CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

悲しい片思いを終わらせる10個の方法


片思いはドキドキして楽しいものですが、それが叶わない恋となると、一気に悲しくなってしまいますよね。

どんなに想っても叶わない恋ならば、さっさと忘れて次の恋へ向った方が自分のためになります。

また少しでも脈があるのなら、うじうじと想い続けるのではなく、思い切って告白してしまった方が幸せになれるかもしれません。

頭ではそれが分かっているのに中々行動できずに苦しんでいる、そんな人へおすすめの悲しい片思いの終わらせ方をご紹介します!

この記事の目次

片思いは悲しくて辛いけど諦められないですよね

片思いは、相手に恋人がいない内は毎日ドキドキして楽しいものです。

すれ違ったり、目が合ったりしただけでも鼓動は高鳴ります。

ほんの一言でも会話ができればそれだけで一日幸せな気持ちに浸ることができます。

また、姿は見えなくても、LINEやメールの返信がある度に一人で舞い上がってしまうようなこともあるでしょう。

そんなドキドキやときめきは誰にでも訪れますが、その恋が実るかどうかは人それぞれです。

いつまでも気持ちを伝えられずにいる間に、片思いをしていた相手に恋人ができてしまったり、勇気を出して告白をしたもののフラれてしまったりすると、ドキドキは一気に悲しい気持ちになり、どん底へと落ち込んでしまうことでしょう。

そして、相手を好きな気持ちが強いほど、どんなに実らない恋だとしても、なかなか簡単に諦めることはできません。

決して叶わない恋なのに、どうしても諦めることができなくていつまでも引きずってしまうという人は少なくないでしょう。

悲しい片思いを終わらせる10個の方法

片思いが実らずに、悲しくて辛い気持ちに陥ってしまったら、その悲しい片思いを早く終わらせたいですよね。

早く悲しい片思いを終わらせることができれば、好きな相手と結ばれることができます。

もし結ばれることができなくても、早く次の新しい恋を見つけることもできるでしょう。

心の中でいつまでも想っているだけでは決して恋が実ることはありません。

そのまま失恋してしまえば、いつまでも未練が残ってしまいます。

そうならないためにも、一日でも早く悲しい片思いを終わらせてしまいましょう!

どうすれば悲しい片思いを終わらせることができるのか、おすすめの方法を詳しくご紹介していきます。

自分磨きをする

自分磨きをすることは、気持ちを切り替えたり、心を成長させたりする上ではとても大切なことです。

自分磨きは純粋に自分のためだけにやる人が多いですが、中には「好きな人を振り向かせたい」や「好きな人のためにきれいになりたい」などの相手のためにやるという人もいます。

自分のためや相手のためなど、動機はさまざまですが、実際に自分磨きをすることで、これまで以上に自分に自信を持つことができるようになります。

そして、自分に自信が持てることによって、精神的にも今まで以上に余裕を持つことができます。

そのため、きれいになって好きな人を振り向かせたり、もしくはもっと素敵な人へと気持ちを切り替えたりすることができるでしょう。

外見に自信がなく、悲しい片思いをしている人は、自分磨きをして外見に自信を持てるようになれば、例え現在の恋が実らなかったとしても、さらにその先の恋愛に希望を抱くことができるようになるでしょう。

