一度きりの人生。

「どうせなら楽しく生きたい!」そう思っていませんか?きっと、そう思った時が人生の転機です。

湧き上がった気持ちをそのままに、ここから楽しい人生へと好転させていきましょう!

そこで今回は、『どうせなら楽しく生きたい人が知っておくべき12個の秘訣』をご紹介していきます。

人生を満足に、楽しく生きている先輩たちの教えをヒントに、楽しく生きるってどんなことなのかを解説していきます。

これを読んだ後には、きっと気分もスッキリ前向きに!明日からの人生が希望に満ちたもの変わるはず。

「どうせなら楽しく生きたい」と考えている人は、ぜひ参考にしてください。

どうせなら楽しく生きたい人が知っておくべき12個の秘訣!

どうせなら楽しく生きたい!とは、誰もが思うようでいて、実はそうじゃありません。

何かモヤモヤした気持ちを抱えていても、どうすれば解消できるのか、分からない人のほうが多いはずです。

そんな中、「どうせなら楽しく生きたい」と、人生を前向きに楽しもうとする気持ちが湧いたあなたには、人生の転機が訪れているのだと筆者は考えます。

そう考えるのには、何かキッカケがあったのかもしれません。

そのキッカケは、どうしようもなく大変な出来事だったかもしれません。

でも、そんな一大事も、人生が変わるキッカケをくれたんだと思えば受け入れやすくなるでしょう。

どうせなら、人生は楽しく生きたほうが良いに決まっています!ご紹介する『どうせなら楽しく生きたい人が知っておくべき12個の秘訣』をヒントに、人生を楽しみましょう!

1.完璧主義はやめる


どうせなら楽しく生きたい人が知っておくべき秘訣その1は、『完璧主義はやめる』ことです。

もしあなたに完璧主義なところがあるのならそれをやめることで、今より数倍人生楽しく生きられるかもしれません。

完璧主義の人は、その名の通り何事にも完璧を求める人です。

完璧を求めるために努力し、常に自分に高い目標を課し、その目標に向けて徹底的に自分を追い込みますよね。

自分を甘やかすことがないので、頑張りすぎて疲れてしまうことが多いのではないでしょうか。

何事も完璧を目指して取り組むことは、悪いことではありません。

むしろ、評価すべき素晴らしい資質を持っていると言えます。

しかし一方で、完璧主義がゆえの弊害も多々あるはずです。

自分を追い込みすぎて疲れてしまうこと。

自分に課したプレッシャーにストレスを感じてしまうこと。

また、他人の評価を気にしてしまうのも、完璧主義の弊害です。

つまり、完璧主義な性格のために、人生楽しめていないということです。

ですから、「どうせなら楽しく生きたい!」と思ったなら、完璧主義をやめてみませんか?完璧主義をやめると、他人の評価も気にならなくなるし、他人の適当さにイライラすることも少なくなります。

完璧主義をやめるだけで、今まで抱えたストレスの多くが解消されるのです。

もちろん、長年完璧主義として生きてきた人が、完璧主義をやめるのは簡単ではありません。

すぐにやめることはできないだろうし、完璧にやらないことに不安を感じることもあると思います。

それでも、少しずつ適当な自分を許していくことで、「これでも十分なんだ」という感覚を掴めるはずです。

完璧主義でストレスを感じることがあるなら、自分に無理があるということです。

その“無理”な部分をやめてほどほどにすれば、グッとストレスが減るはずです。

どうせなら楽しく生きたいと思うなら、完璧主義をやめましょう!

