CoCoSiA(ココシア)

社会人サークルに入ることの6個のメリット


最近の若者は、入社してからは休日は自分の好きなことをしたいと思っていて、会社の仲間とは遊ばない人が多いようです。

休日は会社のことを忘れて、ゆっくりとしたいのです。

だから、会社の同僚と何かをして過ごすことは苦手なようです。

会社の同僚の顔を見ると、仕事の延長に感じるからです。

だから、独身寮に入っていても、自分の部屋に籠っていて、食事の時以外は外に出ない人もいるのです。

自分の部屋には、パソコンもあるしスマホもあるし、これがあると一日中それで遊ぶことができるのです。

独身ばかりで出かける寮の旅行などは、まっぴらごめんなのです。

旅行を企画していても、現実的にそこに行かなくても、インターネットで検索すれば現地の情報も写真も手に入れることができるからです。

それをあえて出かけていくということは、自分の大事な自由時間を無駄に過ごしてしまうように思えて、参加しなくなるのです。

こんなことに大事なお金を消費したくはないという気持ちも大きいのです。

つまりは、稼いだお金を何に使うかが大事なのです。

どうせ団体で旅行に行けば、お金もかかるし嫌なお酒も宴会の時に飲まなければならないし、お酒をすすめられて断ると気まずいし、気持ち的にも疲れるからです。

ということで、休日の過ごし方というと、会社とは直接縁のない社会人とのふれあいを考える人も多いのです。

いわゆる、何かの趣味のサークルに参加することです。

しがらみのない人たちとの、趣味を通した交流に期待するようです。

つまりは、社会人のサークルに加入して楽しむことなのです。

大学や学生の時に楽しんでいた趣味をもう一度復活させるためです。

サッカーや野球、テニスや剣道、ラグビーなど多くのスポーツもあります。

学生の時に何かの楽器を覚えていると、それを生かして社会人の吹奏楽バンドに入るか、ジャズを覚えてもいいのです。

その他いろいろと社会人のサークルはあります。

都市によっては、市や町が主催する社会人サークルが揃っているところがあります。

市の広報にもサークルの紹介と入会受付が記載されているところもあります。

絵画や習字、ダンスのサークルなど多種にわたっているはずです。

ここなら、ベテランの社会人が仕切っていて、新入会の部員には優しく指導してくれるはずです。

市や町に至っては、独身者向けの婚活サークルが用意されている場合もあります。

スポーツや趣味を通して男性と女性を引き合わせてかつサークルを楽しむという趣向です。

たびたび開催されるものではありませんが、クリスマスやバレンタインデー、ハロウィーンなどのイベントに照準を合わせてセットしていることが多いようです。

社会人サークルを通して、クリスマスや初詣の相手を探すなんて、夢のようです。

サークルの活動よりも、婚活の活動の方に力が入るかも知れませんが、そのために自分磨きをすることができれば、一石二鳥なのです。

このように、社会人サークルは年齢も性格も容姿も多様な人が参加しているので、会社のしがらみもなく楽しむことができるのです。

社会人サークルに入ろうか迷う?

仕事にも慣れてきて、ちょっと余裕が出てきたころに、彼女や彼氏を見つけたい。

そして、休日には仕事を忘れて楽しみたいと思っている人は多いはずです。

しかし、まだ彼氏や彼女はいないし、休日もどう過ごしてよいのか迷ったり、部屋で一人でスマホや趣味に明け暮れるのも飽きてくるのです。

特に天気が良い時には、屋外で思いっきり身体を動かしてみたい、汗をかいてみたいという欲求が出てくるのです。

町を車で巡回してみると、グラウンドの中や体育館で、元気な掛け声や音が聞こえて来るのです。

そして、その間にも楽しそうな笑い声も混じっています。

それを見ていると、何かの社会人サークルに入ってみようかなと思うのですが、最初はやはり勇気がいります。

もし、自分が学生の時に部活で頑張っていたことならまだ経験がありますが、何も特に部活をやっていない人は、気に入ったサークルを見つけても入ろうかどうかと迷ってしまうものです。

社会人サークルに入っても、何かメリットはあるのだろうかとか、逆に面倒なことはないのかと考えてしまいます。

社会人サークルに入ることの6個のメリット!新たな出会いや魅力がたくさん!

あなたは、仕事の息抜きに休日は何をしているのでしょう。

疲れた身体を癒すために、一日中ごろ寝するとか、スマホやゲームを楽しんだり、中にはパチンコや競馬などのギャンブルに明け暮れているのなら、それはもったいないことで、時間の浪費をしているようなものです。

そこで、休日を有意義に過ごすために、社会人サークルが存在するのです。

そもそも、社会人サークルとは社会人同士が趣味やスポーツなどを通じてコミュニケーションをとる場です。

その活動の種類は多岐にわたり、スポーツ系、文科系、イベント系、食事会系などいろいろあります。

サークルの運営の仕方で多少内容が異なりますが、活動をする会場を借りたり、消耗品を買うための費用を会員から集めているところもあります。

試合やイベントに参加する時は、特別に参加料を徴収するサークルもあります。

サークルによっても参加している人の年齢層も様々ですが、30代以上の人が多いように思います。