自分磨きでは、外見や体型の変化にばかり注目が集まりやすいですが、実際には外見よりも内面の方が大きな変化を得られることが多いのです。

相手好みになる

もし、今の状態では片思いを実らせることができないのなら、自分磨きに励むことで、両想いになれる可能性を高めることができます。

相手の好みがはっきりと判明しているのなら、相手の好みになれるようにまずは外見から近づく努力をしましょう。

相手の好みの髪型やメイク、ファッションなどを意識して整えたり、相手の好みの体型に近づけるように運動やダイエットに励んだりします。

人は目標があれば頑張れますし、頑張った先でご褒美が待っていると思えば、途中で諦めそうになっても気持ちを持ち直すことができます。

この場合には、「相手好みになることができれば両想いになれるかもしれない」という希望がご褒美や目標になります。

そのため、それに向けて一生懸命に努力をすれば、結果はどうであれ自分自身に対して「努力して変われた」と前向きな自信を付けることができるでしょう。

友人に協力してもらう


自分だけではどうにも片思いから先へ進めそうにないと思ったら、友人に協力してもらって想いを告げるなり、諦めをつけるなりしましょう。

まだ告白すらもしたことがないのなら、友人に背中を押してもらい、頑張って相手に自分の気持ちを伝えましょう。

いざ告白してみなければ、実際の結果が分かることはありません。

一人で勝手に「上手くいくわけない」と予想して諦めてしまうよりは、「ひょっとしたら上手くいくかもしれない」と前向きに考えて告白をした方が、その後がどうであれ気持ちはスッキリできるでしょう。

また、もしフラれてしまった後で、なかなか諦めがつけられないのであれば、友人に話を聞いてもらって思い切り胸の内をぶちまけたり、胸を借りて思い切り泣いたりして気持ちに区切りをつけましょう。

場合によっては、友人から他の異性を紹介してもらったり、合コンに呼んでもらったりして、早く次の異性へと気持ちを切り替えるために行動するのもいいでしょう。

ポジティブに考える

片思いをしている内は、好きな人のことを考えるだけでもドキドキしますよね。

それは本来気持ちが昂るものですので、楽しさや嬉しさ、幸福感を覚えることが多いです。

しかし、人によっては好きな相手がいることで胸が苦しくなったり、悲しい気持ちになってしまったりすることがあるでしょう。

片思いをしているのに気持ちが悲しくなったり、落ち込んだりしてしまったりする人の多くは、元々ネガティブな思考をしていることがよくあります。

同じ出来事に対しても、ポジティブな人に比べて悪い結果や予想を考えることが多いため、恋愛に対してもついネガティブな考え方をしてしまうことがあります。

片思いの好きな相手がいるときにも、「何とかして相手と両想いになりたい!」と思うのではなく、「どうせ自分なんて好きな人に振り向いてもらえないだろう・・」と悪く考えてしまいます。

