街を歩いているときや会社ですれ違うときに、つい目がいってしまう男性っていますよね。

知り合いでもないのに何故か視線がそちらへ向いてしまったり、気が付くと視界にその男性が入ってしまったりと、周りの注目を自然と集めてしまう男性がいます。

一般的な男性とはどこかオーラが違っている男性は、異性はもちろん同性からも注目されることが多いです。

そんなオーラの違う男性の特徴や、自分のオーラを光らせる方法についてご紹介します!

「この人どこか違う…!」そんな男性いませんか?

「普通の男性とはオーラが違うな・・」と感じる男性に出会うことって、あまり頻繁ではありませんよね。

一流の人たちが集まるようなパーティへ行けば、きらきらしたオーラを纏った男性はたくさんいるでしょう。

しかし、毎日の生活の中でそうしたオーラが違うなと感じる男性に出会うことはなかなかありません。

だからこそ、街で見かけたときや会社ですれ違ったときなどには、その目立つ存在につい視線が向いてしまうものです。

知り合いというわけではなく、また特別好意を抱いているわけでもないのに、何故かつい目が向いてしまう男性がいる。

だとしたら、その男性はあなたから見て、普通の男性とは違ったオーラを持っているのでしょう。

また、普通とはちょっとは違う男性は、外見だけでは判断できないこともあります。

内面が特別に光っている男性とは、少し会話をしただけでも「この人どこか違う・・・!」と思えるような驚きや衝撃を感じることがあるでしょう。

オーラが違うな…と思う男性の14個の特徴とは

普通の男性とはどこかオーラが違っている男性は、特定の人だけでなく、不特定多数の人たちから注目を浴びることが多いです。

それだけオーラが違う男性は目立つ存在であり、また本人も自分が視線を向けられやすいことを理解していることが多いです。

しかしそこで「俺は人とは違うんだぞ」とナルシストな態度を出してしまう男性は、遅かれ早かれ周りから注目されることはなくなるでしょう。

一方で、自分が注目されやすいことを事実として受け止めながらも、それで驕ったり大きな態度をとったりすることのない男性は、いつでもどこでも異性同性を問わずに注目され続けることでしょう。

