人情味がない人は、人情味がないだけに人付き合いにおける“普通の感覚”が通用しません。

「普通ここは気を使うところ」「普通はここで優しくする」という、人としての思いやりや優しさが感じられる行動や言動がないので、周囲の人にとても冷たい印象を与えます。

それどころか、ひどい言葉を言ったり冷たい態度をとったりすることもあり、人を傷つけてしまうのが人情味がない人です。

そんな人情味がない人が身近に居ると、付き合い方に戸惑いますよね。

でも、「なぜあんなにひどい言葉が言えるの?」「なぜ悪いこともしていない人に冷たい態度がとれるの?」と、気になったことはありませんか?

そこで今回は、『人情味がない人の特徴』をご紹介します。

特徴から見えてくる人情味がない人の心理や、そうなってしまう原因には、理解できる点も少しはあるはずです。

ぜひこの記事で人情味がない人への理解を深め、接する際の参考にしてください。

こんな人も多いのでは?人情味がない人の9個の特徴

人情味がない人と接すると、とても嫌な気持ちになるものですよね。

人としての優しさや温かみを感じられないので、傷つけられることもあります。

人付き合いを大切に考えている人にとっては、そんな人情味がない人のことは理解に苦しむところが多いものです…。

でもなぜ、人情味がない人からはこんなにも人情味を感じることができないのでしょうか。

人情味がない人には、人情を感じさせないいくつかの特徴があるようです。

冷たい印象を受けるので、できれば深く付き合いたくない人情味がない人ですが…、理由を知れば、理解できる点も少しはあるかもしれません。

理解してあげることで、その人の人情に触れられることもあるのかも!?人情味のない人とはどういう人なのか、その特徴をご紹介していきます。

1.思いやりがない


人情味がない人の特徴1つ目は、『思いやりがない』ことです。

人情とは、「人の自然な心の動き」や「人のありのままの感情」を表す言葉で、人としての温かみや情け、他人への思いやりの気持ちのことを言います。

これは、人が持つ味わいでもあり、人情味がある人には、人らしい優しさや温かみが感じられます。

逆に人情味がない人からは、“人の心”を感じられません。

その理由のひとつが、「思いやりがない」ことです。

人情味がない人に、なぜ思いやりがないのかと言えば、それは「相手のことを考えない」ことに原因があります。

相手のことを考えていないから、思いやることもできず、周囲の人に人情味がないように感じさせてしまうのです。

相手のことを考えない

人情味のない人は、相手のことを考えません。

その理由はいくつか考えられますが、ひとつは、「他人、もしくは相手に興味がない」ことです。

相手や他人に興味がない人は、当然ながら相手のことを考えた行動ができません。

他人のことに意識が向かないし、そもそも、自分のことにしか興味がないのです。

その人との付き合いを円滑にしようという意識もないので、相手を思いやろうという気持ちすら起らないでしょう。

また、相手のことを考えられない理由には「自分のことで精一杯」なことも挙げられます。

決して相手や他人に興味がないわけではないのですが、自分のことで精一杯なために相手のことを考えた行動ができないのがこのタイプです。

言い換えれば、自分のことにしか興味がないとも言えますが…本人はもっと、他人と上手に付き合っていきたいと考えている場合も多いのです。