そのため恋をしても苦しくなったり、辛くなってしまったりすることが多いのです。

ネガティブ思考の人は、自分で自分の恋愛を悲しいものにしてしまっていることがあるため、まずは気持ちをポジティブなものにすることから始めるようにしましょう。

前向きな気持ちになることができれば、恋愛でもポジティブに考えることができますよね。

片思いが悲しいものではなく楽しいものや幸福感を覚えられるものになります。

そうなれば好きな相手にも積極的になれますので、できるだけポジティブに考えるようにしましょう。

好きな気持ちを匂わせる

せっかく好きな人ができても、その気持ちを伝えることができなければ、遅かれ早かれ失恋してしまうでしょう。

好きな気持ちを持ち続けている間に、好きな相手に恋人ができてしまったり、結婚してしまったりしては、悲しい片思いのままで希望が途絶えてしまいます。

また、気持ちを伝えないままでいると、相手に恋人ができてもすぐに諦めることができずに、いつまでも辛い気持ちを引きずってしまいます。

結果がどうであれ好きな気持ちはきちんと相手に伝えた方がいいでしょう。

いきなり告白するのが難しいという人は、普段の相手に対する言動や態度の中に、あえて相手を好きだという気持ちを匂わせるといいでしょう。

「◯◯さんは特別だから」と言ったり、好きな相手にだけ優しく接したりすることで、相手も少なからず好意を持たれていることに気付くはずです。

そのときにもし、相手の反応が悪くなければ、いざ告白をしても受けてもらえる可能性はありますので、思い切って告白に踏み切ってみましょう。

相手の話をよく聞く

悲しい片思いを終わらせる最も理想的な方法は、好きな相手に告白してその人と付き合うことですよね。

恋を上手く実らせるためには、いきなり当たって砕けに行くよりは、徐々に相手との距離を近くして、相手に好意を持ってもらえるように自分で動くことが重要です。

物理的に相手との距離を近づけるよりも、心理的に相手と近づくことができれば、それだけ相手もこちらに対して好意を抱きやすいでしょう。

相手と心の距離を縮めるのに効果的な方法の一つに、「相手の話をよく聞く」という方法があります。

初歩的で当たり前のことに思えますが、意外とこれができない人も多く、そのために恋が実らないということもあります。

自分が相手を好きな気持ちが強いほど、自分のことをよく知ってもらいたいと自分の話ばかりしてしまう人や、舞い上がって好きな人の話をまともに聞くことができないという人は、ぜひ参考にして相手の話をよく聞くように意識しましょう。

誰でも自分の話を相手が真剣に聞いてくれれば嬉しいと感じて、相手に心を開きやすくなります。

その開いた心にいかに自分の存在をアピールできるかによって、片思いが実るかどうかも大きく変わってくるでしょう。

否定的にならず共感する

あなたが自分の話に人から共感されれば嬉しいと感じ、また否定されれば不快に感じるように、好きな相手も自分の話を否定されるよりは共感された方が嬉しいと感じます。

例え本心では相手の意見に賛同できなかったとしても、表面上は相手の意見に共感を示すことで、相手は少なからず「自分のことを分かってくれた」と感じます。

誰でも自分の話や意見に共感を示してくれる相手には好感を覚えます。

その相手と積極的に親しくなりたいと思うものです。

好きな相手の話に対して否定的になることなく、共感するように心がけるだけでも、相手は心を開いて自分に好感を抱いてくれやすくなるでしょう。

とはいえ、何でもかんでも相手に賛同してばかりいると、いざ片思いが実った後で相手が傲慢になってしまうこともあります。

共感しながらも自分の意見もさりげなく伝えておいた方がいいでしょう。

視界に入るように心がける

いつも自分の視界に入る人がいれば、誰でもその存在のことを気に留めてしまいます。

「そういえばあの人、何かと視界に入るな」というちょっとした関心から相手に対する興味が湧きます。

視界に入っている間に上手く自分をアピールすることができれば、相手が自分に対して好感を抱いてくれる可能性もあるでしょう。

ただし、あまりあからさまに自分の存在をアピールしようとすると、それが相手には逆に鬱陶しく思えてしまうこともあります。

あくまでも自然を装って視界に入るように意識しましょう。

相手の視界に入っている間は、あまり目立とうとせず、落ち着いた振る舞いを心がけましょう。

大声を出したり騒いだりすると、相手は「わざと自分の視界に入ってきている」と気付いて不快に思ってしまうかもしれません。

視界に入っているだけでも存在は目立ちやすくなるため、必要以上に目立とうとせずに、自然な振る舞いを心がけましょう。

いつも笑顔でいる


笑顔には人を惹き付ける魅力があります。

「暗い美人よりも明るいブスの方がモテる」と言われるように、どんなに外見の良い男女でも、愛嬌の一つもなければ周りからの印象は悪くなってしまうでしょう。

反対に、外見に自信がなくてもいつも笑顔で過ごしている人は、周りの人たちから愛されやすくなります。

欠点も美点に変えてしまうことができるでしょう。

笑顔にはそれだけのパワーがありますので、いつも笑顔で好きな相手と接することを意識していれば、相手からの印象が悪くなることはないでしょう。

平等に皆と仲良くする

平等に皆と仲良く接している人は、誰からも好意的に思われるため、好きな人にも好感を持ってもらいやすいです。

好きな人に対してだけ愛想が良く、他の人の前では素っ気ない態度をとっていると、肝心の好きな人からは「裏表のある人だな」と思われてしまって、好かれるどころか引かれてしまうことがあります。

接する相手によってころころと態度を変えるよりは、誰に対しても平等に接して仲良くしている人の方が、好きな人からの印象も良く、好きになってもらえる可能性があるでしょう。