そんな普通の男性とは違ったオーラを持つ男性の特徴を具体的に挙げていきます。

人を惹き付ける魅力がある

オーラが違う男性には、周りの人たちを惹き付ける魅力があります。

特別に容姿が優れていることで目を引く男性もいれば、外見は抜きんでていなくても、立ち振る舞いや仕草で人の視線を集める男性もいます。

また、外見は一般的でも、知性や話し方、人とのコミュニケーションの取り方によって自身の魅力を発揮させている男性もいるでしょう。

どんなふうに人を惹き付けるのかは男性によって違いがあります。

ですが、特別なオーラを持つ男性は誰もが共通して、周りの人たちを惹き付ける魅力に溢れています。

また、その魅力とは大半が好意的な感情です。

もし好意的でない感情があったとしても、嫉妬や羨望といった、無いものねだりの感情を向けられることが多いでしょう。

人を惹き付ける魅力はカリスマ性にも似ていて、具体的な根拠がなくても「この人の言うことならば信じられる気がする」と相手が思ってしまうことも少なくはありません。

それほどオーラの違う男性は、周りを惹き付ける魅力に溢れています。

華やかな見た目をしている

オーラは見た目だけでも作ることができますので、見た目が華やかな男性はそれだけで周りの男性とは違ったオーラを放っています。

例え実際にはたいしたことのない内面をしていても、口を開かずに黙って立っているだけであれば、思わず視線を向けてしまう人はいるでしょう。

見た目が華やかな男性は、ほとんどが身だしなみに気を遣っています。

清潔感を出すのはもちろん、身に付ける衣服や靴、装飾品などにもこだわっていることが多いため、一流やそれに近い空気を醸し出している男性も少なくはありません。

また、派手過ぎる身なりは下品に見えてしまうことがあります。

しかし、オーラが違う男性の場合は、ファッションセンスや色合いが派手過ぎず、けれどもバッチリとその人に似合ったファッションで決めていることも多いです。

そのため同性よりも、異性の目を引くことの方が多いかもしれませんね。

自信家

自信家の男性は、一見傲慢で感じが悪く思える印象があります。

しかし、実際にその自信に実力が伴っているのなら、誰も文句は言えません。

自信家でも納得できてしまうでしょう。

自信家で、かつ他の男性とは違ったオーラがある男性の場合、これまでにコツコツと努力を積み重ねてきて、確実に結果を出してきたことで自信を手にしていることが多いです。

自分で必死に努力をして、何度も失敗を重ねた上で得た自信であれば、そう簡単に揺らぐことはありません。

自分の努力と経験によって裏付けされているため行動にも根拠があります。

そんな自信家で、かつ結果を出している男性であれば、誰もが良くも悪くも注目してしまうことでしょう。

堂々としている


オーラの違う男性は、いつでも堂々としています。

自分がピンチのときでもみっともなくおたおたと慌てることはなく、冷静に自分にできることを考えて、確実にそれを行動に移していきます。

また、これまでの努力と経験によって自分に自信を持っているため、自らに対する自信から常に堂々とした態度を崩すことはないでしょう。

自分がミスを犯したり、悪い立場になったりしたときにも、下手な言い訳をせずに堂々と謝罪をしてミスを認めます。

その上で、汚名返上しようと懸命に努力をしますので、それを周りがしつこく非難することもないでしょう。

器の小さい男性ほど些細なことでも大騒ぎをしたり、みっともなくうろたえたりします。

しかし、堂々としている男性は肝が据わっているため、普通にしているだけでもその器の大きさを感じさせることでしょう。

盛り上げ上手

堂々としている男性は、いつでも帝王のように周りの人たちの上に君臨しているわけではありません。

ときには下手に出て相手を持ち上げることもありますし、自ら道化役を演じてその場の雰囲気を盛り上げることもあります。

堂々としている人は、どんなときでもその態度を崩すことがありません。

自ら道化になっているときでも、縁の下の力持ちになって周りを盛り上げているときでも、何も臆することも恥じらうこともなく堂々と振舞うことができます。

そのため、周りを上手に盛り上げることも難なくこなしてみせるでしょう。

そのため飲み会で幹事を任せれば、店選びから飲み会の盛り上げ役まで、徹底して飲み会を盛り上げてくれることは間違いないでしょう。

とても頼もしく、信頼できる存在でもあります。

顔に艶がある

オーラが違う男性には、顔に艶がある人が多いです。

その艶は男としての色気を感じさせますし、また男性特有の魅力に溢れています。

日頃から努力と成果を重ねているため自らに自信があり、堂々と行動しているため活力に満ちています。

その生気は艶を帯びて、年齢を重ねても若々しい輝きを失うことはないでしょう。

艶は女性で言えば色っぽさの象徴ですが、男性の場合には漲る精気をも表しています。

もし艶づやとして精気に溢れた男性と、精気のない白くて弱弱しい男性が2人並んでいるとしたら、同性でも異性でも、自分がお近づきになりたいと思うのは顔に艶のある男性の方でしょう。

それほどオーラの違う男性には、顔に艶のある人が多いです。

内に秘めた強さがある

普通の男性とはどこか違ったオーラがある男性は、内に秘めた強さや頑強な意志を持っています。

自分の中にぶれない芯を持っていて、それは周りの噂や評価によってぐらぐらと揺れ動くようなことはありません。

自分で一度こうと決めたのなら、それを覆すのは周りの意見ではなく、何度も考えに考えを重ね、確証を得て考えを改めた自分自身によるものです。

内に秘めた強さは周りの言葉によってふらふらと流されたり、弱まったりすることはないため、態度や発言によってその内の強さを感じた人は、「この人は普通の人とは違う」と感じることでしょう。

