CoCoSiA(ココシア)

さそり座の女の10個の性格的特徴と恋愛傾向


さそり座の女というと、一途で愛情深いけど、ちょっと重たい女。

そんなイメージがありませんか?

ですから、避けたいと思っている男性もいるかもしれません。

しかし、ミステリアスで男性を惹きつける魅力を持っているため、避けたくても避けられない!というのが、さそり座の女なのではないでしょうか。

そんな男性のみなさんのために今回は、『さそり座の女の10個の性格的特徴と恋愛傾向』をご紹介します。

性格を理解してうまく付き合っていきましょう。

さそり座の女ってどんな人が多いの?

12星座占いでのさそり座は、誕生日が10月24日~11月22日の人が該当する星座です。

責任感と集中力に長け、優しさと繊細さを併せ持った星座と言われますが…さそり座の女といえば、思い浮かぶのは美川憲一さんの歌『さそり座の女』ですよね!

かなり古い歌ですが、美川憲一さんといえば『さそり座の女』とインプットされている人は多いのではないでしょうか。

「いいえ私はさそり座の女~」のフレーズから始まり…「地獄の果てまでついていく」「命がけよ」「サソリの毒はあとで効くのよ」と、歌詞に強烈なインパクトがある『さそり座の女』。

締めは「さそりの星は一途な星よ~」で、さそり座の女は男にとって“一途すぎて重い女性”というイメージを定着させましたよね。

そのため、男性は気になる女性がさそり座だと聞くと、ちょっと尻込みしてしまう人も少なくないのでは?

しかし「実際にはどんな女性なんだろう?」という疑問を抱く人もいるのではないでしょうか。

さそり座の女の10個の性格的特徴とは


とことん一途でちょっと重い?そんなイメージがあるさそり座の女性。

でも、『さそり座の女』の歌詞はさそり座女性の恋愛傾向を表したものであって、年がら年中ドロドロした感情を抱いているはずがありません。

それに、全てのさそり座の女性が、同じ性格なはずもありませんよね。

そこでここでは、『さそり座の女の10個の性格的特徴』をまとめました。

恋愛には“一途で”、男性にとっては“重い”と思われがち。

ちょっとマイナスなイメージがあるさそり座の女ですが、それもさそり座の特徴の出方次第です。

良い部分が出ればプラスに、悪い部分が強く出ればマイナスになるだけのこと。

また、その特徴を周囲がどう受け止めるかによっても、さそり座の女の印象はガラッと変わってくるでしょう。

あなたにとってさそり座の女がプラスかマイナスか、ご紹介する性格的特徴から、相性を考えてみてくださいね。

1.洞察力が高い

さそり座の女の性格的特徴その1は、『洞察力が高い』ことです。

洞察力とは、物事の本質を見抜く力のこと。

洞察力が高い人は、直感的に本質を見抜くことができる、勘の鋭い人でもあります。

さそり座の女は、その高い洞察力と勘の鋭さで、場の空気や、相手が本当に言わんとすることを察することに長けています。

そのため、洞察力がプラスに働くと、“気か利く女性”と評価されることもよくあります。

ただ、洞察力を良い面で発揮するには、優しさがなければなりませんよね。

相手の本質や気持ちを見抜いても、気が利く女性になるには、相手のためを思った行動が出来なければ意味がありません。

その点、優しさを兼ね備えているさそり座の女は、洞察力を活かして“よく気が利く女性”になれます。

しかし一方で、繊細さも持っているのがさそり座の女。

見たくない部分や知りたくない部分を知ってしまうと、洞察力もマイナスに働いてしまいます。

自分の洞察力のせいで、とても傷つきやすいのです。

恋愛で“重い”雰囲気になりがちなのも、洞察力の高さゆえ。

鋭い洞察力をもったさそり座の女の前では、嘘やごまかし、隠し事は通用しないのです。

2.警戒心が強い

さそり座の女の性格的特徴その2は、『警戒心が強い』ことです。

警戒心が強い人は、簡単に言うと「人を信用できない」人です。

そして、人を信用できない人は、心の中で人に裏切られることや騙されることを、過剰に恐れている傾向があります。

そのため、人に対して強い警戒心を持ってしまうんですね。

さそり座の女は、優しくて繊細な部分を持っています。

その優しさと繊細さは、とてももろくて儚いものです。

人の悪意や裏切りに傷つきやすく、壊れやすい…。

だから、人を警戒する必要があるわけです。

でも、恋愛には“一途”と言われるように、とても愛情深いのもさそり座の女。

心を開くまでには時間がかかるものの、警戒心が解かれると一気に深い付き合いに発展します。