好きな人以外には関心がなかったとしても、表面上は誰とでも無難にコミュニケーションが取れるようにしておきましょう。

噂や悪口を言わない

周りの人たち全員と仲良くなるのは簡単なようで、実際には難しいでしょう。

どんなに仲良くなろうとしても、どうしても仲良くなれない人というのも中にはいます。

また、無理に仲良くなろうとしても、「八方美人」や「誰にでもいい顔をする」などと誤解されてしまうことになります。

無理してまで周りの全員と仲良くなろうとする必要はありません。

その代わり、極力他人の噂や悪口を言わないように心がけましょう。

人の噂話や陰口を叩く人は周りから悪印象で見られてしまいます。

好きな人にも性格が悪いと思われてしまいます。

好きな人から悪く思われないためにも、自分から他人の噂や悪口を口にするのは止めましょう。

気遣い上手になる

誰とでも仲良くなるのは難しいかもしれませんが、誰とでも無難な人間関係を築くことはできます。

自分が接する相手に対して、ある程度の気遣いができれば、相手からの印象は良くなるため、「可もなく不可もなく」な関係を築くことができるでしょう。

また、誰に対しても気遣い上手に振る舞うことができれば、より友好的な関係を築くことができます。

周りの人たちとの関係が良くなることで、好きな人へのアピールに繋がることもあるでしょう。

気遣い上手になるためには、常に自分が接する相手のことをよく観察することが大切です。

相手の言動や態度から、相手が求めていることや今の精神状態を推測して行動することで、相手への気遣いができるでしょう。

ただしあまり凝視し過ぎてしまうと不審に思われてしまうため、会話を楽しみながらさりげなく相手の言動をチェックしたり、様子をうかがったりしましょう。

慣れてくれば、自然と相手の様子から気遣いができるようになります。

しっかりアピールする

好きな人がいても、その相手に満足に自分のことをアピールできなければ、悲しい片思いのままで終わってしまいます。

恥ずかしさや勇気が出ないことでせっかくのチャンスを逃してしまってはいつまでも悔いが残ってしまいます。

しっかりと自分の気持ちを相手にアピールしましょう。

積極性のある人は自分の想いを告白することができますが、どうしても告白する勇気がないという人は、言葉には出さずとも、自分が好きだという気持ちを相手にしっかりとアピールしましょう。

例えば好きな人に対してはいつも笑顔を絶やさなかったり、「こんなこと、他の人には言えないから・・」などと意味深な発言をしてみたり。

相手をその気にさせるような言動をあえて何度もすることで、相手に自分の好意を暗に伝えることができるでしょう。

相手も満更でなければそれなりの反応が返ってくるため、確実に両想いになってから告白したいというタイプの人にとってもおすすめの方法です。

受け身はNG

相手が自分のことを完全に好きだということが判明している状態でなら、受け身でいても向こうから色々とアプローチをしてくれることでしょう。

しかしそうでない限り、恋愛では受け身でいるほどチャンスが遠のいてしまいます。

男性が受け身でいると、「意気地なし」や「ヘタレ」だと思われてしまいます。

また、女性が受け身でいたところで、「慎ましくていい」と寄ってくる男性は案外いないでしょう。

誰でも、相手から自分への好意が少しでも見えるからこそ、自分からも相手に対してアプローチをしていこうという気になれるものです。

完全に受け身に徹することなく、自分から相手を好きだという気持ちを伝えていきましょう。

好きな人だけ特別扱いをする

誰に対しても平等な人は、周りから好印象で見られます。

しかし、その反面自分が好きな人に好意をアピールしても、相手には気付かれ難いという場合もあります。

アピールの仕方が「いつも笑顔で明るい」などのように、誰に対しても当てはまるようなものだと、いざ好きな人に同じことをしても、相手は「他の人にもしている」と感じますので、自分にだけ特別な感情を抱いているということに気付くことはないでしょう。

