をしてしまうところがあるので、あえて黙って聞くというのもありです。

あえてそんなに反応しないのです。

やはり色々と話をする時は、「そうなんですね。」とか言葉を発するような場面ではなければ、うなずくなど相手のリアクションがないと少々話しにくいところがあります。

著者は子供が2人います。

赤ちゃんの時は笑ってくれるようになると、非常に話しやすかったりするのです。

でも、そうでないと色々と話しかけても反応がないことで、なんだか壁に向かって話してるような虚しさを感じるところがありました。

例えば「赤ちゃんに絵本を読んであげましょう」と言われて絵本を読んでいたのです。

それでも何の反応もないのに1人本読み、「楽しかったね。」と言うのもなんだか虚しく感じるところがあったのです。

苦労話をする人は、そのような苦労の真っ只中であったり、その精神的なショックが抜け出せていない状態なのかもしれません。

ですので初めはそのような反応である事に気づかず、ずっと話をし続ける事もあるかもしれません。

ですが、だんだんと反応がなくなんだか壁に向かって話しているみたいだと思うことで、なんだか馬鹿らしいくなって話を止める可能性もあります。

さりげなく注意する

とは言ってもどうしても苦労話を聞くのは気持ちいいことじゃないからやめてほしいと言うことで、何とかしてやめてほしいと思う気持ちになることもあります。

そんな時はもう、さりげなく注意するのが1番です。

そのような苦労話や不幸話に関して、そうでは無いことも指摘するのです。

例えば、貧乏に関する苦労話であれば、「でも雨風をしのいる家があるのですからいいですよね。」とか「世界には食べるものにさえ困る状態なの人もいるのですから、こうして普通に食べれるだけでも十分幸せですよね。」などと、良いところを目に向けるようにして話をするのです。

後は、仕事関係での苦労が大変多いと思います。

仕事に関する愚痴でしたら「でも世の中には仕事がなくて悩んでいる人もいるんですから、働けるって幸せですよね。」と言ってみても良いでしょう。

そのような苦労話が多い人は先ほども触れたように認めて欲しい気持ちが強いです。

ですので、このように全く同意しないと言うことになると気分よく話すことができません。

ある意味話を被せている状態ですので、ひょっとしたら人間関係が悪くなる可能性もなきにしもあらずです。

後は、具体的にもっと注意するとしたら、「苦労話ばかりしていると今の幸せが逃げますよ。」などと言うような感じで指摘してみるのもありです。

2人きりにならない

基本的にそのような苦労話をする人はそのような話が好きですので、2人きりにならないようにしましょう。

2人きりになると1人でその話を受け止めなければなりません。

ですので、どうせそのような話をされるのであれば複数人で、その話を受け止めた方がマシとも言えるでしょう。

もしくは、そのような苦労話が好きな人がもう1人いれば、そのような人同士で盛り上がってもらうのもありです。

もし、そのような誘いがあったらさりげなく断るようにしましょう。

覚えておこう!苦労話をすると相手にどう思われる?

こちらは、自虐的な話をよくされる方にあるのですが、ついついつい口が出たり苦労話をしてしまう人もいるでしょう。

そのような人はどのようなことを思われるのかなどを注意しましょう。

一緒にいて疲れる

やはり、苦労話が多い事はネガティブな話ばかりをしていることでもあります。

そのような人は、話を聞く側がエネルギーを吸い取られていってしまうところがあります。

ネガティブな人っていうのは一緒にいて疲れるところがあるのです。

とは言っても、だったら自慢話だったらいいのかというと、そうでもないのが難しいところです。

そのように苦労話が多い人は自慢話では無いから、苦労話は良いだろうと思ってしまう人が多いです。

ただ、やはりなんでも限度があり、少々のネガティブな話題だったら「自分もそういうところがある」とか、「この人大変だったんだな。」と思いますが、そればかりだとだんだんと会うのがしんどくなってくるところがあります。

もう会いたくない

このような話ばかりする人は、やはりもう会いたくないと思ってしまうところがあります。

やはりネガティブな情報ばかりで、聞かされる側が疲れるとなるとだんだんと会いたくなくなってきます。

あまりにもそのような話題ばかりだと電話が鳴っただけで、恐怖に感じられるという場面も出てきます。

悪口を聞かされたりいじめられるわけではなくても、だんだんとちょっと嫌だなと言うところから始まって、それが積み重なるとだんだんと嫌と思ってしまうようになってしまいます。

