丁寧な人は、物事に対しても人に対しても、いつも丁寧な対応をします。

その行動は、見ていると心地よく、清々しいものがありますよね。

丁寧な人を見ると、こちらまで襟を正したくなるような気持ちにさえなるものです。

ですから、多くの人が「できれば自分も、周囲に安心感や気持ちよさを与えられるような人になりたい」と思うのではないでしょうか。

そこで今回は、『丁寧な人の10個の特徴と行動』をまとめました。

丁寧な人にはどのような特徴や行動があり、それが周囲の人にどのような印象を与えているのか。

また、どうして何事にも丁寧に対応することができるのか…。

この記事では、丁寧な人の全貌を明らかにしていきます。

あなたも丁寧な人の特徴や行動を見習ってみませんか?そして、人に尊敬されるような存在を目指しましょう。

丁寧な人は好かれる!

丁寧な人は、多くの人に好かれていますよね。

それはきっと、見ていて安心感や心地よさを抱くからです。

そもそも、丁寧な人は物事や人を大切にしている人です。

その気持ちが行動に表れているのが丁寧な人で、単に“丁寧な性格”だから丁寧にしようと意識してそうなっているわけではありません。

物事ひとつひとつ、出会う人ひとりひとり。

丁寧な人にとって大切だと分かっているから、自然と丁寧な対応になるということです。

周囲の人には、その人のこだわりや大切にする気持ちが伝わるから心地よく感じるし、どんなことでも大切にして丁寧に取り組むから、安心感をもって任せることができるのです。

だから丁寧な人は好かれ、仕事でもプライベートでも、人から高評価を得ることができるのです。

丁寧な人の10個の特徴と行動


多くの人に好かれる丁寧な人。

きっと誰もが、その人のようになりたいと思うのではないでしょうか。

丁寧な人にはそれだけの魅力があり、「同じようになりたい」と目標にされる存在でもありますよね。

では、丁寧な人とは?どんな特徴があり、どんな行動をすることで丁寧さを感じさせるのでしょうか。

ここからは、『丁寧な人の10個の特徴と行動』をご紹介していきます。

その特徴や行動を見てみると、決して“丁寧な性格”ということだけが丁寧にできる理由ではないことがわかります。

つまり、誰もが心がけ次第で、同じように丁寧な人になれるということです。

ですからあなたも、丁寧な人を見習って心がけを大切にしていけば、きっと丁寧な人と言われるようになれますよ!