そのため、ある程度は好きな人にだけ特別扱いをすることも必要です。

皆に同じように笑顔で接しているのなら、好きな人に対してだけ恥ずかしそうに振舞ったり、その人にだけ分かるように特別な行動をとったりと、場合によっては少しくらいあからさまな態度をとった方がいいでしょう。

そうすることで、好きな相手は自分に対してだけ他の人たちとは違う感情を持たれていることに気づきやすくなります。

さり気なくスキンシップをする

あまりあざといやり方をすると相手が嫌がる場合もあります。

ですが、相手が嫌がらない程度にさりげないスキンシップをすることで、相手に自分の好意を伝えることもできます。

普段周りの人たちに平等に接している人ほど、好きな人にだけさり気ないスキンシップをすることで、相手は「ひょっとして自分は特別扱いをされているかも」と感じるでしょう。

直接言葉にしなくても、そうしたさり気ないスキンシップで好意を伝えることもできます。

告白する勇気が出ないという人は、さり気ないスキンシップにチャレンジしてみましょう。

片思いが悲しいと思う瞬間7選

恋をしているときには毎日が楽しくて輝いているという印象があります。

ですが、実際には辛かったり苦しかったり、悲しかったりすることもたくさんあります。

好きな人が他の異性と楽しそうに話をしていたら胸が苦しくなりますよね。

もし恋人ができてしまったら…嫉妬や悲しみで気が狂いそうになってしまうこともあるでしょう。

恋人ができたところで、気持ちが浮き沈みすることには変わりありませんが、片思いのときの方がより気持ちが上がったり沈んだりと、激しく揺れ動くことが多いでしょう。

片思いをしている人の気持ちはさまざまですが、どんなときに片思いが悲しいと感じるのでしょうか?