しかし自分のことで精一杯なために、結局は相手に思いやりを持てず、人付き合いも上手くいかなくなってしまいます。

酷い言葉や冷たい言葉を言いたい放題

相手のことを考えられない理由は人によってさまざま。

ですが相手のことを考えないと、結果として、酷い言葉や冷たい言葉など思いやりのない言葉を放ってしまいます。

そのため、周囲の人に「人情味がない」と思われてしまうのです。

酷い言葉や冷たい言葉を放つ人の中には、それが目的である場合もあるとは思いますが、多くの場合は「相手のことを考えられない」ことが原因です。

相手が自分の放った言葉でどれだけ傷つくか、悲しむのかを想像することができないから、酷い言葉を何気なく発してしまいます。

結局は人情味がないということになるのですが、思いやりがない人の中には相手の気持ちに気付くことで反省し、考えを入れ替えられる人もいると思います。

ですから、人情味がない人の言葉や行動に傷ついたときは、その心情をありのまま、相手に伝えてみるのもひとつの方法です。

どう感じているかを分かってもらうことで、行動や言動のひどさを認識し、改めてくれる場合もあるはずです。

このとき、間違っても同じ気持ちを味わわせようと酷い言葉を返したり、冷たい態度をとったりしないことです。

悪循環が起きるだけで、相手の人情味のなさはさらにヒートアップする可能性があります。

このように、人情味のない人には相手のことを考えられない理由があり、結果的に思いやりのない言葉や態度で相手を傷つけます。

ただし、「相手を傷つけていることに気付いていない」のが何よりもの特徴ですので、気持ちを知ってもらうことで改善できる可能性もあります。

2.人に興味がない

人情味がない人の特徴2つ目は、『人に興味がない』ことです。

先ほどもお話しした通り、人に興味がない人は相手のことを思いやることができません。

そのため、冷たく人情味がない態度をとってしまいます。

人に興味が持てない原因もさまざまですが、ひとつは、相手のことが嫌いであることが考えられます。

誰だって嫌いな人に対しては、それ以上知りたいと思いませんよね。

できれば関わりたくないというのが本音でしょう。

特定の相手に対してだけ人情味のない態度を取る人の場合は、相手のことが嫌いなために興味を持てないのと同時に、冷たい態度を取ることで相手を遠ざけ、自分の身を守ろうとしていることが人情味のない態度の理由になっています。

一方、特定の人だけではなく、誰にでも人情味がない態度を取ってしまう人もいますよね。

そんな人の場合でも、「人に興味がない」というのは大きな理由となっています。

人に対して興味が沸かない

人に対して興味が湧かないというのは、裏を返せば「自分にしか興味がない」ということになるのですが…必ずしも自己顕示欲や承認欲求が強いことだけが、人に興味を持てない理由ではありません。

人に対して興味が湧かない人は、根本的に人が苦手だったり、何らかのトラウマをきっかけに人嫌いになっていたりすることもあります。

もともと自分にしか興味がないのではなく、他人のことを気にしすぎるあまり、逆の反応として興味を持たないよう自己防衛しているということです。

もちろん、生まれつき他人に対する興味が薄く、自分のことや他の対象にしか興味を示さない人もいます。

この場合は相手を傷つけようとか虐めようとかの気持ちは全くないのにも関わらず、相手の気持ちを思いやれないためにひどい言葉を発したり、冷たい態度を取ってしまったりします。