ですので、やはり自慢話と同様に苦労話もほどほどにしないといけないなと思わされますね。

自己中だな

やはり人間はある程度、人がどのように思っているのかを想像し、行動を実践していかなければいけません。

その想像がうまくいっていない状態だとなんだか自己中心的に思われてしまうところがあります。

自己中心的な人が好きだと言う人はそんなにいません。

ですので、自分の話ばっかり!と思われないようにある程度言葉のキャッチボールをする必要性があります。

ですのでそれにはあまり苦労話はふさわしくありません。

もし、そのような苦労話をどうしてもしたいと言うことであれば、話す人を選ぶ必要があります。

それは同じようなことで苦労した人と話すことです。

例えばですが、どちらかと言うともう戦後生まれの方が多いですが、まだまだ戦中生まれの方も元気に生活しているケースもあります。

著者もまた戦後生まれなのですが、戦争中の話の苦労は聞かされるのですが、あまり実感としては感じることができません。

少し聞かされるぐらいだと「昔は大変だったんだな。」と思いそこまで気になりません。

しかし、仮に会うたびに戦争の話をされるとだんだんと気分が滅入ってくるところがあります。

著者の祖父がそのような戦争中の生まれなんですが、苦労話として少し聞くのは歴史の勉強になるのです。

でも、この祖父が戦争の話ばかりということになると会いたくないなと思ってしまうかもしれません。

そして、「その話はやめてほしい」と言う話をしたにもかかわらずしつこいと、なんだか自己中心的に感じられるところがもっと顕著になってきます。

深い話をしようと思わない

話すことに疲れる事は、あまり深い話をしたいとは思わないようになります。

やはり深い話をするとなると話を切り上げて帰る事は難しく、膝と膝を突き合わせて話すような感じになってきます。

ですので、深い話をしようという気持ちにすらならなくなってきます。

例えばあっても挨拶だけをして引き上げたいと言うような気持ちになってしまうのです。

ついつい苦労話をしてしまっている自覚があり、もし会社の人や知り合いの方が挨拶だけをして早々に引き上げるケースが続くと、そう思われている可能性が高いです。

ただ、本当に急いでいる可能性もあります。

そもそもその人自身が人付き合いがあまり得意ではないこともあります。

知り合いの方の一部がそのような態度だからといって、自信暗鬼になる事はありません。

可哀想な人だな

確かに、かわいそうな人だなと思われるのは、苦労話をする人の本望は言っていいでしょう。

とはいっても、常々かわいそうな人と思われるのも色々と支障が出てきます。

ですので、かわいそうな人だと思われたがって話をする人もいます。

ですが、度が過ぎると哀れみの目で見るしか見てもらえなくなり、その苦労話も消化できた頃になんだか視線が哀れみを持って見られていると思われると、だんだんと惨めになってきます。

ですので、もしどうしてもそのような苦労話を消化できないのであれば、カウンセリングなどプロの話を聞く人に聞いてもらうと良いでしょう。

もしどうしてもそれが難しいのであれば、できれば立場の近い人と話をし合うのが1番です。

最近掲示板見ていると、母親との相性が合わない娘さんの投稿が非常に多いです。

そのような話をすると大抵家庭がうまくいっていて幸せな人からは、「お母さんに対してそんなこと言うなんて!」と言うような批判の書き込みがあるのも特徴です。

だけど、「それがうまくいかないから書き込んでいるのに!」と言うような感じのこともよくあります。

ですので最近はそのような母親との関係がうまくいっていない人を募って話そうと言うの掲示板をよく見ます。

やはり、そのような苦労話の心の傷が癒えなくて話し合いたい時は、同じような立場の人集めるのが1番です。

それに無関係な人にそのような話をしようとすると、めんどくさく思われたりするのは大抵です。

苦労話はやめよう!おすすめの話の話題を紹介します!

苦労話は非常にネガティブでやはり嫌われるような話題である事は確かです。

どうしてもそのような話をしたいのであれば、同じような立場の人というのは鉄則です。

では、同じような立場にない人にどのような話題を振っていけばよいのでしょうか?

特に、話す内容がよく思いつかなくて苦労話をしてしまう方は参考になるのではないのでしょうか?

恋バナ

やはり恋愛は人の心を明るくします。

独身の方であればもうこの話を振っておけば間違いないでしょう。

非常に盛り上がります。

とは言っても、好きな人がいないとか既婚者でそのような恋バナと言うようなジャンルを持ち合わせていない人もいるでしょう。

そのような人は、噂話の類にはなってしまいますが、芸能人の恋バナなんていかがでしょうか?