片思いが辛くなる瞬間について挙げていきます。

相手に恋人ができてしまった時

何年も片思いをしていた相手に恋人ができてしまった時や、強烈な一目惚れをした相手に恋人ができてしまった時には、悲しくて仕方がなくなってしまいますよね。

長年片思いをしていたら、それだけ相手に対する気持ちが募っている状態です。

自分の恋が叶わなくなった瞬間に、これまでの気持ちがすべてショックに変わってしまいます。

片思いをしていた時には相手を思う気持ちがふわふわと浮いていた状態でも、失恋が確定した瞬間には、その気持ちがすべてどさどさと落ちてしまいます。

悲しい気持ちも人一倍で、絶望感さえ感じてしまうこともあるでしょう。

また、例え片思いをしていた期間は短くても、人一倍相手に対する好きな気持ちが強かった人も、同じようにショックを受けて落ち込んでしまうでしょう。

デートに誘っても断られてしまった

勇気を出して好きな相手をデートに誘ったのに断られてしまったら、自分の恋心も一緒に断られてしまったような感じがして、悲しくなってしまうことがあります。

ひょっとしたら相手に予定があって、たまたまタイミングが合わなかったから断られてしまっただけかもしれません。

そうだとしても断られたという事実がショックで、落ち込んでしまう人は多いでしょう。

想いを寄せる相手によっては、いきなり距離を縮められることに困惑したり、戸惑ったりすることもあります。

決してこちらのことが嫌いで断ったというわけではないかもしれません。

けれどもどんな事情からであっても、「デートに誘ったのに断られた」という事実に変わりはないため、それが理由で悲しくなってしまうことはあるでしょう。

好きだと伝えられない時

片思いをしている相手に、自分の気持ちを伝えたくても伝えられないときには、もやもやと悩んでしまったり、悲しくなってしまったりすることがあるでしょう。

積極的な人は、好きになった相手に自分の気持ちをハッキリと伝えることができます。

でも、シャイな人や自分に自信がない人は、告白しようと思ってもフラれた時のことをつい考えてしまって、一歩勇気を踏み出すことができません。

けれども相手を好きな気持ちは日々募るばかりです。

抑えきれない恋心で苦しくなってしまって、好きだと伝えたいのに伝えられない自分に対して悲しくなってしまうことがあるでしょう。

人によっては、好きになった相手に既に恋人がいたり、既婚者だったりすることもありますよね。

その場合には、より自分の気持ちを相手に伝えられないため、辛くなってしまうこともあります。

他にも立場や身分などを気にして告白できない人もいるため、内に秘めた恋心で少なからず苦しんでしまうことはあるでしょう。

自分の恋を相手に応援されてしまった

片思いあるあるネタともいえるのが、自分が片思いしている相手に、自分の恋を応援されてしまうことです。

好きな相手と恋愛話をしているときに、こちらの気持ちを知らない相手から「きっと上手くいくよ、頑張れ!」と応援されてしまって、何となく悲しくなってしまうことってありますよね。

相手はこちらの気持ちを知らないので仕方がありません。

でも、あからさまに笑顔で応援されてしまうと、最初から脈ナシのような気がして切ない気持ちになってしまうでしょう。

よくある恋愛もののマンガやドラマなら、物語の中で相手の恋を応援すると、「じゃあ付き合って」と相手からアプローチをされるシーンがあります。

現実ではそれがすんなりと上手くいくことはあまりないため、悲しい気持ちになってしまうでしょう。

連絡をしても返信が返ってこない

LINEやメールを送ったのに、相手からなかなか返信がなかったり、そのまま返信を無視されたりすると悲しい気持ちになってしまいますよね。

メールやLINEでやり取りをしている途中で急に返信が来なくなったら「何かあったのかな、おかしな内容を送っちゃったのかな」と心配になってしまいます。

こちらから連絡をしたのに何も返信がなければ、「もしかして嫌われているのかな」と不安な気持ちになってしまいます。

相手はただ忙しかったり、事情があって返信ができなかったりするだけかもしれません。

しかし、相手の様子が分からないこちらからしたら不安や心配な気持ちになってしまうでしょう。

他の異性と楽しそうにしているのを見た

好きな人が自分以外の異性と楽しそうにしているのを見ると、辛い気持ちや苦しい気持ち、悲しい気持ちに陥ってしまうことがよくあります。

好きな人のことはいつでも目に入ってしまいます。

自分の好きな人が他の異性と楽しそうに話をしていたり、近い距離で接していたりすると、好きな人とその異性との関係を疑ってしまったり、嫉妬してしまったりします。

嫉妬すると胸が苦しくなり、醜い感情がどんどん湧いてきてしまうため、そんな自分に嫌悪感を覚えてしまうこともあるでしょう。

けれども片思いをしているときには、好きな相手に対する感情のコントロールが利きにくくなるため、好きな人と他の異性とが楽しそうにしている姿を見る度に苦しくなったり、悲しくなったりしてしまいます。

片思いが叶わないと分かった時

好きな人ができると、ほとんどの人は好きな相手と結ばれたい、両想いになりたいと望むものです。

相手に恋人がいなければ「ひょっとしたら・・・」という希望を抱いて、好きな人に自分の気持ちをアプローチしようとするでしょう。

しかし、どれだけ自分磨きをしても、好きな気持ちをアピールしても、片思いが叶わないと分かった時にはショックを受けて、悲しい気持ちになってしまいます。

叶わない恋だと分かった途端に、気持ちをサッと切り替えることができれば良いですが、一度好きになってしまった気持ちはなかなか簡単に捨てることはできません。

だからこそ悲しい片思いは簡単に終わらせることが出来ずに、苦しむ人が多いでしょう。

片思いを実らせるには自分が行動できるかがカギ!

片思いは、何もせずにただ想い続けているだけでは実ることはありません。

自分が想いを告げられない間に、好きな人に恋人ができたり、結婚してしまったりして、結局は悲しい片思いのままで未練だけを引きずってしまうことになります。

そうならずに、悲しい片思いを終わらせたいのなら、自分でひたすらに行動あるのみです。

好きな相手に、同じように自分のことも好きになってもらうためにも、日々努力をして積極的に片思いを実らせましょう!

ページトップ