常に冷たい態度

人に対して興味が湧かないことの奥に、どんな本音が隠されているかは分かりません。

しかし、人に対して興味がなければ、それは“冷たい態度”となって表れてしまいます。

人が優しさや温かみのある態度をとれるのは相手への思いやりがあるからで、思いやれない以上は悪意が無くても人情味がない人になってしまうのです。

人情味がない人の特徴である、人への興味のなさ。

ですが本来、人に興味が湧かない人はほとんどいません。

人は人に対して何らかの感情が湧くのが普通で、それが人間らしさでもあります。

その人間味を失ってしまうのには、過去に何か原因がある場合が多く、人情味がない態度にも、心の奥底には何か人に興味が持てない理由が隠されています。

もちろん、それは傍から見ては図り知ることができません。

でも、人に興味を持てない人には、逆に興味を持って接してみることで、心を開いてくれることもあります。

職場の人など、人情味が無くてどう接していいのか分からない人がいる場合は、単に避けるのではなく興味をもって接することで、よい関係性を築ける場合もあるでしょう。

3.ネガティブ


人情味がない人の特徴3つ目は、『ネガティブ』なことです。

ネガティブ思考な人は、自分を卑下したり落ち込んだりするだけではありません。

ネガティブ思考があるがゆえに、他人への攻撃性を増してしまう場合もあります。

いわゆる被害者意識で、自分が傷つけられることを恐れるために、他人に対し暴言を吐いたり、人情味のない冷たい態度を取ったりしてしまうのです。

ネガティブ思考な人は、物事の良い面よりも悪い面に注目してしまう癖があります。

それは人との関わりの中でも同じで、他人の言葉や態度も、常に悪い面ばかり気にしています。

全く悪意がない人の言葉や態度からもネガティブな面を見つけ出すのが得意なので、相手がいくら優しく接しようとも、ネガティブな人はネガティブにしか捉えることができません。

そのため、誰に対しても攻撃的で、すぐに批判的になってしまうのです。

直ぐに批判的になる

人情味がない人のネガティブな一面は、人に対する批判的な態度となって表れます。

誰に対しても批判をし、攻撃性のある態度で接してしまうので、その姿勢にはまるで人情が感じられません。

ネガティブな人は、そもそも人を信用していないのです。

人を信用できなければ、自分の身は自分で守るしかありませんよね。

ネガティブ思考をするのもそのひとつで、いつでも最悪の事態を想定しておくことで、それ以上自分が傷つくことの無いよう免疫をつけているようなものです。

その上で、さらに自分の立場を保持するために、他人に敵意を向けてしまうというわけです。

つまり人情味がない人は、極度に人を信用することができない人。

しかもそれは、他人ばかりではなく自分をも信用できないということです。

このようなネガティブ思考な人と接するのは、とても難しいものです。

根本的な思考の癖は、自分で気付き、意識して治そうとしなければ治りません。

周囲の人がポジティブ思考へ導こうとしても、見事にそれを覆してきます。

そもそも人を信用していないので、簡単に人の話を信じません。

ただ、そんなネガティブな人が、攻撃性ではなく自己嫌悪に陥っているときはひとつのチャンスです。

そんなとき、普段攻撃の対象にされている人は「自業自得」と突き放したくなると思いますが、関係を良くしたいなら理解するよう努めましょう。

批判するでもなく、導こうとするでもなく、ただ理解してあげるようにしてみると、すんなり敵意を和らげてくれることもあります。

4.道具として扱う

人情味がない人の特徴4つ目は、『道具として扱う』ことです。

人を道具として扱う、まるで人情味のない人も中にはいますよね。

道具として扱われたほうは、とても嫌な気持ちになるし、傷つきます。

人情味がない人にも理由はさまざまありますが、もっとも厄介で付き合いにくいのが人を道具として扱ってくる人なのではないでしょうか。

人を道具として扱う人は、言うなれば支配欲の強い人です。

人情と言われるものは微塵もなく、思いやりのかけらも持ち合わせていません。

そうなってしまうのにも辿れば原因は何かしらあるのですが、そんな人を理解しようとも思えないのが人の心情というものですよね。

人を道具として扱う人は、指示を出すときは常に命令口調であり、イライラなどの感情を露わにして人を威圧してきます。

その態度で人を縛りコントロールしてくるので、余程自分をしっかりもった人でなければ逆らうことができない、本当に厄介な人なのです。

指示を出すときは命令口調

人情味がない人が人を道具として扱えるのは、やはり人に対する情がないからです。

ですので、平気で人を道具として扱うことができてしまいます。

それはもちろん、自分にも感情がないのと同時に、相手に感情があることに意識が向かないからでもあります。

相手は感情のある人間だということを全く意識せず、自分の思い通りに働かせることができるコンピューターのような感覚で接しているので、感情を無視された相手はとても傷つくことになるのです。