ただ、こちらも興味がある人とない人ははっきりと分かれますので、あまり反応が良くなければ違う話しましょう。

テレビの話

一部テレビを持っていない人もいるにはいますが、大抵の人はテレビを持っています。

テレビを持っていなくても、パソコンを持っていて、YouTubeや見逃し配信のテレビを見ているケースが多いです。

ですのでテレビの話題は大抵の人はよくわかります。

ドラマが好きであればドラマの話が大変盛り上がるでしょう。

ただドラマに関してはかなり好き嫌いが分かれます。

もしそうであれば健康番組などもいいですね。

後は、最近は様々な健康についての特注が放送されています。

ですので、ためになるような番組もあります。

その辺の話も意外と盛り上がるかもしれませんね。

そして比較的年配の方であれば、健康に関する番組を非常によくチェックしている人も多いです。

やはりそれぐらいの年代になるとだんだんと健康を意識するようになります。

ですので、そのような話で目上の方と盛り上がるのもありです。

食べ物の話

食べ物を食べない人はまずいません。

ですので、多くの方にとって食に関する興味は共通しています。

ですので、困ったら食べ物の話題でも良いでしょう。

意外と盛り上がるのが、目玉焼きに何をかけるかと言う話です。

多くの人は醤油と答えるでしょう。

もしかしたら塩と言う人もいるかもしれません。

ですが、ケチャップやウスターソースをかけると言う人もいるのです。

意外とおいしいらしいですけどまだ試せていません。

このような、なんてことないさりげないような話題でも大変盛り上がります。

そして、料理番組などもありますよね。

そのような料理番組であるレシピの紹介なども良いですよ。

あと食べ物の好き嫌いも個性が分かりますので、そのような違いで盛り上がるのもありです。

もちろんその人の食生活を否定しないと言うルールは必要ですが、違いを楽しむと言う点では食べ物の話はうってつけです。

また地元の方とはまた違う地方出身者の寄せ集めのようなところ、例えば東京などでしたら本当に食べ物も違いがあり非常に盛り上がります。

芸能人の話

この話は興味があるなしが非常に大きくわかりますが、非常に盛り上がりますよね。

先ほども触れたように基本的にテレビが全くない家と言うのもそんなにありません。

最近は省スペースのためにテレビを置いていないと家はあるものの、そのような人は大抵パソコン持っており、そこからテレビで放送されたものを見ている人が多いです。

ですので、よほどのことがない限りは芸能人を全く知らない人はいません。

主婦の方であってもたいていはワイドショーを見ていて芸能人の人はそこそこ知っています。

お年寄りの方でテレビを見る時間が多い方は非常によくご存知なのではないのでしょうか?

ですので、どの年代でも芸能人の話は盛り上がります。

下の世代の方でも、読者モデルなど有名な人が多いですので、そのような人の話を振って教えてもらうのも良いでしょう。

基本的にテレビは仮に生活保護を受けるようになっても国民の多くが持っていると言うことで持っていることを許容されるほどに普及しているものです。

ですので、迷ったら芸能人の話を振ってみましょう。

もし、そこで興味がなさそうだったりあまり話が弾まないと言うことであれば、芸能人の話に興味がありませんので、また違う話を振るようにしましょう。

趣味の話

そして意外と受け入れられるのが趣味の話です。

趣味は、楽しんでやっていると言うポジティブな話題ですので、ぜひ積極的に振っていきましょう。

ただこの趣味にもよるところがあるので一概には言えないところです。

積極的に話を振って良いのは、アウトドアや釣りなど外でポジティブに遊ぶような趣味でしたら問題ありません。

またインドアの方であっても映画鑑賞などのメジャーな趣味でしたらそれに触れてみるのも良いでしょう。

ただ注意するべきは、ゲームやオタク趣味などです。

最近は、そのような趣味も認められつつはあるものの、まだ認められていないところも多くあります。

特に年配の方でしたら、いい年なのに子供が遊ぶようなゲームで遊ぶなんてなんて幼稚なんだと言うように否定されてしまうこともあります。

また、オタク趣味だと、なんだか根暗と思われて、あまり良い反応示してもらえないこともあります。

ですので、表に出して話せる趣味と1人こっそりと楽しむ趣味とは使い分けたほうがよさそうです。

苦労話は嫌われる!話し過ぎるのは注意しよう

やはり基本的に苦労話は受け入れられないところがあります。

少し話す程度だったら、「大変だったね」と思われそこまでネガティブには受け取られません。

少しだったら良いのですが、そればかりだと嫌がられますので、なるべく違うポジティブな話をするようにしましょう。

どうしても心の傷が言えず、そのような話をしたい!ということであれば同じような環境で過ごした人に話すのが鉄則です。