2.自分と他人を比較しない

どうせなら楽しく生きたい人が知っておくべき秘訣その2は、『自分と他人を比較しない』ことです。

あなたは、自分を他人と比較していませんか?もし比較しているなら、それが今までのあなたの人生を苦しめていたのかもしれません。

人は、人との関わりの中で、多くのストレスを抱えています。

他人との比較もそのひとつで、比較することでストレスやプレッシャーを抱えてしまうのです。

日本人には、とくにその傾向が多いとも…。

それは、子供のころから比較をされる環境で育ってきたからです。

家でも学校でも、物心ついたころから同級生との優劣がつけられてきた私たちには、比較癖が染みついています。

しかも、自分と他人とを比較しては、自分を卑下してしまう人が多いのです。

他人との比較をすると、他人の良い部分ばかりが目に付いて、自分の悪いところばかりが気になります。

そうすると、自分に自信をなくし、他人を妬み…と、ネガティブな感情ばかりが生まれます。

そんなネガティブな感情に支配されていたら、楽しい人生なんて送れませんよね。

人は、ひとりひとり違う人間です。

条件が違いすぎるのに、比較をしてどうなるのでしょうか?比較をするだけストレスを抱えるのだとしたら…。

自分で自分を苦しめていることになりますよね。

あなたはあなた、他人は他人。

それぞれ別々の人間で、別の人生を歩んでいます。

ですから、比較をやめてみませんか?その代わりに、自分で自分の良い部分を褒めてあげたらどうでしょう?そうすることで、きっと今より楽しく生きられるようになるはずです。

3.肩書きは気にしない

どうせなら楽しく生きたい人が知っておくべき秘訣その3は、『肩書きは気にしない』ことです。

肩書きとは、職業など役職名を表すもので、社会的立場を証明するもの。

本来は、ただそれだけのことなのですが…日本人はどうも、肩書きに弱いところがありますよね。

肩書きが全てであり、肩書がステータス。

そう感じている人は多いはずです。

もちろん、肩書きと収入がリンクしていることも多いので、地位の高い肩書きがついていれば、それだけで社会的地位の高さを示せる優秀なものです。

しかし肩書きは、ただの代名詞に過ぎません。

肩書きよりも大事なのは中身。

自分自身です。

肩書きを気にする人は、つまりは周囲からどう見られるかを気にしているということですよね。

ですから社会的地位を示せる肩書きは、肩書きを気にする人にとってなくてはならないものでしょう。

でも、そんな生活をしていくと、心に虚しさを感じることがあるはずです。

その虚しさの正体は…、“自分”が評価されていない虚しさです。

つまり、あなたではなく肩書きが評価されているだけで、肩書きのない自分自身には価値が見いだせなくなるのです。

社会は肩書きを気にする人ばかりですが、そんな社会から一歩身を引いてみてはいかがですか?客観的に肩書き主義の社会を見てみると、とても滑稽に思えるはずです。

肩書きを気にしなければ、肩書きを得るために上司に媚びを売る必要もありません。

肩書きだけの人付き合いをすることもなくなります。

肩書を気にせず“自分”で人と向き合うと、今より人生に充実感を得ることができるはずです。

どうせなら人生楽しく生きたい!と思うなら、肩書きへのこだわりを捨てましょう。

自分と相手、本当の“人”付き合いができると、人生楽しく生きられるようになりますよ!

4.断捨離する


どうせなら楽しく生きたい人が知っておくべき秘訣その4は、『断捨離する』ことです。

至る所で話題になっているのでもうご存知の方も多いかと思いますが…断捨離とは、不要なものを減らして生活に調和をもたらす思想。

不要なものを断ち、要らないものを捨て、物への執着から離れることを言います。

整理整頓術として語られることが多いですが、本来の目的は「自分が作り出した重荷から解放し、身軽な人生を手に入れる」ことです。

断捨離で言う“重荷”は、物だけではありません。

人もその対象だし、時には心も断捨離の対象です。

これまでにご紹介してきた、完璧主義をやめること。

他人と比較しないこと。

肩書きは気にしないこと。

これらも、自分で背負っていた心の重荷と言えるでしょう。

断捨離では、こうした不要な物・人・感情を断ち、捨て、今まで持ち続けてきた無駄な執着から離れることが大切です。

あなたが今までの人生で苦しみやストレスを抱えていた理由は何でしょう?たとえば、苦手な人間関係に悩んでいたりしませんか?ものだらけの家に、気分が窮屈になっていたりしませんか?そしてそれは、あなたにとって本当に必要なものでしょうか?

身の回りはすっきりさせる

もしあなたが、今まで「もったいない」という理由で物を捨てられずにいたのなら、その「もったいない」という固定観念から自由になることで楽になれるはず。

嫌々ながらも立場上、切っても切れない関係だと思っていた人との付き合いがあるなら、本当に必要な人付き合いかどうかを考えてみることで、もっと大切な人との時間が増えるはず。

身の回りをすっきりさせると、重荷が減って気分が軽くなるばかりではなく、本当に必要な人や物事が、クローズアップされてくるのです。

あなたにとって必要な人・物・事。

これだけに心や時間を注げるようになると、きっと今よりも楽しい人生を過ごせるはずですよ!