人には少なからず「すべてを思い通りに動かしたい」という支配欲があるのだと思います。

でも多くの人が独裁的にならないのは、理性や情が働くからです。

つまり、理性や情を持ち合わせていなければ、人の感情を無視して道具として扱う独裁者として暴走してしまうということです。

独裁的に人が人を支配することは、稀なようでいて身近なところでも起こり得ます。

会社の経営者と従業員の関係ばかりではなく、部内の上司と部下の関係や、親と子、夫と妻など、とても小さなコミュニティーでも発生します。

会社で言えばパワハラ上司が人を道具として扱う人情味のない人になり得るし、親子は支配関係の典型です。

恋人同士の束縛や、小さなコミュニティーでのカースト制度も、情や理性を忘れ、支配欲が暴走した結果と言えるのでしょう。

イライラすることが多い

人を道具として扱う人情味のない人が厄介なのは、イライラするなどの態度で人に威圧感を与えてくるところだと思います。

威圧的な態度で恐怖感を与え、「怒らせたら怖いから言うことを聞いておこう」と心理的に支配してしまうのです。

支配される側も最初は「言うことを聞いておいたほうが楽」というところから軽い気持ちで言うことを聞くのですが、気づけば強い洗脳状態にあることも少なくありません。

とくに、情に厚い人ほど、人情味がない人に都合よく使われがちです。

支配欲が強い人は、自分の言うことを聞いてくれそうな人を選んで支配してくることが多いので、人情味がある人ほど被害を受けやすいのです。

人情味があることはとても良いことなのですが、弱みにつけこんでくるような人かどうかは判断する必要があります。

道具として扱われることは、決して優しさではありません。

道具として扱ってくるような人情味がない人へ人情で接するなら、扱われることを拒否することです。

イライラされても萎縮せず、強い気持ちを持って対応しましょう。

そうすると相手は離れていきますが、そこで離れずに関係を続けることで、暴走に歯止めをかけられる場合もあります。

一番は、強い気持ちと人情で真摯に向き合うことです。

本当の人情味に触れさせてあげることで、人情味がない人でも気づかされることがあるはずです。

5.ストレスを溜め込んでいる

人情味がない人の特徴5つ目は、『ストレスを溜め込んでいる』ことです。

ストレスを溜め込んでいる人は、人のことよりも自分で精一杯になりがちです。

ましてや、ストレスで精神状態は不安定。

些細なことでイライラしたり落ち込みやすかったりするので、周囲の人を思いやることなんてできません。

それが結果的に、人情味のない態度となってしまうのです。

もちろん、ストレスを抱えながらも人には優しく接する人もいるでしょう。

でも本来は、それすらもストレスになって自分を苦しめてしまうのがストレス下にある人です。

無理しやすい人ほどストレスを抱えやすく、限界まで無理した結果、いっぱいいっぱいになって人情味がない態度になってしまうこともあるので、本人も望まない結果になっているということなのです。

ただ、周囲の人にはストレスを抱えていることまではわかりません。

酷い言葉を発したり冷たい態度をとったりするのは、ただの八つ当たり。

逆に冷たい態度で返されることのほうが多く、状況がどんどん悪化していってしまうのがこのタイプです。

人付き合いでは特にストレスを感じている

ストレスを溜め込んで人情味がない態度を取ってしまう人の多くは、特に人付き合いでのストレスを抱えていることが多いようです。

ストレスを抱える人は真面目な人が多く、本来は人付き合いにも真面目です。

ただ、真面目過ぎるがゆえに人付き合いの中でストレスをため、そのフラストレーションが発散されるときに、まるで人情味のない態度を取ってしまうのです。

普段は我慢していることが多いからこそ、爆発すると周囲もびっくりするような暴言を吐いたりするので、ストレスのコントロールが苦手な人とも言えますよね。

ただ、このタイプの人情味がない人は、ストレスを抱えないようにさえできれば、人を思いやれるだけの情を持っています。

無理しているような側面が見えるときはガス抜きさせてあげるなど、ときどき話を聞いてあげるだけでも、敵意を向けられることは少なくなるはずです。

本来は自分でストレスをコントロールするべきですが、その人と上手に付き合っていきたいなら、ストレス発散のお手伝いをしてあげるのもひとつの付き合い方なのではないでしょうか。