意志の強さと頑固さとは、似て非なるものです。

頑固な人は例え自分の意見が間違っていることに気付いても、プライドが邪魔をして自分の間違いを認められなかったり、間違いだと分かった上でも意地を張ったりします。

しかし意志の強い人は、自分の考えが間違いだと気付けば即座にそれを認めて素直に謝罪をして、考えを改め直すことができます。

自分の非を認めることや、考えを改めることなどは、意志が強くなければそう簡単にできることではないでしょう。

それが立派にできる人は、常人とは違ったオーラが自然と態度や言動から表れることが多いです。

声が大きい

オーラが違う男性は、常に堂々として自信に満ちています。

自らに自信があるからこそ声にも張りがあり、声量も大きい人が多いです。

声が大きいとは言っても、煩く騒いだり怒鳴ったりするわけではありません。

腹の底から声を出すように、張りのある声で堂々と話すことが多いため、周りもついその声に耳を傾けてしまうでしょう。

自分に自信がない人は、ぼそぼそと聞き取りづらい声で話すことが多いですが、それでは周りはまともに聞く気にさえなりません。

一方で声に張りがあって声量もある人の話は、誰でも聞こうと身構えたり、真剣に耳を傾けたりするでしょう。

気配り上手

普通の人よりも気配り上手な男性も、周りからは一目置かれることが多いです。

常に冷静に周りの様子を観察し、必要な場面で必要な行動を即座に取ることができます。

周りで困っている人がいればスマートに助けに入り、感謝の賛辞を受けたとしてもそれを鼻にかけるような真似はしないでしょう。

会話をしながら他の人たちの様子にも気を配り、相手が何かを目線で求めているのに気付けば、その人の求めるものを瞬時に推測し、行動に移します。

そのため、本当に周りのことをよく見ていて、いろんな人たちのさまざまな変化にも目敏く気付くでしょう。

髪を切った、服装が変わった、体調が悪そうなど、気配り上手故にたくさんのことに気が付くため、その気配りに普通の男性とは違うものを感じる人は多いです。

必要以上に自分をアピールしない

オーラが違う男性は、普通の男性以上に周りから注目をされます。

また、堂々とした自信に満ちた振る舞いや態度、気配り上手なことを人から褒めそやされることも多いです。

ですが、それを誇りに思うことはあっても、鼻にかけるような真似はしないでしょう。

自分が周りの男性たちよりも優れていることを自覚していても、だからといって必要以上に自分の存在を周りにアピールすることはありません。

そんなことをしなくても、周りの方が勝手に注目してくることを分かっています。

それに、自己アピールをしたところでそれがデメリットになるリスクについてもきちんと理解しています。

二流の男性ほど、自分がいかに能力があるかを自分で周りにひけらかします。

ですが、そんなことをすれば周りからは二流どころか三流に思われてしまうでしょう。

一流の男性は、わざわざ自分をアピールする必要などないことを知っているため、必要以上に自分をアピールすることはありません。

集中力がある


オーラの違う男性には、普通の男性以上の集中力があります。

本気になれば周りのことなど目に入らなくなりますし、自分の集中していることだけに全神経を注ぎます。

周囲からの賛辞や名誉を手に入れることに夢中になっている人は、何かに取り組んでいるときでもつい周りの反応を気にしてしまいます。

しかし特別なオーラを持った男性は、周りのことなど目に入らずに自分のしていることにだけ意識を向けます。

そのため、それがかえって普通の男性とは違ったオーラを出すことになっているのでしょう。

自己管理ができている

社会人であれば、誰でも自己管理ができて当たり前だと思う人は多いでしょう。

しかしその反面、実際には毎日の自己管理ができていない人はたくさんいます。

仕事やプライベートの忙しさを理由に不規則な生活習慣を送り、病気がちだったり体調を崩しやすかったりする人は多いです。

人によっては睡眠時間がまともにとれないことをやたらと「忙しい自慢」にすることもあるくらいです。

社会人になってからも子どもの頃の同じくらいに規則正しい生活を送れている人はそこまで多くはないでしょう。

人とは違ったオーラを持っている男性は、見た目にも健康的で体力も申し分ないように見える人が多いです。

自分なりの決まった生活スタイルがあって、毎日同じようにルーティンしているため、規則性があります。

もちろん仕事の繁忙期などには、いつも通りの生活ができないこともあります。

しかし、それでもどこかで必ず休む時間を作ったり、ストレスを発散したりする時間を確保しようとするのです。

そのため、周りの男性たちよりも自己管理がしっかりとしています。

会社内に仕事疲れでぐったりしている男性が多ければ、その中でテキパキと働きタフな姿を見せている男性の存在はとても良く目立つことでしょう。