5.早寝早起きをする

どうせなら楽しく生きたい人が知っておくべき秘訣その5は、『早寝早起きをする』ことです。

「早起きは三文の徳」とは、昔の人の教えです。

現代では夜型になりつつありますが、今も昔も、早起きに得があるのには違いがありません。

もしあなたが夜型の生活を送っているなら、朝型にシフトするだけで、清々しい毎日を送れるようになるかもしれません。

早起きすると、健康や美容にもよく、また、朝の時間は仕事などのパフォーマンスも向上します。

最近では朝活が流行っていたりしますが、それも、朝の時間を有効活用することで人生何倍も楽しめるからです。

朝型人間になるメリット

そもそも、朝早く起きなくても夜型なら活動時間は同じはず。

それなのに、なぜ早起きのほうがいいのでしょうか?それは、早寝早起きが、人間本来の自然なリズムだからです。

本来人間は、朝日が昇ると同時に活動を始め、日が沈んだら体を休める。

というのが理想的なサイクルだと言われています。

また、朝日を浴びるとセロトニンが分泌されると言います。

セロトニンは、通称幸せホルモンと呼ばれている、幸福感やリラックス状態に欠かせないホルモンです。

このように、朝早起きすることでしか得られないメリットがあるため、朝方サイクルが推奨されているのです。

こうした朝の時間の活用は、慣れてくると、とても有意義に感じられるはずです。

いつもなら朝起きて準備して出勤…という流れだったのを、朝早起きすると、出勤前にひとつ活動ができるのです。

朝からひとつの活動を終え、それから出勤するというのは、とても清々しいものです。

仕事だけで終わる予定だった1日を、仕事プラスαの有意義な時間がもてるのですから。

それに、朝は脳がクリアな状態。

勉強などに時間を使うと、仕事後よりもはかどるのです。

もちろん、健康維持にも早寝早起きは欠かせません。

夜型から朝型にシフトするだけで、次第に心身が元気になっていくのを感じられるはずです。

また、早起きすると、時間ばかりか心にもゆとりが生まれます。

朝、出勤ギリギリまで寝て飛び起きて…という生活をしていた人は、朝から何かとイライラすることが多かったはず。

髪型が決まらなくてイライラ。

慌てて忘れ物をしてイライラ。

電車が遅延してイライラ…と、そのイライラを人にぶつけてしまったこともあるでしょう。

でも、早起きすれば時間に余裕が生まれるので、気持ち的な負担も少なくなるのです。

こうした朝型生活を送っている自分を想像してみてください。

どうでしょう?とても充実していると思いませんか?

朝型人間になる最大のメリットは、人生に充実感が持てるようになることです。

どうせなら楽しく生きたい!と思うなら、早寝早起きして朝活してみることをおすすめします!

6.衝動買いはやめる

どうせなら楽しく生きたい人が知っておくべき秘訣その6は、『衝動買いはやめる』ことです。

あなたは、買い物で後悔したことはありませんか?もしあるとしたら、それは「衝動買いした買い物に限って…」後悔したのではないでしょうか。

後悔する買い物をしていたら、楽しいはずがありませんよね。

それに、生きていくうえで大切なお金を、無駄に使ってしまうというのは、人生を楽しみたい人にはNG。

お金も有意義に使ってこそ、人生も楽しめるはずです。

衝動買いで買い物するときって、その瞬間は「欲しい」という欲求が満たされるので、一見自分の感情に正直になっているように思えますよね。

だけど、結局後悔してしまうのだとしたら、その衝動買いには意味がなかったことになってしまいます。

つまり衝動買いは、“その場しのぎ”でしかないということです。

衝動買いしてしまう時、そのモノが欲しいという感情ではなく、別の感情が原因になっていることが多いそう。

ひとつは空腹感。

もうひとつはストレス。

さらに、寂しさや孤独感、疲れなどが衝動買いに走らせる原因になるそうです。

モノを買いたいという欲求とは全く別のところで、買い物衝動が起こっているということですね。

ですから、モノを手に入れたところで満たされることはなく、不必要なものを買ってしまったことに後悔してしまうのです。

自分の感情を買い物欲求にすり替えて、その場しのぎの衝動買いを繰り返す人生…。

そこに、充実感を得られるはずもありませんよね。

どうせなら楽しく生きたい!と思うなら、衝動買いは辞めましょう。

お金を散財するのではなく本当に必要なことに使えるようになると、衝動買いの何倍もの充実感を得られるはずです。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718