6.親切心がない

人情味がない人の特徴6つ目は、『親切心がない』ことです。

親切心とは、他人に対する思いやりの気持ちや、好意の気持ちから相手を助けようとする気持ちです。

これらは、人が抱く自然な人への愛情であり、親切心がない人は当然、人情味もないことになります。

他人への思いやりや好意の気持ちが持てないというのも、自己中心的なことが主な原因でしょう。

他人より自分を優先する気持ちがあるので、他人に向けられる人情味というものが周囲の人には感じられないのです。

自分から動くことがない

他人に対しての親切心がない人は、自分から動くことはありません。

他人が困っていることより自分の安全を守ることが第一なので、情などに突き動かされて他人のために動くようなことはしません。

これは、他人が困っていようとどうでも良いというよりは、とにかく自分が大事なだけです。

それがあまりに徹底しているがために、まるで人情味がない態度になるのです。

ただ、人情味がない人のことばかりを責められない人は多いはずです。

誰だって、自分が一番大事。

他人を助けることで自分が身代わりになり、苦しい状況に陥るのだとしたら、親切心だけで行動することはできない人が多いでしょう。

たとえば、学校などでのイジメがそうです。

イジメる人はもちろんのこと、イジメを見て見ぬふりをしてしまう人も、同じように親切心がなく、人情味のない人ということになります。

見てみぬフリをする

他人を助けることで、自分が身代わりになって苦しみを味わわなければならないとなると、親切心を働かせるのにも勇気がいります。

気持ちはあっても、実際に行動に移せる人はほんのわずかでしょう。

もちろん筆者も、人のことは言えません。

まず、他人を助けることで、自分がどうなるかに意識が向いてしまいます。

人は誰だって、苦しい思いはしたくありません。

親切心から行動するにしても、自分が不利益を被るとなれば動けない人は多いでしょう。

気になりつつも見てみぬふりをしてしまうなら、結局は人情味がない人ということになります。

このように、人情味がない人は、親切心がなく、冷酷な人間だけがそうなのではありません。

親切心がありながらも行動できない人も、傍から見れば同じように人情味がない人ということになります。

そう考えれば、人情味がない人ばかりを責められないはずです。

親切心がない人の場合は、自分のことで精一杯なのだと思えば、理解できる部分も少しはあるはずです。

7.上辺だけの付き合い

人情味がない人の特徴7つ目は、『上辺だけの付き合い』をすることです。

一見友達が多く人付き合いを大切にしているように思える人でも、人情味がない人はいるものです。

そんな人たちは、人付き合いを上辺だけでこなしています。

ですから、いざというときに人情味のなさが露呈してしまいます。

たとえば、友達が誰かから悪口を言われていたとします。

そんなとき、親友ならかばったり、助け舟を出したりするものですが、人情味がない人はあっさりと切り捨てます。

親友が失恋して落ち込んでいるような時にも、親身になって話を聞いたりはしません。

日常の何でもないときにはそれなりに楽しく過ごしていても、結局は上辺だけの付き合い。

ですので、いざというときに人情味のない対応で友人を失望させるのが人情味のない人なのです。

友達が多い人は上辺だけの付き合いの可能性

友達が多い人は、その交友関係の広さから友情や人情味に熱い印象を受けますよね。

ですが、実際には、「友達が多い=友情に厚い」とは限りません。

友達が多い分、ひとりひとりに思い入れがなく、上辺だからこそ交友関係を広くできるという人も多いのです。

また、友達が多いタイプの人は、その大半の友達を“都合の良い友達”と考えている場合もあるのが問題です。

自分の都合の良いときだけ仲良くしようと考えているので、その友達がピンチの時など、自分に得がないことで動こうとはしません。

逆に損をしそうなときは、友達を切り捨ててしまうのが、人情味がない人です。