1.丁寧語をきちんと自然に使いこなす

丁寧な人の特徴と行動1つ目は、『丁寧語をきちんと自然に使いこなす』ことです。

丁寧な人はその言葉遣いからも、丁寧さを感じさせるのです。

丁寧な言葉遣いをすることはマナーでもありますが、何よりもそこに「心遣い」が表れていなければ汚い言葉遣いになりがちです。

丁寧な人が丁寧語をきちんと自然に使いこなすことができるのは、内面の丁寧さが、言葉遣いににじみ出ているからとも言えるでしょう。

そもそも、丁寧語とは話し手が、聞き手に対して直接敬意を表す表現を言います。

言葉遣いを改まった表現にすることで、相手への敬意を示そうというのが丁寧語なのです。

例を挙げると、語尾を「~です」「~ます」などの物事を丁寧に表現する言い方で、尊敬語や謙譲語とは性質が異なります。

丁寧な人は、いつでも相手への心遣いがあります。

だからナチュラルに丁寧語を使いこなせるのです。

そのため、丁寧な人は相手に物腰が柔らかい印象を与えることもできます。

もちろんそれは、丁寧語が使いこなせることだけが理由ではなく、何より相手の意向を汲み、相手に合わせることを大事にしているからでしょう。

また、丁寧な人は相手の話を最後まで聞き、その上で話し出すなど、話すタイミングなどにも気を配っています。

つまり丁寧な人は、言葉遣いが丁寧なだけではなく、相手への接し方自体が丁寧だということです。

丁寧な人の言葉には、その丁寧さが表れるから丁寧語も自然に使いこなすことができるし、その言葉遣いから心遣いが感じられるから、人から好かれるのです。

2.挨拶やお礼を必ずする

丁寧な人の特徴と行動2つ目は、『挨拶やお礼を必ずする』ことです。

丁寧な人は、人付き合いをとても大切にしています。

そのため、挨拶やお礼なども、おろそかにすることなく丁寧に行います。

丁寧な人にとって、人付き合いに立場は関係ありません。

人を立場で判断することがないので、相手が自分よりも立場が上であろうが下であろうが関係はなく、どんな人に対しても丁寧な態度で接します。

ですから、目上でも年下でも、一期一会の気持ちを持って丁寧な挨拶を自らするのです。

これは、丁寧な人が「人間関係の基本は挨拶」だという価値観を持っているからです。

挨拶から人付き合いがはじまり、信頼関係が生まれることを知っているから、どんな人に対しても挨拶をおろそかにすることがありません。

また、人付き合いを大切にする丁寧な人は、相手への感謝の気持ちも忘れません。

そのため、どんな些細な事であってもきちんとお礼をします。

それは何より、感謝の気持ちを表したいからです。

もちろん、こうしたお礼に関しても、相手の立場は関係ありません。

上司でも部下でも、自分が助かったときや感謝を伝えたいときは、丁寧にお礼をします。

見返りを期待したいからではなく、単に自分の感謝の気持ちを表したいがためにお礼をするので、相手も気持ちよくそのお礼を受け取ることができるのです。

もらいっ放しにせず必ずお返しをする

私たちは些細なことだと、もらっても「このくらいでお礼するなんてやりすぎ」とか、「これくらいはしてもらって当たり前」とか思いがちですよね。

でも丁寧な人には、「これくらい」という価値観はありません。

どんなことでも、相手からの好意を受け取れば、必ずお返しをします。

こうした丁寧な対応がお互いの信頼関係を生み、「何かあったらまたあの人を助けたい」と思わせ、win-winの関係を築くことにも繋がっています。

丁寧な人は些細なこともおろそかにせず人と接しているから、“丁寧で気持ちの良い人”という印象を与えることができるのです。

3.筆まめで字が綺麗


丁寧な人の特徴と行動3つ目は、『筆まめで字が綺麗』なことです。

“筆まめ”とは、面倒がらずによく手紙などを書く人たちのことを言います。

今の時代、電話やメールでサクッと済ませることもできますよね。

でも、そんな時代だからこそ時間を惜しまず、手間をかけて手紙を書くことができる人というのは、それだけで丁寧な印象になるのではないでしょうか。

こうした筆まめな人は、丁寧な印象を与えるだけではなく、実際に内面も優れている人が多いようです。

内面も優れているから、当然ながら立場的にも一流の類の人だったりします。

一流になると、マメな対応などしなくても立場を守っていられそうなものですが、やはりそういう人ほど人を大切にしているし、喜ばせる術をわきまえているのかもしれません。

感謝の気持ちを表すのに、相手を敬い大切にしている気持ちを表すのに、立場は関係ないわけです。

むしろ、一流の人が一流である所以は、こうした丁寧な対応にあるのかもしれません。

多忙であろうが、手間を惜しんでお礼をおろそかにすることはなく、少しの時間と手間を使ってお礼状を書く。

ふと思い立った時に、季節の挨拶を書いて即座に送る。

こうした部分は、一流になる人の行動力でもあるのでしょう。

そして、その行動力が、人を惹きつける理由にもなっているはずです。

また、丁寧な人は筆まめなだけではなく、字も綺麗です。

それは、一文字たりともおろそかにすることはなく、丁寧に気持ちを込めて字を書くからです。

読む人のことを思えば、自然と分かりやすく、見やすい字で言葉を届けようと思うもの。

丁寧な人の場合、その気持ちが字の綺麗さにも繋がっています。

丁寧な文字で書かれた手紙からは、その人が相手を思って丁寧に書き綴ってくれた気持ちを感じ取ることができますよね。

