CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

若者離れ一覧19個!こんなにあるの?!


時代には、それに合った流行や思想があるものですよね。

自分がハマって夢中になっていたものが、流行も遠のき忘れ去られていくのは何だか悲しいものです。

また、流行に左右されないものでも時代の流れから廃れてきてしまうものが多々ありますよね。

昔はみんなが夢中になっていたり常識的に手にしていたのに、今の若者達が興味を持たない若者離れについて解説していきます。

あなたは、どのくらい知っていますか?

今若者離れしているものが多いんです!

近頃は、様々な物の進化が目覚ましい他に、昔と比べて若者達が個々の思想を強く持っている事から若者離れしている物が数多く存在してきています。

昔のように「若者」という一つのジャンルで大きな流行を作り出すような物は少なく、それぞれが個性を重視して生きている証なのかもしれませんね。

最近の若者の特徴

若者離れは、若者の特徴や生活スタイルに起因しているものがほとんどです。

それでは近頃の若者とはどんな特徴をもっているのでしょうか?

お金を遣いたくない

近頃の若者は、低賃金に加え、将来的に年金を貰えるのかどうかも不安な程先行きが見えない状態で生きています。

さらに消費税増税など否応なしにお金を遣わざるを得ない状態に追い込まれてしまう事もあって、お金を遣いたくないと強く思う傾向にあります。

少しでも安心できる要素を作っておくために楽しみを我慢してでも貯金をしておきたいのです。

家に居たい

自分の家が大好きな近頃の若者は、あまり外出を好みません。

自分の好きなもので過ごしやすいように作られた家の中が一番楽しく癒される場所なのです。

仕事や学校が休みの日には、そんな自分の王国の中で楽しく気ままに時間を過ごしたいようですね。

ハッキリと断れる

自分より権力や地位のある人からの頼み事や誘いは明確な理由がなければ断りにくいですよね。

しかし近頃の若者は自分の望まない事に対して、相手がどんな人物であろうとキッパリとノーを言えるのが特徴です。

若者離れ一覧19個紹介します!

若者離れを起こしているものは実はこんなに存在しています。

若者離れしている原因については後半でご紹介しますので、まずは一覧でご紹介していきます。

若者の車離れが著しいのは、割と有名なのではないでしょうか?

昔はステータスの一種であった車ですが、高額になる車本体と維持費、また税金などの面を考えるとレンタカーの方が経済的だと判断する若者が多いようです。

車自体が不必要という訳ではないので、免許の取得率はそれほど落ちていないようですね。

スポーツ

子どもの頃に部活などでしていたスポーツというのは大人になっても好きなスポーツであったり、自分がやる以外にもプロの試合を観戦する人も居ますよね。

そんなスポーツを好まない若者が増えてきているようです。

若者の中から突出した才能を持つプロプレイヤーが生まれる一方で、自分は凡人だと早々に見切りをつけてスポーツを止めてしまう子どもが多いようですね。

地方

田舎地方の若者離れは年々その深刻さを増し、現在では田舎の過疎化や高齢化が進む一方です。

若者達は、都会への憧れや都会でしかできない仕事を求めて都会に行ってしまったり、田舎の閉鎖的な環境に従う事が出来ずに飛び出してしまうようですね。

田舎もそんな状況を指を咥えて見ているだけではなく様々な政策で地方に若者を呼び戻そうとしてはいるもののあまり上手くいっていないのが現状と言えるでしょう。

海外旅行


若者の出国率は実は年々減少しています。

その背景には、高額の旅行費を捻出できないという若者の低賃金化が影響していると言えるでしょう。

海外旅行に興味が無い訳ではなく、現実問題として「行けない」のです。

その一方で、自分のスキルアップのために海外留学をして多国語を学ぶ若者は増えています。

遊びへの投資はしないけれど、自分のスキルアップのための投資は惜しまない若者の意識の高さが見て取れますね。

メール

携帯電話の普及で一気に使用率の上がったメールサービスですが、今度はスマートフォンの普及により若者離れが止まらない状況に陥っていますね。

その代用品としてSNSが使われるようになり、メールをわざわざチェックするという行為が手間に感じるという若者はとても多いです。

コンビニ

コンビニと聞くと若者の代名詞のようなイメージが強いですが、実は昨今若者のコンビニ離れが深刻になってきているのです。

コンビニ側も、若者が離れていっている事に対してメインターゲットを高齢者んい切り替えるなどの対策をしている事から今後も若者のコンビニ離れが進んでいくかもしれません。

ページトップ