都合の良い友達と考える人も

友達が多い人はそれだけ人気者でもあり、その友達の一員になれることがステータスに感じられることもありますよね。

でも、本当の意味での友達になれるかは疑問です。

人情味がない人にとって、都合の良い友達でしかなければ、友達で居続けても傷つけられる可能性が高いのです。

そんな上辺だけの付き合いをするくらいなら、人情味のある数人の友人と、深く関わり合うほうが良い場面も多々あります。

人情味がない人は、たとえ友達が多くても、いざというときに友情をも切り捨てることができるので注意が必要です。

8.感情がない

人情味がない人の特徴8つ目は、『感情がない』ことです。

感情がない…つまり無感情な人は、人に冷たい印象を与えますよね。

本来は感情があるのが人間の自然な姿ですから、感情が無いというのは異様な感じさえします。

そのため、感情が見えてこない人は人情味がない、冷酷な人間という印象を与えるのです。

そんな感情がない人も、タイプは大きく分けて2つあります。

まずひとつは、無感情になってしまう病気を抱えていることで、統合失調症やうつ病など、多くは心理的な部分が関わる障害を抱えている人です。

もうひとつは、病気による影響ではなく単に「感情表現が苦手」なタイプの人。

このタイプの人は、人目を気にしすぎて感情を表現できないことや、生まれ育った環境から気持ちを抑え込む癖があること、感情の表現の仕方がわからないことなどで感情を表に出すことができません。

そのため、感情が相手に伝わらず、感情が無いように見えてしまうということです。

一緒に笑うことや泣くことがない

感情がない人は、多くの人が感情を分かち合うようなシーンで、一緒に感情を表に出すことができません。

一緒に笑ったり泣いたりすることができないので、周囲の人に「冷たい人」という印象を与えたり「何を考えているか分からない」と恐怖感を与えたりしてしまいます。

人は感情のふれ合いによって人間関係を構築していく部分も多いので、感情の動きが読めない人とはどう接していいのか分かりません。

ただ、感情表現が苦手な人の場合は決して悪気はなく、心の中では人情味に厚い部分も持っていたりします。

そこを分かってあげられると、その人との壁が取り払われて良い付き合いができる場合もあります。

ですので、敵意を向けてくるような人でなければ、印象だけで判断せずに気持ちを聞いてみるのもひとつの方法です。

聞いてみると、案外分かり合えることもあるはずです。

9.共感ができない

人情味がない人の特徴9つ目は、『共感ができない』ことです。

共感とは、他人の考えや感情に対し「その通りだ」と同じ感情を持つことです。

人はひとりひとり考え方や感じることが違いますが、その中でも、同じ考えだと感じる人や、感情を深く理解できる人に出会うことは多々あります。

そして、共感することで人は分かり合うことや、コミュニケーションを深めていくこともできます。

しかし人情味のない人は、共感ができません。

人と同じ考えや感情を持つことができず、理解を示すこともありません。

その理由には、前項でご紹介した「感情がない」ことや、「人に興味がない」ということが挙げられますが、どちらにしても人付き合いの重要なツールである“共感”ができないので、人情味がない冷たい印象を与えてしまうのです。

人情味がない人と接する場合は注意しよう!

いかがでしたか?今回は『人情味がない人の特徴』をご紹介してきました。

人情味がない人には傷つけられることもあるため、苦手に思っている人も多いでしょう。

でも、内面を知ることで、理解できる部分も少しは見つかったのではないでしょうか。

とはいえ、人情味がない人と接するときは、その態度や言葉に惑わされないよう注意も必要です。

人に対する思いやりがない人ですから、接するほうが必要以上に気を遣うことはありません。

酷い言葉を言われたり、冷たい態度を取られたときは、凛とした姿勢を崩さずに接すると良いでしょう。