丁寧に書くにはそれなりの時間もかかるので、受け取った相手には喜びと感謝の気持ちが湧いてくるでしょう。

このように、文字さえも丁寧に扱うことで、相手に良い印象を残すことができるのが丁寧な人なのです。

4.手先が器用

丁寧な人の特徴と行動4つ目は、『手先が器用』なことです。

手先が器用な人は、細かい作業を上手くこなせたり、手際よく作業ができたりしますよね。

この手先の器用さは、その人が生まれ持った性質でもありますが、丁寧さがあるからこそ手先が器用でもあるのです。

というのも、手先が器用な人の特徴として、作業が丁寧なことが挙げられるからです。

丁寧な人は、与えられた仕事を完璧にやり遂げようとします。

そのため、妥協したり、雑に作業したりはしません。

それがたとえみんなが嫌がる細かな作業だとしても、丁寧に取り組もうとします。

また、今までに経験のない仕事でも、持ち前の器用さと丁寧さで、すぐにこなせるようになるのも丁寧な人です。

このように、丁寧な人は細かい作業でも慣れない作業でも、素早く器用に丁寧な仕事をするので、周囲からの信頼も厚く、頼りにされる存在になれるのです。

細かなところまできちんと作業する

丁寧な人は手先が器用なこともあって、細かなところまできちんと作業します。

それが厚い信頼にも繋がっていくのですが、もちろんこれは、手先が器用なだけでできることではありません。

器用な人にも得意不得意はあり、好き嫌いによって仕事を選り好みするようでは、丁寧な人にはなれないのです。

また、手先が器用でも、面倒くさがって妥協したり、作業を雑にしたりする人もいます。

手先が器用なことと、丁寧なことは、似ているようで同じではありません。

丁寧な人は好き嫌いをせず、何事に対しても真摯に、丁寧に取り組みます。

だから器用さも活かされ、多くの人から高い評価を得ることができているのです。

5.時間厳守

丁寧な人の特徴と行動5つ目は、『時間厳守』なことです。

丁寧な人が、周囲の人に「丁寧な人だな」という印象を与えるのは、きちんと時間を守るところにもあります。

なぜなら、きちんと時間を守る人は行動にも余裕があるということだし、時間の大切さや約束の重要性をわきまえているからです。

時間厳守が徹底されている人は、いつも余裕を持った行動をしています。

早め早めの行動をしているから、時間ギリギリになって慌てることも、もちろん遅刻して駆け込んでくるようなこともありません。

その余裕が、とても落ち着いていて丁寧な印象を与えるのです。

また、こうして時間厳守を心がけている人というのは、時間を丁寧に扱う人でもありますよね。

時間の大切さを分かっているから、自分の時間も、相手の時間も無駄にしません。

約束の時間に遅れることがないのも、相手に丁寧な対応を心がけているからです。

それはやはり、人付き合いを大切にしているからでしょう。

遅れないよう早めを心がける

丁寧な人は時間の大切さ、約束の大切さ、そして守るべき時間には必ず相手がいるということを分かっているから、遅れないよう早めの行動を心がけています。

そうして丁寧に信用を築いていくところもまた、丁寧な人という印象を植え付けるのです。

先ほど、一流の人ほど筆まめであることをお話ししましたが、時間厳守も同じです。

一流の人ほど人との約束を大切にし、時間をきちんと守るそうです。

時間を守るだけではなく、時間に余裕を持った行動をし、約束時間よりも必ず早めに到着しているのが一流の人なのだそう。

時間厳守は社会人として、人としての信用を得るためにとても大切なことです。

一流の人が一流である所以は、こうした丁寧さにもあるということですよね。

もちろん丁寧な人も、時間を厳守するなど、基本的なことを丁寧にこなすから、信頼されているということです。

6.気配り上手

丁寧な人の特徴と行動6つ目は、『気配り上手』なことです。

丁寧な人はいつでも冷静に、丁寧な行動を心がけているから、周囲の状況もよく見えています。

そのため、さりげないところで人に気配りすることができます。

また、丁寧な人は行動そのものが丁寧で落ち着いているので、気配りするさまも品が良く、相手に心地よさを感じさせることができます。

丁寧な人が気配り上手で素敵な人になれるのは、全ての物事を大切に扱うからでしょう。

自分の行動、話し方、相手のこと。

全てが自分にとって大切な存在であることを知っているから、雑に扱ったり妥協したりもできないのです。

相手の気持ちをしっかり思い遣る

丁寧な人の相手への思いやりは、気配り上手なところに全てが表れています。

相手が心地よく感じる態度はどんな態度か、話し方は?見た目は?行動は…?いつも自分の周りには誰かが居て、その人たちひとりひとりのことを丁寧に考えます。

ひとりひとりのことを思えば、不快な思いをさせないよう笑顔で挨拶をしたり、ゆっくり丁寧な話し方で接したりすることが重要なことにも気づきます。

自分の行動がせかせかしていれば、相手の気持ちも乱してしまうことを知っているから、落ち着いた物腰を保つよう心掛けるのです。

TPOをわきまえた服装選びをするのも、周囲の人に不快な思いをさせないよう、相手を思いやっているからです。

丁寧な人はその全てに、相手への思いやりが溢れています。

だからこそ、多くの人に好かれる人柄となれるのです。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718